『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2019年09月26日

5Gで何が変わるか

iOS 13.0、iPad OS 13.1で「学び〜と」の動作確認を行いました。

先日配信が始まった メジャーバージョンアップ版iOS 13と、iPadに最適化された新登場のiPad OS。
25日に早速、「学び〜と」で 動作検証を行いました。
検証に使ったのは、iPhone SE (A1723)、iPad Pro(A1709)の2台、いずれも問題ありません。
新OSでも、「学び〜と」を安心してご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。
なおiOS13と同時に発売されたiPhone 11、11 Pro、10.2インチiPadなどの新機種での検証も、追って行う予定です。

様々な機能が追加・強化された新機種ですが、残念ながら「5G対応」は見送られました。
「5G」とは次世代高速通信技術で、
【高速・大容量転送】 【低遅延】 【多数端末接続】
が特長です。

これらの特長は、IoTや4K・8K動画の配信などの商用利用で活用されそうですが、教育分野では特に、「遠隔授業」での活用が期待されています。
私も昨年まで色々な学校や教育委員会の先生と話す機会が多かったのですが、遠隔授業の現時点での課題の1つとして、生徒側のフィードバックが受けづらい、という話を聞くことがありました。特に美術や音楽の授業だと、補助教員がカメラやマイクを教室のあちこちに移動させて生徒の手元の映像・音声を撮る必要があり、かなりの人手を要したということです。
高解像度の映像が転送できるようになれば、生徒の手元の映像もズームするだけで簡単に見られるので、遠隔授業が普及が進むかもしれません。

駿台グループのサービスでも5Gの技術は期待しています。

駿台教育研究所が提供する映像講座「駿台サテネット21」は同時により多くの学生に活用いただけますし、SATT AIラボの個別指導サービス「manabo」では低遅延がサービス向上につながると期待しています。

また 5G時代にふさわしい、新しいサービスも是非展開したいと考えていますので、ご期待ください。

posted by オットー at 09:23
学び〜と
2019年09月25日

本日より開催!関西教育ITソリューションEXPO(EDIX関西)

本日より3日間、インテックス大阪にて開催されている、
「関西教育ITソリューションEXPO(EDIX関西)」の現地情報をお届けします!

20190925_edix_01.jpg

20190925_edix_02.jpg

20190925_edix_03.jpg


展示内容


以下のアプリ・ソフト等をご覧・体験いただけます。

SATT AIラボ(初出展)


○学習アプリ
 『manabo

SATT


○学校・企業向け学習管理システム
 『学び〜と
○eラーニング教材制作ツール
 『smart シリーズ』
 (smart PREO 3smart QUTE 3smart TLEC 3smart アンケート
○医療系大学向け教育システム
 『ESS(Education Support System for Medical Universities)
○企業向け管理システム
 『SSS(SATT Smart Style)

アルプ


○学校向け教務支援システム
 『賢者

駿台教育研究所


○駿台の映像講座配信サービス
 『駿台サテネット21

イベントの見どころ


今回初出展となるSATT AIラボmanabo』の体験コーナーでは、
オンラインアプリを使ったペン字添削・俳句添削・手相占いを実施しています。
大阪で手相を写メすると、東京の占い師がオンラインで占ってくれますよ。

20190925_edix_04.jpg

20190925_edix_05.jpg

イベント中は毎日体験できますので、ぜひご来場ください!


日程:2019年9月25日(木)〜27日(金)[3日間]
開催時間:10:00〜17:00
会場:インテックス大阪
SATTブース コマ番号:学校業務支援ゾーン 2-31

SATTの出展概要詳細については、こちらから。

posted by 開発部Black at 14:32
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年09月18日

運用業務の引継ぎについて

開発部だより 第413回


OLIONです。

開発事業部の中でも私は運用業務を担当していたのですが、6月から他の部署に業務が移管されました。現在、新担当者が運用を行いながら疑問点の質問に答える形で進めています。

運用業務の多くが年に1回の処理のため、新担当者に理解してもらうのは容易ではありません。そのために必要なのが書類になります。

1つ目として、従来から顧客とのスケジュール確認に使用している「タスク一覧表」があります。

「受注前の顧客への打合せ予約」から、「最後の納品後の運用結果報告」まで、顧客はもちろんですが、外注業者とのやり取りを含めたすべてのアクションを一覧表にまとめたものを作成しています。

また、その時役に立つのが、その際にやり取りしたメールになります。

顧客や、外注業者とどの時期にどんなやり取りをする必要があるかがわかります。

そして、今回、そのやり取りを時系列的に一覧表にして、注意点なども書き入れた「運用手順」にまとめました。

従来からのシステム運用の手順書とともに引継ぎ用の資料となります。

顧客に迷惑がかかることがなく、スムーズに業務移管をおこなうことが一番重要と考えながら、この後の引継ぎ業務にあたっていきます。

以上

posted by オライオン at 13:15
開発部だより | コメント(0)
2019年09月17日

奥深き日本の食文化を召し上がれ

Googleは検索だけでなくいろいろなコンテンツを作成しているのですが、「Google Arts and Culture」のひとつとして「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」が公開されました。

■奥深き日本の食文化を召し上がれ

■Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ(Google Japan Blog)

日本の食の欧米化が浸透して何十年も経っていますので、歴史のページなどを見ると『もうそういった食事もしないよなあ』といった、ちょっと新鮮で懐かしい気持ちにもなります。

こういった文化の継承や紹介も一種の教育であり、eラーニングでもあるなあ、とも感じます。ただ「味覚」に関してはいまのところデジタルでは堪能できないので、この点はICT教育を飛び出してリアルに味わいに行く必要がありそうです。『VR味覚』が発明されるのはいつでしょうか…!?
posted by たいちょ at 11:23
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2019年09月13日

初投稿です!

初めましてアントスといいます。初投稿になります。
前職は製薬会社の営業をやっていました。営業活動としてドラッグストアを管轄している企業へ訪問して商談を行います。その後ドラッグストアに訪問し、商談で決まった内容を店長や従業員に説明などを行っていました。営業先には車で行くことが多く、毎日運転していました。(走行距離のメーターが5万qから営業活動をスタートしたのですが、退職時には気づけば15万qが表示されていました…。日々の積み重ねって大事だと痛感しました(笑)

最近、高齢者の車両事故をよくニュースで見かけると思います。原因としてはアクセルとブレーキの踏み間違いから事故を起こしてしまう場合が多いようです。
事故を防ぐ対策として自動車に自動ブレーキを搭載したり、踏み間違えた際の急加速を抑制するシステムなど、情報処理のシステムやAI技術がどんどん発展しています。

また、先日テレビで「理学療法士」の方々がシミュレーターを用いた運転講習や反射神経のトレーニングなどのサポートをされているのを見ました。
理学療法士は、トレーニングや歩くなどの運動療法だけでなく、物理療法(温熱、電気)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援するお仕事です。

弊社でも、今年4月からESSのラインナップに理学療法士版を追加しました。告知になりますが、9月28日(土)と29日(日)に「パシフィコ横浜」で開催される、第17回日本神経理学療法学会学術大会に企業出展しております!
詳細については以下のURLから!
http://jspt.japanpt.or.jp/jsnpt17/
ぜひ興味のある方は足を運んで頂けたらと思います!

車の運転をする方もそうでない方も、いつ起こるか分からない事故を防ぐためにも身の回りには十分気を付けて日々の生活をお過ごしください。
posted by アントス at 12:20
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年09月03日

次回セミナー開催日程が確定しました!

どーもMSKです!
タイトルの通り、次回のセミナー開催日程が確定しましたのでご案内致します。

●10月のセミナー開催日

 2019年10月4日(金) 初めての「eラーニング」導入セミナー

●11月のセミナー開催日

 2019年11月8日(金) 『学び〜と』ハンズオンセミナー

おかげさまでご好評を頂いている本セミナーですが、
ご参加される人数は多い時で10名前後で、
毎回約5〜6名程度の規模で開催しています。
(いわゆる少人数制のクラスみたいな感じです)

直近ですが、今週末の9月6日(金)にもハンズオンセミナーを開催予定です。
まだお席に余裕がありますのでよろしく御願い致します。

ご希望の方には受講後の個別フォローも行っています。
eラーニングの導入や運用でお悩みの方、是非、ご参加ください!

セミナーのお申込みは以下のURLからも可能です。
https://satt.jp/signup/seminar/


またなんと初の大阪開催を予定しています!!
(ご存じですか?SATTはこの6月に大阪事業所も開設いたしました!)

【開催概要】
・開催日時:2019年10月18日(金)15:00〜17:00(受付開始 14:30)
・セミナー:『学び〜と』ハンズオンセミナー
・会場:アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前(梅田スクエアビル12階)
    JR大阪駅 徒歩2分

関西EDIX出展後のフォローアップセミナーという位置づけです。
関西方面でこれまでご参加を見送られていたお客様がいらっしゃいましたら
是非是非、ご参加をご検討ください。

尚、大阪開催分の申込フォームは準備中です。準備ができましたら改めてご案内致します。


それではMSKでした〜
posted by MSK at 16:26
イベント・セミナー | コメント(0)

eラーニングに関わるための有効な資格「eラーニング・プロフェッショナル」

エスエイティーティーでは、日本イーラーニングコンソシアム(以下、eLC)の会員として様々な活動をおこなっています。

eLCは、特定非営利活動法人としてeラーニングの普及促進を目的に発足した団体で1996年には前身のTBTコンソシアムとして活動しており、弊社も同時期には本格的にeラーニングの事業を進めてきました。

現在eラーニングで普及している標準規格のSCORMも日本語翻訳のワーキンググループに積極的に参加して管理システムや教材の開発に役立てています。

eLCでは2007年からスタートしている「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度の普及に力を入れており、当初は、メーカーや開発ベンダーが資格を取得することが多かったのですが、現在はユーザー(企業)がeラーニングを有効活用するための基礎知識習得の一環としてeLPベーシックの受講が増えているようです。

我々駿台グループの一員である駿台電子情報&ビジネス専門学校でも三年前からeLPベーシックの資格取得をカリキュラムに取り入れ、今年も数十人の学生が学習しています。(※一部の専門コース)

eラーニングプロフェッショナル資格(eLP資格)は、eLPベーシックを入り口とするほか、7つの専門分野があり、それぞれユーザー向けとベンダー向けに用意されています。

【ユーザー向け】
eLP マネージャー
eLP エキスパート
eLP チューター

【ベンダー向け】
eLP コンサルタント
eLP ラーニングデザイナー
eLP コンテンツクリエーター
eLP SCORM技術者

ちょうど今週には第19回SCORM技術者資格試験が開催されますが、年2回おこなわれるこの試験も10年技術者を輩出していることになりますね。
SATTでもeLP資格者がお客様のeラーニング導入・運用に従事しています。

今後益々活用されていくeラーニングの知識を、eLP資格の取得によって実現されてはいかがでしょうか。


詳しくはこちら(日本イーラーニングコンソシアム 資格取得)
posted by Dario at 11:17
教材作成サポート | コメント(0)
2019年08月25日

『自動ブレーキ』のデモを見学してきました

開発部だより 第412回


どもども。
開発部リーダーです。

今回はガジェットではなく、自動車の話です。
少し前ですが、自動車の定期点検のためにディーラーへ行ったとき、自動ブレーキのデモンストレーションを行っていました。
わたしの車は、購入から18年の、もうすぐ旧車の仲間入りしそうな古い車ですが💦、まだまだ調子も良く買い替える予定もありません。
でも、前から興味はありましたので、少し見学させてもらいました。

デモンストレーションは、車の絵柄が書いてあるバルーンに向かって30キロぐらいのスピードで突っ込むという、よくCMなどで見るやつですね。
30キロは、車内からだと遅く感じますが、外から見るとかなり速く見えます。
「ほんとに止まるの?」という勢いでしたが、無事バルーンの手前で停車しました😃
私が自動車を購入したときには、自動ブレーキなど影も形も(?)ありませんでしたが、今ではほとんどの車に装備されているのですから、技術の進歩は早いものです。

現在は、さらに自動運転まで実用化されそうなところまできていますね。
自動車に興味がある方はすでに知っていることだと思いますが、自動運転にはレベルがあります。

 ・レベル0:ドライバーがすべてを操作
 ・レベル1:システムが加減速あるいはステアリングを操作し、運転手をサポート
 ・レベル2:システムが加減速およびステアリングを操作し、運転手をサポート
 ・レベル3:高速道路など、特定の場所でシステムが全てを操作するが、緊急時は運転手が操作
 ・レベル4:高速道路など、特定の場所でシステムが全てを操作
 ・レベル5:無人で、システムが全てを操作

現在は、概ねレベル1〜2までは実用化されていますが、研究所レベルではAIを利用したシステムでレベル4を実現できるところまで来ているそうですよ。

AIと言えば、SATTでも国公立2次・私立大入試対策用のAI学習コンテンツの開発を発表しました。
別チームでの開発のため、どのようなシステムになるのか詳細は分かりませんが、将来的には『学び〜と』にAI技術を生かした機能を実現できたら楽しそうですね😃
posted by 開発部リーダー at 20:44
開発部だより | コメント(0)
2019年08月20日

SATT、全国展開しています!

今年の台風はハンパないですね!
この場を借りて、このたびの台風により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
8月6日の台風8号(フランシスコ)が猛威を振るうさ中、宮崎での株式譲渡契約のため、朝一便の羽田空港⇒宮崎空港で飛ぶ予定が欠航となり、羽田空港⇒福岡空港⇒宮崎空港へと振り替え、宮崎滞在2時間で戻ってきましたベフです。

弊社エスエイティーティー株式会社グループもいよいよ全国展開となって参りました。
今までオフショアの開発拠点としてのヤンゴン支社ミャンマーに、
またグループ会社アルプ株式会社沖縄事業所は有しておりましたが、
今年に入り2月に大阪のSATT west株式会社(旧三協システム開発株式会社)の全株式を取得
4月には札幌事業所の開設
6月には大阪事業所を開設し、
今月、宮崎の株式会社アイ・ティ・コンサルティングの全株式を取得したことにより、新たに宮崎にも拠点を設けることができました。
そして、来月には福岡事業所も新たに開設する予定です。

これにより、これまで東京本社の一点から全国のお客様への販売活動、保守・メンテナンスを行ってきたものが、徐々にではありますが、全国規模のネットワークにてフォローさせていただくことが可能になりました。

お披露目の意味も込めて、7月18、19日には札幌コンベンションセンターで開催されたデジタルイノベーション札幌に出展させていただき、沢山のご来場者様との有効な面談をさせていただきました。
また、来月9月25〜27日までインテックス大阪で開催される【関西】教育ITソリューションEXPOにも出展させていただき、関西のお客様にも数多くご面談させていただければ幸いです。

加えて10月13日には、初の試みとしてこれまで東京本社内のm-Schoolにて開催しているeラーニングに関するセミナーを、大阪でも開催させていただく予定です。

弊社エスエイティーティー株式会社グループも、全国展開により、より身近に感じていただき、お気軽にお声掛け、ご相談を受けられるよう、これまで以上にカスタマー・ファーストの精神で皆様のお役に立てるグループを目指して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

satt-map_201908.png

【東京】
 ・エスエイティーティー株式会社 本社
   東京都千代田区神田三崎町1−3−12 水道橋ビル8階
 ・アルプ株式会社 本社
   東京都千代田区平河町1−2−10 平河町第一生命ビル
 ・SATT AI ラボ株式会社
   東京都千代田区神田三崎町1−3−12 水道橋ビル5階

【大阪】
 ・SATT west株式会社
   大阪市西区九条南1−2−20 ドーム前いずみビル4階
 ・エスエイティーティー株式会社 大阪事業所
   大阪市西区九条南1−2−20 ドーム前いずみビル4階
 ・アルプ株式会社 大阪営業所
   大阪市西区江戸堀1−2−11 大同生命南館

【北海道】
 ・エスエイティーティー株式会社 札幌事業所
   札幌市北区北9条西4−10−3 ガレリア7階

【宮崎】
 ・株式会社アイ・ティ・コンサルティング
   宮崎市吉村町平田2986−2

【沖縄】
 ・アルプ株式会社 沖縄事業所
   那覇市松山1−1−14 那覇共同ビル

【ミャンマー】
 ・エスエイティーティー株式会社 ヤンゴン支社
   No.(2E), 3rd Floor, Tower A, Royal Sin Min Condo, Corner of Kannar Road and
Ahlone Road, Ahlone Township, Yangon, Myanmar
posted by ベフ at 16:19
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2019年08月09日

ColdFusionのシェア

開発部だより 第411回


こんにちは!
暑い日が続き、ついついビールを飲み過ぎ気味のijです。

自分が携わっている製品、案件では
ColdFusionで開発をしているシステムが比較的多く、
一例をあげますと、弊社製品のスキル管理システム受講管理システムなども
ColdFusionで開発しています。

やはり、日々の開発で使用頻度の高い言語についてはシェアが気になるもので
自分も定期的に確認しています。

どうやって確認しているかというと、
オーストラリアのQ-Success社が公表しているW3techsのデータで、
インターネットにあるサイト上にて、サーバーサイドで使用されている開発言語のシェアが確認できます。

W3techs:
Usage of server-side programming languages for websites

この記事を執筆時点(2019年8月9日)のTOP10はこんな感じになっています。
シェアが高い順に

  1. PHP(79.1%)

  2. ASP.NET(11.0%)

  3. Java(3.9%)

  4. Ruby(2.6%)

  5. static files(2.0%)

  6. Scala(1.4%)

  7. Python(1.2%)

  8. JavaScript(0.7%)

  9. ColdFusion(0.5%)

  10. Perl(0.3%)

※上記はhttps://w3techs.comから引用

おお、ColdFusionがPerlをおさえて、堂々の9位です!

このデータは毎日更新されているということなので、ご興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

それではまた!
うおっと、こんなColdFusionで開発されているSATT Smart Styleも、どうぞよろしくおねがいします!


posted by ij at 16:27
開発部だより | コメント(0)