『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2012年04月17日

教育係になりました

開発部だより 第147回



4月より新入社員の教育係に任命されました、開発部ジッパーです。
春だぁ〜、ひなたぼっこだぁるんるんなんていう浮かれ気分はどこへやら・・・大忙しの毎日です。

“ゆとり世代”と言われ、そのゆるさやとんでも発言等が話題となっている今年の新人ですが、
我が開発部に配属されたI君は、そのイメージを一瞬で吹き飛ばしてくれました。

配属されたその日の朝、電話取ってみろと指示する前にかかってきた電話に
約0.5秒の速さで受話器を取ったI君。
ウジウジ、モジモジして中々出られなかった私の時とのあまりの違いに度肝を抜かれましたがく〜(落胆した顔)
ピザ屋のバイト経験があるとしか思えません。

さて、開発部に配属されたということで
システム開発スキルの習得を目指すことになるI君ですが、
情報処理系の学校の出身ではない!とのことで
コンピューターシステムの基礎から学んでもらうことになりました。

システムとは?サーバーとは?プログラムとは・・・?
私達が普段当たり前のように使っている用語ですが、
いざ知らない人に説明するとなるとこれがまた難しい。
それどころか、実は勘違いして覚えていた用語もあって
ちょっと恥ずかしくなったり。。。

さて、私の訳のわからない支離滅裂な解説をそのままノートに取って
必死に覚えようとしているI君の運命やいかにexclamation&question


・・・・・なんて面白がっている場合ではなく、
私も改めて勉強しなければ、と反省しっぱなしのジッパーでした。


ちなみに、私では教えられないビジネスマナーやメンタリティなどは
m-schoolの2012春 SATT新入社員研修に参加して学んでもらっています。

“新人が入ったけど何を教えたらいいか分からない!”という方の強い味方ですぴかぴか(新しい)
posted by ジッパー at 18:19
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年04月09日

さくら

開発部だより 第146回



春ですね。開発部pinkです。

久しぶりに入学式シーズンに桜が満開…って感じですねグッド(上向き矢印)
やっぱり、入学式は桜咲いてないとね〜るんるん


…ちなみに、私、高校の入学式は「雪雪」でした。
え?埼玉ですよ。
生徒会長が
「桜が散り、雪が降るという異常気象の中、ようこそ○○高へバッド(下向き矢印)
と言っていたのが印象に残っています。
ある意味、忘れられない入学式となりました爆弾


過去に「初めて千鳥ヶ淵に行った」記事をアップしたことがありますが、
今年は、初めて目黒川に行ってみました。

…近くで打合せをしていたので、「ついで」です。


平日だし、午前中だし、空いている方なんでしょうね。
と言っても、人多いですよ。
中目黒の駅に戻ってきたら、駅前大騒ぎですよ。

あ、桜?
ほらほら。
120406_110013.jpg
携帯で撮ったから、あまりキレイじゃないけど。。。
posted by 開発部pink at 10:57
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年03月27日

懐かしき「サンリオSF文庫」

開発部だより 第145回



 先週、久しぶりに八重洲ブックセンターをブラついていたところ、「「サンリオSF文庫」から出ている、「サキ短編集」ってありませんか?」と店員に尋ねている人がいまして、私、思わず振り返ってしまいました。

 何故って、「サンリオSF文庫」は、既に廃刊から20年以上も経っています。
今では、古書店でいくらかの値が付くという代物です。
ブック・オフでは見つかりません。

 懐かしき「サンリオSF文庫」、その昔、お茶の水の交差点に、「茗渓堂」という本
屋がありまして(今でもあったら失礼)、そこの地下1階で、フィリップ.K.ディックの作品集を買い漁ったものです。

背表紙には、昔懐かしい、蛸似の火星人が、小首を傾げていました。

ディックって知りません?

まあ、知りませんよね。

でも、彼の原作の映画は、御存じだろうと思いますよ。

代表的な映画は、「トータル・リコール」、「マイノリティ・リポート」、「ブレードランナー」です。
最後の作品の原題は、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」というものです。

原題は、重要な世界観を現していたのですが、大衆向けの題に改変されてしまったのが、少し残念な気がした思い出があります。

店員さんに尋ねた人に声を掛けるべきでしたかね、「「サンリオSF文庫」は、もう
潰れたんですよ、お探しの本は、私が持っていますがね」と。
posted by ハイタカ at 08:55
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年03月19日

良いキャラ、作ってますか? その3

開発部だより 第144回


こんにちは。
ちょうど今頃、桜の花が咲く前が桜餅のピークだと信じている開発部Blackです。
なぜか桜が咲いてお花見しつつ桜餅を食べようと探しても、すでに売られているのは柏餅、ということが多い気がしますバッド(下向き矢印)

さて、今回もキャラクターについてです。
声・性格ときて、次はポーズ・表情についてです。
実は声や性格より重要かもしれないですね。

実際使われるキャラクターによくあるパターンとしては、
・解説時などの通常の表情
・クイズで正解した時などの喜ぶ様子
・クイズで不正解の時などの残念がる様子
この3つでしょうか。
そのほかには、
・問題を出された時など、考えたり悩んでいる様子
・なるほど〜という様子
・バンザイなど大喜びする様子
等々…。
様々な表情を組み合わせ、シーンに合わせて使い分けるとより効果的です。
通常の説明時は普通の表情ですが、詳しく説明する際には手で指し示したり、クイズやテストで正解時には笑顔で喜び、不正解だった時には残念がり…単に解説コンテンツだけを見ているより、楽しいものができあがります。

キャラクターを活き活きとさせるには、キスマーク喋る(口パクさせる)、目時々まばたきをする、わーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)シーンに合わせた表情や動きをする、さらに性格や見た目に合わせた口調、などでしょうか。

ぜひお気に入りのキャラクターを作ってみてくださいるんるん
posted by 開発部Black at 14:12
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年03月12日

シーズン到来

開発部だより 第143回


どうも、開発部リーダーです。

2月末ぐらいから、鼻がむずむずします。
今年も花粉の季節がやってきましたがく〜(落胆した顔)
今年は、去年の2〜3割程度の飛散数との予報が出ていますが、花粉症の人にとってはあんまり変わりませんもうやだ〜(悲しい顔)
私は、数年前からシーズン前に耳鼻科で薬を処方してもらうようにしています。
鼻が詰まってしまうと、集中力も途切れがちになりますし、症状のひどい方は一度診察してもらうといいと思いますよわーい(嬉しい顔)

さて、先週は、この時期恒例のAppleの商品発表会がありましたね。
予想通り、新しいiPadが発表になりましたわーい(嬉しい顔)
今回のiPadは、ディスプレイ解像度の倍増と、それに伴うSOC性能の増強と、正常進化ではあるのですがいまいちインパクトにかけるような・・・あせあせ(飛び散る汗)
名称も「iPad3」ではなく「new iPad」となっているのが、Apple自身も自覚をしているのかもしれませんね。

そうは言っても、売れるんでしょうけど。
iPadが発表された次の日、会社の前にあるauショップにすごい行列が出来ていましたがく〜(落胆した顔)
“iPadの先行予約か!?”と思ったのですが、よく見ると行列はとなりのファミリーマートへ。
初音ミクのクリアファイル目当ての行列でしたむかっ(怒り)ぎゃふん。
posted by 開発部リーダー at 17:47
開発部だより | コメント(1) | トラックバック(0)
2012年02月28日

開発部だより 引っ越しシーズンにおすすめのフリーソフト

開発部だより 第142回


お久しぶりです。ガジェット王子です。

もうすぐ3月。進学や異動で、引っ越しシーズン突入です。ガジェット王子自身は異動に関係ありませんが、マンション住まいに懲り懲りし、某地方都市にお引越しいたします。社内からは「そんな距離通勤できるの?!」と心配されていたりしますが、始発〜終点で電車に乗っていられるので、今より楽な通勤に変わってしまうのです。

そんなガジェット王子の身の上話はともかく、みんな大好きフリーソフトのお話。
今回は引っ越しシーズンに合わせて、引っ越しに大活躍なソフトです。

ちょっとインテリア好きな人だと、「引っ越ししたら、あの家具置きたい、こんな配置をしたい」と夢は尽きないもの。が、いざ引っ越してみると、あれれ住めない?なカオス状態に。紙とエンピツで書いてみるのもいいですが、定規と計算機を使って縮尺を正確に合わせて書かないと、結局同じ状態になります。。。

では、アナログ派なくせにすぐIT活用して「ぐぅたら」しちゃうするガジェット王子はどうしているか -----> 「Sweet Home 3D」を使っています。

ようは間取りを書いて、立体視してしまおう!というのが、このSweet Home 3Dです。凝り始めると終わりがありませんが、ざっとした手順は以下のとおり。

1. 部屋の内寸を図る。

2. Sweet Home 3Dを起動する。

3. まずは壁を書く! ドアと窓を付ける!
WS_00319.JPG

4. 家具を置いてみる!
WS_00320.JPG

5. 見てみよう!
WS_00321.JPG

おぉ、フリーでここまでできるとは、恐るべし。
posted by ガジェット王子 at 19:20
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年02月10日

斜め道さがし

開発部だより 第141回


正月早々右足を肉離れして、まだ病院医者に通っています。
健康管理していない自分を恥じているOLIONです。
40歳になって、医者から、糖尿病予備軍あせあせ(飛び散る汗)といわれ、歩くことを習慣づけました。
自分の家から歩くルートを地図できめているとき、ふと斜めの道(北東から南西、北西から南東への比較的長い道のことです)を見つけて、歩いてみて、車もそれほど通らなくて歩きやすいことがわかると小さな幸せを感じていました。

中には、元日に、明治神宮に参拝した後、神宮前駅の前、笹塚駅の南の道路、大原交差点と歩き西北上して、大宮八幡宮にやってきました。
そこから、西武新宿線の田無まで、長い斜め道(厳密に言うと途中斜めでないところがありますがご勘弁)があることを見つけ、歩き通したことがあります。(途中西荻窪の駅を通ります。お暇でしたら地図で確認してみてください。)
正月の天皇杯サッカーをラジオで聞きながら歩きましたが、達成感があります。(トイレトイレの心配はあります。大事です。)
健康のために歩くのですから、斜め道を歩いて距離を縮める必要はなく、かえって遠回りしてもよいのですが、やはり、得した気分になります。
今でも自宅の近くで、斜め道を探してみて歩いています。

皆さんの家の近くでも東西、南北ではない斜め道で、なるべく長いものがないか探してみてはいかがでしょうか。
posted by オライオン at 14:46
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年02月07日

smart FORCE こんなカスタマイズが流行ってます

開発部だより 第140回


こんにちは、開発部 たっくんです。

おかげさまで、このところ smart FORCE のカスタマイズ漬けの非常に忙しい毎日を過ごしています。


smart-force.jpgこの時期は、ちょうど新年度に向けて社内教育の準備を行う為、カスタマイズの引き合いが多くなっているんですよね。

最近多いカスタマイズ要望としては、こんなのが多いんですよ。ひらめき
・グループの登録数をもっと増やしたい。(デフォルトは、100グループが上限となっています。)
・レポートに独自の情報を表示したい。
・レポートを夜間にバッチ処理で生成したい。
・ユーザー情報を夜間にバッチ処理で更新したい。
など(ほんの一例ですが)

また、ZERO サービスで運用する smart FORCE を カスタマイズする事も多いですね。
(SATT ZERO(ゼロ)は、eラーニングに特化したASP(SaaS/クラウド)サービスです。)


デフォルト機能だけでも機能てんこ盛りですが、
それぞれのお客様のご要望に合わせて、柔軟にカスタマイズしておりますので、
smart FORCE に関して、ご興味がございましたら、気軽に ご相談 ください。


ブラックたっくんがちょっとぼそりダッシュ(走り出すさま)
最近は、受講者数が2万人超えなど、大量のデータを扱う場合もあり、カスタマイズの伴う動作テストを行うのが大変〜どうしても処理に多少の時間がかかる為、テストに時間がかかり検査工数がかさんでしまうんですよね。(苦笑)
posted by たっくん at 19:17
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年01月27日

ニコニコしながら作ってます

開発部だより 第139回


みなさま、お寒い毎日いかがお過ごしでしょうか?雪
前回担当した回(第125回)から三ヶ月チョイぶりくらいのお目通り、開発部(チ)です。
コンニチワー。るんるん

去年の秋から、Adobe Captivateを使った社内教育向けの解説コンテンツ制作に携わっておりました。
とある業務管理システムの操作手順を説明するFlashムービーを作るお仕事です。
Captivateを使い、操作手順をカシャカシャ録画映画(&画面キャプチャ)していって、最終的にはFlashのswfファイルに書き出します。
Captivateで録画したものは、後でアレコレ編集カチンコできますので、ナレーション音声音楽、補足の文章メモ、画像アートなどを追加してコンテンツを仕上げていきました。ぴかぴか(新しい)
そして、つい数日前、無事にお客さまへ納品させていただきました。ホッとしてます〜。かわいい
Captivate、あまり馴染みはないかもしれませんが、やってみると敷居はわりと低めです。
が、やりこむとかなーり深い内容のものが作れそうな気がします。手(グー)

また、それと平行して、貿易関係船のコンテンツ制作にも携わっております。
こちらは一昨年に制作させていただいた、中小企業さま向けのwebコンテンツの続編にあたります。(同じお客さまと再びご縁がつながった形になって、とてもうれしく思っています。)
海外飛行機の展示会に出展する際の注意事項などを、アニメと解説を見ながら知っていただきます。
全編に渡って、親しみやすいキャラクターが登場します。
社内のデザイナーにキャラクターのイラスト素材を作ってもらったのですが、これがもう愛着湧きまくりで、かわいくて仕方ありません。ハートたち(複数ハート)
ニコニコしながら作ってま〜す。わーい(嬉しい顔)
もうちょっとでイイ感じに上がりそうなので、完成が楽しみです。るんるん

※数日前、3DS買いました。ゲーム
今さら〜?って感じもアリアリですが、買っちゃいました。
…自分サンタからのひと月遅れのクリプレです。クリスマスプレゼント エヘヘ。
これまで、初代DS、DSLite、DSi、3DSと渡り歩いてきました。(本体色は基本的にホワイト派です。DSLiteの本体のツヤツヤ感が好きです。)
ソフトは、「レイトン」先生やってます。サーチ(調べる)
ナゾ解き攻略サイトのヒントをチラ見目しながらやってます。
かなりズルッコな(チ)です。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 開発部(チ) at 17:18
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年01月25日

CFScriptでcfquery

開発部だより 第138回


こんにちは!

正月太り解消の為、最近の夕飯は野菜スープオンリーのijです。


今回は、ColdFusion 9 で追加されたスクリプト関数を使用して
CFScriptでcfqueryタグに相当する機能を利用する方法をご紹介します。

通常、CFScriptではcfqueryに限らずCFMLタグは使用できません。
以下はエラーになります。

[例]cfscript内にcfqueryを記述

<cfscript>
<cfquery name="qUser" datasource="satt">
SELECT
last_name,
first_name
FROM
user_master
</cfquery>
</cfscript>

CFScriptでcfqueryタグの機能を利用する場合、
ColdFusion 8 までは、ユーザー側でcfqueryの結果を返す関数を定義、cfqueryの結果を返す関数をCFC(ColdFusionコンポーネント)に定義、等を行う必要がありました。

[例]cfqueryの結果を返す関数を定義

<cffunction name="getUser" access="public" returntype="query">
<cfscript>
var qUser = QueryNew("");
</cfscript>
<cfquery name="qUser" datasource="satt">
SELECT
last_name,
first_name
FROM
user_master
</cfquery>
<cfreturn qUser />
</cffunction>

<cfscript>
//関数から結果を取得
qUser = getUser();
</cfscript>

[例]cfqueryの結果を返す関数をCFCに定義

User.cfc:
<cfcomponent>
<cffunction name="getUser" access="public" returntype="query">
<cfscript>
var qUser = QueryNew("");
</cfscript>
<cfquery name="qUser" datasource="satt">
SELECT
last_name,
first_name
FROM
user_master
</cfquery>
<cfreturn qUser />
</cffunction>
</cfcomponent>

<cfscript>
//CFCに定義された関数から結果を取得
user = CreateObject("component","User");
qUser = user.getUser();
</cfscript>


ColdFusion 9 からはCFScriptでcfqueryタグに相当する機能を利用できるように、
queryという関数がColdFusionの機能として定義されています。

[例]ColdFusion 9から追加されたquery関数を使用

<cfscript>
//サービスを作成
user = new query();
user.setDatasource("satt");//データソース
user.setName("qUser");//クエリ名
result = user.execute(sql="SELECT last_name, first_name FROM user_master");//SQLを実行
qUser = result.getResult();//結果を取得
</cfscript>

またCFC(ColdFusionコンポーネント)として実装されていますので、以下のようにCreateObjectでサービスを作成し、利用することも出来ます。

<cfscript>
//CreateObjectでサービスを作成
user = CreateObject("component","query");

user.setDatasource("satt");//データソース
user.setName("qUser");//クエリ名
result = user.execute(sql="SELECT last_name, first_name FROM user_master"); //SQLを実行
qUser = result.getResult();//結果を取得
</cfscript>

ColdFusion 9 ではユーザー側で別途関数を定義する必要も無く、すっきり記述出来る事がおわかりいただけたと思います。

また、今回ご紹介したquery関数の他にも、cfmail、cfpdf等のタグに相当する機能をCFScriptで利用できるスクリプト関数が追加されていますのでご興味のある方はお試しいただければと思います。

Adobe ColdFusion 9 ヘルプ:CFC として実装されるスクリプト関数

それでは、また!
posted by ij at 10:00
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)