『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2017年04月18日

技術の進歩はすごい!今は『空撮』もカンタンに

皆さんこんにちは。マイケルです。

最近は映像機器の進化も著しく、非常に高画質なものが
とても小さな端末で撮影できます。
僕たちSATTも、デジタルコンテンツの制作や映像の撮影を行っておりますが、
本日は「空撮」に関してお話したいと思います。

以前は空撮と言うと、それこそテレビ番組など、巨額の費用を捻出できる利用シーンに限られ、
企業が自社のコンテンツ(教育用、営業用、プロモーション用 等)で
空撮を行うことは非常に稀でした。
ですが最近、特にここ一、二年は、業界内でよく話題に上がるようになりましたし、
実際僕たちの所へも、多くのご相談やご要望が寄せられています。

このように一般化してきた理由は、冒頭で述べた撮影機器の小型化・軽量化と、
もう一点『ドローン』の進化によるものです。
昔は空撮をする際は実際にヘリコプターを飛ばすしかありませんでした。
ヘリコプターの手配、パイロットや空撮に慣れたカメラマンの手配、
カメラマンには特殊な保険にも加入させて撮影の準備をしていました。
それがドローンの登場以降、状況は大きく変わりました。
撮影費用の大幅な圧縮、低コスト化が実現しただけでは無く、
安全面への配慮により今まで行えなったアングルやコース取りでの空撮が可能となりました。

現在のドローンは衝突回避性能の向上に加え、自動帰還機能もついています。
ボタン一つで離陸場所まで安全に戻ってきますし、ドローン自体もバッテリー残量を把握しており、
帰還できなくなる前に自分で離陸場所に戻ってきます(かしこい!)。

SATTでも、このような様々な機器、さらに最先端の映像技術を駆使し、
クライアントの皆様がご満足頂ける映像制作を行っていきます。


※※空撮も、通常の撮影も…映像メディア制作に関することでしたら、
SATTに何でもお気軽にお問合せ下さい!※※

http://satt.jp/company/contact.htm
posted by マイケル at 14:27
教材制作ツール | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月13日

録音機材が新しくなりました

開発部だより 第346回



こんにちは、はっぱのぽおるです。

ナレーションなどを録音するミキサーが新しくなりました。

なんでも今まで使用していたミキサーが10年以上前の物だったと聞いていたのですが
どうやら20年以上前の物だったと最近発覚しました・・・・(ちょっとした骨董品、ミキサーマニアに売れないだろうか、そんなマニアいるのだろうか)

みなさん、「私が来るときにはもうアレ(ミキサー)はあった」と口をそろえて言うわけですね。

現在は新ミキサーを使いこなすため、録音録音録音録音の毎日です。


映像コンテンツ作成やナレーション録音をしたいという方はお気軽にご相談ください。
posted by 葉っぱのぽおる at 09:18
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月10日

新年度スタート!

開発部だより 第345回


こんにちは、8Prinzです。

新年度に入り、様々な変化がある時期となりました。
世の中でも4月前後のタイミングでいろいろな変化があります。

・自動車免許制度変更
・新エコカー減税導入
・ガス自由化
・Windows Vista サポート終了
・国の給付型奨学金 一部スタート
・プレミアムフライデー(2月〜)

私たちの業務や生活に影響が出るものもありますので、注意が必要ですね。

新卒採用や人事異動で新たな社員を迎えられた企業も多いかと思います。
弊社では新入社員に対して、業務概要やセキュリティ教育の説明を「学び〜と」を使って実施しております。
内容の理解はもちろん、自社製品のことを知る機会でもあります。
お客さんの立場で使ってみることで、利便性の改善に繋げる狙いもあります。

多くの社員に様々な内容を伝えることの多い時期こそ、e-learningを活用してみては如何でしょうか?
お問い合わせはこちらまで。
posted by 8prinz at 13:16
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月29日

「学び〜と」のトライアル、使ってみましたか?

トライアル使ってみましたか?
SATTの学習管理システム「学び〜と」の。

会社でeラーニングを実施する場合、たいてい社員教育に利用しますよね。
当社でも「学び〜と」を使ってセキュリティ教育など実施していますが、
教育だけではない「学び〜と」の使い方をご紹介します。

社内マナーや業務の手順書などを公開して情報共有に適しています。
たとえば、
・ごみの分別
・事務所の最終退出者時の戸締り方法
・服装のマナー
など。

「割りばしってどのごみ箱だっけ?
分別について連絡受けたけど、いつのメールだったかな…」
と、情報を探してしまうことってありますよね。
立場が変わって、情報の発信側であれば、
同じ質問を複数の社員から受けることもありますよね。

そんなとき、情報が「学び〜と」で公開されていれば、一目瞭然。
探し物をする時間も、教える時間も無くなります。
情報を発信する側も、情報を受ける側も「学び~と」にログインすれば
すぐ見つかるんですから。

ちなみに当社では「ゴミ分別について」を教材化して情報共有しています。


2017032802.jpg












総務部、人事部、管理職、グループリーダーなど
情報を発信する側は、自ら手軽にコンテンツ(教材や情報)を「学び〜と」で公開でき、
情報を受ける側の社員は、いつでもサクっとコンテンツ(教材や情報)を確認できます。

●eラーニングと「学び〜と」のご紹介
初めての「eラーニング」導入セミナー
2017年4月14日(金)16:00〜17:30

●「学び〜と」を体験
学び〜とハンズオンセミナー
2017年4月27日(木)15:30〜17:30

無料トライアルはこちらから
posted by はちみつゴロー at 15:42
学び〜と | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月27日

smart FORCE アップデート情報

開発部だより 第344回


どもども。
ご無沙汰してます、開発部リーダーです。

昨年は、SATT の最新 LMS として「学び〜と」を発表しましたが、smart FORCE も、まだまだ進化していきます。
今月、「smart FORCE ver 2.2.0」を公開しました

今回の変更点ですが、まず『お知らせ』機能がバージョンアップしました。
従来の『お知らせ』機能は、最低限の機能のみの実装でしたが、ver 2.2.0 からはお客様からのご要望の多かった機能について対応しました。

  ● 配信先を「全ユーザー」/「グループ指定」から選択可能
    ※「グループ指定」は、複数のグループを指定可能
  ● 「公開開始日」/「公開終了日」を指定可能
  ● 「重要なお知らせ」にチェックを付けることで、任意のお知らせを強調表示
  ● ドラッグ&ドロップにより、お知らせの表示順を自由に変更可能

pict3.pngpict4.png

もう一つは、まったく新しい機能です。
従来から、smart FORCE にはメールを送信する機能がありましたが、ver 2.2.0 からは、指定した日時にメールを送信する機能『送信予約』が追加されました。
予め、メールの配信日時と、メールのひな形、メールを配信したいユーザーの条件(コースの学習状況/権限/グループ)を設定しておきます。
指定した日時になると、条件と一致したユーザーのみに、メールが自動的に配信される機能です。
例えば、学習終了日近くにもかかわらず、学習が完了していない受講者に対して、催促メールを送りたいときなどに便利です。

pict3.pngpict4.png

ご興味のある方は、ぜひ SATT までお問い合わせください
posted by 開発部リーダー at 18:17
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月23日

16歳の尾崎豊に恋した日(完結編)

こんにちは ミッシェルです。

なんと!今回は連続登場です。
2週間前の〈後編〉で尾崎裕哉さんのライブに行くことにした とお話しました。
今回は、まだ熱いうちにライブに行って感じたことを書かせていただき、完結編としたいと思います。

3月11日(土)。場所は六本木のEXシアター。
ここは他のアーティストのライブで何回か来たことがあり、私にとっては慣れた会場。
スタンディングだけど、早い時間から並ぶ体力がなかったのもあり、
ぎりぎりの5分前に入場しました。

入場して、会場の熱気にびっくり。
老若男女、ドレッドヘアのでっかい男子も 白いセーターを着た小さくてかわいい女の子も
おばはんも(←私はこの範疇)オヤジもいろいろいる。しかもびっしり。
聞くところによると1600人以上集まったらしいです。

へえ〜こんないろんな人たちから興味を持たれているんだあ。ちょっと嬉しい。
さてさて、裕哉さんはどんな登場をするんだろ?興味と不安が半々。
開演のぎりぎりに入って、後ろの方になってしまったのを少々後悔。

そうこうするうちに裕哉さん登場です。

わ、結構ロックな曲をノリノリで歌うんだあ。
私はテレビで見たことがあるだけでCDも買っていないので
彼のオリジナルソングをほとんど知りません。

だからはじめはちょっと戸惑い、冷静に分析し、きょろきょろしていた私ですが、
だんだんと裕哉さんの世界にはまっていきます。

彼はロックからポップからスキャットやボイパまでいろんな音楽を披露してくれました。
本当に音楽が好きなんだなあ。というのがよく伝わってくる。

やっぱり思った通り。優しくて明るい。そして素直で上品。←ややほめすぎ気味。

トークも人柄がよく表れていて、言葉の選択を間違えちゃったりすると あたふたと
焦っている姿がなんだかかわいらしくて、おっとりした所もとても好感が持てました。

そして気づいたら、私も会場のみんなと一緒にノリノリで大声で歌っていました。

彼の歌は、ロックな曲はちょっと力みが入るけど、ポップやバラ―ドは優しく軽やかに歌う。
私はこちらの方が好きだなあ。
(あれ?これってどこかで聞いた言葉!?
 ”優しく軽やかに”歌う姿が素敵って、前編で16歳の豊さんの魅力を表現するのに私が使った言葉。
 前編はこちら
 なあんだ〜、私は裕哉さん と 16歳の豊さんの共通の個性に好感を持ったわけなんですね。)

これに気付くと私の中で親子である彼らの姿がぐっと近づいて重なっていく。

裕哉さんは、I love you も歌ってくれました。
そう、私が裕哉さんに興味を持ったきっかけになった曲。
やっぱりいいな。
I love you を歌う姿を見ていて、
「今は亡き父親の歌を歌っている彼は何を考えているのかなあ・・・」
とふと思い、
でもそれと同時に強いエネルギーみたいなものを感じました。

これって何?

そうか!そうだったんだ。

突然ひらめきました。


 彼は 生きているんだ


彼は生きている。温かい血が流れている。呼吸をしている。進んでいる。成長しつづけている。
そんな強いエネルギーがぶるぶる伝わってくる。


死んでしまった人は、その時点で終わり。時は止まったまま。
豊さんは、もう止まっている。(またしてもファンの皆様、先に謝っておきます。
勝手なことを言ってごめんなさい。)

でも裕哉さんは生きていて、
今、生きているのは裕哉さん1人なんだけど、
その裕哉さんの中に豊さんも一緒になっているような
共に生きているようなそんな不思議な感覚に襲われました。

彼らは本人でさえも意識できない部分で何かが融合することにより、
その魅力が倍増し、迸るエネルギーを感じることができるのではないかと思いました。

そう思って歌を聴いているうちに
もしかして、尾崎豊さんは、今の この裕哉さんのために存在したのではないだろうか?
とさえ思えてきました。(何度も謝ります。尾崎ファンの皆様、勝手なことを言ってごめんなさい。)

私にとっての16歳の豊さんの映像は、今を生きる裕哉さんに出会うためのチャンスだったんだ。と。←ここまで来ると激しい思い込み!?・・・


ライブはとても楽しかったし、大満足でした。
単に娯楽としての意味での楽しいではなく、充実していたという楽しさです。
これからも生きる強さ、辛さ、楽しさ、悩み・・・
あらゆるものを受け止めて乗り越える強さやエネルギーを
裕哉さんのライブで感じたい、受け取りたい、彼と共有していきたい。そう思いました。

だから、裕哉さんの秋のライブの受付がすでに始まっているのを知り、すぐに申し込んじゃいました。


3月11日のライブ会場の熱気は裕哉さんのインスタをご覧ください。
私も後ろの方のどこかにいます!写真はこちら


それでは、みなさま、長い連載になりましたが、16歳の尾崎豊に恋した日については
これで閉じさせていただきます。


読んでくださったみなさま、
コメントを下さったみなさま、特にかんちゃんさん!ありがとうございました。


The END

Sexy thank you!!
posted by michel at 20:32
エンターテインメント | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年03月20日

smart QUTE 3がアップデートします!

どーもMSKです!!
もうまもなく春ですね〜、

春といえばsmartシリーズのアップデート!?
SATTのテスト教材制作ツールの決定版、
smart QUTE 3の最新アップデートについてお知らせ致します。

昨年、バージョン3になって今まで以上に多機能化され、
どちらかというと玄人好みされてきたsmart QUTE 3。
今回のアップデートで、はじめての方でも簡単に
テスト教材制作ができるようクイックメニューを
搭載することになりました。

クイックメニューのイメージはこちら。

smartQUTE3_quickmenu.JPG
※画像は開発中のものです。実際とは異なる場合がございます。

最初にクイックガイドをご覧頂き、
サンプルコンテンツやその設定内容を確認し
実際に問題を1問制作するところまで、
一通り行う内容になっています。

機能や設定方法の詳細については
マニュアルから確認できます。

また、最初にsmart QUTE3をパソコンに設定する方法も
インストーラーを起動するだけなので、簡単です。

ドラッグ&ドロップ形式や並び替え、文中穴埋めなど
よりeラーニングらしいテスト教材を作成できるようになった
smart QUTE 3で、学習教材のアップグレードをおこないませんか?

最新版のリリースはもうまもなくの予定ですので、
リリースされ次第、告知致します!

それではMSKでした〜!
posted by MSK at 16:16
教材制作ツール | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月15日

プログラム開発作業で経験したことについて

開発部だより 第343回


OLIONです。
開発事業部の中でも私は運用業務を主に担当しているのですが、今回は、サーバシステム用に、オンラインシステムで前日更新があったデータを取り込むためのデータを作成するプログラム(言語はCOBOL)について、更新項目を追加するという改修を行っていて起こった出来事を紹介します。

改修作業にあたっては、事前にPCLと呼ばれるプログラムチェックリストの作成が必須となります。
今回も、改修部分については、当然のチェックを行い、正しいことを確認しました。
その後、本来あまり表れないケースについてのテストを実施しました。
それは、サーバに取り込まれたが、その後、削除処理が発生してサーバからも削除するためのデータについて確認になります。

削除データについては、フォーマットは更新データと同じでキー項目のみ指定して、その他の項目は初期値のままという仕様です。
プログラムでは、フォーマット部分のみ修正して、ロジックの修正はないので、大丈夫と判断していたのですが、実際は、出力フォーマットがおかしくなっていました。
出力ファイル自体には問題はなかったのですが、それをサーバ用にファイル変換する際のパラメータが間違っていることがわかりました。

PCLには今回の仕様変更では、改修した部分のチェック項目はもちろんですが、改修していない部分についてもチェック項目に入れることが重要であることを痛感しました。

以上

OLIONの経験した・気づいたことシリーズ
EXCELを運用で使用した際に経験したことについて
運用業務での手作業部分について
データインポート処理で気づいたこと
バーコード読み取り作業で経験したことについて
EXCELを使用した際に経験したことについてPART3
試験運用業務で経験したことについて
試験運用業務で経験したことについてPART2
データ作成業務で経験したことについて
試験運用業務での経験したことについてPART3
はがき印刷業務について
運用業務開始前の個人情報の取り扱い確認について
マークシート用紙作成業務について
データベースの容量について
本番移行作業で経験したことについて
posted by オライオン at 10:10
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月06日

社内研修と情報共有(情報のナレッジ)に○○○○が一役かっています

開発部だより 第342回


お久しぶりっす。
たっくんです。

タイトルの○○○○って何か分かりましたか(笑)

答えは、『 学び〜と(LMS) 』です。

学び〜とって何だろうって方もいらっしゃると思いますので、気になった方は→こちら


昨今どこの企業も情報セキュリティーに関しては、非常に積極的に取り組んでいますね!

弊社も業務の性格上、「ISMS と PMS」を取得しており、その為の社員教育を行っています。
そこで「学び〜と」を使って、セキュリティーに関する月次教育と年次教育を行っています。

h170306_01.JPG


今回の「 ISMS 」「 PMS 」の社内研修は大変だった!
研修の最後にある確認試験が、ちょ〜難しいく、誰がこんなマゾ問題を考えたんだ!!って思うくらいでした。
残念ながら、自分は、1回で合格できず、ちょ〜勉強しました(汗)
※受講回数制限があるから、ドキドキです。追試は勘弁〜


h170306_02.jpg


学び〜とは、情報共有にも有効です。

もうすぐ新人さんが入ってきますが、新人教育や日々の事務業務の説明などの資料を教材化しておくと、既存社員が新人さんに説明する時間が短縮できたりします。
新人さんも自分のペースで勉強できるので、みんな Win Win (笑)

さらに、用意した教材が、ちゃんと勉強してもらっているか管理者として確認できる点もいいです。

単純に、「共有の場所に資料を置いておきますから、各自見てください」ってしておくと、業務に追われるので見ない人が多いですよね。
そこでLMSで配布しておけば、見ていない人を抽出してフォローアップができます。
まあ催促とも言うんですけどね(爆)


学び〜とを使えば、誰にどんな勉強をさせたいか、管理者が決める事ができますし、社内で共有しておきたい情報等も教材として登録しておけば、誰でも簡単に空いた時間に情報にアクセスして、確認ができますので、非常に便利です。


この様に『学び〜と』は、自分達でも使って、使い勝手の改善や足りない機能・欲しい機能をどんどん追加して行っています。

2ヶ月間のトライアルが出来ますので、気になった方は、試してください。

試した方は、ぜひコメントもらえるとうれしいです
posted by たっくん at 20:36
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)

16歳の尾崎豊に恋した日(後編)

こんにちは。ミッシェルです。

昨年の10月に前編を書きましたところ、何名かの方からコメントをいただきましたので、
なるべく早く後編を・・・と思ってはいたものの
なかなか自分の番が回ってこないとブログは書かないものですね。

後編を心待ちにしていただいていた皆様!
4ヶ月も間が空いてしまい申し訳なかったです。お待たせいたしました。
(え?待ってた人なんて、いないよって?しかも誰も覚えていなかったりして・・・涙)

まあ、これだけ間が空いてしまえば忘れ去られていても仕方ないですね。
それでも書きます、後編のはじまりはじまり〜


4ヶ月ぶりなので前編のおさらいを軽くさせていただきます。
昨年の10月のとある日、尾崎豊氏の息子、裕哉氏をたまたまテレビで見て
優しくのびやかな歌声に興味を持ちました。
そして、改めてその父親である豊氏のことも知ろうと
youtubeなどで過去の動画を探してみたところ
デビュー前の16歳の時にオーディションを受けた時の動画を発見し、
すると、なんとも言えない感覚・・・
そう・・・胸の奥をぎゅっと握られたような感覚におそわれ・・・
つまり16歳の彼に恋をしてしまった というお話です。

その後、4ヶ月、私の恋心は今どうなっていると思いますか?
恋心を抱いたとしてももう決して生身の姿に会えないという辛い現実の中で
決して実ることのない想い・・・
(現在ご存命だとしても実ることは、あり得ないのですけどね・笑)

物語的に言えば、障害が大きい恋こそ燃える!!メラメラと
メラメラメラメラメラメラメラメラ


しかし、実際のところ、

そんな想いは

あっという間に

消えました(笑)さらさらさら


消えたというか、それ以上大きくならなかった、深くならなかった
という言葉の方が適しているかもしれません。

しかし私の想いなんてどうでもいいくらい16歳の豊氏がとても魅力的
である事実は変わらないと思います。だから、音楽業界のプロの大人たちが
彼をデビューさせようと思った訳ですしね。

それに豊氏に抱いた”興味”(好意ではなく、興味なんですね)は今も消えていません。


そして今、私の心の中には別の想いが沸いています。

尾崎裕哉さんのライブを聴きに行ってみようか!?

それは、下記のような想いや疑問の答えを見つけるためです。

彼はどんな歌をどんな風に歌うんだろう?
彼は父親とどう向き合って行こうとしているんだろう?
彼は父親をどう越えようとしているんだろう?


父親が亡くなった26歳に誕生(=デビュー)したその息子は

精神的に未熟でまだまだ子供であるにも関わらず
アーティストとして有名になり、もてはやされ、
自分の才能についてやら女性関係についてやら人間関係についてやら
あれこれ悩んで傷つき葛藤し、
そして大人になりきることなく死んでしまった父親をどう捉えているのだろう?
(尾崎ファンの皆様、失言がありましたら深くお詫びいたしますので、どうぞお赦しを)


父親とは対照的に精神的に落着き大人になった26歳でデビューするという、

まるで仕組まれたような見事な父親との入れ替わりのタイミング
(芸能界は恐いから、本当に仕組んだ人がいるのかもしれないですね。
 話題性として必要であったりもするのでしょう。)

でも裕哉氏は そんないろんな現実に目を背けず、逃げず、負けず きちんと向かい合っている、
そんな風に思えたから彼の姿を見てみたい、歌声を聴いてみたいと思ったのです。

彼の歌を聴けば、疲れた体も不安な気持ちもささくれた心も癒される、パワーをもらえる気がして。

こんな私の考えは間違っていなかったと確信したのは
以下のWEBに掲載されていたインタビューの中で
「父が窓ガラスを割るタイプだとしたら、僕は全力で磨くタイプ」
という言葉から。(掲載元は何だけど、いい記事です)
記事はこちら

これを読んで感じたのは、裕哉氏から感じる優しさや包容力は、彼自身が運命を乗り越え、
達観しているから。
自分自身がずっと悩み傷ついたままであった豊氏との違いはこれなのかもしれません。


もう私は決心しました。

そうだ、行こう、ライブへ!!

さらに なんていうタイミングだ!ライブツアーが始まるではないか!?
なになに?チケットぴあもイープラスも売り切れだけど
ヤフーチケットは販売中。(←決してヤフーからお金をもらってはいません)

よっしゃあ。申込みボタンをポチッ。はい終了。

すでに行かれるご予定の方もいるかもしれないですね。
だとしたら同じ空間にいることもあるかも。

最後に・・・

16歳の尾崎豊に恋した私は、
その息子である尾崎裕哉さんの歌を聴きにいくことで
抱いた恋心を別の形の何かに昇華させようと思っているのでありました。

posted by michel at 19:08
エンターテインメント | コメント(4) | トラックバック(0)