『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2012年01月31日

smart FORCEに載せる教材ってどうする?

こんにちは ミッシェルです。

ご存知ライセンスフリーの学習管理システム=smart FORCEですが、
これだけではeラーニングは開始できません。

そうです、教材を準備しなくちゃね。

では、教材ってどうやって準備するの???
はい、教材を準備するには主に以下の3つの手段があります。

@ツールを使って自分で作る

A外注してオリジナル教材を作ってもらう

B市販教材を買う

@ツールを使って自分で作る


教材作成ツールなどと呼ばれています。
テキストや動画教材を効果的に組み合わせて再生でき、格段に利用、学習しやすくします!
Adobe社の『Presenter』や『Captivate』などでもそういったことは可能ですが、
SATTでは、

ひらめきもっと誰でもできる方法で!
ひらめきインターフェイスをかっこよく!
ひらめきLMSとの相性など面倒は抜きで!

といったお客様に嬉しいコンセプトでツールをご用意しました。
テスト作成ツール『smart QUTE2』 と講義型教材作成ツール『smart PREO』です!
お手持ちの教材のタイトル等、必要なテキストを所定の場所にコピペするだけ。しかもエクセルだから、作成はカンタンっ!
メンドウなSCORM化も自動的に行なえます。

A外注してオリジナル教材を作ってもらう


はい、SATTでもオリジナル教材作成をお受けいたします。
シナリオ作成から、録音、キャラクター作成、アニメーション作成などゼロからお任せ下さいね!!

・・・いままで作成した事例をちょっとご紹介
○メンタルヘルスの教材
○学習塾用の教材

B市販教材を買う


どうにも時間がない方向け。
smart FORCEは、SCORM対応の教材をインポートして使うことができるんです。
但し、市販教材は費用体系が様々。1人3ヶ月●●●円など、使っているうちに費用が膨らむことも。

耳寄り情報るんるん


みんなのギモン『教材の準備をどうすればいいのか?』
SATTではこれにお答えする無料セミナーを定期的に開催しています。

次回開催は2/3(金)

講師はSATTの智慧 高井 文忠。
SATTで一番多くの教材作成に関わってきた男。営業からコンサルティングまで何でもこなすスーパーマン。
e-ラーニングのことなら何でも相談して下さい!

セミナーの詳細・お申込はこちら
posted by michel at 16:17
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年01月04日

ちょっと困ったらSATTの門をたたいてみませんか。 〜SATTはお客様との絆を大事にします〜

新年明けましておめでとうございます。


昨年は東日本大震災もあり、とても大変な年でした。
でも、やっぱりおめでとうと言う言葉で福を呼び込んでいきたいと思います。


smart FORCE』、もうご存じでしょうか。


SATTが提供するフリーのLMSです。・・サポートと機能拡張のモジュールは有料です。
ですが、ご紹介すると多くのお客様から、「そのままでも使えますね。」って言って頂けます。


最近、「無料だから導入する」ではなく。
「無料だから、検討できる」なんだと、お客様を通じて改めて感じています。


smart FORCEを検討してくださるお客様は、これからeラーニングを始めたい方と、
既存のLMSからの乗り換えの検討のお客様と、大きく2タイプに分けられます。

LMS乗り換えは、当然、今までのコンテンツや履歴などの資産を有効に活用をしたいというご希望が多いのですが、
システムが異なればデータの相性も異なるので、ポチッと移行。ということはありません。
よって、仕方なく『過去を捨てるか』、『縛られながらも継続するか』という選択をされているようです。


どちらの選択も考えられないかたは、SATTの門をたたいてみて頂けませんか?
そしてその状況をお聞かせ頂けませんか?

もしかしたら、コンテンツだってそのまま使えるかも知れません。
ご相談いただき、そうした問題をクリアされたお客様もいらっしゃいます。


業種・業務が異なれば、抱えていらっしゃる問題も様々です。
本気で検討されているお客様には、本気で応対させて頂くのがSATTです。
SATTはラーニングのコンシェルジュとして、
私共にたどり着いたお客様には精一杯の努力をして、
納得して喜んで頂けるものをご提案したい。と考えております。
(もしかしたら、そのご希望はできません。とはっきり伝える事もあるかも知れません。)



ちょっと困った。ちょっと聞いて欲しい。から、私どもとお客様の繋がりが始まります。
その ”ちょっと” から、始めてみませんか。


お客様の繋がりを大事に、今年も精一杯取り組んで参りたいと存じます。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。


----------------------------------------------------------
今年は、ちょっと趣向を変えて
“がち”の、SATTとm-Schoolのランキングを紹介する年賀サイトを作成致しました。
是非ご覧下さいませ。

http://satt.jp/event/greeting/2012/index.htm
posted by まっくす at 10:02
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年12月03日

smart FORCEのカスタマイズで集合研修も管理

こんにちは、ゴルフ大好きリトルチョロです。

お客様とお話していて、smart FORCEで集合研修の管理も行いたいという
ご要望をよくお聞きします。

標準機能で集合研修の管理機能はありませんが、弊社にご依頼いただければ
カスタマイズで実現出来ますexclamation
教室の予約や残席数の管理等、柔軟に対応する事も可能です。
eラーニングと集合研修の相乗効果も得られ、なおかつ情報の一元管理も出来れば
管理担当者様のご負担もかなり軽減されること間違いなしです。
是非一度ご検討ください。お問い合わせはこちらまで。

また弊社で運営するm-Schoolでは数多くの集合研修を行っております。
こちらも是非ご覧いただけると幸いです。


追伸
 ゴルフ練習中に痛めた肋骨が半年経った今でも痛く、最近のスコアも痛い状態です。
 周囲の方に話を聞くと、骨は案外簡単に罅が入る様なので皆様もお気を付けくださいふらふら

posted by リトルチョロ at 14:57
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年11月20日

smart FORCEの権限

smart FORCEの権限
〜その柔軟な使い方〜

smart FORCEには、権限という機能があります。

smart FORCEの最新版では、管理者、受講者、進捗管理者の3つの権限が用意されています。
それぞれが、その権限に必要なことができるようにメニューが構成されています。
たとえば、管理者では、ユーザーの登録、教材の登録、そして教材にユーザーを割り付け、レポートの表示などができるようになっていますし、受講者では、教材の実行ができるようになっています。

smart FORCEでは、この管理者、受講者という必要不可欠な権限の、その細部を変更できることをご存知でしょうか。

smart FORCEの権限は、通常のLMS(学習管理システム)とは違い、ユーザーメニューのサブメニューで設定して、管理者がその種類を増やしたり、変更したりできるようになっているのです。

たとえば、管理者から、「ユーザー」のメニューをはずしたサブ管理者を作ることができます。このサブ管理者は、ユーザーの登録や変更、削除だけができない管理者です。ユーザーの管理は他の管理者に任せて、教材の進捗状況やレポートの扱いに集中するわけです。これが実は、smart FORCEに最初から用意されている3つめの権限である「進捗管理者」です。

また、新たに特別な(特殊)な権限を作ることもできます。

これは、ある会社で実際にあったことですが、

部長などの上長が見る画面は、全体を把握する画面(smart FORCEでは「ダッシュボード」)とレポート画面があればいいという話しがでました。

smart FORCEでは、簡単にこれを実現することができます。先ほどの「権限」サブメニューでたとえば新規に「部長」という権限を作成し、その権限のメニューに「ダッシュボード」と「レポート」の2つを設定するだけで、ものの数分で「権限」サブメニューに「部長」という権限を1つ増やすことができます。あとは、ユーザー画面で該当するユーザーの権限を「部長」に切り替えれると、メニューが2つしかないシンプルな画面のできあがりです。

いかがでしょうか。このほかにも、自社(自校)にあった、ユニークな組み合わせの権限をいくつでも作ることができます。ぜひ、お試しください。

※実際の権限の作成操作は、smart FORCEの操作マニュアル(あるいはヘルプ)のP71 (77/227)に詳しく書いてありますので、興味をもたれた方はそちらをご覧ください。



posted by AZ at 21:41
smart FORCE | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年11月09日

Railo Open Source (smart FORCEがColdFusion以外で動作しちゃうかも?)

こんにちは!

来月の全身真っ赤な服に身を包んだダンディーな紳士がソリに乗って来訪する日に向けて、
早くもケンタのバケツを予約しようか検討中の ij です。


本日はColdFusion以外のCFMLの実行環境の一つ「Railo」についてみていきます。

Railo - Accelerate Your Web Development

RailoはColdFusion以外にもいくつかあるCFMLの実行環境の一で、
Javaをベースにしており、Webアプリケーションサーバとして動作します。

最初のバージョンのリリースは2004年。元々はオープンソースとして提供はされていませんでしたが、
2009年、バージョン3.1からオープンソース版Railoである「Railo Open Source」の提供が開始されました。

Railo Open Source

詳細についてはもうすこし項目を絞ってみていきます。

今回は以下の4項目について。

[1]CFML(ColdFusionとの)の互換性

[2]パフォーマンス

[3]日本語化

[4]smart FORCEは動作するの?

それではいってみましょう!


[1]CFML(ColdFusionとの)の互換性

Railo 3.2は、ColdFusion 9.0と、Railo 3.1.2は、ColdFusion 8.0と互換性をもつように作られています。
最新版はRailo 3.3ですが、それもColdFusion 9.0と互換性をもっていると考えて良さそうです。

また、サポートされていないタグ、関数、言語・シンタックスの違い、等もWiki上にドキュメントとしてまとめられていますので、
実際に環境を作って動作を確認する前に、ある程度、互換性を確認する事が可能です。

サポートされていないCFMLタグ

ColdFusionでは売りの一つになっているPDF系のタグがまだサポート外のようですね。

サポートされていないCFML関数

サポート外の関数は数える程しかなく、主要な関数はほぼサポートされているようです。

言語・シンタックスの違い

日付周りが違うようですね。


[2]パフォーマンス

ColdFusion以外にもCFML実行環境はいくつかあるとご紹介しましたが、
その中でRailoはパフォーマンスの高さを売りにしているとのこと。

実際にパフォーマンステストを行った結果をBlogで紹介されている方もいます。

cfmldeveloper:ColdFusion or Railo ?

上記ポストの中ほど辺りのSpeed/Performance Comparison、
Railoのバージョンは3.1(最新は3.3)。

CFC、配列、構造体のそれぞれのインスタンス化にかかった時間およびCFSETタグの呼び出しにかかった時間をColdFusion 8、9と比較しています。

結果を見るとケースによってはColdFusion 9よりも速いという結果がでています。
これには驚きました。


[3]日本語化

ColdFusionの便利な点に管理画面からデータソースの設定等々、簡単に出来る事が挙げられます。

Railoにも同様な管理画面があるのですが、日本語ではありません。

「CFML自体、敷居が高そうなのに、管理画面も英語なんですか...」という溜め息が聞こえてきそうですが、

有志の方が日本語化対応をRailo Open Sourceにコミットされており、次のメジャーバージョン、Railo 4.0では日本語のインストーラーも提供されるようです。

なんちゃってCF-OOP!:Railoの日本語化

実際に日本語がされた管理画面。
なんちゃってCF-OOP!:Railoの日本語化(その2)

最新版Railo 3.3の言語ファイルも提供されています。
なんちゃってCF-OOP!:Railo3.3の日本語化

パフォーマンスも良くて、管理画面も日本語で使えるとなると、
「こ、これでsmart FORCEが動いたら...ウハウハなのでは...」っとテンションが上がります。


[4]smart FORCEは動作するの?

テンションが上がったところで、さっそくsmart FORCEで使用しているCFMLタグ、関数、シンタックス等々、サポートされていないものがないか冒頭でご紹介したWikiでチェック...

うーん、やはりColdFusionとは違う部分が多々あるので、そのまま動くかは実際に動かして検証する必要がありそうです。


いかがでしたでしょうか。

smart FORCEもRailo Open Sourceも無料ですので、ご興味のある方はご自身でお試しいただくのも面白いかもしれません。

smart FORCE:ダウンロード

Railo:Download the fastest Open Source CFML server!

*なお現在、Railoはsmart FORCEの動作環境には含まれておりません。smart FORCEの動作環境は以下をご確認ください。

smart FORCE:動作環境

それではまた!

posted by ij at 10:41
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年11月02日

公開1周年記念キャンペーン 始めました。

SATTのオリジナル&フリーウエアのLMSであるsmartFORCEが公開1周年を迎えました。手(チョキ)
1年間でのダウンロード数は1,200強exclamation×2
企業向けeラーニング専用ツールとしてはまずまずではないでしょうか。ぴかぴか(新しい)

smartFORCEを通じて様々な企業様やパートナー様、想定外の商談などなど、思い返すと実りの多い初年度だったと思います。
是非この経験やご縁を大切に、そして切実に前進していきたいと思います。晴れ

ついては、微力ながらsmartFORCEの1周年記念キャンペーンを実施して少しでも皆様に還元できればと思います。
NEWsmart FORCE 公開1周年記念 ありがとうキャンペーン

ご利用いただく皆様のお役に立てれば幸いです。わーい(嬉しい顔)
posted by ヤマモトヤマ at 09:37
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月26日

スマートフォン対応学習モジュールの販売を開始

PCのみならず、スマートフォンでも学習を進められるsmart FORCEの新モジュールの販売を開始します。

先のeラーニングワールド2011では「スマートフォン対応パッケージ」の一部として公開された本モジュールですが、この度、個別での販売を開始することとなりました。
スマートフォン対応モジュールは、iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)、Android(アンドロイド)端末などのモバイルデバイスで実行できる学習環境を提供します。

スマートフォン対応モジュールには以下の特徴があります。
1PCでの学習に加え、移動中でのスマートフォンを使ったeラーニングが可能になり、いつでも・どこでも学習できます。
2PCとスマートフォンで継続した学習が可能なため、「PCでの学習の続きをスマートフォンで」「スマートフォンの続きをPCで」といった、継続学習が可能となり、より一層効率的なeラーニングが実施できます。
3PC用、スマートフォン用と端末別に起動する学習コンテンツを分けて登録することが可能です。

詳しくはスマートフォン対応モジュールの紹介ページをご覧ください。

smart FORCEのモジュールを活用すると、フリーのLMSを一層使い勝手の良いものに拡張する事ができます。
posted by ヤマモトヤマ at 16:58
smart FORCE | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年10月25日

smart FORCE〜応用編〜

こんにちは ミッシェルです。

本日は、みなさんお使いのLMS smart FORCEの応用編をお伝えいたします。

smart FORCEがセルフカスタマイズができたり、モジュールの追加によって
パワーアップ可能なことは、過去のブログ記事でお伝えしておりますが、
お客様のご要望に応じて プチ整形から大変身まで大規模カスタマイズも行なっております。

例えば・・・

@人事システムとの連携により、人事部では、学習結果も人事情報も一括管理可能に!

  最近は、こういう要望が結構増えてます。
  まずは、どんなシステムとどういう風に連携するのかのご相談をしてから
  スケジュールや費用をお出ししております。

  同じようなご要望をお持ちの方、どんどんお気軽にご相談下さい。

A資格試験の対策に!!

  英語の資格試験や仕事に絡む資格取得など、最近はいろんな会社様でも
  社員の”教育”という点で力を入れているかと思います。

  そんな教育に 是非 smart FORCEを役立ててください!
  実施される会社様(学校様)のご要望で、細かい機能の追加も可能です!
  スマートフォン対応機能を実装すれば、電車の中や、出張先でも勉強が可能です。

B自社ロゴやカラーを入れたい!

  基本機能として4つのデザインは用意しておりますが、
  「いやいや、違うよ、ウチの会社のロゴマークを入れて、キーカラーも入れてよ」
  というご要望にもお応えいたします。


Cその他なんでも・・・

  まずはご相談くださいませ。

   お問い合わせはこちらへ
posted by michel at 18:27
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月28日

LOGOSWAREチャンネルに出演決定!

 ロゴスウェア株式会社様は、SATT無料LMS「smart FORCE」での拡張モジュール「web会議システム」にて、技術提携をいただいている間柄。
 
 この度、大人気のインターネットTV「ロゴスウェアチャンネル」に、弊社営業の高井文忠がskypeにて出演させていただけることとなりました!
内容は気になる昨今のeラーニング事情からweb会議システムのメリットまで。是非ご覧ください。

 日時:9月30日(金)15:10頃〜
 番組:「今、セミナーのあり方が変わる!」
        <第26回>〜POWERLIVE3特別編〜活用しよう!Web会議

  目視聴はロゴスウェアチャンネルのサイトから。放送時間直前に視聴ボタンが表示されます。
  
  目Web会議モジュールの詳細を是非お確かめください。
   これはやってみたくなる!ホワイトボードや資料を共有しながら音声チャット音楽
 
posted by ベル子 at 15:43
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)

着々と進化をする smart FORCE なんですよ。

めっきり涼しくなってきましたね。
朝寒いと、たくさん寝ても十分な睡眠が取れなかった気分にもさせられます。

昨日、お客様へ smart FORCE を紹介させていただきました。
その際同席していた弊社の別部署のメンバーが、改めて知った自社LMSの成長ぶりに一言。

smart FORCE って、そんな機能になってるの?進化してるね〜。」

(なんて、お客様の前で・・・。)

でも、そうなんです。着々と進化をとげております。

smart FORCE は、ご存知かと思いますが、かなり高機能にも関わらず無料で展開しております。
なぜ?とよく聞かれますが、お客様のため。 ・・・ともちろん言いたいところですが、いや、それもありますが、「まだまだ発展段階である」と考えられることや、「お客様にあわせたソリューションを提供したい」という側面を強く持っているからです。

「Attain3」 という、やはり無料のLMSがありました。
smart FORCE の前身です。
eラーニングのコアと呼ばれる機能をシンプルに実装し、お客様にあわせたカスタマイズの上でご提供するコンセプトでした。
しかし、カスタマイズのご要望が増え、また大規模になった場合は、コスト増大という難点が見られるようになりました。

そこで、「お客様に合わせたソリューションを」というコンセプトをそのままに、これは標準で欲しいな〜という機能や要望をもとに作り上げられた製品が「 smart FORCE 」です。
公開から約一年。気づくとかなりの機能が実装された、無料LMSができあがっていました。
現在は1000ダウンロードも超え、1ヶ月毎に80〜100件のダウンロードをいただいております。

営業が胸を張って紹介できる製品が、やっぱりお客様も喜んで頂けるのでうれしいものです。


着々と進化し続ける smart FORCE ですが、本当にその内容でよいのか?
これは、一部のお客様のお声だけでは足りないと考えています。

そこで、誰にでもお答えいただけるような、シンプルなアンケートをさせていただく事となりました。
もちろん、無記名にて。小さなことでも構いません、お気軽にお伝えいただければ幸いです。
本日から少しずつご案内していきます。

どうぞ宜しくお願いします。
posted by まっくす at 08:14
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)