『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2016年05月30日

ニゴロの呪縛

開発部だより 第315回


今年すでに蚊に3回刺されました、開発部ジッパーです。

みなさん、“ニゴロ”ってご存じですよね。
そう、コンピュータ界でいうキリのいい数字、“”(通称“ニゴロ”)。

  1バイト = 8ビット = 2進数で256通り 

ってなわけでコンピュータに関する様々な制限に256の数字がでてきます。
カラー256色、SSD256GBなどなど。

当然、私が主に携わっているメインフレームの世界でも
二ゴロ様がどどーんと立ちはだかることが多いわけですが、
先日、このニゴロ呪縛のせいでトラブル対応に四苦八苦する事態が・・・。

あるシステムでDBの空き容量不足でデータが追加登録できないというトラブル発生。
当然、空き容量が十分にあることは定期的に確認していたので
なぜそんな急にいっぱいに!?と焦る私。
情報リストを出力して確認してみると、やっぱり容量の空きは一杯ある。
ではなぜ容量不足エラーが!?

リストの端っこに、これまでの容量の増分取得回数が表示されていたので
念の為数えてみる。えーと・・・123

 『123? ピンとこない数字だな。 256 じゃないし。』

そう思って華麗にスルーし他の原因を探る。
でもやはりコレだという原因が見つからない。

こんな感じでしばらくワーワーやっている間に、
上司が原点に返って分厚いマニュアルを読みあさっていると、
そこにひっそりと書かれた衝撃の一文を発見!

 『エクステント数の上限は123とする。』

コイツかーーッ!!となって急いで増分を調整、DB再編成して解決となりました。

なんで123・・・と恨み節の一つでも言いたくなるところですが、
(おそらくこれも7ビットでいくつか他で使ってという数字なのか...)
システムはニゴロが全て”と思い込んでいた自分に猛反省
マニュアルはきちんと読みましょう。

学び〜と』、6月1日いよいよサービス開始です
お問い合わせはこちらまで〜。
posted by ジッパー at 15:39
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月24日

EDIX番外編

開発部だより 第314回



真夏日⁉開発部pinkです。

先週18日(水)〜20日(金)の3日間、ビッグサイトで開催された
「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展いたしました。

pinkも、初日の18日(水)、お手伝いに行って参りました!

pinkは午後からのお手伝いでしたので、
13:00前ぐらいにゆりかもめで「国際展示場正門」に到着
(ゆりかもめでは、なるべく先頭に乗るpinkです)。

どれどれ、どんな方がEDIXにいらっしゃるのだろうと
まわりを見てみると…


とてもおしゃれなお嬢さんがたくさんいらっしゃるではないですか

ビッグサイトは広いですから、当然EDIX以外の展示会も開催されているわけです。
それは、分かっています。それにしても、何でこんなにおしゃれ???


それは

「Beautyworld Japan」
ビューティビジネス業界最大の見本市

だそうです。

同じ東棟で開催されておりました。
ちなみに「Beautyworld Japan」の開催は15日(月)〜18日(水)でしたので、
かぶったのは1日だけでした。


…と、EDIX番外編でございました。
本編は、他のメンバーのブログでどうぞ。


営業です。↓
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 10:19
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月21日

世の中スマホだらけ

開発部だより 第312回



世の中どこを見てもスマホだらけ。
こんにちは、葉っぱのぽおるです。

仕事でwebページをスマホでも見られるようする作業を行っていて
ふと気づいた「世の中どこを見てもスマホだらけ」外でも内でも。

「スマホでもできるようになりました」
「スマホをかざすだけで」
など最近よく聞くようになりましたね。

「世の中どこを見てもスマホだらけ」だなと特に通勤中の電車内でよく感じます。
若い人から50代と思われるひとまで。
一車両にスマホをいじってない人のほうが少ないんじゃないのかと思うぐらい皆さんスマホをいじっています。
ためしに、長椅子の端から端までとその前にいる、つり革に掴まっている人を数えましたが
スマホをいじっている人のほうが多かったですね。
たまにこのスマホの現状少し異様なのでは、と思ったり思わなかったり。

あと最近気になったのが、楽しげに会話をしていて
例 A「昨日のアレめっちゃ楽しかった、また行きたいわ(笑)」
  B「でしょ〜だからいったじゃん!一度やるとはまるんだって!おっじゃあ来週いこうか!」
  A「来週か、じゃあ午後からにしよう、楽しみだわ〜!」
  B「よし、じゃあ来週な!」
  ---------------------------間-----------------------------
  --------------------------沈黙----------------------------
  ---------------------------間-----------------------------
  Aおもむろにスマホを取り出しいじりだす・・・・
  Bおもむろにスマホを取り出しいじりだす・・・・
  --------------------------沈黙----------------------------
  ------------------沈黙沈黙沈黙沈黙------------------------

  ???「目標完全に沈黙しました・・・」

会話が途切れるとスマホを取り出すのはいったいなぜ?
この場面を見かけることが少なくないです。


これから先はwebサイトしかり、いろんなものがスマホ対応必須になるんだろうな〜と
(もうなっているんでは・・・)

ガラケー歴8年目は思いました。
(まぁぁ〜壊れない、液晶もバリバリにならない)




では最後にお約束のものを

スマホ対応した商品SATTにもあるんです。
posted by 葉っぱのぽおる at 10:56
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月18日

就活生、応援中!

開発部だより 第311回



こんにちは。8prinzです。

マイケル先輩も書かれておりますが、

私、8prinzもSATTの新卒採用説明会で業務の紹介などをさせて頂いております。

数年前に入社した自分が採用の説明をしていると思うと何だか不思議です。

自分が就活生のころは就職氷河期でしたので、兎にも角にも必死でした。

行きたい企業の説明会の予約開始時刻に合わせて、予約ボタンを連打したり、

どうしても行きたい企業には本社へ突撃したことも。

そんな自分に比べると、今の学生さんはすごく落ち着かれているなという印象です。

説明の最中も集中してメモなどをされてますし、質問も鋭く、こっちがあたふたしてます笑

この時期ですと、合同説明会や大手企業の説明会への参加が集中しそうな気がしますが、

その中でSATTへ来てくれる学生さんがいるということは本当にありがたいことだなと思います。

微力ではありますが、自分もしっかりSATTの魅力を伝えられるように努力していきたいと思います。
posted by 8prinz at 15:53
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月07日

Captivateの小さなバグ

開発部だより 第310回


こんにちは。
都内では先週末に桜が満開!
ということで土日はあちこち桜を見に出かけたのですが、曇りどころか雨も降って、本当に寒かったですね。
そんな中でも、ついつい見に行きたくなるほど桜は魅力的です。

今回は、少し前までやっていたCaptivate案件のお話。
PPTスライドをCaptivateに読み込んだ時に、ひっそりとバグが起きていました。
その現象は、「最終スライドの1つ手前のスライドにアニメーション表示がある場合、最終スライドからボタンで1つ前のシーンに戻った際に、アニメ―ションがうまく表示されない」というものでした。
アニメーション部分がループして止まらず、チカチカと繰り返すように表示されてしまいました。

でも普段Captivateコンテンツを作る時、最終スライドやその手前のスライドはクロージング的な、動きのない説明シーンであることがほとんどでしたので、今までその現象に気づきませんでした。
今回はたまたま全てのコンテンツに共通のエンドシーンを追加したために気付いたのです。
(いや、私でなく動作確認をしてもらった方のチェック能力がすごいのです)

その時は説明画面が白くフェードアウト→エンディング用の画面がフェードインで表示される流れでしたので、画面が一瞬、完全に白くなるのを利用して最後とその手前のシーンに動きのない空白シーンを追加することで、そのバグが起こらないよう対策しました。

あまりよく見られる現象ではないかもしれませんが、しばらくCaptivateにさわらないと忘れそうなので、ここにメモしておきます。
posted by 開発部Black at 17:31
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月05日

Linuxサーバーと格闘中!

開発部だより 第309回



久しぶりの執筆となったたっくんです。
最近は、Linuxサーバーと格闘しています(笑)

今まで、基本的にWindowsで作業して、Linuxサーバーで動作させるプログラムは作っていたのですが、サーバー自体を構築する事はなかったんですよね。
(大昔、Windows NT3.5?辺りのサーバーはPC上に構築した事はあったのですが、いつも情報システムの方に業務に必要なサーバーは構築してもらっていたんですよ。)
で、最近、新たな業務を行ううえで、どうしてもサーバーの設定を自分でやらなくてはいけなくなり、超〜大変!!
情シスにはLinuxサーバーのOSだけ入ったものをもらい、必要なサービスやDBをインストールしているんですが、unixのコマンドをよく覚えていないしviエディターを久しぶりに使うと操作間違えるし・・・こんな感じで、てんてこ舞いです(苦笑)

特にコピペが、いつものWindowsのつもりで「Ctrl+C」をやってしまうんですよね。(習慣って怖いです。)
Unixのコマンドラインでは、対象を選択した状態でコピーとなり、クリックするとペーストされるんですよね。

そんなこんなで、超〜苦労して作成したサーバーが動いているとある意味感動です(笑)
普段やらない作業って、いろいろな発見があり、大変ですが、面白いところもありますよね。
みなさんも、新年度が始まったので、新しい挑戦をしてみてはいかがでしょうか?

ではでは。
posted by たっくん at 13:05
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月21日

桜と花粉とAppleと

開発部だより 第308回


どもども。
開発部リーダーです。

今日(3月21日)、東京にも桜の開花宣言が出されたようですね
やっと寒い冬から解放されそうです😃
と、同時に今年も花粉の季節がやってきました
今年は寒い日が続いたせいか、ここまで症状はほとんど出ていなかったのですが、先週ぐらいから急に来た感じです。
早速、耳鼻科で薬を処方してもらいました。
鼻が詰まってしまうと、集中力も途切れがちになりますし、症状のひどい方は一度耳鼻科で診察してもらうといいですよ。

もうすぐ恒例のAppleの新製品発表会が開かれますね。
今回もいろいろと噂がでていましたが、目玉になりそうなのは小型(4インチ?)のiPhoneになるのかな?
どんどん大きくなっていったiPhoneですが(Androidに比べれば、それでも小さいですけどね)、小さくしてほしいという声が大きかったのでしょうね。
それも、廉価版ではなく高機能版で。
噂ではiPhone6Sの小型版のようなものだそうです。
Apple Watch関連でもなにか動きがあるようですし、要注目といったところでしょうか。

さて、開発部の近況ですが、新プロダクトの仕込みの追い込みで大忙しです💦
なかなかに大変な作業でしたが、その分良いものに仕上がってきました。
まだ、詳細は明かせませんが、近いうちに発表があると思いますので、こうご期待!
それまでは、既存プロダクトであるsmart FORCE並びにsmartツールを、よろしくお願い致しますm(_ _)m
posted by 開発部リーダー at 22:14
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月02日

運用業務開始前の個人情報の取り扱い確認について

開発部だより 第307回


OLIONです。
開発事業部の中でも私は運用業務を主に担当しているのですが、その中での個人情報の取り扱い確認での取り組みについて説明します。

試験処理運用をはじめ私の担当している業務については、必ず個人情報を扱うことになります。
弊社では、PMS(個人情報マネジメントシステム)に基づいた個人情報の管理資料を作成しています。
そして、私の所属するグループ内で、本番運用が開始される前に、その管理資料を見ながら、個人情報の取り扱いについて、必ずグループ全員に説明することにしています。

毎年の運用がかわらなければ、説明する内容はほとんど変わらないはずですが、管理資料に記載してある内容を説明する度に、記載内容を変更する必要があると気づかされます
最近でも個人情報の件数や保持期間についての見直しや、個人情報の移送方法の変更などが発生しています。
管理資料の見直しについては、運用担当者だけでは気づかないことでも、他の人に説明することで気づいたり、他の人から指摘されて気づいたりすることなどが多々ありますので、この取組みは個人情報を安全かつ正確に扱う上で大事なことだと感じています。
以上

OLIONの経験した・気づいたことシリーズ
EXCELを運用で使用した際に経験したことについて
運用業務での手作業部分について
データインポート処理で気づいたこと
バーコード読み取り作業で経験したことについて
EXCELを使用した際に経験したことについてPART3
試験運用業務で経験したことについて
試験運用業務で経験したことについてPART2
データ作成業務で経験したことについて
試験運用業務での経験したことについてPART3
はがき印刷業務について
posted by オライオン at 14:50
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月01日

JavaScriptの文字列をオブジェクト型配列に変換

開発部だより 第306回


JavaScriptの文字列からオブジェクト型配列に変換する方法を調べていました。
いくつか方法がありますが、どれも微妙に違うのでちょっとまとめてみます。

◆eval()で評価する
var str = '{a:"json"}';
var obj = eval(str);
alert(obj);

真っ先に思いついたこの方法ですが、'{a:"json", b:"freddy"}'と要素が複数になると使えないという制限があります。evalの危険性の問題はおいておくとしても使い所は限られてしまいます。

◆JSON.parseを使用する
JSON文字列をJavaScriptオブジェクトに変換する専用の命令です。
ECMAScript 5.1で定義されて現在のブラウザーならほぼ使用できます。
var str = '{"a":"json", "b":"freddy"}';
var obj = JSON.parse(str);
alert(obj.a);

jQueryの、$.parseJSON(str);を使用しても同じです。
これならオブジェクトが複数になっても問題ありませんし、次のようにオブジェクトを入れ子にすることもできます。
var str = '{"x": {"a":"json", "b":"freddy"}, "y": {"a":"damian", "b":"chucky"}}';

ただ条件としてプロパティもダブルクォーテーションで囲わなければいけないし、シングルクォーテーションではエラーになるのでそこは注意が必要です。

◆もう一つありました「JSONらしき文字列をオブジェクトに変換するJavaScript
var str = '{a:"json", b:"freddy"}';
var obj = (new Function("return " + str))();

この方法ならオブジェクトが複数でも問題ありませんし、プロパティをダブルクォーテーションで囲わなくてもOKです。ただこの方法は基本的にeval()と同じなので少し注意が必要です。

どうやらどの方法もどれも一長一短のようなので、状況によって使い分ける必要がありそうです。
型変換というと文字列型を数値型("01" ⇒ 1)のような使い方が普通だと思いますが、jsonがオブジェクトになるような融通のきくところはJavaScriptのいいところですね。
posted by 開発部OliveDrab at 13:59
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年02月16日

サクラ、サケ〜ッ!!!

開発部だより 第305回


みなさま、こんにちは〜! 開発部(チ)です。
季節柄、休日のデパートのお菓子売り場は、大・大・大混雑でした。


現在は大学受験シーズン真っ只中ということで、通常のeラーニング教材制作に加え、
大学受験関連の業務に携わっています。
(SATTは駿河台学園の関連部門ですので、時々このような業務があるのです!)

毎年この時期になりますと、新聞社さんとタッグを組みまして、
私大と国公立大学の2次試験の問題や解答を新聞社さんのWebサイトに掲載します。
開発部(チ)は、Webサイトにアップするための画像作成をお手伝いしています。

大学によって問題の趣きは様々です。
・問題数が少ないかわりに一問一問が難しい大学
・文字のサイズが小さめでギッチリとレイアウトされた硬派な大学
・図や画像を使った問題が多めの大学   …などなど

なるべく見やすいものにするために、それぞれの内容に合わせた微調整を加えながら
画像を作っていきます。
そこがこの作業の難しい所 でもあり、また、面白味を感じられる所 でもあります。

今週から来週にかけてがこの作業の山場です。
少しでも受験生のみなさまのお役に立てればー!と思いながら、
しっかり作業を進めていきたいと思います。


eラーニング教材の制作、承ります!
ご相談・ご用命はSATTへどうぞ〜。 ✉


※通勤途中、神社の境内に梅の花が咲いていました。今がちょうど見ごろです。
 紅い梅、ピンクの梅、白い梅、あまりにもきれいに咲いていましたので、
 立ち止まってポーッと眺めてしまいました。
 「梅に鶯」と言います。
 この梅の木にも鶯たちは来てくれるのでしょうか?
posted by 開発部(チ) at 10:34
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)