『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2017年03月15日

プログラム開発作業で経験したことについて

開発部だより 第343回


OLIONです。
開発事業部の中でも私は運用業務を主に担当しているのですが、今回は、サーバシステム用に、オンラインシステムで前日更新があったデータを取り込むためのデータを作成するプログラム(言語はCOBOL)について、更新項目を追加するという改修を行っていて起こった出来事を紹介します。

改修作業にあたっては、事前にPCLと呼ばれるプログラムチェックリストの作成が必須となります。
今回も、改修部分については、当然のチェックを行い、正しいことを確認しました。
その後、本来あまり表れないケースについてのテストを実施しました。
それは、サーバに取り込まれたが、その後、削除処理が発生してサーバからも削除するためのデータについて確認になります。

削除データについては、フォーマットは更新データと同じでキー項目のみ指定して、その他の項目は初期値のままという仕様です。
プログラムでは、フォーマット部分のみ修正して、ロジックの修正はないので、大丈夫と判断していたのですが、実際は、出力フォーマットがおかしくなっていました。
出力ファイル自体には問題はなかったのですが、それをサーバ用にファイル変換する際のパラメータが間違っていることがわかりました。

PCLには今回の仕様変更では、改修した部分のチェック項目はもちろんですが、改修していない部分についてもチェック項目に入れることが重要であることを痛感しました。

以上

OLIONの経験した・気づいたことシリーズ
EXCELを運用で使用した際に経験したことについて
運用業務での手作業部分について
データインポート処理で気づいたこと
バーコード読み取り作業で経験したことについて
EXCELを使用した際に経験したことについてPART3
試験運用業務で経験したことについて
試験運用業務で経験したことについてPART2
データ作成業務で経験したことについて
試験運用業務での経験したことについてPART3
はがき印刷業務について
運用業務開始前の個人情報の取り扱い確認について
マークシート用紙作成業務について
データベースの容量について
本番移行作業で経験したことについて
posted by オライオン at 10:10
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月06日

社内研修と情報共有(情報のナレッジ)に○○○○が一役かっています

開発部だより 第342回


お久しぶりっす。
たっくんです。

タイトルの○○○○って何か分かりましたか(笑)

答えは、『 学び〜と(LMS) 』です。

学び〜とって何だろうって方もいらっしゃると思いますので、気になった方は→こちら


昨今どこの企業も情報セキュリティーに関しては、非常に積極的に取り組んでいますね!

弊社も業務の性格上、「ISMS と PMS」を取得しており、その為の社員教育を行っています。
そこで「学び〜と」を使って、セキュリティーに関する月次教育と年次教育を行っています。

h170306_01.JPG


今回の「 ISMS 」「 PMS 」の社内研修は大変だった!
研修の最後にある確認試験が、ちょ〜難しいく、誰がこんなマゾ問題を考えたんだ!!って思うくらいでした。
残念ながら、自分は、1回で合格できず、ちょ〜勉強しました(汗)
※受講回数制限があるから、ドキドキです。追試は勘弁〜


h170306_02.jpg


学び〜とは、情報共有にも有効です。

もうすぐ新人さんが入ってきますが、新人教育や日々の事務業務の説明などの資料を教材化しておくと、既存社員が新人さんに説明する時間が短縮できたりします。
新人さんも自分のペースで勉強できるので、みんな Win Win (笑)

さらに、用意した教材が、ちゃんと勉強してもらっているか管理者として確認できる点もいいです。

単純に、「共有の場所に資料を置いておきますから、各自見てください」ってしておくと、業務に追われるので見ない人が多いですよね。
そこでLMSで配布しておけば、見ていない人を抽出してフォローアップができます。
まあ催促とも言うんですけどね(爆)


学び〜とを使えば、誰にどんな勉強をさせたいか、管理者が決める事ができますし、社内で共有しておきたい情報等も教材として登録しておけば、誰でも簡単に空いた時間に情報にアクセスして、確認ができますので、非常に便利です。


この様に『学び〜と』は、自分達でも使って、使い勝手の改善や足りない機能・欲しい機能をどんどん追加して行っています。

2ヶ月間のトライアルが出来ますので、気になった方は、試してください。

試した方は、ぜひコメントもらえるとうれしいです
posted by たっくん at 20:36
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)

16歳の尾崎豊に恋した日(後編)

こんにちは。ミッシェルです。

昨年の10月に前編を書きましたところ、何名かの方からコメントをいただきましたので、
なるべく早く後編を・・・と思ってはいたものの
なかなか自分の番が回ってこないとブログは書かないものですね。

後編を心待ちにしていただいていた皆様!
4ヶ月も間が空いてしまい申し訳なかったです。お待たせいたしました。
(え?待ってた人なんて、いないよって?しかも誰も覚えていなかったりして・・・涙)

まあ、これだけ間が空いてしまえば忘れ去られていても仕方ないですね。
それでも書きます、後編のはじまりはじまり〜


4ヶ月ぶりなので前編のおさらいを軽くさせていただきます。
昨年の10月のとある日、尾崎豊氏の息子、裕哉氏をたまたまテレビで見て
優しくのびやかな歌声に興味を持ちました。
そして、改めてその父親である豊氏のことも知ろうと
youtubeなどで過去の動画を探してみたところ
デビュー前の16歳の時にオーディションを受けた時の動画を発見し、
すると、なんとも言えない感覚・・・
そう・・・胸の奥をぎゅっと握られたような感覚におそわれ・・・
つまり16歳の彼に恋をしてしまった というお話です。

その後、4ヶ月、私の恋心は今どうなっていると思いますか?
恋心を抱いたとしてももう決して生身の姿に会えないという辛い現実の中で
決して実ることのない想い・・・
(現在ご存命だとしても実ることは、あり得ないのですけどね・笑)

物語的に言えば、障害が大きい恋こそ燃える!!メラメラと
メラメラメラメラメラメラメラメラ


しかし、実際のところ、

そんな想いは

あっという間に

消えました(笑)さらさらさら


消えたというか、それ以上大きくならなかった、深くならなかった
という言葉の方が適しているかもしれません。

しかし私の想いなんてどうでもいいくらい16歳の豊氏がとても魅力的
である事実は変わらないと思います。だから、音楽業界のプロの大人たちが
彼をデビューさせようと思った訳ですしね。

それに豊氏に抱いた”興味”(好意ではなく、興味なんですね)は今も消えていません。


そして今、私の心の中には別の想いが沸いています。

尾崎裕哉さんのライブを聴きに行ってみようか!?

それは、下記のような想いや疑問の答えを見つけるためです。

彼はどんな歌をどんな風に歌うんだろう?
彼は父親とどう向き合って行こうとしているんだろう?
彼は父親をどう越えようとしているんだろう?


父親が亡くなった26歳に誕生(=デビュー)したその息子は

精神的に未熟でまだまだ子供であるにも関わらず
アーティストとして有名になり、もてはやされ、
自分の才能についてやら女性関係についてやら人間関係についてやら
あれこれ悩んで傷つき葛藤し、
そして大人になりきることなく死んでしまった父親をどう捉えているのだろう?
(尾崎ファンの皆様、失言がありましたら深くお詫びいたしますので、どうぞお赦しを)


父親とは対照的に精神的に落着き大人になった26歳でデビューするという、

まるで仕組まれたような見事な父親との入れ替わりのタイミング
(芸能界は恐いから、本当に仕組んだ人がいるのかもしれないですね。
 話題性として必要であったりもするのでしょう。)

でも裕哉氏は そんないろんな現実に目を背けず、逃げず、負けず きちんと向かい合っている、
そんな風に思えたから彼の姿を見てみたい、歌声を聴いてみたいと思ったのです。

彼の歌を聴けば、疲れた体も不安な気持ちもささくれた心も癒される、パワーをもらえる気がして。

こんな私の考えは間違っていなかったと確信したのは
以下のWEBに掲載されていたインタビューの中で
「父が窓ガラスを割るタイプだとしたら、僕は全力で磨くタイプ」
という言葉から。(掲載元は何だけど、いい記事です)
記事はこちら

これを読んで感じたのは、裕哉氏から感じる優しさや包容力は、彼自身が運命を乗り越え、
達観しているから。
自分自身がずっと悩み傷ついたままであった豊氏との違いはこれなのかもしれません。


もう私は決心しました。

そうだ、行こう、ライブへ!!

さらに なんていうタイミングだ!ライブツアーが始まるではないか!?
なになに?チケットぴあもイープラスも売り切れだけど
ヤフーチケットは販売中。(←決してヤフーからお金をもらってはいません)

よっしゃあ。申込みボタンをポチッ。はい終了。

すでに行かれるご予定の方もいるかもしれないですね。
だとしたら同じ空間にいることもあるかも。

最後に・・・

16歳の尾崎豊に恋した私は、
その息子である尾崎裕哉さんの歌を聴きにいくことで
抱いた恋心を別の形の何かに昇華させようと思っているのでありました。

posted by michel at 19:08
エンターテインメント | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年02月20日

ColdFusion Day 2016のセミナー資料が公開されています。

開発部だより 第341回


こんにちは!
ijです。

昨年末、日本での販売代理店、株式会社サムライズ様が開催した
Adobe ColdFusionのカンファレンス「ColdFusion Day 2016」のセミナー資料が公開されています。


以下、SESSION1から4まで、全セッションの資料を参照することができます。

■SESSION1
〜最新ColdFusion情報〜
ColdFusion最新動向と次期バージョン&ロードマップ

■SESSION2
〜サムライズ サポートセンター セッション〜
本当は怖いタイムアウト

■SESSION3
〜AppDynamics〜
ColdFusionの性能管理をカンタンにする

■SESSION4
〜Darktrace〜
「Darktrace Enterprise Immune System」のご紹介


ColdFusion Day 2016 セミナー資料


私は参加できなかったので、このように公開いただけるのは嬉しい限りです。

ちなみにColdFusion Dayは、2011年から昨年の2016年まで、6年連続で開催されており、
現在も過去のセミナー資料を参照することが出来る状態になっています。


ColdFusion Day 2015

ColdFusion Day 2014

ColdFusion Day 2013

ColdFusion Day 2012

ColdFusion Day 2011


今年、2017年も是非開催を!と願いつつ、今回はこのへんで失礼します。
それではまた!

うおっと、SATTの新学習管理システム(LMS) 【学び〜と】も、どうぞよろしくおねがいします!
posted by ij at 19:09
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月17日

週末の過ごし方

こんにちは。

まだ2月ですが、3月並みの陽気ですね。春はすぐそこです。

ストレス社会の昨今ですが、皆様はどのように週末をお過ごしでしょうか?
私は週末になると、いつも”家出”をしています。
趣味がツーリングなので、先ずはクルマを運転すること。目的地は遊ぶというよりも、のんびりできるところをチョイスします。私にとっては、”クルマを運転する”ということがストレス発散なのです。
もともと、計画を立てないと気が済まないので、行先はきちんときめます。

最近は日帰り温泉にはまっており、少し遠くまで足を延ばして、露天風呂でのんびりするというのが週末の過ごし方になっています。お金に余裕があれば、現地のものを食して帰るというのがサイコーの過ごし方です。

yjimage.jpg

先週は天気は良かったのですが、前日の寒波のおかげで雪で道路がふさがっており、やむなく目的地を変更しました。

週末のストレス発散も大事なのですが、最近はあれこれ勉強しないといけないことが気になる毎日でもあります。ですが、人間はそんなに意志が固いものではないので、週末に机にかじりついて勉強というのはなかなか難しいものです。露天風呂にでもつかりながら勉強できれば、趣味と勉強が同時にできて便利ですね。

eラーニングであれば風呂に入りながらでも勉強できます。
本当にやるかどうかは別です(笑)

現代のビジネスパーソンはそれでなくとも時間がないです。
スキルアップは必要ですが、時間を有効活用するというのは意外と難しいものです。

SATTでは、そんな忙しいビジネスパーソンのお役にたつeラーニングを提供しています。
まずは情報収集でもいかがでしょう。

SATT

次世代学習管理システム「学び〜と」

学び〜とハンズオンセミナー
2017年2月24日(金)受付中

先ずは、無料トライアルから

posted by くりき at 23:13
SATT | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月14日

催事場に潜む心理学?

開発部だより 第340回


こんにちは!
人間ドックを受けて疲労困憊の開発部ジッパーです。
あれって結構体力つかうと感じているのは私だけでしょうか。

本日は巷でいうところのバレンタインデーです。
数年前より勝手に『虚礼廃止』(?)を高らかに宣言し、
チョコを買うのをやめていた私なのですが・・・

先日、会社帰りにデパートに寄ったところ、
催事場で大規模なバレンタインフェアが開催されていました。
100店舗近いチョコレートブランドに、大勢の女性客でカオス状態。
決して近づくまいと遠くから眺めていたのですが、
あちこちから聞こえてくる『ご試食いかがですか〜!?』の声・・・。
ちょっと食べてみたいなぁと思いコッソリ潜入してみることに。

揉みくちゃにされながらも店員さんが差し出してくれる楊枝にに手を伸ばし、
おいしいチョコがいっぱい食べられてラッキー、と満足していたのですが
次第に、
 『こちらの味もいかがですか?』 とたくさん渡してくれ、
 『このチョコはカカオの原産地が違いまして・・・』 と丁寧に説明をしてくれる
店員さんに対し、ジワジワ感じ始める罪悪感・・・

結局、その催事場を去るときにはお財布は空っぽで、
両手に一杯の紙袋を持っていました(笑)。

これ、心理学で“返報性の法則”というのだそうです。

相手から何かを与えられたら、何かを返さなければいけないと思ってしまう
のが人というモノ。

試食や試供品、無料相談などをやると、
やはりほとんどの場合で売上がアップするそうですね。

人間の心理をついた販売スキルの一つなんですねぇ。

でも、購入者の私も自分で試してみて良いと思ったから買ったわけで、
お互いにウィンウィンな販売方法でもあるんですね

と、こんな話をしておいてなんですが、
SATTでは無料の学び〜とハンズオンセミナーを開催してます!(笑)

とくにかく触ってみなければわかりません!ぜひお試しください☆

posted by ジッパー at 11:14
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月06日

節分

開発部だより 第339回



花粉飛んでるぞ 開発部pinkです。

先週は節分でした。


みなさま、恵方巻きを食べましたか。

開発部pinkは「恵方巻き」と言う名目で巻きずしを食べたことはありません。

関東で、恵方巻きを食べるようになったのって、最近ですよね?


で、調べてみると。。。

もともと関西で行われていた風習を関東に持ってきたのはコンビニだそうで、
1998年頃から販売され、2000年代に入ってから、定着したようですよ。

ま、縁起ものですから(食べてないけど)。


今年話題になっていたネタで、渡辺さんと坂田さんは
豆まきをする必要はない…というのがありましたね。

渡辺綱と坂田金時が鬼退治をしたから、鬼は名前を聞いただけで
逃げていくとか。

イイわぁ、こういう話。
…今度、渡辺さんにきいてみよう。


で、営業
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 14:56
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)

コミュニケーション力アップってどうするの?!

コミュニケーションを辞書で引くと『人間が互いに意思、感情、思考を伝達し合うこと。』とあります。
その力を向上させるには、伝える力と相手の思いを読み取る力の両方を高めていく必要があります。

まずは、伝える力の向上を考えてみましょう。ビジネスの中で伝える手段としてよく使われるのが、プレゼンテーション(プレゼン)です。このプレゼン、資料のまとめ方のルール、しゃべり方、目くばせの方法を教わり、事前の練習をすることで、格段に変わることができます。実際に、外部のプレゼン研修を受けてきた人たちの研修報告会では、その変化に毎回驚かされます。

伝える内容が決まると技術で上手に伝えられるようになります。ですが、プレゼンで一番難しいのは、何を伝えたいのかを明確にすることなのではないかと思います。文章を書く時に推敲を重ねるのと同じで、プレゼンも話の流れを考え、何度も推敲することが大事です。これは、良いプレゼンを多く聞くことで学んでいくものかと思います。

思いが伝えられても、相手の思いを読み取れないとコミュニケーションになりません。こちらは、あまり研修というものがないので、今回は、私の極意を伝えて見たいと思います。共感していただければ幸いです。ビジネスにおいて相手の考えを理解しようとする時、相手の仕事内容をある程度理解しなければ、話になりません。私は、相手の立場に立ってその業務を自分が担当するとしたらどうする、どうしたいかと考えるようにしています。インターネットで検索できる情報は集められるだけ集め、わからない部分は、躊躇せずお客様に聞いて理解するようにしています。

『自分だったらこうしたいと思うんだけど実際はどうなのですか』と言うように会話を切り出せたら、意外に話ははずみ、相手からもっと情報を引き出せるようになっていきます。全体を捉え、穴を埋めていくように情報をどんどん足していく感じです。これによって、相手の信頼を得つつ、業務知識を貯め込んでいきます。業務を分かった上で相手の求めていることを考えると、意外と意図もすぐにわかるようになり、会話のスピードがさらに早くなってきます。「あいつと話すと話が早い。」となっていくのです。

ただ、こちらは、経験と場数が物を言う部分もあるかと思います。若い間から、いろんな分野の人たちと会話をし、相手のことを理解することは、良い訓練になるのではないかと思います。

もうひとつ私が心がけているのが、話をしている時、他の人が話している時もその場にいる人たちの反応を観察、チェックすることです。これは、プレゼンにも必要なテクニックですが、人は、腑に落ちない時、首を傾げたり、困惑したような表情を割とすぐに浮かべます。それを察知したら表現や言葉を変えて、「つまりこういうことです。」のようにすぐにフォローをする。これで、ポイントが上がります。ただ、即座に言葉を変えることが得意でない人もいるかもしれません。ベフさんの好きな落語を聞いたり、ダジャレのような言葉遊びを普段からしていると、いろんな表現ができるようになるかもしれませんね。

コミュニケーションは、どんな仕事にも通じる基本の能力です。みなさんの参考になればと、思い書いてみましたが、結局は実践あるのみみたいになってしまいましたが、ここに書いたような意識を持って臨むことが大事だと思います。お試しあれ。

このブログもコミュニケーションツールの一つともいえますね。このブログを通して、弊社に興味をお持ちの方、一緒にお仕事をしませんか?

転職をお考えの方は
http://satt.jp/company/recruit.htm

eラーニングの導入をお考えの方は
http://satt.jp/seminar/manabeat1.htm

その他、こんな考えの人がいる会社にプログラムを作ってもらいたい場合は弊社営業
http://satt.jp/company/contact.htm

にご連絡ください。
posted by Shin-chan at 13:36
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月25日

落語と反復練習?!

前座からやっと二つ目ぐらいには上がれたかなって、50を超えた新人ベフです(笑)

今、落語熱いですねぇ〜。

先週末も上司に付合わされ(笑)、わざわざ快速急行に乗って川崎市麻生区まで桂文珍を聴きに行ってきました。
まっ、土曜日にそこまで呼び出しといて、高座が終ったら「僕はこれから歌の練習があるから」って上司に放り出されたってオチは別にして、軽妙な上方落語を楽しませていただきました。

まぁ、文珍さんも歌丸師匠と比べれば(比べる人が悪い、まぁそう言わず)まだまだ若いとは言うものの、お年的には老齢の域。
そこからすれば若手の台頭と言うのか、いえ、40代、50代の実力派が熱い!
中でも私がここ数年追っかけ的に聴きに行ってるのが、ご存知落語界のキョンキョンこと(ん、誰も知らない?)柳家喬太郎!
他にも、個人的な好みで言えば、別格の若手実力派柳家三三、変わり種で言えば三遊亭白鳥など。
未だに落語は笑点でってみなさん、この辺の脂の乗った実力派は笑点には出ませんよ(笑)
都内だと新宿末広亭、上野の鈴本演芸場、浅草演芸ホール、池袋演芸場など、寄席にどんどん足を運んでみてください。
今、寄席を始め落語は熱い!
3,000円足らずで半日、浅草演芸ホールなら一日笑わせてもらえますから!

170125.jpg

今は、YouTubeなる便利なものもありますから、先ずは喬太郎の「時そば」、騙されたと思って聴いてみてください。

しかし一見面白おかしい落語の世界も、一旦中に入れば厳しい世界のようですよね。
今では師匠の家に住み込んでって徒弟制度も少なくなってきたみたいですが、昔は、朝から晩まで、そうじ、洗濯、食事の準備から風呂焚きまでやって、師匠の稽古は生涯で一席限りってケースもままあったようですね。
しかし20分、30分の落語を一度稽古付けてもらっただけで覚えないとならないなんて、よっぽど受験勉強の暗記モノの方がいいかも知れませんね(笑)
やっぱり、ものを覚えるには日々の反復の学習が...。

ん?日々の反復の学習?そうこれもeラーニングに適した題材かも(笑)
いつでも、どこでも反復学習できる、これってクラウド環境を利用した当社「学び〜と」、の大きな特徴です!
ただ今「はじめてのeラーニング導入セミナー」も受付中!


しかしこれをきっかけにあまり落語にのめり込まないでくださいね。
なんせ人生の落伍者になっちゃったら困りますから(笑)。
お後がよろしいようで。
posted by ベフ at 10:05
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月23日

長寿の秘訣

開発部だより 第338回


1月なのに暖かいね。なんて言ってたら、今日は寒いです。雨から雪の気配です。

お正月も過ぎましたが、おめでたい長生きのお話です。

去年、テレビを見ていましたら、長生きするサメがニュースになっていました。

名前は「ニシオンデンザメ」と言います。年齢なんと、400歳ですって!

脊椎動物で最長との事です。

「人生わずか50年〜」は信長の舞の台詞ですが、他の生物の寿命でも、精々100年辺りが落としどころだと思っていましたので、かなり驚きました。

何者?という事で、ちょっと調べてみました。

「ニシオンデンザメ」は北大西洋に生息しています。暖かい海は、どうやら苦手らしいです。

体長はこれまで捕まったものでは、体長6m位、体重1,000kg超という事で、7m級もいるらしいです。成長速度はゆったりで、1年で1cm程度という事です。

他に、動きがかなり遅いとか、なんでも喰うとか、肉に毒がある為、他のサメに襲われない(?)とかの情報がありました。

ここに、何かしら、長寿の秘訣とかありそうですね。

さて、寿命の量り方ですが、これが少し変わっています。

たとえば、クジラでは、ヒゲクジラ類では、「耳垢」、歯クジラ類では、「歯」、それぞれの年輪を数えるらしいのですが、このニシオンデンザメにおいては、眼の水晶体のタンパク質より、放射性炭素年代測定法により求めたとの事でした。

しかし、上には上がいるもので、二枚貝の中には、500歳越えが確認されているという事です。

駿台も2018年には、創立100周年を迎えます。

つぎの100年を目指すには、各自の不断の努力が大切となりましょう。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

更なる発展の為、奮ってご参加の程を。
posted by ハイタカ at 18:03
開発部だより | コメント(2) | トラックバック(0)