『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2018年09月07日

Google Chrome バージョン:69 で、Flash を有効にしたサイトの情報がクリアされる?

Google が9月4日にリリースした Chrome の最新版で、基本設定に変更があったようです。

今回のアップデートで、Flash コンテンツを表示するためには、ブラウザーを起動するたびに Flash を許可する必要があるようです。

Flash のサイトを表示する為に自分が許可していたサイト情報(chrome://settings/content/flash)が無効化され、再起動するたびに Flash の許可が必要になっています。

cap01.JPG


これを 回避する には、Chrome の設定を変更する必要があります!

下記の設定を行うと、以前のバージョンで設定していた Flash を許可したサイトの情報が復帰します。

cap02-1.JPG


[ アクセス先 ]
chrome://flags/#enable-ephemeral-flash-permission

[ 設定変更箇所 ]
「Enable Ephemeral Flash Permissions」の値を「 Default 」⇒「 Disabled 」に設定します。




事の発端は、周りで Chrome が最新バージョンにアップしたらなぜか Flash のサイトが表示できなくなっていてザワザワ。

なんかチームメンバーがザワザワしているので、自分も Chrome を最新バージョンにアップしてみたら確かに、Flash が表示できなくなり、バージョンアップで設定ファイルがクリアされてしまったのか??と思い、仕方なく、再度設定しなおしたのですが、また、いつの間にか設定が消えていて??????あれれれれ??となり・・・・

確認すると Flash コンテンツを表示する許可をしても、ブラウザーを再起動すると、再度表示するために許可が必要となっていました・・・。

posted by たっくん at 19:16
smart FORCE | コメント(0)

「eラーニング」セミナーの歴史

「eラーニング」セミナー、速いもので、もう何十年もの歴史となります。

私が参加してからも、10年は過ぎていますかね。

初期は、パソコンを駆使したネットワーク学習が主体でした。

世の流れと共に、学習の形態も教材の内容も、進化します。

初期は画像が主体でしたが、パソコンの性能、ネットワークの容量の増大に併せて、「eラーニング」も発展して来ました。

今日では、動画によるスマートフォンでの学習が当たり前となり、何時でも何処でも「eラーニング」となっています。

次世代通信の5Gももう動き始めています。

この先はどうなりますでしょうか。

学習教材は常に最新の状態となり、学習機会も「何時でも何処でも」となっています。

とすると、更なる発展の為には、個人に対する働きかけといったものが、必要となるのでしょうか。

今有る「eラーニング」を知りたいのでしたら、無料セミナーへどうぞ。

是非、皆様の御参加をお待ちしております。

posted by ハイタカ at 16:06
イベント・セミナー | コメント(0)
2018年09月03日

ESS新製品(来年4月発売)のご案内

こんにちは
医療系大学向け「教育支援システム(ESS)」営業担当の Blue です。

さて、今回は来年4月発売予定の医療系大学向け「ESS」の新製品をご紹介します。
ESSは、医療系の大学の「国家試験対策」や「CBT対策」に特化した教育支援システムです。

現在、ESSには、

(1)薬学版
(2)歯学版
(3)管理栄養士版  の3つがありますが、

今回、新たにESSのラインナップに加わるのは、

【 理学療法士版 】
【 作業療法士版 】 の2つです。

早ければ、今年の10月下旬〜11月初旬には、デモ版がご覧いただける予定です。
ご関心ある方は、是非お問合せください。

***************************************************

 ESSの概要や特長は下記サイトでご覧いただけます。

 https://satt.jp/product/ess/index.htm

****************************************************
posted by blue at 14:25
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2018年08月31日

学び〜と8月リリースの内容

はじめまして。SATTの Neko Chan です。

ミャンマーのヤンゴンにある会社で、Java、C#、Ruby の仕事をしていましたが、今年(2018年)の4月から SATT で働く為に来日しました。今学び〜との開発をしています。
学び〜とのリリースは 3 か月に 1回 です。だいたい月末にリリースします。今回は 08/28 火曜日にリリースしました。今回の 8 月 のリリースでは
・「通知メール」(メール送信機能)を追加する
・ 学び〜と上で作成したオリジナル教材の、受講回数制限の設定を追加する
などいろいろな追加箇所がいっぱいで、追加するとリリース日に間に合わないかな。。。と心配しました。
時間があまり足りないと思いましたが、頑張って実装した後、最後に順調に解決できました。

ほっとしました。(^o^)
皆さんも作業間に合うか心配している時間がありますか。(笑)
posted by Neko Chan at 10:09
学び〜と | コメント(0)
2018年08月27日

日本語フォント「ゴシック体」「明朝体」の違いって?

開発部だより 第399回



こんにちは。
WEBデザイナーのシーナ👀です。

本日は「フォント」の話をします✨。
日本語フォントには主流になっているものに限ってお話しますと、
大きくわけて2つの書体があります。

「明朝体」「ゴシック体」です。

どちらも聞いたことのある言葉だと思います。
2つ書体の違いはなんでしょう⁉
また、どちらをどういうシーンで使うと効果的なのか。そんな話をしたいと思います🐱。

見た目の違い
大まかな見た目の特徴は画像の通りです。
ゴシック体と明朝体、見た目がだいぶ違います。

01.PNGゴシック体
特徴・長所
全体的に太さが同じで装飾のない書体です。明朝に比べて視認性が高く遠くからでも読みやすいです。
タイトル・見出し・強調したい箇所に利用するのに向いています。
またスマホやPCなどでは明朝体よりも圧倒的に利用されています。

短所
太さが均一で装飾がないので、字面がのっぺりとしてしまい、
長文になると読みづらいです。
感情が伝わりにくく、小説などには向いていないとされいます。

02.PNG明朝体
特徴・長所
筆で書いたようにトメ・ハネがあり、線の太さは均衡ではなく、強弱があります。
教科書などを除けば、書籍のほとんどで明朝体は使われています。
先に述べたとおり、装飾があることでリズムができるので読んでいても疲れにくく、飽きずらい。
線の太さに強弱があるので、感情を表すのに向いた書体と言えます。

短所
線の太さに強弱ある明朝体は、
背後が発光しているディスプレイでは細い部分の視認性が低くなりがちなため、敬遠されてしまう傾向にあります。


プレゼン資料などを作成する際、スクリーンに大きく映すことも多いため、
ゴシック体を利用することが多いと思いますが、感情で訴えたいシーンがあった際には
フォントサイズの大きな明朝体で、アピールするなどの手法も有効かもしれません。

いかがだったでしょうか✨
なにかのヒントになりましたら幸いです♥✋
posted by シーナ at 17:19
開発部だより | コメント(0)
2018年08月21日

「無料セミナー」が人気です!

無料セミナー人気です!

SATTでは毎月eラーニングの無料セミナーを実施しております。
「学び〜と導入セミナー【解説編】」では、
eラーニングを初めて導入する担当や教育を受ける立場から提供する側になって、
”さて、何からどう始めたらよいか?”
という方のための導入セミナーとなります。

おかげさまで、
 8月24日(金)のセミナーは満員にて受付終了となりましたが、
 9月14日(金)まだ空きがありますので、お申込みお待ちしております。
https://satt.jp/seminar/manabeat1.htm


トライアルも無駄にしません。

eラーニング導入は初めて、しかも、システムについてあまり詳しくないので、簡単にマスターできるものがいいな。 
といった場合や
乗り換えを検討中で、現在利用しているシステムとの比較のため実際に触って機能を確認してみたいな。
といった方のために、無料のハンズオンセミナーもあります。

参加者の方一人1台のPCとトライアルサイトをお渡しして、
運営者として必要な準備、操作を講師とともにサイトを作り上げていきます。
作成したサイトはそのまま持ち帰り、2か月間無料でご利用いただけます。
2か月の間トライアルで作成した後も、ご希望頂ければそのまま本番環境に替えて
ご利用もいただけますので、作成したコンテンツや登録情報なども無駄になりません!

次回のハンズオンセミナーは、
 8月31日(金)と10月12日(金)開催です。
https://satt.jp/seminar/manabeat2.htm


学び〜との特徴

さて「学び〜と」の特徴の一つは、
管理者として自由に利用でき短期利用ができることがあります。
B2Bのとしてお客様向けにノウハウを提供した教育サービスやコンサル等を
ご提供されていらっしゃる企業様には、付加サービスとしてeラーニングの提供はいかがでしょうか。

規模や期間に合わせて、皆様が運営側とし自由に利用できる「学び〜と」は
きっと皆さまのビジネスのお役にも立てると思います。

無料セミナーでは、セミナー終了後に各営業担当がサポートいたします。
ご不明な点、事例相談などは是非担当にお聞きください。
もちろん、無理な営業はいたしませんので(笑)そのままお帰り頂いても問題ございませんw

皆様のご参加、お待ちしております。😃✨
posted by まっくす at 10:55
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年08月16日

「eラーニング導入」について無料で勉強しちゃいましょう

開発部だより 第398回


はじめまして。SATTのDoctorWhoと申します。

DoctorWhoとは、知る人ぞ知るイギリスの冒険ドラマの主人公の名前です。
ドラマでは、ダーレクという宇宙最大の脅威の生物が登場しますが、そのチープさに大笑いしました。

皆様はどのようなドラマがお好みでしょうか。

さて、皆様の中には、マイクロソフトオフィス製品を使って作られたシステムをお使いの方がいらっしゃると思います。

ところが3年おきくらいのペースでマイクロソフトオフィスの製品がバージョンアップされ、そのうちにサポートが切れてしまいますと、メールが来て心配になるわけです。

あわてて、システムを作成した会社に問い合わせると、新しいバージョンに合わせて改造しますよと言われて、費用はこれこれになりますと、見積書が届きます。

めでたし、めでたしで、けっして間違っていません。

他の考え方としては、マイクロソフトオフィス製品を使わずにシステムを作るという方法です。

私はマイクロソフトオフィス製品で作成されたシステムをMySQLやPHPを使ったシステムに置き換える作業を担当しています。

毎回のバージョンアップでお困りの際は、サポート切れというダーレクを退治するSATTのDoctorWhoにご相談ください。

今回のブログタイトルについて、
8月24日(金)に”はじめの一歩”として「eラーニング導入」についての無料で勉強できるセミナーを実施します。これを見逃す手はありません。

私が学生時代にeラーニングがあれば、現在とは異なった人生をおくっていることでしょう。
posted by DoctorWho at 16:46
開発部だより | コメント(0)
2018年08月08日

新入社員が教える!「最新の大学教育」3つ♪

はじめまして!新入社員のナツメグです。
私は、この春SATTに新卒入社しまして、現在は、新人デザイナーとして日々奮闘しております!

そんな私ですが、大学時代には、新しい教育方法を取り入れた大学に通っていて、面白い授業をたくさん受けていました。
そこで、今回のブログでは、私の経験を元にしながら、最近の大学で行われている教育方法について、紹介したいと思います。

(1)文系理系の区分はもう古い?「学際型学部」


最近、「学際型」「文理融合型」などと呼ばれる学部が、相次いで誕生していることをご存知ですか?学際型学部とは、その名の通り、幅広い学問を学際的に学べる学部のこと。文理区分や学問の区分を超えて、自由に学べる空間を提供しています。

【POINT】学際型学部では、多角的な視点を持った人材育成をしている
 学際型学部のねらいは、ずばり、多角的な視野で思考できる人材を育成すること。と言うのも、変化の激しい今の社会には、1つ学問からの視点ではなく、様々な分野の視点から問題を捉え、解決に導くことのできる人間が必要なのだそうです。こうした背景から、学際型学部を新設する大学が増えているのですね。

ちなみに、私のいた学部も、この学際型学部でした。専攻は、教育心理学でしたが、そこにテクノロジーの観点も取り入れて学んだことが、「教育×IT」の担い手であるSATTへの入社につながっています♪

(2)大学でも導入! 話題の「アクティブラーニング型授業」


次に紹介するのは、昨今、教育業界で注目を集めている「アクティブラーニング」。生徒が受け身にならず、能動的に学ぶことができるようサポートされた授業方法のことですよね。

このアクティブラーニングも、最近の大学教育の中でもバッチリ取り入れられていました。具体的には、私の所属していた大学だと、ディスカッションやグループワークなどなど。他の大学では、地域へのボランティア活動を授業で行うといった取り組みもあるようです。

【POINT】「単位が取りやすそう」から「授業が面白い」で履修をする人、続出!
アクティブラーニング型の授業を受けた私の感想は、とにかく「面白い!楽しい!」ということ。周りの友人も、感想は同じだったようで、いつもは「楽そう」「単位が取りやすそう」という理由で履修を決めていた学生も、アクティブラーニング型の授業に関しては「授業が面白い」を理由に履修を決めていたほどでした。

(3)社会人を疑似体験!チームで課題に挑む「プロジェクト型授業」


最後に紹介するのは、プロジェクト型授業です。こちらもアクティブラーニング型授業に該当しますが、特徴的なのは、「社会人の仕事を疑似体験できる」というところ。プロジェクト型授業では、(大学によって差はありますが、概ね)、学生がチームになり、役割分担を決め、計画を立て、与えられた課題の解決に挑みます。

【POINT】ITツールを使った授業で、社会人に憧れを抱くように!
私もプロジェクト型授業を受けましたが、授業を通して「働くのって楽しそうだな〜!」と感じることができました!学校で用意されたITツールを使い、かっこいい社会人気分を味わえたことも、働くことへの憧れにつながったのかなと思います。

ITを大学教育に導入するなら!大学教育でも使える「学び〜と」や「Smart シリーズ」がおすすめです☆


私が受けた、新しい大学教育について紹介してみました。いかがでしたか?
ちなみに、SATTが提供している「学び〜と」「Smart シリーズ」は、実は、大学教育の現場でも多く利用していただいています。

ITの導入で、大学教育をより良くしたいとお考えの方は、ぜひSATTまで、ご相談ください(^o^)/
posted by ナツメグ at 16:58
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年08月07日

 効果的なのは「聞く」と「見る」!?― eラーニング教材と音声について―

こんにちは 営業のミッシェルです。

本日は、音声を使った教材作成について少々お話したいと思います。

最近 eラーニング教材は、音声を使った方がいいのか否か?という問題に直面しまして、
ケースバイケースであり、一概にこちらだ!とは断定できないのですが
自分なりに調べて考えてみました

個人的、予想的、感覚的、経験的には、「そりゃあ 音や絵があった方がいいでしょう?」と思っていますが
ここでは、定量的なデータはないのか?を調べてみようと思います。


まず「モダリティ効果」という言葉をご存知でしょうか。
「読むより聞く、聞くより見るの方が記憶に残りやすい」というもので、
The Journal of General Psychologyという雑誌で2009年に紹介されたものだそうです。

この「モダリティ効果」については、
何名もの方が論文を発表されているらしいので、興味がある方は是非論文を読んでみてください。
(ここではあまり詳しくは述べません)


また、情報の伝達量と記憶度のデータでは
通常1分間に「読む」文字数は1,000字程度、「見る」は約2倍の2,000字分の情報を処理すると言われています。
そして、一説には「聞く」と「見る」両方を使って説明を受けると、2時間後でも60%の情報が記憶されているといるという情報があります。
(言葉だけだと10%程度、図だけだと20%程度ですので、如何に両方があっての場合の効果が高いかがわかりますね。)
※某WEBサイトからの引用ですので学術的にどうであるかはここでは追及しません。あしからず。


となると・・・
eラーニング教材の話に戻りますが
やはり文章だけの教材よりも、音声や図などがあった方が記憶に残りやすい、効果的なものになるという(私の)感覚的、経験的主張はかなり正しいということになります。

しかし、eラーニング教材に音声を使うことは、少々敷居が高く感じられている方もいらっしゃいませんか?
自分で(自社で)音声を録音すると雑音だらけで使えない、棒読みでつまらなくなってしまったなんていう経験をした方もいるかもしれません。
幸い!?SATTには雑音対策バッチリの録音専用ルームがございますし、プロのナレーターをオーダーできますので、心地よい素敵な声で読んでいただけます。
嬉しいことに ご利用になった皆さんには喜んでいただいています。
SATT録音ルームについてはクリックしてください。

また、昨今は、合成音声も優秀になり、人の声と聞き間違えるくらいの精度が高いものもあります。
もちろん高精度のものは費用もそれなりになりますが、無料の範囲でも使えなくはないレベルのものもあります。
よってお客様ご自身で合成音声を使っての教材作成も可能になりました。


ここでまた1つ疑問が。
では、合成音声ソフトを使うのと人による録音、どちらが効率的なの?

何度か合成音声ソフトを使ってみた経験から申し上げますと
録音する分量が膨大であるなら合成音声を使ってもいいかもしれません。

合成音声ソフトは、はじめのうちは、思ったようなイントネーションで読んでくれない言葉を漢字にしてみたり カタカナにしてみたり 半角あけてみたり・・・結構手間がかかります。
使っているうちに よく使う言葉を辞書登録などしたり、ソフトの癖などを理解していくと作業効率は上がるでしょう。

一方、実際の録音は、1日のうちでは長時間になればなるほど効率が悪くなっていき、1日に処理できる分量に限界もあります。
しかし人による録音は、希望通りの速度で読んでもらえ、イントネーションもすぐに修正してもらえますし、
SATTの方ですべて作業は行いますので お客様にとっては、ストレスが少なく楽であるということになります。


どちらを利用するのか?は、ご予算と求めるレベルに依ります。
もしも迷われているのなら、ご相談をお受けして、最適な形を提案することも可能です。
どうぞお気兼ねなくご連絡下さい。

お問い合わせはこちらのフォーム か info@satt.jp へ
posted by michel at 10:52
教材作成サポート | コメント(13)
2018年08月03日

COBOL豆知識

開発部だより 第397回



はじめまして。クローバーです。

元号改正に向けて関係各所がそわそわし始める今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この際、和暦を全て西暦に変えてしまえぃ!
という企業様も多いかと思います。

かく言う私も西暦化プロジェクトに参画しております。
開発言語はCOBOL85

ある暑い夏の日の午後、プログラマーさんから
アポストロフィ(シングルクォーテーション)ってどう定義すれば良いの?
って聞かれて答えに窮しました。

そう、西暦の2018年を略して'18年とか表現する際に使う
アポストロフィってヤツです。

'''(アポストロフィをアポストロフィで囲む)ではコンパイルエラーになるし・・・。
さて困った困った。

大先輩のOさんに伺ったところ、
以下の様に定義すれば良いことが分かりました。

QUOTE または '''' と記述することにより1桁のアポストロフィと見做されます。
ちなみに、'X''Y' は3桁の文字列 X'Y と見做されるそうです。

う〜ん。勉強になりました。



話は全く変わりますが、プライベートの話題も少しだけ。

我が家の中学一年生の息子がLINEで友人を
中傷する様なやりとりをしていたのが分かりました。
本人は冗談半分のつもりだったみたいなのですが、
学校でもちょっと問題になってしまい親として結構ヘコみました。
(相手方のご理解もあり無事に収束に向かってますが・・・)

問題が発覚した当日、教師も妻も厳しく指導してくれたお陰で、
私は冷静に息子の話を聞く役に徹することができました。

話を聞いてみると彼には彼の言い分がきちんとあったことが分かりました。

事の重大さからすると取るに足らない言い分だったのかも知れませんが、
ちゃんと納得できる内容でもあり、
頭ごなしに叱りつけることをせずに本当に良かったと思っています。

皆さんにお伝えしたかったのは、
どんな時でも冷静に相手の話を聞くって大事!
ってことです。

仕事でもプライベートでも、所謂“パワハラ”は起こりえます。
気を付けましょうね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SATTにはCOBOL技術者も数多く在籍しております。
COBOL開発でお困りの際は、是非ご相談下さい。

posted by クローバー at 08:58
開発部だより | コメント(0)