『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2018年03月12日

あなたのマイドリンクは?

開発部だより 第384回


みなさま、こんにちは〜! 開発部(チ)です。

少し前から「ほうじ茶」がブームだそうで。

開発部(チ)も、遅ればせながらお茶屋さんから「ほうじ茶」を買ってきたので、
家や会社で飲んでます。
あの香り、ホント和みますよね〜。


ほうじ茶は

  コーヒーや緑茶と比べてカフェインが少ない  たくさん飲んでも安心
  緑茶よりは少ないが、茶カテキンを含んでいる  抗菌・殺菌作用で風邪予防
  旨み成分「テアニン」  リラックス効果&集中力アップ
  香りに含まれる「ピラジン」という成分  血流を促す作用で冷え性の改善

などなど、身体に良いことがいっぱいあるそうな。

人気のカフェでも「ほうじ茶ラテ」や「ほうじ茶ケーキ」なんかを出しているところが
ありますね。


で、周りのみんなが仕事中に何を飲んでいるのかが気になったので、、、ちょっと調べて
みました。
(調査対象:周りのSATTスタッフ45名 ※外出中は除く

  お茶派(お茶っ葉・ティーバッグ・ペットボトル)      … 

  コーヒー派(インスタント・缶・持ち帰り)         … 

  お水・白湯・炭酸水派                   … 

  ジュース派(炭酸飲料・スポーツドリンク)         … 

  その他(豆乳、飲むヨーグルト、謎の缶入り健康飲料 など) …  % 

  飲まない派                        … 


なんとなくですが、コーヒー派が多いのかなー、と思っていましたが、今回の調査では
僅差でお茶派が多め、という結果になりました。

また、マイ水筒を持参している人が結構いたのにはびっくりしました。(約28%の持参率)
いつでもどこでも好きな時に。
モバイルって便利ですよね〜。


で、で、で、
「いつでもどこでも好きな時に」アーンド「モバイル」と言えば、、、  そう!
モバイル環境でもさくさくと受講可能なLMS「学び〜と」!!

PCはもちろん、スマホ、タブレット、どちらでもいけますよ。
ただいま2か月間の “無料トライアル” を受付中です。

また、3/28(水)の16時より、「初めてのeラーニング導入セミナー」を開催予定です。

ご相談・ご用命はSATTへどうぞ〜。えへへ。


※家の近所のたい焼き屋さんで「たい焼き(カスタードクリーム)」を買ったら、
 お店の方が「シナモン、かけていいですか?」と。
 開発部(チ)は、シナモンが大好きなので「ぜひ!ぜひ!」と。
 濃厚なカスタードクリームにふわりと香るシナモン、とってもおいしかったです。
 そして、ひとこと聞いてくれるお店の方の気遣いもうれしかったです。
 (シナモン、苦手な方も居ますもんね。)
posted by 開発部(チ) at 14:21
開発部だより | コメント(0)
2018年03月07日

eラーニングと人工知能

皆さんこんにちは。マイケルです。
最近、毎日のようにニュースで「人工知能」というワードを聞くような気がします。
一般の注目度も高く、公の予算も一ショットで数千億円規模の投入、
なんてニュースも耳にしますので、「ロボットなんて!」という方も
意識せざるを得ないのではないでしょうか。

教育の世界でも「『教育』とは人間と人間が対面で意識を合わせることが
全ての原点、コンピュータ化はナンセンス、人工知能なんてもっての外だ!」という
先生も未だ多くいらっしゃいます。
ですが、文科省は「教育ICT化」をなんとか推進しようとしていますし、
これは避けられない流れなんでしょうね。


さて、この人工知能、僕たちSATTが日々研究している
eラーニングや学習管理に関しての応用性はどうなんでしょうか。

もちろん多くの可能性を秘めていますが、
僕が個人的に注目しているのは、人工知能による
マジックナンバーの自動抽出や仮説提起ですかね。

皆さん、「マジックナンバー分析」って知ってます?
そう、あれですよ、あれ^^
「Facebookでアカウント開設後、一週間以内に10人からコメントもらえると
一年継続率が30Pt跳ね上がる」とかそういうヤツですね。
グロースハックに傾倒していたFacebookやTwitterが
話題にしてから気にするようになった、というIT関係者、僕の友達でも多いです。

今、マジックナンバー分析をしきりにやっているのはソーシャルゲームメーカーさん達ですね。
「二つ目のシナリオまで10日以内に終了すれば、継続率が〇〇Pt上がって、
一人当たりの課金額が〇〇円上がる」なんて話で
企画会議は熱く盛り上がり、実際にそのマジックナンバーをユーザーにクリアさせる為に
色んなプロモーションを実施し、一歩間違えれば抱き合わせ商法のようなことまで始まる勢いですね。

このマジックナンバー分析、色々なものに活用、応用できますし
あらゆるものに、みんなが知らないマジックナンバーが隠れているはずですが
現在のeラーニングの世界だと、あまり活用されていない気がします。

たとえば「うちの会社の『若手社員向け学習コース』、
修了率が低いんだよなー」なんて担当者さんが悩んでる場合、
人事課からメールで「ちゃんと修了するように!」とメールをバンバン打ったり
各部署の会議で「君たちしっかり終わらせろよ!」とか課長さんが大きな声を出す…みたいな。
これって少しアナログですね^^;

上記のような例にも「実は、コースの2つ目の教材の『テスト教材』が肝で、
ここで一発で合格した人は、1ヶ月修了率が80%を超える」…なんて、
そういう数字が隠れているんです。

だったら、メールを大量送信したり、上長が怒ってとにかくやらせようとするんではなく
テストを受ける前に受講する教材に、覚えるべきポイントや
分かりやすい例をたくさん出してあげて「テスト教材」の合格率を上げるようにすることの方が
断然建設的ですし、記憶定着率が上がったり、向学心も向上するなど、
色々な効果が期待できます。

ですが、このマジックナンバーを見つけるのは難しく、
習熟した人間を多く配置し、多角的に検証しなければならないですし、
信頼性のあるマジックナンバーを見つけるには
調査対象の分母もある程度大きくしなければならず、そうするとより大きな
作業工数がかかることになってしまいます…
と、そこで人工知能です。膨大なログを解析することはコンピュータの得意分野ですし、
どのマジックナンバーを選択するか、とか信頼性を最終評価するのはやはり人間でしょうが
その下準備、仮説提起まで人工知能が担ってくれると作業は大幅に効率化されます。

さらに、LMSの中で学習コースを設定した時点で
人工知能がそのコースの予測修了率やA〜E評価をしたり、
コースの問題点を指摘したりしてくれると良いですね。


今、言葉としては身近になった人工知能、これから5年くらいで
実際に皆さんが触れるソリューションにもどんどん活用されていくことになるでしょう。
僕たちSATTも研究中です。またご報告出来るものがあれば
当ブログにも書いていきたいと思いますのでヨロシクです^^


【カンタンに、効果の高い学習コースが自分で作れる『学び〜と』】
 http://www.manabeat.com/


【駿台グループの教育思想をICTで実現する「eラーニングのトップベンダー」はSATT】
 http://satt.jp/company/contact.htm
posted by マイケル at 09:29
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年03月05日

ColdFusion Day 2017のセミナー資料が公開されています。

開発部だより 第383回



こんにちは!
ijです。

昨年末、日本での販売代理店、株式会社サムライズ様が開催した
Adobe ColdFusionのカンファレンス「ColdFusion Day 2017」のセミナー資料が公開されています。

以下、SESSION1から3までのセッションの資料を参照することができます。
※SESSION4については、資料公開はないとのことです。

■SESSION1
〜最新ColdFusion情報〜
ColdFusion最新動向と次期バージョン&ロードマップ

■SESSION2
〜サムライズ サポートセンター セッション〜
トラブルシュート事例

■SESSION3
〜エンドユーザー事例〜

■SESSION4
〜開発会社 セッション〜
調査を迅速に!ColdFusionで効率的な調査方法

ColdFusion Day 2017 開催報告

業務の都合等で、参加したくても出来なかった方々も沢山いると思うので、
このように公開いただけるのは嬉しい限りです。

また、前回、「ColdFusion Day 2016」の資料も公開されています。

ColdFusion Day 2016 イベントレポート

今年、2018年も是非開催を!と願いつつ、今回はこのへんで失礼します。
それではまた!

うおっと、SATTの新学習管理システム(LMS) 【学び〜と】も、どうぞよろしくおねがいします!
posted by ij at 16:41
開発部だより | コメント(0)
2018年02月26日

今さら学ぶシステムのイロハ

開発部だより 第382回


こんにちは♪
健康診断でこれでもか!というほど身体の不具合を指摘され、
心がぽっきり折れている開発部ジッパーです

さて、これまでも何回か触れてきた
顧客先メインフレームシステムのマイグレーションですが、
私はこれまで業務アプリの開発ばかりやってきていたこともあり、
打合せでマシン系の専門用語が出てきても
知ったかで‘フンフン’と頷いてごまかし乗り切っていました。

・・・が、やはりそれだけでは話についていけないので
今回学んだハードウェアの超基礎用語を2つご紹介します。

オンプレミス
  
  システムのハードウェアを自社に置くこと

ハウジング
  
  他社のスペースを借りてそこにハードウェアを置くこと

ざっくり言うとこんな感じ。
知ってる方にはものすごく基本的な用語で本当にすみません。

これらと比較される運用形態でクラウドがありますが
それはさすがに私でも知ってるわってことで。

セキュリティを考えるとオンプレが一番ですが、
今はコストや災害時の対応などのことを考えて
ハウジングやクラウドを考えるお客様も多いようですね。

ハードウェアの知識が新入社員並だとわかり、
反省しきりのジッパーでした。

SATT無料セミナー色々やってま〜す聴くだけタダなら損はナシ!です♪
posted by ジッパー at 13:40
開発部だより | コメント(0)
2018年02月20日

回線変更は簡単?

開発部だより 第381回



花粉を感知してます。開発部pinkです。
飛んでますよね?

近頃、家のネット回線を変更しました。
なぜなら、そそのかされたから。

携帯の機種を変更したのです。
これまでは、携帯のキャリアと家のネット回線は、別の会社のものでした。
なぜなら、携帯のキャリアのネット回線は、やたらとオマケが多くて(○カ月無料みたいな)、鬱陶しかったから。

携帯屋さんで
「キャッシュバックがありますから。 月々、○円安くなりますから」
と、かなりしつこい(ノルマがあるのでしょう)。

「面倒」「余計なものいらない」とごねていたのでですが、
「簡単」「余計なものありません」と言われ…。

「簡単」をものすごく強調され…。


結論としては、
工事が入ったり(土日は費用追加)
当然、設定し直しだし
前の会社にレンタル品返却しなきゃだし
「簡単」ではないのです。


いまのところ、快調ですが、この先、どうなりますかねぇ。。。


はい、営業。
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 10:50
開発部だより | コメント(0)
2018年02月19日

「伝統と実績の100周年。未来へつなぐ愛情教育」

にんにちは。

去る2018年1月18日、駿台は100周年を迎え、先週末の2月16日、パレスホテル東京にて記念式典が盛大に開催されました。

記念祝賀会では、1500名を超えるお客様が参加され、会場内はとても盛況でした。
日ごろからのお客様への感謝をこめて、お客様を労い、お客様に楽しんで頂くという趣旨のもと開催されました。

会場内では、宇宙飛行士の山崎直子さん初め駿台OB、OGの方より、駿台へのビデオメッセージを頂戴しました。
皆さんのお話はどれも興味深い内容でしたが、共通して言えるのは、「今があるのは駿台のおかげ」という非常にありがたいお言葉でした。

駿台は100歳を迎えますが、100年存続する会社はいったいどれくらいあるでしょうか?
日本国内の企業数、約412万社ある中で、100年以上の歴史がある会社は0.5%程度と言われています。
逆に新しく起業する企業の50%は創立5年以内に倒産するとも言われています。

100周年というのはとてつもない偉業であることが、この数値からわかりますね。

山ア寿春さんが1918年に東京・神田に、現駿河台学園の前身である東京高等受験講習会を開催して以来、一貫して”愛情教育”を貫いてきた結果なのだと思います。

我々SATTも、歴史ある駿台を微力ながらシステム面から支えてこれたのは非常に光栄なことだと思います。
SATTは創立33年、SSC(駿台ソフトウェアセンター)から数えると50年くらいになりますが、40年、50年を迎えられるように精進したいと思います。

お客様各位におかれましては、今後ともSATTへのご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い致します。


posted by くりき at 14:00
SATTより | コメント(0)
2018年02月07日

smart FORCE がバージョンアップしました

version2.3.jpg

2018年1月30日、smart FORCE が 2.2.0 から 2.3.0 にマイナーバージョンアップをしました。

まずは体験デモ で、受講者としてログインしてみてください。

最大の特徴は、学習者(受講者)が利用する画面では、Flash 技術(SWF)を利用しなくなった点です。

今までのバージョンでは、学習者がパソコンで学習を行う場合、ブラウザーに Adobe Flash Player の最新バージョンがインストールされている必要がありましたが、今後は必要なくなります。

※管理者が利用する機能(画面)は、従来の Flash 技術を利用しております。

smart FORCE 2.3.0



[ ログイン画面 ]

sf01.JPG

[ ダッシュボード ]
 受講者が主に必要とする情報をまとめて1つの画面に表示しています。
 管理者からの「お知らせ」や新規に始まったコース情報などを見ることができます。

sf02.JPG

[ 教材情報 ]
 受講者が現在受講可能なコース情報が表示されます。

sf03.JPG

[ 掲示板 ]
 掲示板管理者(コース管理者)や他の受講者と、受講しているコースに関する質問や意見
などを対話形式でやりとりできます。

sf04.JPG

[ マイページ ]
 ユーザー情報の確認、パスワードの変更、テーマの設定を行えます。

sf05.JPG


動作環境等の詳細については、こちら

smart FORCE は、お客様のご要望の合わせて、カスタマイズ可能な LMS (ラーニング・マネージメント・システム)となっております。

smart FORCE に関するお問い合わせは、こちらです。

posted by たっくん at 12:06
smart FORCE | コメント(0)

eラーニングで働き方改革

先週末、母校の学生さん達に就職活動についてのアドバイスをしに行ったら、逆に学生さん達からいろんな学びをさせていただいた営業担当のベフです。

いや〜、学生さん達、熱いですね!
30数年前の僕ら学生達は、昼はサークル、麻雀、夜はバイト、コンパに明け暮れてましたが、えっ僕だけですか?(笑)、今の学生さん達は本当によく勉強してますし、就職に対する意欲が全く違いますね。
就職先についても、ただ名前が知れてる、安定しているとかいった観点ではなく、その企業でどうやって自分を成長させていけるのか?そういった観点での質問が数多く寄せられ、回答する先輩方がタジタジとする場面が多々見受けられました。

世は働き方改革の時代、安倍さんも今国会の冒頭で「働き方改革を断行します!」と声高らかに宣言しています。
働き方改革とは、「一億総活動社会」実現に向けた取り組みと言われていますが、同時に三つの課題があるとも言われています。
一つ目は長時間労働の改善、二つ目は非正規と正社員の格差是正、三つ目は高齢者の就労促進ですね。

一つ目の長時間労働の改善とともに注目されるのが、ワーク・ライフ・バランスですね。
HSBC EXPAT調べによる「海外勤務にベストな国ランキング」2016年版において、日本は調査対象45の国と地域の中で20位(これも低いですが)ながら、この「ワーク・ライフ・バランス」においては、なんと最下位!だったんですよね。
僕なんかは、長時間労働が減少し、ワーク・ライフ・バランスが改善されれば、すぐ飲みに行こうってなっちゃうんですが、今の学生さん達は違います。
そうやって確保した自分の時間を、如何に自己研鑽に繋げていくか、会社の業務だけではなく、自己実現のための学びの機会はあるのか?そういった観点で見ているのですね。

うちの会社も、この2月で100周年を迎える駿河台学園グループの一社、
「教育×人×技術」で個々の成長・社会の発展に貢献する企業
として、自社内でも、毎月弊社のクラウド型eラーニング「学び〜と」を活用して、ISMSに関する学習や、教育に関するIT業界の新しい動きなどの学習を行っていますが、まだまだこれにドライブかけて頑張んなきゃな!っと発破をかけられました。

みなさんの企業では如何ですか?
企業にいると、自己研鑽とまでいかなくても、例えばコンプライアンスや、個人情報保護法についてなど、日々の業務をこなしながらでも、学んでいかなくてはならないことがいっぱいありますよね。
それらをどうやって学習されてますか?

まだほとんどの企業さんでは、未だにみなさんの業務が一段落する6時から、会議室に一堂に会し、1時間程度のレクチャー形式で学習しているのではないでしょうか?
でも考えてみて下さい、世は正に働き方改革の時代、先ずはこの集合研修による残業から失くしていかなくてはならないんじゃないでしょうか?

みなさん、朗報です!
いい解決策があります!
初期投資0円
50名様まで、月々15,000円
いつでもどこでも学習できるクラウド型eラーニング「学び〜と」
少しでも興味を持っていただければ、以下をクリックしてください。
manabeat-overview.jpg
先ずは無料トライアルから。

えっ、もうeラーニングなんてとっくの昔からやってるよってみなさん、そのeラーニングは、もしかして会社の自分の席のパソコンからだけしかできないんじゃないですか?
今はもうスマホでも、タブレットでも学習できる時代ですよ。
そういう方も以下をクリックしてください。
manabeat-overview.jpg
先ずは無料トライアルから。

2月14日 「学び〜と」の無料のハンズオンセミナーも受付中です!
詳細やお申込等は以下をクリックしてください。
overview.jpg
posted by ベフ at 10:26
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年02月05日

「雪の日の帰り道」

開発部だより 第380回



1月22日(月曜日)15:30ごろ「大雪警報」が発令され、帰宅時間が各人の判断に委ねられました。

これを大雪と呼ぶには、雪慣れしている私には抵抗がありますので、「チョイ雪の日」とします。

皆様、無事、帰宅されたでしょうか?

で、如何様にして私が家に辿り着いたかを、再度考察する事により、これからの行動に生かせればと思います。

お暇な時間がありましたら、皆様もお付き合い下さい。

まずは帰宅時間を何時にするかですね。

少し状況を舐めていましたので、16:30ごろ会社を出ました。

都営三田線の神保町駅まで歩きます。

ホームに行きますと結構人がおりましたが、即、電車に乗れました。

乗換駅は、三田駅ですが、到着するころには、ギュウギュウ詰めの状態です。

ここで、都営浅草線に乗り換え予定でしたが、このホームが人で溢れていました。

ここで、ちょっとマズそう、という思いが頭を過ぎります。

並ぶのも、待つのも大嫌いな私は、山手線の田町駅なら空いているかな?と思い、外に出ますが、こちらも状況は変わらずです。

どうしましょう?

そうだ!歩こう、田町から五反田まで、突っ切れる路がありますし、雪もそれ程でも無し、決めました。

雪はパウダースノウというのか、かなりサラサラ感があり、足を取られる事もありませんでした。

余りこの途、人がおりません。高級住宅街などを抜けます。

雪遊びをしている家族あり、雪に足を取られている車ありです。

途が開けたので、結構歩いたつもりが、高輪プリンスの裏側で、まだ半分かよ。

ここら辺が登り坂のピークで、後は降りです。気を取り直して頑張ります。

降り坂が終わり、大きな道路に出ました。

ヤバイ、途が良く分からない、携帯はガラケーです。

らしい方向に足を向けます。

目黒川を渡りましたが、渡って良かったっけ?

知らないデカイホテルとかマンションあり。

あ、電車を見つけ。

五反田駅を発見、ホット一息です。

駅前よりバスに乗ろうとするが、チェーン付けますのでお待ち下さいとの言。

やはり、ここまで来たので、家まで歩こう、リズムは大切です。

途中の公園にて、デカイ雪だるまを二つ発見、東京の子供達には貴重な雪の日ですね。

コンビニでおでんを買ったけれど、速く帰らなければ冷めちゃう?

アパートの前では、大家さんが雪かき。

辿り着いた時間は、19:00過ぎでした。

ちょっと迷いすぎたかな。

さて、反省点。

後から考えると、三田駅で乗り換えず、その先の高輪台駅で降り、後は歩きというのがベストの選択肢かな。

突発的な事象に対し、対応が緩かったようです。これからは、最初から歩くという選択肢を予定に入れましょう。

2日目に出た筋肉痛の足を揉みながら思います。

SATTにおきましては、企業の未来を左右するeラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、皆様の御参加をお待ちしております。
posted by ハイタカ at 13:10
開発部だより | コメント(0)
2018年01月30日

セキュリティ対策のはじめの一歩

開発部だより 第379回



こんにちは。
年明け早々にパソコンを1台買ってしまったumpcです。今年も散財まっしぐらです。

パソコンの価格とは金額の規模が全然違う話ですが、先週、仮想通貨取引所の
コインチェックが不正アクセスを受け、仮想通貨「NEM」を不正送金されるという
事件がありました。

被害額の580億円という金額にも驚きましたが、それを現金で顧客に返金できると
報道されてさらに驚きました。金額が大きすぎて現実感がありません。

今回の不正アクセスはセキュリティ対策が不十分だったためと報道されています。

不正アクセスの手段も多様化していて、全てに対策するのは難しいのかもしれませんが、
従業員へのセキュリティ教育は対策の第一歩だとおもいます。

SATTでは情報セキュリティの教育をLMSの学び〜とで毎月実施しています。

学び〜とを体験できる無料のハンズオンセミナーを定期的に開催していますので、
是非ご参加ください。
posted by umpc at 15:15
開発部だより | コメント(0)