『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2021年07月06日

【ご案内】オンライン展示会への出展について

皆さんこんにちは。
なんでもやります『柴犬』です。


今回は、私たちが出展するイベントをご紹介します!
2021年7月7日〜9日に開催される「ITトレンド EXPO2021 Summer」に出展いたします。

オンライン展示会画像.png




そもそも「ITトレンド EXPO2021 Summer」とは?

9つのカテゴリーに分けた、企業向けのオンライン展示会です。
1500製品以上の出展となり、オンライン展示会規模としては業界でも最大級です。
9つあるカテゴリ―からSATTはHR/バックオフィスのカテゴリ―に出展します。
ここまでの規模のオンライン展示会への出展は、SATTでも初めての取り組みになります。

ブースでは、クラウド型学習管理システム『学び〜と』をご案内いたしますので、
お手隙の際で構いませんので、オフィスから・在宅勤務中のご自宅から是非アクセスください。

どこにいてもアクセスすることで情報が得れるのが、オンライン展示会のメリットですよね。


「学び方」が変われば「働き方」も変わる!

働き方改革が推奨される中、社内教育改革、学校教育・教務改革の取り組みに
eラーニングを活用することをご検討されてみてはいかがでしょうか。

コロナ禍で社内研修ができない・・・などのお悩みをお持ちのご担当者様、
是非この機会にeラーニングについて考えてみませんか?
posted by 柴犬 at 14:08
イベント・セミナー | コメント(0)

やってみることの大切さ

こんにちは。
先日、地元の友人が膝を痛めまして、
膝に関する話を聞いて驚愕したアントスです。

聞いたこともある方もいらっしゃると思いますが、
人が歩くときは体重の2〜3倍、走ったりなどの激しい運動は
体重の5倍前後の負荷が膝にかかっているらしいです。
(負荷がかかるのは知ってましたが、これほどかかっているとは知らなかったです…)

自分の友人は肥満が原因だそうで、生活習慣の改善(ダイエット)をしながら治療しています。

スポーツをしている方でも膝の痛みは起こりますので、
適切な食事と運動を心がけると良いそうです。

ワクチン接種の影響で少しずつ外出がしやすい環境になることを願っていますが、
体を動かす習慣や食事などを見直してみてはいかがでしょうか。

さて、私は医療系大学向けの国家試験対策に特化した
教育支援システムESSモバイルの営業担当を務めています。

先月出展させていただいた教育総合展EDIX東京にて入社してから初めて
セミナー講師を務めました。
SATT YouTubeチャンネルに全セミナーの映像を
アップロードしているので良ければチェックしてみてください!

人前に立ってお話しする機会は何回か経験したことがあったので、
あまり緊張しないと思っていたのですが最初のセミナーは本当に緊張しました…

似たようなことを一度経験していても
取り組んでみることで分かることがあると改めて痛感しました。

実は部内の体制も変わって、「まずはやってみる」をテーマに掲げています。
自分自身をもう一度見直して、
積極的な姿勢を忘れずに活動していきたいと思いました!

以上アントスでした!
posted by アントス at 09:13
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年07月05日

Windows11とセキュリティ

こんにちは!茸です。

いつの間に2021年も半分を過ぎてしまいましたね。
去年に続いて今年の前半期もコロナ禍で大変でしたが、まだ終息する気配はないどころか、また感染拡大しそうな雰囲気でもあるようです。

そんな中、マイクロソフトより、Windows10の次期OSである、「Windows11」が発表されました。

公式の発表前から、Windows11の情報が様々なところで出ていましたが、そのたびに私は「あれ、Windows10が最後のWindowsじゃなかったっけ?」と思っていました。

ただ、実際のところは、「Windows10は最後のWindowsだ」という話は少なくともマイクロソフト公式の話ではなく、社員の一人がイベント中にそのように話しただけのようです。

詳しくは、以下のサイトで紹介されています。

〇Windows11のシステム要件

さて、新しく発表されたWindows11ですが、そのシステム要件も話題になっていましたね。
詳しくはマイクロソフトの公式サイトを確認していただくのが早いですが、ここでも主だったものを簡単に紹介すると、

@1GHz以上で、2コア以上の64bit互換のプロセッサ

A4GB以上のメモリ

Bセキュアブート有効のUEFI

CTPM2.0対応

となっています。

〇CPUとUEFI

@ですが、具体的には、Intelでは第8世代以降のCPUが、AMDではZen+世代以降のCPUが条件になるようです。どちらも比較的新しい世代のCPUなので、既存のPCでは多くがWindows11に対応しないということになりそうです。

また、現時点ではCPUの対象範囲を見直しているということで、もしかすると第7世代やZen世代といったCPUも対象になるかもしれません。

Bの「UEFI」は、PCやサーバー上でOSが起動する前に、ハードウェアの状態を確認し、それからOSを起動させるというファームウェアで、BIOSの代替にあたるものです。

このUEFIは、「セキュアブート」という機能を持っています。これは、これから起動させるOSやソフトウェアが、信頼できるものか、あるいは不正に改ざんされたものではないかを判断する機能です。仮に、これから起動させるOSが信頼できないと判定された場合、OSは起動しません。

このセキュアブートを有効にしていない、あるいはUEFIではなくBIOSが入っているPCではWindows11をインストールできないということになります。

〇TPM2.0

そして、Cの「TPM」は、PCのストレージ(HDDやSSDなど)を暗号化するときに、その鍵を生成したり保管するためのモジュールです。

物理的なチップとしてPCに搭載されていることもあれば、UEFIと同じようにファームウェアとして搭載されていることもあります。この「TPM」の最新のバージョンが「TPM2.0」です。

「TPM2.0」は最近のPCであれば搭載されていることが多く、逆に、古いPCでは「TPM1.2」という、少し古いバージョンのものが搭載されていることもあるようです。もちろん、「TPM1.2」ではWindows11に対応しません。

こうしてみると、Windows11はそれまでのWindowsに比べ、セキュリティにうるさいOSだというように見えてきますね。

ただ、ハードウェア側のセキュリティ機能が向上している以上、ソフトウェア側がそれらの機能を前提にするのは良いことではないかと思います。結局それがPC自体のセキュリティの向上につながるのですから。

システム要件に関する詳しい情報については以下のリンクをぜひご覧ください。




〇最後に

他にも、Androidアプリを動かせるようになるなど、色々と気になる機能がありますが、実際に触ってみるのも良さそうです。

現在、マイクロソフトでは「Windows Insider Program」でWindows11のプレビュービルドを公開しています。

私も、将来の社内のPCの入れ替えに備えるために、早めに触れてみたいと思います。

posted by at 15:57
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2021年07月03日

SEOについて

こんにちは
最近SEOについて調べています。

ざっくりですがよく言われていたのは
【1】サイト構造化
【2】正しいマークアップHTML
【3】ワードに紐づくコンテンツ、リンク
あたりで、現状としてもこの部分は大きく変わってはいないようです。
変わってはいないようなのですが、SEOという観点のみでいうなれば、
【1】【2】は以前ほど重要視されていないとのことです。
以前はHTMLを調整するだけで検索順位に影響をあたえるようなこともあったのですが、
最近はそうではないとのこと。

グーグルが順位決定の際に重要視する要素が増え、たとえしっかりとしたサイト構造とHTMLであっても、
検索したユーザーが満足するコンテンツでなければ評価はそれほど高くならないよ、ということだそうで、
逆を言えば、良い情報が正しいHTMLで書かれているわけでもない とのことです。
サイト構造を大きく変えたり、HTMLのマークアップに時間や工数を大きくかけても、
SEOの観点からのみでいえば、それで順位が上がる時代ではないとのことです。

だからと言って【1】【2】を適当にやろう〜という話ではないです。
正しくマークアップすることはアクセシビリティ対応としてはやるべきと考えています。

結論として、SEOの観点だけで【1】【2】を必死やっても、結果がついてこないことになりそうです。
ですがサイトとはどうあるべきか、ユーザーにとってどうあるべきかというSEOにとらわれない広い視野を持って
サイト運営に取り組んでいくべき課題かなぁという所感を抱いています。
posted by シーナ at 16:00
開発部だより | コメント(0)
2021年06月30日

「一般財団法人駿台学び財団」ホームページ開設のお知らせ

こんにちは。

一般財団法人駿台学び財団事務局です。

このたび、「一般財団法人駿台学び財団」では財団のホームページを開設しました。

法人概要、助成金および奨学金の募集要項で、特徴や応募資格等の掲載をしております。

採用校、採用者の決定については、当財団の選考委員会の選考を経て、理事会で決定させていただきます。

応募多数の場合、選考結果により対象外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「一般財団法人駿台学び財団」は、社会に貢献する人材の育成、国内の教育振興に寄与してまいります。

みなさまのご理解、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

https://www.sundai-manabi.or.jp/

posted by Castle at 11:46
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2021年06月21日

細かい仕様も見逃せない!

以前、監視カメラの設置作業を行いました。

監視カメラはACアダプタを電源コンセントに挿して使用せずに、
電気を供給できるネットワーク機器(PoEスイッチ)にLANケーブルで接続して使用します。
こうすると、配線がスッキリしたり、電源コンセントまで伸ばしたコードが人の手に届くようなこともありません。

この時、実際に運用するために何を確認する必要があるかを考えました。
以下がその項目です。
@ PoEスイッチの最大給電能力(装置全体)
A PoEスイッチの最大給電能力(1ポート(LANケーブルの差込口)あたり)
B PoEスイッチの空きポート数
C 監視カメラの最大消費電力
D すでにPoEスイッチに接続して給電されている機器ごとの最大消費電力

これだけあれば大丈夫と思ったのですが、いざカメラをPoEスイッチに接続してみるとカメラが起動しません・・。
PoEスイッチのLEDランプも挙動が変わっており、「えっ、なんで?」という状態でした。

PoEスイッチの仕様を再度、細かく確認してみると、以下の仕様を把握しておく必要があることが分かりました。
@' ポートごとのPoEの規格(規格により最大給電能力が変わる)
A' 上段ポート(ポートは上下段に分かれている)で、ある一定以上の消費電力の機器を接続すると、下段で給電することができない

要するに、消費電力の大きい機器は下段のポートに接続できず、上段に接続すると下段で給電できなくなるということでした。

この情報を基に構成を変更することで、カメラは問題なく使用できるようになりました。

@'A'を確認する前は自分には以下の思い込みがありました。
■どのポートもAの給電能力を持っていること
■@、Aの仕様を満たしていれば、すべてのポートで給電できること

今回のことを経験したことで、この思い込みは解消され、次に活かすことができますが、
それでも、今後はより注意深く仕様を確認していきたいと感じる出来事となりました。
posted by ごくー at 19:35
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2021年06月18日

(新)受講管理システムはじめました!

こんにちわ!

前回2020年の4月に投稿した記事を読み返してみると、コロナ禍における悲哀に満ちたブログとなっておりましたが、現在では世界中でワクチン接種も開始され、国によってはマスク無しでも生活出来るなど、徐々に元の生活に戻りつつある雰囲気も出てきました。

まだまだ気は抜けないものの、今後良くなっていくことを願うばかりです。


そのような中で、一時中止となっていた集合研修を復活させはじめている企業・団体も増えてきました。ただ、コロナ前は集合研修で実施していた内容を、可能な限りeラーニングに置き換えるハイブリッド型が多く見られます。

この場合、集合研修とeラーニングを同時に管理出来るシステムが必要となってきます。

既にSATTでは受講管理システム(SSS)をご提供させて頂いているのですが、

この度eラーニング承認ークフローに重点を置いた、新たな受講管理システム(製品名は現在検討中です💦)をリリースしました。


端的に特徴を申し上げますと、SSSとの一番の違いはeラーニング機能が【学び〜と】である事です。※SSSは独自のeラーニング機能となります。

これにより、現在学び~とをお使いのお客様でも、LMSを変更する事無く集合研修とeラーニングの受講履歴管理が一本化出来ます。

また、自治体や大手企業でよく見られる複雑な承認形態にもワークフローで対応しておりますので、今まで紙とハンコ、メール等で行っていた煩雑な処理から解放されます。

もちろん2段階認証(ワンタイムパスワード)にも対応しており、セキュリティも万全!


但し、SSSに搭載されている決済機能には対応しておりません。

また、集合研修の会場管理機能にも未対応です。

よって、複数会場で研修を実施しており会場管理まで必要なお客様。

有償での研修をお考えのお客様や商用でのご利用をお考えのお客様へは従来のSSSをお勧めします。


ブログで全てを語り尽くすには限りがありますので、

ご興味・ご相談のあるお客様はお気軽にお問い合わせください。TEL:03-5259-3390

もちろん、お客様要望でのカスタマイズにも対応しております。


尚、こちらのシステムは既に宮城県総合教育センター様で導入、運用されています。

導入までの経緯などについて、先般開催された教育総合展(EDIX)にてご講演頂きました。

講演内容はyoutubeSATTチャンネルUPされてますので、こちらも是非ご覧ください!

(その際、是非チャンネル登録もしていただけると嬉しいです

posted by at 14:57
受講管理・資格管理システム(3S) | コメント(0)
2021年06月14日

クライアントの用語の誤用


WEBサイトを作成していると、それぞれのサイトにクライアントが存在します。
クライアントのリクエストはサイトに反映されるよう、制作を進めています。

クライアントとのやり取りは、相変わらず電話やメールが多いのですが、
その中で、以前は気になっていたのがWEBのパーツの間違った呼び方です。

「スライド」のことを「バナー」と呼ぶ人が多く、
「ボタン」のことを「タブ」と指定する人もいます。

最初のころは、「スライドのことですね。」と聞き直していましたが、大半のクライアントは覚えようとはしません。
なので、最近はこの人のいう「バナー」は「スライド」のことと置き換えて話を聞くようにしています。

これらの言葉はクライアントを含む一般の方は知らなくても、間違っていても日常に支障をきたすことはないですしね。

だからサイトに関するやり取りが自分とクライアントの間で齟齬がなければそれでいいと思うのです。
言い直しを強調して、相手に不快な思いをさせることは避けたいものです。

IT系の用語は、ステータスとかソリューションとかカタカナが多いのは、成り立ちからいって当然なのですが、それを口にする人を見ると、胡散臭く見えてしまうのは偏見でしょうか?
posted by 水道橋メディア放送 at 13:17
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2021年06月08日

脆弱性診断とは?

開発部だより 第429回


こんにちは、クライフです。

今回は、脆弱性診断についてお話します。

脆弱性診断とは、システムやネットワーク内を調査し、システム上に潜む脆弱性やサイバー攻撃に対する問題点や耐久度を診断するサービスです。

セキュリティの専門家が、攻撃手法の研究結果や実際の運用経験のフィードバックを基に、攻撃者の視点で、さまざまな擬似攻撃を行い、脆弱性や耐性を診断するものです。

サイバー攻撃の被害件数は年々増加傾向にあり、攻撃手法自体も高度化、複雑化しています。又、攻撃基盤のサービス化などにより、攻撃に必要なコストやスキルは低下しつつあると言われています。

この様な攻撃者優位の情勢において、守り側である企業があらゆる脅威に備えるのであれば、莫大な投資を継続することを強いられることになります。

その状況を回避するために、守り側は限られたリソースを最も効果の高いリスクに対して割り当てることが求められます。
この最も効果の高いリスクを主にシステム観点から洗い出すのが脆弱性診断です。

脆弱性診断を効果的に実施するために知っておきたい、ツール/サービス選択のポイントは以下となり、診断対象範囲は大きく分けて3個あります。

(1)Web アプリケーション診断
Web アプリケーション内にフォーカスした診断です。
診断項目には、サイバー攻撃に対する脆弱性、セッション管理診断、ユーザ認証診断、パラメータ操作診断、暗号化方式の診断、画面設計の診断などがあります。

(2)プラットフォーム診断
サーバやネットワーク機器の安全性を診断します。
診断項目には、ネットワークスキャン、ポートスキャン、アプリケーションバナー情報の調査、メールサーバの不正利用、スパムリレーやセキュリティホールのチェック、OS とアプリケーションのセキュリティなどがあります。

(3)データベース診断
データベースの安全性に特化して診断します。
診断項目には、パスワードやアクセス権限の設定、不要なアカウント、ストアドプロシージャの有無、監査設定やネットワーク接続の設定などがあります。

最後に、SATT製品である、学び〜とsmart Force大学支援システム等について
脆弱性診断は必須で実施しています。
常に顧客ファースト・高品質な製品を提供し続ける事が、高い信頼性のある
企業と認識される様に考えられています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
SATTでは様々な無料セミナー・研修を開催しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by クライフ at 15:11
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2021年06月03日

「一般財団法人駿台学び財団」を設立しました

こんにちは。
一般財団法人駿台学び財団事務局です。

このたび、エスエイティーティー株式会社では、「一般財団法人駿台学び財団」を設立いたしました。この財団は、国連サミットで採択されたSDGs17の目標の一つである、「質の高い教育をみんなに」の達成に貢献すべく、国内の地域間における、教育環境格差等の解消をする一助となることを目的としています。

日本国内では、少子高齢化により、地方を中心に過疎化が進んでいます。そのような中ですが、ここ数年は新型コロナウィルスの影響もあり、各学校や家庭で、遠隔(オンライン)授業が受けられる環境は整備されつつあります。しかし、それでもまだ十分な教育を受けられる環境は、都市部と遠隔地では差があります。そこでこの財団では、離島や、遠隔地などの主に地方に所在する学校には、ICT教育設備等の拡充支援として助成金、個人に対しては返還義務のない奨学金給付を行います。

離島や遠隔地などの地方においても、質の高い教育が受けられ、その教育を受けた人材が、様々な分野で日本の将来に貢献、活躍できる人材になってほしいと思います。

これから「一般財団法人駿台学び財団」は、社会に貢献する人材の育成、国内の教育振興に寄与してまいります。

みなさまのご理解、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。



posted by Castle at 16:39
ニュース・教育トピックス | コメント(0)