『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2022年06月03日

eラーニング教材の作成、迷っていませんか?

みなさん、eラーニングの教材制作ってどうしてますか?
ひとことで「教材」といっても幅広く、たくさんの選択肢がありますよね。

教材の元になる素材を持っている?


そのまま教材化できるようなPPT資料や動画ファイルをお持ちでしたら、あとは作成方法・作成ツールを選ぶだけです。
手軽に教材化したい、少し凝った教材にしたい等、目的に合わせた作成方法を選びます。
社内で作成する・外部へ作成を依頼する、どちらの場合も「どんなコンテンツにするか?」といった仕様の決定が必要です。

資料そのままのデザインで大丈夫?


PPT資料のコンテンツ化の場合、コンテンツ化とは少し異なりますが、PPTのデザインを整えることも、学習しやすい教材を作成するために重要なポイントです。
少し配置を整えるだけでも見やすくなり、学習効果アップにつながります。

オプション2:テストは必要?


解説教材だけでなく、確認テストも受講してもらいたい。
そんなときはお手持ちの資料を元に、テスト教材を作成しましょう。
学習内容を正しく理解できたかを確認することができ、より教育効果が高まります。
事前テスト、修了テストなど、目的に合わせて実施しましょう。

LMSは?


LMS(学習管理システム)を使用している、これから導入する、これによっても変わってきます。
LMSも種類や機能が豊富なので、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

ちなみにSATTのLMS「学び〜と」学習管理システムでありながら、システム上で教材を作成する機能もあったりします。
作成可能な教材は、解説・テスト・アンケートと、eラーニング教材に必要な機能がすべて揃っています
画面もシンプルでとても使いやすく、教材・LMSともに導入を迷われている方にはオススメです。
2ヶ月間、「学び〜と」の全ての機能をお試しできる、無料トライアルも用意しています。
ぜひ一度、お試しください。

eラーニング導入に迷っている?


SATTでは、教材作成ツールLMS(学習管理システム)ともに、様々なサービスを展開しています。
その他、eラーニングに関するサービスやコンテンツ制作等も承っています。
eラーニング全般について迷っていることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
posted by 開発部Black at 20:15
教材作成サポート | コメント(0) | トラックバック(0)

そろそろ企業PCもWindows11化の準備

こんにちは、シス管のTMです。

Windows11もリリースから半年近く経ち、Windows11化が進んでいる企業も増えてきているかと思いますがみなさんの会社はいかがでしょうか。
弊社もぼちぼち進めている最中ではありますが、
今までのWindows10大型アップデートと同様、いやそれ以上?に気を使う事が多く、
業務都合で個別に入っているアプリは動くのか、再起動にどれだけ時間がかかるのか、デザインが変わって使い勝手が、、、など世の情シス担当のみなさんのお気持ち痛み入ります。笑

ただこればかりは社員のみなさんの協力が必須になります。
事前の社内への通知・認識が重要ですが、メールでの通知だけではなかなか浸透せず苦労することも多いですよね。
eラーニングを使えば、周知の管理・徹底や社内全体の知識アップにつながるかもしれません!
ご検討してみてはいかがでしょうか。
学び~と https://www.manabeat.com/

海外メディアの報道ではWindows11 22H2が今年秋ごろのリリースを示唆しておりますし、Windows11にしても大型アップデートは定期的に続く、、、
この悩みは尽きそうにありませんね。笑
参考:Windows Latest https://www.windowslatest.com/2022/05/25/microsoft-hints-at-windows-11-22h2-release-date-confirms-rtm/
posted by TM at 09:44
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年06月02日

高校支援プログラム「大学入試対策用の映像講座」のご紹介

皆様、こんにちは。

関東地方はもうすぐ梅雨入りですね。
☔雨の日の出勤は…、苦手です☔

でも雨って実はとても人に優しいそうです。
ザァーとかシトシトという雨の音は、一定の周波数が脳のアルファ波と同じになり、安らぎを与えてくれて、リラックス効果があるそうです。

雨の日のメリットでしょうか。
メリットが理解できれば雨の日の気分も変わるって、なんだかビジネスにも共通しませんか?


さて、SATTでは全国の高等学校様に高校支援プログラム「大学入試対策用の映像講座」をご紹介させていただいております。

高校支援プログラムのサービスは以下の3種類です。

@映像講座 駿台サテネット21
A駿台医学部合格Navi.
B駿台共通テストNavi.

今回は、「映像講座 駿台サテネット21」についてお話します。

■映像講座 駿台サテネット21の特長■

駿台の映像講座は、基礎から応用・発展までの多彩なメニューで、分野・レベルごとに細分化し、苦手科目の克服や得意科目の伸長に活用。
放課後の復習・課外授業や長期休暇中の補習・補講としてもご利用いただけます。

※映像講座はインターネットでのご利用の他に、DVDにて1講座よりご利用いただくことも可能です。

◇搭載コンテンツ◇

◆映像講座
・大学入試突破のための本格的な学力養成を目指す映像講座。
・駿台予備学校のプロ講師が熱気あふれる授業を展開。
・すべての講座にオリジナルテキストがありますので、予習・復習もバッチリ。

◆基礎確認CBT
・教科書レベル〜大学入試基礎レベルまでの問題にチャレンジ!
・1回10分程度の問題にチャレンジした後、即時採点し解答・解説の確認が可能。
・単元別なので弱点分野に絞った受講が可能。

◆単元別映像授業
・10〜15分の受講しやすい映像授業。
・単元別でテーマを絞った映像授業でポイント解説。
・アクティブ・ラーニング、反転授業、タブレット授業にも活用できます。

「いつでも・どこでも・なんどでも」ご利用いただける「映像講座 駿台サテネット21」を貴校にも導入してみませんか。
生徒様だけではなく、先生方が「授業力向上の授業動画」として利用しているという高等学校様も増えてきております。

ちょっと気になった先生!ぜひSATTまでお問合せください。
微力ながら貴校の進学実績向上にお役に立てれば幸いです。

===========================
駿台グループ SATT高校支援プログラム「大学入試対策用の映像講座」
お気軽にお問い合わせください。
===========================
posted by T・はっさく at 13:17
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年05月24日

WEB研修サービス『即トレ』のご紹介

皆様、こんにちは。

本日は、WEB研修サービス『即トレ』のご紹介をさせていただきます。

『即トレ』は、【即導入】・【厳選教材】・【受け放題】が合言葉のWEB研修サービスです。
必要な設定はすべて施した状態でお渡しするため、導入してからも複雑な操作は一切ございません。
それでいて、研修結果の管理もしっかり確認出来る研修サービスとなっております。

即トレロゴ(横)[透過なし].png


特徴



1. 即導入
研修開始までお待たせしません。
必要な設定はすべて施した状態でお渡し致します。導入してからも複雑な
操作は一切ございません。
即導入&マニュアルレスの操作性。ぜひお試しください。

2. 厳選教材
研修のプロが厳選したプレミアムコンテンツ20選。いまさら聞けないコンテンツ、知っているようで知らないコンテンツ、ちょうど話題になっているコンテンツが揃っております。
プロだから分かる世間のニーズにマッチした教材となります。

3. 受け放題
「一回では理解できない」「もう一度確認したい」等、受講者の声を形にした「受け放題」です。
追加費用はございませんので、安心してとことん受講してください。

4. 気軽に受講
PCでも、タブレットでも、スマートフォンでも、いつでもどこでも受講可能です。
移動中やスキマ時間も有効に活用いただけます。小さなことからコツコツと。働き方改革の一環で取り入れる企業さまが増えております。

教材ラインナップ



◆新人研修

新入社員基礎
・ホウレンソウ
・キャリアデザイン 若手
・マーケティング基礎
・ロジカルシンキング
・問題解決



◆マネジメント

コンフリクトマネジメント
・アサーティブコミュニケーション
・アンガーマネジメント
・リーダー研修
・ストレスマネジメント
・チームビルディング
・ファシリテーション
・ダイバーシティ



◆ITリテラシー、ITスキル向上

Windows基本操作
・Excel基本
・Excel応用編



◆リスクマネジメント

ハラスメント
・コンプライアンス
・セキュリティリテラシー研修



価格



10 万円 / 月(税抜)
(初期費用・教材利用料 すべて込み)
※契約期間は3ヶ月単位となります。

---------------------------------------------------------------

ご質問などございましたら、
下記のお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

https://satt.jp/signup/contact/?req=sokutore
posted by ルーキー at 11:53
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年05月20日

オンラインでSCORM教材作成

皆さんこんにちは。
最近暖かくなってきましたね

皆さんの中には「smart 教材作成ツール」をお使いいただいている方もいるかもしれません。
ご利用いただきありがとうございます

その「smart 教材作成ツール」の後継として、
オンライン版の「smart C-Cube」が登場しています!

「smart C-Cube」ではオンラインで、以下の各形式の教材を簡単に作成することができます!
・動画形式
・クイズ形式
・スライド形式
・アンケート形式

・・・さらになんと!
先日のリリースで
特定の組織内のユーザーで教材を共有できるサイト機能が追加されました!!!
もちろん共有しない事も可能です!

今後もどしどし機能拡張していく予定なので、
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください
posted by petite voiture at 19:03
smart C-Cube | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年05月16日

IT障害について

開発部だより 第 434 回


こんにちは。

最近はなんでもIT化が進んできて、便利になっている反面
リスクも大きくなっているように感じます。

例えば、いろいろな決済方法が出てきて、現金を持っていなくても
あまり困らなくなりました。

ただ、システム障害や停電などが起こると何もできなくなります。
最近もどこかの銀行のATMが使えなくなったとか、報道がされてますね。

では、サービスの提供側が障害発生時にどのように考慮すればよいのか
という事ですが、その管理プロセスは大きく2つに分けられます。
---------------------------------------------------------------------------
 @インシデント管理プロセス
   目的・ゴールは「サービスの早期復旧」
    ・障害の検知〜暫定対応
   を範囲とする。

 A問題管理プロセス
   目的・ゴールは「原因の追究と再発防止」
    ・直接原因の把握〜恒久対応の実施
    ・根本原因の把握〜再発防止策の実施と見直し
   を範囲とする。

※障害の内容が「石に転んで流血した」とすると、
 @は「血を止める対応」
 Aは「石を排除する対応」
 です。
---------------------------------------------------------------------------
サービスを提供する側としてもサービスを受ける側としても、
なるべく障害とは、関わりたくないものですね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   SATT提供の学び〜と(クラウド型 eラーニングシステム)は
   シンプルで簡単な操作なので、企業内研修や授業の補助として
   幅広くご利用いただけます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by おいおい at 10:11
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年05月09日

映画鑑賞でモチベーションアップ!

こんにちは!皆様、GWは如何に過ごされたでしょうか?
私はいつもの休日通り、アイドル鑑賞に励みました。
昔だったらファンクラブ限定でしか見ることができないような動画がYouTube等で公開されており、非常に幸せです

そんな連休も終盤になってきた頃、生活リズムを整えるために、仕事のモチベーションが上がりそうな映画を鑑賞することにしました!

鑑賞した映画は『インターンシップ』です!
失業したIT音痴のオッサンたちが、Googleの実習生<インターン>に!ライバルは超エリートたち。6つの難題をクリアして、社員になれるのか!?
(Amazonプライム・ビデオより引用)

どうやら、昔『マイ・インターン』を見たので、Amazonプライム・ビデオのお勧めにあがってきたようです。
あらすじを読んだところ、ITかつコメディものということで楽しく見れるかな〜と思い視聴しました。

序盤は主人公たちの行き当たりばったり感に笑い半分ハラハラ半分でしたが、コミュニケーション能力とチャレンジ精神の大切さが伝わってきました。ITっぽい映画はあまり見てきていないのですが、自分の知ってる単語など出ると面白いし嬉しいですね〜
無事に気持ちも仕事モードになったので、今日からまた受講管理システムの開発を頑張ります!!

私が開発に携わっている受講管理システムとは、集合研修とeラーニングを効率的に管理できるツールです。
お気軽にお問い合わせください
posted by ウォンバ at 16:28
ニュース・教育トピックス | コメント(1) | トラックバック(0)
2022年05月06日

GW明けの五月病に注意!!

皆様こんにちは。
いよいよGWが終了してしまいましたね。
皆様はどのようにGWを過ごしましたか?
連休明けということでなかなか仕事に身が入らないという人も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、GW明けによく耳にする"五月病"についてお話ししたいと思います。

そもそも"五月病"とは?
一般的には、「5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態」を総称して"五月病"というそうです。
今回のGWは、人によっては10連休となる大型連休だったため、例年以上に"五月病"の人が増加するかもしれませんね、、、笑

ではそんな"五月病"防止のために実践すべきことを、自分なりにまとめてみました。

1、適度な運動をする
・私自身、学生時代は運動部に所属していたのですが、
 入社してからは全くと言っていいほど運動ができていません、、
 このままでは"五月病"以前の問題になりそうなので、
 ランニングや筋トレなど手軽にできそうなことからやってみようと思います。

2、規則正しい生活
・これが一番難しい気がします笑
 ある記事を見ると、"五月病"として最初に現れる症状は「睡眠障害」とありました。
 特に週末だと、ついつい夜更かしをしたり、寝だめしようとする人も多いと思います。
 自分もその一人です。笑
 せめて仕事の前日くらいは、正しい生活習慣にしたいですね。

3、趣味を見つけて、ストレス発散する
・皆様はどのような趣味をお持ちですか?
 自分はスポーツ観戦が趣味で、特に海外のサッカーを夜な夜な画面越しに観ています。
 (↑これが規則正しい生活を妨げているといっても過言ではありません、、)
 応援しているチームが勝った時の幸福感は特別で、日頃のストレスも発散されます!
 ただ、負けたときは、、、
 なので最近は、勝敗などによって気持ちが左右されない趣味を模索中です。
 同期や先輩からは映画鑑賞(特にマーベル作品)をおすすめされているので、
 気が向いたら見てみようと思っています。笑

という感じで、"五月病"防止のために、
私が今後実践することをお話しさせていただきました。
皆様の"五月病"防止に少しでも役に立てばと思います!

GWも明けたということで仕事モードに切り替え、次の休みまで頑張っていきましょう!

そんな私が所属しているチームでは、
医療系大学向けの教育支援システム(ESS)を開発しております。
もし少しでもご興味がございましたら、こちらまでお問い合わせください。
posted by ファミリア at 09:30
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年05月02日

「第13回教育総合展(EDIX)東京」出展のお知らせ

皆様はじめまして!
5月から営業コンサルティング事業部に配属されました、新入社員のツナ缶と申します。

初めての更新となる今回は、簡単に自己紹介をさせていただきます!

私は今年の4月に新卒で入社をしたのですが、
大学では、演劇・音楽好きが高じ、芸術活動による教育支援について学んでおりました。
そのため、もともとIT分野には詳しくなかったのですが、
必修授業でIT技術による教育支援について触れる機会があり、
そこで興味を持ったことが、入社のきっかけとなりました。

さて、ゴールデンウィーク後の5月11日(水)〜13日(金)の3日間、
SATTは「第13回教育総合展(EDIX)東京」に出展いたします。
教育総合展(EDIX)は、全国の教育・学校関係者が来場する、教育分野で日本最大の展示会です。

展示内容


出展製品・サービスは、

・教務支援システム「賢者」

・学校・企業向け学習管理システム「学び〜と」

・医療系大学向け教育システム「ESS」

・駿台の映像講座配信サービス「駿台サテネット21」

を予定しております。


SATTの出展情報


・開催日時:
  2022年5月11日(水)〜13日(金)[3日間]
  10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)

・会場:
  東京ビッグサイト 西展示棟 西2ホール

・SATTブースコマ 番号:
  学校業務支援ゾーン 11-54


コロナ対策


新型コロナ対策をして、お待ちしております。

1. ソーシャルディスタンスの確保
2. 飛沫感染対策実施
3. 参加者への検温・マスクの着用義務付け

皆様に安心してお越しいただけるよう、努めてまいります。

当日は、私たち新入社員もお手伝いをさせていただく予定です。
EDIXにご参加予定の方は、ぜひSATTのブースにもお立ち寄りください!

それでは、これからどうぞよろしくお願いいたします。
posted by ツナ缶 at 15:10
イベント・セミナー | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年04月26日

プロは「質」にこだわる…「令和の怪物」よりも凄い球って?

皆さまご機嫌よう。マイケルです。
いきなりですが、どんなものにも「質」というものがあります。
シーンによっては、どれだけ量があろうとも評価されず、希少な良質のものだけにその価値が認められることがありますね。
元々、日本人は性格的に「質」を尊び、強く求める側面がありますが…
私たちSATTも、学習の為のソリューションを提供しておりますが、その中で提供される学習コンテンツのレベルや運用の在り方は、社内教育の「質」を左右する為サービススタート時にお客様と綿密に打合せをおこなうことが常となっています。
少しでも「質」の良い社内教育を設計・展開する為、これからもよりこだわっていきたいと思います。

話題は変わりますが、現在、弱冠20歳の若者がプロ野球界で大きな注目を集めていますね。
史上最年少での完全試合、それも100球そこそこのわずかな球数で、日本新記録の13者連続奪三振、日本タイの一試合19奪三振など、まさしく異次元の投球でした。
それでいうと素晴らしい投球の「質」だったと言える訳ですが、球種は少なく、投球のほとんどが速球とフォークボールでした。
球種は少ないとは言え、常時160kmを超える速球、一試合で多くの球数を投げる先発投手としては日本プロ野球では唯一無二の存在と言っていいでしょう。
MLBで活躍する大谷選手でさえ、平均球速だと現在の佐々木投手には及びません。
佐々木投手の投球を支えるのは、間違いなくこの160km超の剛速球なのですが、有識者に言わせると同じ球速でも、速球の「質」には差があるというのです。
速球の「質」を決めるのは、以下の二点が大きな要素となるようです。

@回転数

NPBの投手の速球における平均的な回転数は2200回転/分 と言われます。
これを大きく上回る投手のボールは、平均的な投手より
重力の影響を受けづらく(バックスピンが揚力を生む為)
ボールの軌道が放物線ではなく、直線的で落ちづらい、
もっと言うと浮き上がってくるように錯覚してしまうボールとなります。
(打者は、より平均的な投手の速球の軌道が身体に染みついている為
「このあたりまで落下してくる」と予測している場所、つまり
上記した好投手のボールの軌道よりはるか下を振ってしまうことになります)

A回転軸の傾き

前述しましたように、ボールのバックスピンが強ければ強い程揚力を生むのですが、人間が投じるボールですので、その回転軸は平均で30度程度傾いているようです。
しかし、一部の速球派の好投手はこの傾きが小さく、たとえば元西武の松坂大輔さんの全盛期は10度くらいしか傾いておらず、元阪神の藤川球児さんに至っては、5度以下の傾きだったということで、まさしく真上から投げ下ろせていることにより、回転によって得られる揚力のロスが少ないということが言えます。

上記しました速球の「質」、それでは歴代のNPBの投手で最も素晴らしかったのは誰か、という議論がありますが、よく出てくるのは先程も名前を挙げましたが元阪神の藤川球児さん、そして先発投手だと元巨人の江川卓さんの名前が挙げられます。
二人とも、全盛期の決め球はストレートで、空振り率も非常に高い投手たちでした。
(江川卓さんの場合は、今と違い先発投手が中四日で完投を求められる時代だったのでここぞという時以外はセーブしていたと言われますが、オールスターでの8者連続奪三振を見ても分かるように
決めにいった時の球威は特筆すべきものと言えます)
佐々木投手も、今はまだ上記した二人の投手には及ばないまでも、しっかり指にかかったボールは大変球質も良く(現状はシュート回転をする場合も多いようですが)、
さらなる成長により歴代最高の球速と球質を両立する「究極の投手」となるかもしれません。大変楽しみですね。

私たちSATT組織内の「学び」において、どうすれば質が向上するか
お客様と一緒に考え、より進化させていきたい
と思います。

※※「eラーニング界 最高品質のソリューション」を目指すSATT
何でもお気軽にお問合せ下さい!※※
posted by マイケル at 14:40
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)