『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2019年06月10日

【学び〜と】 新機能追加のお知らせ

皆さんこんにちは!
今日は学び〜と新機能追加についてお知らせします。

学び〜とは定期的に皆様からのご要望をシステムに反映させておりますが
今回はその中でも特に要望の多かった3点についてご紹介します。

【修了証に自由に画像を設定できるようになります】
修了証の下部に定められた領域に、メディアライブラリに登録した
好きな画像を 設定できるようになります。
これにより、会社のロゴや印などを入れた修了証も作成できるようになり、
より学習者に達成感を感じさせる修了証発行が可能になります。

無題.png




【SCORM教材にサムネイル設定をする機能が追加されます】
SCORM教材をインポートした際、科目の階層であればサムネイル設定が出来ましたが、
教材にはサムネイル設定ができませんでした。
これが今回のバージョンアップで設定可能となります。
よりグラフィカルに、学習コースの見栄えが向上するでしょう。

11.png


この画面にサムネイル設定が出来ます



【縦長教材でも1画面表示できるボタンがつきます】
今は、縦に長い教材ページだとスクロールが発生してしまいますが、
これを全画面表示で 1画面に収められるよう切り替えるボタンが受講者側に実装されます。
これにより、1画面の中でページ全体を閲覧して学習を進めることが出来るようになります。
(長すぎる教材だと表示サイズが小さくなりますのでお気を付けください)


以上3点ご紹介させて頂きましたが
その他にも操作性や視認性を上げる為の工夫、改良が
今回のバージョンアップで 実施されています。

※その他の追加要素はこちらでご確認下さい
http://www.manabeat.com/feature/release-note.html

どこよりも使いやすいシステムとなるよう、開発者一丸となって
今後も鋭意改良、機能追加して参りますので、引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。
posted by at 11:09
学び〜と | コメント(0)

文字コード、いろはの“い”

開発部だより 第409回



スイーツバイキングでケーキを7個食べた結果、
私は甘い物を食べ過ぎると耳鳴りがして意識が遠くなるということを
新たに発見した開発部ジッパーです。


私は長い間同じマシンでシステム開発をしていたので
あまり気にすることはなかったのですが、
先月から始まったシステムマイグレーションプロジェクトの中で

 『“文字コード”をどうしよう?』

という話が出ています。


文字コードといえば、初期からある

  ASCII

漢字対応されている

 シフトJISUTF-8

などの他にあれやこれやとたくさんありますが、
現在私が開発しているシステムではメインフレーム用の

 EBCDIC

が用いられているので、私はほとんどこれしか知りません。。。


最近は国際的な統一文字コードとして作られた

 Unicode

が多く用いられるようになっているようですね。
使える文字も今より増えるので◎?


ただし今後どうすべきかは
システムで用いられている文字の多様性や
他の連動システムとの互換性などを考慮していく必要があり
適当に決めていいというものではないので大変ですね!


私はまだまだ文字コードについては勉強不足なので
色々学んでいく必要がありそうです。。。


早く世界共通で一つになってしまえばいいのに・・・
と嘆くジッパーでした。


SATT
は、6/19(水)〜6/21(金)に開催される
教育ITソリューションEXPO
今年も出展いたします!

皆様どうぞお立ち寄りください☆
posted by ジッパー at 09:54
開発部だより | コメント(0)
2019年06月03日

プログラミング教育に欠かせない!? シングルボードコンピュータ!

こんにちは!茸です!

突然ですが、2020年と言えばなんでしょうか?

もちろんオリンピックですね。でも、それだけではありません。小学校用の新しい学習指導要領が実施される年でもあるのです。

新しい学習指導要領ではプログラミング教育の実施が盛り込まれています。

学校のみならず、子ども向けのプログラミング教室も盛り上がっていますね。子どもプログラミング教室に通わせようと考えている方もいるでしょう。または子どもにプログラミングの教材を買ってあげたいという人もいるかもしれません。

そんなプログラミングの教材として、シングルボードコンピュータが注目されています。代表的なものは、「Raspberry Pi」でしょう。

シングルボードコンピュータとは?


シングルボードコンピュータは、1枚のプリント基板の上にコンピュータとして機能する必要最低限の部品を載せたコンピュータです。産業用の組み込みコンピュータとして利用されることが多いです。

その中でも、Raspberry Piは、もともと教育用として開発されたコンピュータですが、カメラやモーターといった部品と組み合わせることでIoT機器を作成できるとして人気が出ています。値段も5000円前後と、コンピュータとしてはとてもお手頃なマシンです。

また、普通のサーバーと同じような用途に使うということもできるようです。

使い方や作例はインターネット上でたくさん公開されていますし、日本でも解説の本がたくさん発売されているので、簡単に扱えると思います。

また、Raspberry Pi用のOSである「Raspbian」では小学校の授業で使われる「Scratch」というプログラミング言語の環境も入っているそうです。プログラミング教材としても、またコンピュータの仕組みを学ぶ教材としても十分使えます。

個人的には弊社の「学び〜と」がRaspberry Piで動くか試してみたいです。

シングルボードコンピュータはRaspberry Pi以外にも、「micro:bit」や「Ichigojam」など、教育用途のものだけでも様々な製品がありますので、予算や用途に応じて選んでみてはいかがでしょうか。

プログラミング教材の作成にsmartシリーズをぜひ!!


シングルボードコンピュータを使えばプログラミング教育の可能性は広がるでしょう。その広がりをより大きくするために、プログラミング教材の作成にsmartシリーズはいかがでしょうか?プログラミングを分かりやすく説明するための教材を簡単に作成しましょう!!
posted by at 13:57
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2019年05月31日

ラーニングイノベーション3日目(最終日) イベントレポート

ラーニングイノベーション 最終日となる3日目開催中です。

会場では、学習管理システム学び〜とをご紹介しています。

5.jpg

オープンシアターでは、『【eラーニング教材制作の方程式】 標準化×テンプレート活用=負担軽減』と題して、より教育効果の高い教材の制作手法をご説明させていただきました。

7.jpg

6.jpg

eラーニングの導入について詳しく知りたい!かたは、東京 水道橋のSATTにて無料セミナー実施中ですのでぜひお越しください。

2019年6月7日(金)  16:00〜

2019年6月14日(金)  15:30〜

学び〜との情報は、公式サイトにてご確認ください!

posted by たいちょ at 15:33
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年05月30日

ラーニングイノベーション2日目 イベントレポート


SATTが担当するテーマセッション「eラーニング活用における人材育成の効果を出すための3つのポイント!」開催いたしました。

多数のお客さまにご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

1.jpg

日本eラーニングコンソシアム技術委員で委員長として活動中の、SATT 星野が講演させていただきました。

2.jpg

SATTブースにも多数のお客さまにご来場いただいております。

3.jpg

「働き方改革」などの、今旬なキーワードが人気のようです。

4.jpg

明日31日(金)が最終日となっております。


●5月31日(金)14:10〜14:30
【eラーニング教材制作の方程式】 標準化×テンプレート活用=負担軽減

有楽町 東京国際フォーラムにて開催中ですので、ぜひご来場ください!


posted by たいちょ at 15:55
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年05月29日

ラーニングイノベーション2019 開催中です!

本日から3日間、東京国際フォーラム(東京・有楽町)にて開催されている、
「ラーニングイノベーション2019」の現地情報をお届けします!

20190529_li_01.jpg

20190529_li_03.jpg

20190529_li_04.jpg

SATTブースでは、以下の製品やサービスなどをご紹介しています。
・クラウド型学習管理システム「学び〜と
・eラーニング用教育コンテンツ作成ツール「smart シリーズ」
 (smart PREO 3smart QUTE 3smart TLEC 3
 ※今月リリースされたばかりの新製品『smart アンケート』も体験いただけます!
・スキル管理システムやWeb資格管理システム・アンケート集計などの
 Webサービス「SSS(SATT Smart Style)
・医療系大学の学内試験作成、国家試験対策・共用試験対策に特化した
 教育支援システム「ESS

初日からたくさんの方にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
ブースには開発担当がいることもあるので、一味違った説明を聞けるチャンスです!
また、今年入社した新しいメンバーも参加していますよ。


eラーニングに関するセミナーも開催しています。
本日のSATTセミナー「学習管理システム選定の5つのポイント」も大盛況でした!

20190529_li_05.jpg

20190529_li_06.jpg

そして明日、明後日もセミナーを開催します!

●5月30日(木)11:20〜12:00
eラーニング活用における人材育成の効果を出すための3つのポイント!

●5月31日(金)14:10〜14:30
【eラーニング教材制作の方程式】 標準化×テンプレート活用=負担軽減


SATT出展情報はこちらからご覧ください。
「ラーニングコンシェルジュ」がみなさまのご来場をお待ちしております!


ラーニングイノベーション2019
日程 2019年5月29日(水)〜31日(金)[3日間]10:00〜17:30
会場 東京国際フォーラム(東京・有楽町)
posted by 開発部Black at 16:00
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年05月27日

smart シリーズ最新ツール 『smart アンケート』をリリースしました!

どーもMSKです!

先日告知させていただきましたsmartシリーズの最新ツールである
「smart アンケート」を5/20(月)に無事リリースしました!
smart-enquete-overview.jpg

smart アンケート製品紹介ページ

改めてのご案内となりますが、『smart アンケート』では、
専用のExcel設定シートに入力するだけで、標準規格SCORMに対応した
eラーニング用のアンケートコンテンツを作成することができます。
もちろんPCだけでなくスマートフォンやタブレットでも受講可能です。

enquete-sapmle.jpgexcel-sheet.jpg


















また当社学習管理システムの『学び~と』に登録して、回答内容を出力すれば
簡単に集計することも可能です。
※SATTのもう一つの学習管理システム『smart FORCE』にも対応しています。

アンケート形式は次の2つから選んで作成できます。
・「全ての質問を初めから表示する」形式
・「回答すると次の質問が表示される」形式

アンケート形式で、「回答すると次の質問が表示される」を選択すると、
択一質問の回答によって次に表示する質問を変更する事ができます。
アンケートでよく見る、『前の質問で「はい」を選択された方はご回答ください』
という質問は、これを使用すると必要な場合のみ質問が表示されて、
受講者に分かりやすいアンケートを作成できます。

質問形式は択一質問、複数選択質問、入力1行、入力複数行の4種類です。
質問の形式
形式内容
択一質問
選択肢から1つを選んで回答する質問です。選択肢は最大100個まで設定できます。選択肢は、縦並び、横並びに設定ができます。
question-choice.jpg
複数選択質問

選択肢から複数を選んで回答する質問です。選択肢は最大100個まで設定できます。選択肢は、縦並び、横並びに設定ができます。

question-multiple-choice.jpg

入力1行
質問に対して、文字を入力して回答する質問です。1行の入力枠が表示されます。
question-input-oneline.jpg
入力複数行
質問に対して、文字を入力して回答する質問です。複数行の入力ができる枠が表示されます。 ユーザーの回答文字数は400字または1,200字までを選択できます。
question-input-multiline.jpg

他にも、色々な設定が可能です。
・アンケートの回答回数:「1回/制限なし」
・システム言語:「日本語/英語」
・質問の回答:「必須/任意」

まずは是非、無料体験版をお試しください。
tool-trial.png

それではMSKでした~

今週のラーニングイノベーション2019でもブースでお披露目しています。
ご興味がございましたら是非お立ち寄り下さい!


posted by MSK at 18:59
教材制作ツール(smart ツール) | コメント(0)
2019年05月23日

植物達のリスク管理

開発部だより 第408回



今日は、リスクのお話を少し。

本日、5月だというのに、最高気温が30度ですって、毎年、暑くなっていますね。

紫外線は、夏場よりこの時期の方が強いらしいので、皆様、気をつけて下さい。

その昔は、そんな事気にもせず、外を飛び回っていたのにね。

人間の紫外線対策は、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、サングラスをかけたりします。

物理的に防ぐ事が可能です。

でも、植物は、紫外線がガンガン降り注ぐ中で暮らしています。

大丈夫なの?

大丈夫じゃありません。

植物のリスク管理を見てみましょう。

紫外線は、人、植物を問わず、からだに当たりますと、「活性酸素」という物質を発生させます。

これが、諸悪の根源です。

「活性酸素」に対抗する為に、植物は、「ビタミンC」、「ビタミンE」などをつくります。

その他に植物が作る「抗酸化物質」として、「アントシアニン」と「カロテン」があります。

名前を聞いた事がある方もいるかもしれませんが、これらは花の色を出す色素に係わる物質です。

アントシアニンは(+酸性で青系、+アルカリ性で赤系)、カロテンは橙、黄色の色素です。

植物はこれらの物質で、大事な花や実を守っています。

高山植物の花の色が美しいのは、強い紫外線に抗する為で、平地では美しく咲いてはくれません。

我々は、植物が生成した抗酸化物質を戴く事により、紫外線に対抗する力を得ます。

植物に感謝ですね。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、皆様の御参加をお待ちしております。

posted by ハイタカ at 16:57
開発部だより | コメント(0)
2019年05月21日

Adobeが規約改定、旧製品を使用禁止に。


こんにちは。シーナです。5月9日頃にAdobeが規格改定を行った内容が話題になっています。
箇条書きでまとめますと

🌑これまで使えていたCS6以降バージョンは非推奨として削除、ダウンロードできなくなる
🌑メール等での事前通知なし
🌑以前のバージョンを使い続けると「第三者に権利侵害を主張される」と勧告
🌑なぜ今回の改定に至ったのか、詳細な説明がない


といったのがだいたいのあらましのようです。
Adobeといえばサブスクリプション化したAdobe CCという製品を2013年に発表して
そちらの利用を促進していました。
サブスクリプションというのは簡単に言うと月額課金のことで、
すべてのAdobeデザイン系のアプリケーションの最新版が使い放題になります。
また、CS6以降のアプリもいつでも使えるというのも売りに会員を増やしていました。

印刷業界などでは古い環境でバージョンアップができない場合もあり、
どう対応すべきか答えが出ない状態とのこと。

私も業務で大変お世話になるAdobe製品です。
改定に至った経緯を知りたくもありますし、移行準備期間は必要かなぁと思いました。

※2019/5/29追記:
 後日、Adobeよりメールで変更についての通知がありました。
posted by シーナ at 14:32
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2019年05月13日

『学び〜と』機能紹介――『受講可能な場所を制限する機能=「IPアドレス制限」を“科目ごと”に設定できる機能』をご紹介!

皆さんこんにちは! SATTで開発業務に携わっております『てっかまき』です。

今回も開発部の情報をお届けします。


さて、今回ご紹介するのは『学び〜と』の2月のリリースに追加された、『科目単位でIPアドレス制限を行う』機能についてご紹介いたします。

この機能は「この科目や教材は社内や特定の場所だけからしか受講させたくない!」といったお客様の声にお応えするため実装いたしました。

この機能を使うと、指定されているIPアドレス以外の受講を科目単位で制限することができます。

今回は『本社』と『A代理店』からしかアクセスできない科目を作るという想定で、説明していきます

管理者サイトで早速設定!

Before】科目ごとに閲覧場所の制限を設定できませんでした。


元々、学び〜とにはお申込み頂いた際にサイト全体にIPアドレスで閲覧できる場所を制限する機能があります。しかし、これでは「家や通勤中に勉強をしてもらいたいけど、特定の教材は社内の情報が書かれているからできれば外から見られたくない!」そんな状況に対応できませんでした。

After】科目ごとに閲覧場所の制限を設定できます!


[サイト管理]>[サイト設定]画面に次の2つの項目が追加されました。
1'.png

まずは[科目ごとIPアドレス制限有効]にチェックを入れて更新してみてください。

[全科目IPアドレス制限有効]は後ほどご紹介します。


すると、[教材管理]に新しく[受講許可IPの管理]という項目が追加されます。

ダッシュ.PNG


さっそく確認してみましょう。

IPアドレス一覧画面.png


IPアドレスを登録できる[IPアドレス一覧]画面が表示されます。ここで受講を許可するIPアドレスを登録しておくことで、後で科目に設定を適用する時に毎回IPアドレスを入力するという手間を省くことができます。

例として受講を許可する『本社』と『A代理店』のグローバルIPアドレスを登録してみました。(実際に利用する場合は会社のグローバルIPアドレスなどを事前に調べておく必要があります)


それでは早速科目に適用していきましょう。科目一覧に移動してみてください。今回は国語の現代文という科目にIPアドレス制限をかけてみようと思います。

科目一覧にメニューが増えてることを確認'.png


ここにも新たに[IP制限設定]という項目が増えています。この画面で先ほど登録したIPアドレスを設定します。

IP制限設定画面.png


これで準備が完了です!


本当に制限できているか、受講サイトで確認してみよう!

BeforeIPアドレス制限を行えない時はこのようになっていました。

受講者サイトでどう見えるか.png


IPアドレス制限がされていない時はこのように表示されます。

また、受講が許可されている『本社』や『A代理店』からアクセスした際には上記画像と同じように表示されます。


After】違うIPからアクセスすると科目にアクセスできなくなります!

受講者サイトでどう見えるか1'.png


では社外から同じアカウントで同じようにアクセスしてみます。すると画像のように、現代文に「制限中」と表示されクリックができなくなります。残りの古文や漢字にはアクセス可能です。

このようにIPアドレス制限を有効にすることで、社外からはアクセスできない科目を作ることができました。


[全科目IPアドレス制限有効]を設定するとどうなる?

先ほど説明を後回しにした[全科目IPアドレス制限有効]にもチェックを入れてみましょう。

全科目IPアドレス制限有効’.png


もう一度社外から受講者サイトにアクセスしてみます。


受講者サイトでどう見えるか2'.png


すると、古文や漢字もアクセスができなくなりました。

実はこの機能を使うと、IPアドレスが登録されている科目にしかアクセスできなくなります。

すべての科目を決まった受講制限科目にすることができる他、管理者が「うっかり受講制限科目に設定し忘れてしまった!」という状態を防ぐことができます。

(ただし、このままでは古文と漢字は『本社』や『A代理店』からもアクセスできなくなってしまうので、きちんと設定をし直しましょう)


まとめ 科目ごとに受講場所の制限ができるようになりました!

このように、

  1. 科目ごとのIPアドレス制限を有効にする。
  2. 受講を許可する予定のIPアドレスを登録する。
  3. 科目に受講を許可するIPアドレスを割り当てる
  4. 許可されたIPアドレスからしかアクセスできない科目ができる!

 ということができるようになりました!社内からしか見せたくないという科目や教材がある場合は是非活用してください!


学び〜とへのご意見、大募集!

今回のようにお客様からの要望が多い機能は、学び〜との新機能として開発をしております。皆様からのご意見が学び〜とを進化させています!

学び〜とに関するご意見・お問い合わせはこちらから!

posted by てっかまき at 14:30
学び〜と | コメント(0)