『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2011年10月11日

ColdFusion コードネーム "Zeus"

開発部だより 第124回


こんにちは!

"Zeus(ゼウス)"から真っ先に連想するのは"ビックリマン"か"ゴッド・オブ・ウォー"、2択のijです。


AdobeのColdFusionチームのBlogでColdFusionの次期バージョンのコードネームは"Zeus"だということは既に発表されていましたが先日行われたMAX2011でいくつかの特徴が紹介されています。

Adobe TV:WHAT'S NEXT IN COLDFUSION

紹介されているいくつかの特徴は以下、

・Admin Improvements
・Security out the Ying Yang
・Language Improvements
・Solr Improvements
・Java Integration
・REST
・HTML5/Mobile
・Web Sockets
・Charting

さらに、

・No more Verity
・No more JRun
・Microsoft Exchange 2010 support
・Web Service: Axis 2 + Document Literal
・Scheduled Tasks are Epic

個人的には、ついにJRunから解放されるのが嬉しいところです。
AdobeのDeveloper EvangelistであるRaymond Camden氏のBlogにもJRun上より、Tomcat上の方がはるかに高速に動作するという記事が以前に投稿されており期待しています。

Raymond Camden's ColdFusion Blog:ColdFusion X Writeup

また、冒頭でご紹介した動画の他にも、MAX 2011のセッションの動画が多数、Adobe TVにアップされていますので要チェックです!

Adobe TV:MAX 2011関連動画


それでは、また!
posted by ij at 10:14
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月30日

発想の転換

開発部だより 第123回


開発部ジッパーです。

9月下旬、夏期休暇をいただき北海道に行ってきました。

目的は友人の結婚式。出費はかさむけれど、
久しぶりに飛行機にも乗れるしおいしいご飯も食べれるしで
テンションMAXグッド(上向き矢印)

ところが、結婚式自体は滞りなく終了したもののその後がトラブル続きでした。

結婚式翌日、バイクをレンタルして憧れの北海道ツーリングを試みるも
道に迷いまくったあげく軽装備過ぎて山で凍死の恐怖を味わい、
目的地としていた温泉施設いい気分(温泉)に辿り着くとそこには『本日休業』の張り紙。。。

その後ホテルに戻りテレビをつけると台風台風が関東直撃予定というニュース!
翌朝恐る恐る飛行機飛行機の運航情報をチェックすると、
予約していた羽田行きにも当然ながら『欠航』の文字。。。

新幹線新幹線で帰ることを決意し、特急列車に飛び乗って新青森に着くと
そこで東京行き『運転見合わせ』のアナウンス。。。

結局3時間後には運行が再開し深夜には東京に戻ることができましたが
お金は使い果たしお土産は一つも買えずで日頃の行いの悪さを反省しましたバッド(下向き矢印)

・・・・が、その時東京は帰宅困難者であふれかえっていたとのこと。
そんな大混乱の時に東京にいなかった私は逆にラッキーなんじゃexclamation&questionと思うように。


みなさん、人生に一度、極度の不運が重なりまくる経験をすると.....
結構ポジディブシンキングになれます。


posted by ジッパー at 10:43
開発部だより | コメント(2) | トラックバック(0)
2011年09月26日

情報過多

開発部だより 第122回


連休中は、家族サービスしていた開発部pinkです(←おとーさんかexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)


先週は、台風直撃。皆様、無事に帰宅できましたでしょうか。

開発部pinkは、相変わらずの男前っぷり(女子ですぴかぴか(新しい))を発揮し、潔く「あたし帰るパンチ」宣言をして、とっとと退社しました。
会社を出る時は、JRはすでに運転見合わせ。
しかし、pinkはメトロと私鉄で帰るので、余裕〜グッド(上向き矢印)と思いきや…
乗換駅では、たった今!…私鉄が、運転見合わせてしまいましたがく〜(落胆した顔)
ま、閉じ込められたり、中途半端なところで降ろされるより、マシですけど。

駅構内アナウンスは「台風通過まで運転しないパンチ」宣言しております。

しょーがない。あきらめましょうるんるん
駅構内は混んでいるので、少し離れた穴場なカフェへ。
席をキープしたなら、怖いものなしです。

そして、情報収集。。。
う〜ん、意外と各鉄道会社サイトの運行情報って更新遅いんですよね。

某乗換案内サイトは、ユーザが運行情報を投稿できるのですが、情報が多すぎて、よく分からない〜。

結局、ワンセグでテレビTVから情報を得ていました。


震災の時に、twitterやmixiなら繋がったと聞き、twitterのアカウントを取得したのですが、どーなんでしょうね。
情報あり過ぎなのも困りものでバッド(下向き矢印)…いずれにせよ、自分でしっかりと情報を見極める力を持ちたいものです手(グー)


教材作る時だって、情報過多にならないように気を付けてますもんね。


と、無理矢理締めてみました〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by 開発部pink at 18:12
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月20日

できない理由を明確にする?

開発部だより 第121回

最近、すずしくなって来ましたね!
このまま秋になっちゃって〜〜。。。と切望している、今日この頃です。

先日、読んで「なるほど!!」と思った記事を紹介します☆
タムロン社 小野守男社長によると、「できないには5つのできない」が
あるそうです。

@今すぐにはできない
A今のやり方ではできない
B今の工数ではできない
C今の資金ではできない
D今の人ではできない

で、5つのできないを改革すれば、「できる」になるとのことでした。

自分の口癖に、「無理無理〜。」というのがあるのですが、
まずは、なぜ「無理」なのかを@〜Dのどれなのかを明確にして伝えるだけでも、
なかなか物事が明確になるように思いました。

そして、無理な理由を明確にして、どうすれば無理でなくなるかを具体的に
実現まで出来るのが、えらくなる人なのだなと思いました。。。

posted by 開発部 blue at 19:23
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月12日

白鳥って何色

開発部だより 第120回



「白鳥って何色?」と聞かれたら、皆さんは何と答えるでしょうか、幼稚園の園児あたりにこの質問をしますと、元気に「白、白」と答えが返ってきますが、小学生ともなりますと、幾らか知識を詰め込んでいる子がいまして、「でも、黒い白鳥もいるよ」とか答えたりします。この「黒い白鳥」という言葉、何か可笑しくはないですか。
 それもそのはず、「白鳥は白い=白いから白鳥」の定理が成り立っていたのは、1600年代にオーストラリア大陸が発見されるまでの事です。
 それまでは、「黒い白鳥」と言えば、不可能の代名詞ともなっていた様ですが、オーストラリア大陸には、どう見ても「黒い白鳥」と呼ぶしかない鳥が発見されましたので、鳥類学者達はかなり慌てふためいたと言う話です。
 さて、「ブラック・スワン」と言いましても、鳥の羽色の話でも、ナタリー・ポートマン主演の映画の話でもありません。統計学における不確実性の話となります。確率論の泰斗ナシム・タレブ氏は、世の中の事象をベル型カーブに押し込む風潮に怒りを感じ、上記の歴史に鑑み、「ブラック・スワン理論」を提唱しました、要約しますと、以下の3点となります。@予測不可能A事象発生の影響は甚大B発生後は予測が可能であったかの様に収束する。
歴史を少し振り返ると、個人的な経験を思い出せは、心あたりのある方がおられるかと思います。
 完璧な製品を仕上げたはずなのに、とか、その様な使い方をされようとは思わなかった、とか、日常においても小さな「ブラック・スワン」が度々現れますが、それらのリスクと戦う日々を我々は過ごしています。
終わりに、「ブラック・スワン」より派生した言葉を一言
 「ありえないなんてありえない」
posted by ハイタカ at 11:30
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月29日

良いキャラ、作ってますか?

開発部だより 第119回


こんにちは。
開発部Blackです。
8月ももう終わり、少しずつ涼しくなってきて秋が近い!?とちょっとわくわくしています。

前回は声について触れましたが、今回はキャラクターについてです。
コンテンツによっては、独自のキャラクターが登場することもあります。
たいていナビゲーターや先生役です。

キャラクターが作られる際、
・オリジナルで「こんな感じ」と特徴を指定
・実在の人物をそのままキャラクター(イラスト)に
等、外部のイラストレーターさんや弊社のデザイナーが制作したりします。
他には、すでに作成されたデータを頂いてそのままコンテンツに組み込んだりします。

よく見かけるのは、一般社会人的なキャラクターです。
スーツを着た、シンプルな人物が多いです。
時々デフォルメされた社会人キャラクターなんかもいます。
社会人キャラクター同士での掛け合いなんかは一般的かと思います。

しかし、やはり目を惹くのは派手目なキャラクターぴかぴか(新しい)です。
(そんなキャラクターが出てくるコンテンツではフレームなんかも華やかだったりします)
以前携わったコンテンツで印象的だったのは、先生が魔法使いだったり、ロボットだったり、ヒーローだったり…。
中身(コンテンツ)はがっつり学習系でしたが、ポップな見た目で学習しやすかったのではないかと思います。
また、変わった生徒キャラとしては、頼りない感じのわんちゃん(犬←イラストはイメージです)というのがありました。
学習していくうちに頼もしく…なった…かな?
はじめは不安気に「できるかな?あせあせ(飛び散る汗)」と戸惑いながらも、先生に丁寧に教わって「できたるんるん」と、段階的に学習できるコンテンツでした。
途中でアイテムを手に入れて装備できたり、ミニゲームがあったりと全体的に色々な仕掛けがあって楽しめる作りになっています。

最近の珍しいキャラクターでは、登場人物全員が外国人というのもありました。
画面も音声も英語を使用したため、合わせてキャラクターも、ということでした。
人種も様々で、元の日本語版と比べるとまったく違ったコンテンツになっています。

ただただ説明が流れるコンテンツより、説明してくれるキャラクターがいたり、一緒に学習してくれるキャラクターがいた方がより画面も華やかになりますし、内容に入り込みやすいと思います。
ぜひキャラクターを使ったコンテンツも試してみてください。
posted by 開発部Black at 14:21
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月16日

夏休みの自由研究

開発部だより 第118回



うーん、暑い日が続きます。お盆も終わりです。

さて、お盆が終わりと言えば、夏休み終わりまでの恐怖が少しずつ迫ってくるころにもなります。

何が恐怖かっていうと、「ザ・夏休みの宿題」です。

ドリルなどはわりと力業でサクッとできるものの、「読書感想文」、「自由研究」などがやっかいです。
私は本当にこれが悩みのタネで、夏休み前から悩み、夏休みなんかこなきゃいいのに、と思ったくらいでした
(学校の普段の勉強が楽だと思っていました)。それぐらい、「読書感想文」、「自由研究」はつらい存在でした。

結局はやらざるを得ないので、ヒーヒー言いながら「テキトー」に仕上げるのが常でしたが、
大人になって多少の知恵がつき、今にして思えば「テキトー」でも、もう少し良いやり方があったのではないかな?と考えまして、私なりに自由研究の攻略法を纏めてみました。

◎手作り感がありながら、手間がかからず、先生を納得させる(もっと言えば唸らせる)ネタ
植物、昆虫などの生物観察モノ、化学実験モノなどいろいろありますが、一番手っ取り早いのは「料理」ではないかと思います。
「パンがなぜふくらむか?」なんてのは、とっても良いのではないでしょうか?
パンを普通に作っておいて、あとはイースト菌の働きについて調べるだけです(ただし、「パンを作る行為」は、「イースト菌の働き」への結論づけに弱い気がしますので注意)。

また、最近は科学実験セットが書店などで販売されており、非常に楽ではりますが、少々オリジナリティに欠けるのと、なによりも他の子と「カブる」可能性があるので、注意が必要かと思います。
(使用する場合は、保護者同士で打ち合せしておく必要あり。笑)

◎実験結果と結論は予め調べておく
迷わず google 先生に聞くことにしましょう。
(昔は、図書館に行ったものですが、猛暑ですので体力を消耗しますし。)
また、当然のことながら、これからの夏休みの自由研究は、時間の制約などを考慮すると結論が見えていることをやるべきです。

◎レポートの構成

 (1)内容の概要(A4用紙半分くらい)
 (2)仮説(複数列挙するのがよい、A4用紙半分〜1ページくらい)
 (3)手順の説明(A4用紙数枚)
 (4)何でそうなるかを調べたこと(インターネットで調べる、A4用紙1〜2ページくらい)
 (5)まとめと感想(A4用紙1ページくらい)

※文章は基本手書き。
※実験最中は、デジカメで撮影した画像をプリントして貼り付ける。これで「実際にやった感」を表現することができる。
※説明文などのところは、手書きのイラストや図を入れる。
posted by RKB35 at 17:20
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月01日

節電の夏

開発部だより 第117回



暑い日が続きますね。
こんな時に打ち合わせのために外出すると、体が溶けてしまいそうふらふら
・・・おなかの脂肪が溶けてくれたらうれしいけどダッシュ(走り出すさま)
どうも、開発部リーダーです。

この夏は節電が叫ばれていますが、皆さんはどのような節電ライフをおくっていますか?
テレビや雑誌でも、大技・小技ちりばめての節電テクニックが特集されていますね。
リーダーも、例えば

 @ エアコンは寝るときだけ、設定温度28度と扇風機を併用
 A 遮光のため、カーテンを閉める
 B ゴーヤを植えて、「みどりのカーテン」(カーテンができるころには、夏が終わってそう・・・orz)

などを実践しています。
休日の昼間などは、エアコンをつけなくてもいいようにポタリングしたり、涼を求めて山にドライブに行ったり(温暖化にはよくないけどあせあせ(飛び散る汗))と積極的に外に出るようにしています。

また、このブログを読んでいる方ならば、パソコン関連の節電にも興味があるのではないでしょうか。
各PCベンダーやマイクロソフトなどから節電ツールが提供されているので、そちらを利用するのも手ですね。

 ■参考:Windows PC 自動節電プログラムについて
  http://support.microsoft.com/kb/2545427/ja?sd=gn

他にも、さまざまな周辺機器をつけている方も多いでしょう。
モニタは当然として、外付けのドライブやプリンター。スピーカーなどを使っている方も多いのではないでしょうか。
これらは、パソコンを使っていないときには待機状態ではなくて、主電源を切ってしまうのがよいのですが、機器が多くなるとON/OFFするのが面倒です。
そんなときには、連動タイプのタップを利用するのがお勧めです。
これならば、パソコンの起動/終了に合わせて、自動的に連動口への電気の供給が行われますので、周辺機器のスイッチをいじる必要がありません。

今後は、もっと便利は節電グッズもぞくぞくと発売されることでしょう。
これらのグッズをかしこく使って、『我慢しない節電ライフ』を楽しみましょう。
posted by 開発部リーダー at 21:33
開発部だより | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年07月19日

eラーニングワールド、ご来場ありがとうございました〜!

開発部だより 第116回


みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
前回担当した回(第107回)からちょっと時間があきまして、四ヶ月半ぶりくらいのお目通り、開発部(チ)です。

通常の開発業務もバシバシやっておりますが、近々のトピックとしましては、やはり「eラーニングワールド」ですね!
お運びいただいたお客さま、ご来場ありがとうございました。
残念ながらお運びいただけなかったお客さまも、次回がありましたらよろしくお願いいたします。

開発部(チ)は、7日(木)と9日(土)の二日間、ビシッと黄色いユニフォームに身を包み、お手伝いで参加してきました。
(普段、あまり派手な色のお洋服は着ないので、まぶしいほどのひまわりイエローに、グッとテンションがあがっちゃいました!グッド(上向き矢印)

主に、パンフレットをお客さまにお渡しする係としてSATTブースに立っていましたが、

 ・無料で入手可能なLMS「smart FORCE」拡張モジュール
 ・eラーニング+社員教育

について話を聞きたいんだけど…、と声をかけてくださったお客さまがたくさんいらっしゃいました。

あの広い会場の中、SATTブースを探していただき、わざわざ足をお運びいただけたのは、とてもうれしい事です。
弊社技術スタッフ&営業スタッフがココロを込めて対応させていただきました。黒ハート
製品・サービスについてのお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。メール

今日の夕方、社内でeラーニングワールドの反省会があります。
次回のeラーニングワールドのよりよい運営のために、反省点や改善点をみんなで話し合います。

来年もたくさんのお客さまに会えるといいなぁ…。わーい(嬉しい顔)
posted by 開発部(チ) at 15:09
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年07月06日

eラーニングワールド!!・・そして時は動き出す!!

開発部だより 115回


どうもこんにちは、振り返れば子猫です。
いやー、暑いですね。もう夏到来といった感じです。
さて夏といえば皆さん真っ先に思い浮かぶのは、eラーニングワールドではないでしょうか?自分も今からどんなブースが出てくるのか待ち遠しくてたまりません。もっと言うとどんな奴らが出てくんのかオラわくわくすっぞ!

という訳で前回自分の開発ブログ上で、次回は物理演算ライブラリ「Box2D」についてサンプルを作ると言いましたが、急きょ今回はSATT in eラーニングワールドという感じで行きたいと思います。

それでは自分が紹介いたしますは、無料で始められる上に使いやすいという事で大好評いただいております弊社自慢のLMS「smart FORCE」の「新機能」についてです!!

さて今回はどんなパワーアップを引っさげてeラーニングワールドに登場するかといいますと以下の3つ。
・スマートフォン対応
・web会議機能
・通知メール機能
です。

その中でも自分はスマートフォン対応に焦点をあてて紹介したいと思います!

スマートフォン対応というとその名の表す通り「ふーん、コンテンツがスマートフォンでも見られるんだ」とだけ思われるかと思いますが、そこはsmart FORCE!色々な特長を持っての登場です。


スマートフォン対応 特長その1
☆PCとスマートフォンの同時登録☆
なんとPCとスマートフォンで別々のコンテンツを搭載する事が出来ます。例えば、インタラクティブなコンテンツはPCで、利便性を重視したコンテンツはスマートフォンで、等の使い分けが可能となります。


スマートフォン対応 特長その2
☆学習履歴の共有☆
これはPCとスマートフォンの学習履歴を共有出来ますので、履歴ルールが同じであれば、PCで学習した続きをスマートフォンで学習する、なんて事も可能となります!


スマートフォン対応 特長その3
☆「圏外」時のローカル履歴保存機能☆
スマートフォンを利用中に気が付いたら圏外に・・・よくある事です。
さぁそこでsmart FORCE!!何をするかと言いますと、なんと圏外時にはローカルに学習履歴を保存しておいて、再度電波がつながると自動的に再通信を行い最新の学習履歴を保存してくれます!!これで地下鉄内などの電波の悪い環境での学習も問題ありません!!

いかがでしたでしょうか?使いやすさを追求したスマートフォン対応!!
是非eラーニングワールドの会場で新しいeラーニングの形を体感してみて下さい。
posted by 振り返れば子猫がいる at 16:23
開発部だより | コメント(3) | トラックバック(0)