『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2020年01月07日

「FACT FULNESS」を読んでみる

開発部だより 第415回



皆様、遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

普段、ビジネス書ランキングをチラ見しているのですが、昨年、ランキングにて上位に入りました、「FACT FULNESS」という本が気になりました。

「竿だけ屋〜」が売れて以来、同種の題名が多かったのですが、タイトルもストレートでよろしいのでは。

迷ったのですが、「BOOK OFF」にて1冊だけ見つけましたので、即、購入しました。

最初に、世界の基本的な事実に関する設問が、クイズ形式で13問出題されます。

回答を終えた後、この問題に対する全世界平均正解率が紹介されますが、正解率は30%を割り込んでいます。

ランダムに答えを選択するであろうお猿さんより、低い正解率ということです。

我々の知識は、お猿さんより劣るのか?

どうやら、我々の身に着けてきた知識は、世界の現状とはかけ離れているらしいのです。

何故、この様な事が起きるのか?

著者は、「間違った思い込み」と、「知識のアップデート」がなされていない為と結論付けています。

個人的な意見としましては、「無関心」もそのひとつに挙げたいと思います、好きこそ云々ということです。

我々はIT業界に身を置いていますので、専門知識のアップデートは必須条件となます。

が、その他の世界情勢とかには疎くなってしまいます。

小中高では曲がりなりにも様々な知識を得ますが、その後も学ぶ者は稀です。

この本には、「思い込みを乗り越えて、データを基に世界を正しく見る習慣」を得る方法が書かれています。

著者は、ハンス・ロスリングというスゥーデンの方で「国境なき医師団」を立ち上げた一人です。

導入部のエピソードで、幼いころ、サーカスで行われる剣呑みの見世物に魅せられ、その技を習得するまでの過程は、結構笑えます。

インドの医学部で、講義を行った際のエピソードも、思い込みをしている人物を自分自身に投影し、説得力がありました。

皆様、本年よりは、専門外の知識のアップデートも行ってみては如何でしょうか。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

専門知識のアップデートの為、是非、皆様の御参加をお待ちしております。

posted by ハイタカ at 14:06
開発部だより | コメント(0)
2019年11月25日

働き方改革をしましょう

開発部だより 第414回


こんにちは。
クローバーです。

先日総務部から「必ず年度内に有給休暇を5日以上取得するように」
という趣旨のメールが届きました。

そこで初めて働き方改革を実感しました。

ご存じの通り「働き方改革」は、
労働者のワークライフバランスの改善を国が主導し、
労働力人口の減少に歯止めを掛けることを目指すものです。

休暇を取得し易くし、長時間労働の環境を改善させることで、
以下の様な多くのメリットがあります。

・育児や自己啓発の時間確保
・従業員のモチベーション向上
・仕事の生産性向上
・企業イメージの向上
・優秀な人材の確保と、離職者の減少

離職率が下がれば事業計画の達成や業績アップにもつながり、
採用や教育に掛かる無駄な経費も減るので企業にとってもプラスになることは多いはず。

ところが現実的には、
休暇を取ることで仕事が溜まってしまうので逆に気が休まらない、
残業で遅れをカバーしなければならない、
と強迫観念に駆られる従業員も少なからず存在すると思います。

かく言う私自身もそうなのですが、これでは本末転倒ですよね・・・。

働き方改革は、自分のためになるのはもちろん、
より良い社会を作り上げて行くためにも必要なことです。

古い考え方を変えるのはなかなか難しいことですが、
これをきっかけに今後は計画的に休暇を取得しようと思うのでした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

SATTでは様々な無料セミナー・研修を開催しています。


お気軽にお問い合わせ下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

posted by クローバー at 09:00
開発部だより | コメント(0)
2019年09月18日

運用業務の引継ぎについて

開発部だより 第413回


OLIONです。

開発事業部の中でも私は運用業務を担当していたのですが、6月から他の部署に業務が移管されました。現在、新担当者が運用を行いながら疑問点の質問に答える形で進めています。

運用業務の多くが年に1回の処理のため、新担当者に理解してもらうのは容易ではありません。そのために必要なのが書類になります。

1つ目として、従来から顧客とのスケジュール確認に使用している「タスク一覧表」があります。

「受注前の顧客への打合せ予約」から、「最後の納品後の運用結果報告」まで、顧客はもちろんですが、外注業者とのやり取りを含めたすべてのアクションを一覧表にまとめたものを作成しています。

また、その時役に立つのが、その際にやり取りしたメールになります。

顧客や、外注業者とどの時期にどんなやり取りをする必要があるかがわかります。

そして、今回、そのやり取りを時系列的に一覧表にして、注意点なども書き入れた「運用手順」にまとめました。

従来からのシステム運用の手順書とともに引継ぎ用の資料となります。

顧客に迷惑がかかることがなく、スムーズに業務移管をおこなうことが一番重要と考えながら、この後の引継ぎ業務にあたっていきます。

以上

posted by オライオン at 13:15
開発部だより | コメント(0)
2019年08月25日

『自動ブレーキ』のデモを見学してきました

開発部だより 第412回


どもども。
開発部リーダーです。

今回はガジェットではなく、自動車の話です。
少し前ですが、自動車の定期点検のためにディーラーへ行ったとき、自動ブレーキのデモンストレーションを行っていました。
わたしの車は、購入から18年の、もうすぐ旧車の仲間入りしそうな古い車ですが💦、まだまだ調子も良く買い替える予定もありません。
でも、前から興味はありましたので、少し見学させてもらいました。

デモンストレーションは、車の絵柄が書いてあるバルーンに向かって30キロぐらいのスピードで突っ込むという、よくCMなどで見るやつですね。
30キロは、車内からだと遅く感じますが、外から見るとかなり速く見えます。
「ほんとに止まるの?」という勢いでしたが、無事バルーンの手前で停車しました😃
私が自動車を購入したときには、自動ブレーキなど影も形も(?)ありませんでしたが、今ではほとんどの車に装備されているのですから、技術の進歩は早いものです。

現在は、さらに自動運転まで実用化されそうなところまできていますね。
自動車に興味がある方はすでに知っていることだと思いますが、自動運転にはレベルがあります。

 ・レベル0:ドライバーがすべてを操作
 ・レベル1:システムが加減速あるいはステアリングを操作し、運転手をサポート
 ・レベル2:システムが加減速およびステアリングを操作し、運転手をサポート
 ・レベル3:高速道路など、特定の場所でシステムが全てを操作するが、緊急時は運転手が操作
 ・レベル4:高速道路など、特定の場所でシステムが全てを操作
 ・レベル5:無人で、システムが全てを操作

現在は、概ねレベル1〜2までは実用化されていますが、研究所レベルではAIを利用したシステムでレベル4を実現できるところまで来ているそうですよ。

AIと言えば、SATTでも国公立2次・私立大入試対策用のAI学習コンテンツの開発を発表しました。
別チームでの開発のため、どのようなシステムになるのか詳細は分かりませんが、将来的には『学び〜と』にAI技術を生かした機能を実現できたら楽しそうですね😃
posted by 開発部リーダー at 20:44
開発部だより | コメント(0)
2019年08月09日

ColdFusionのシェア

開発部だより 第411回


こんにちは!
暑い日が続き、ついついビールを飲み過ぎ気味のijです。

自分が携わっている製品、案件では
ColdFusionで開発をしているシステムが比較的多く、
一例をあげますと、弊社製品のスキル管理システム受講管理システムなども
ColdFusionで開発しています。

やはり、日々の開発で使用頻度の高い言語についてはシェアが気になるもので
自分も定期的に確認しています。

どうやって確認しているかというと、
オーストラリアのQ-Success社が公表しているW3techsのデータで、
インターネットにあるサイト上にて、サーバーサイドで使用されている開発言語のシェアが確認できます。

W3techs:
Usage of server-side programming languages for websites

この記事を執筆時点(2019年8月9日)のTOP10はこんな感じになっています。
シェアが高い順に

  1. PHP(79.1%)

  2. ASP.NET(11.0%)

  3. Java(3.9%)

  4. Ruby(2.6%)

  5. static files(2.0%)

  6. Scala(1.4%)

  7. Python(1.2%)

  8. JavaScript(0.7%)

  9. ColdFusion(0.5%)

  10. Perl(0.3%)

※上記はhttps://w3techs.comから引用

おお、ColdFusionがPerlをおさえて、堂々の9位です!

このデータは毎日更新されているということなので、ご興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

それではまた!
うおっと、こんなColdFusionで開発されているSATT Smart Styleも、どうぞよろしくおねがいします!


posted by ij at 16:27
開発部だより | コメント(0)
2019年07月26日

業務の効率化をする為に、いろいろな手法やツールを使ってみる事にした

開発部だより 第410回



久しぶりの投稿となりました。
開発部のたっくんです。

ここ最近、働き方改革だ!とかよく耳にしますが、なかなか思うようにいかないのが現実ですよね。
そうは言って、取り組まない事には改善はあり得ませんので、身近な所からコツコツと(笑)

以前、時間を有効活用する方法として、段取り力を高めるセミナーを受講した事があり、そのセミナーで、忙しくても、朝一で一日のスケジュールの組み立てを行うと言うのがあり、実践するようにしています。


そして、作業の抜け漏れを減らすように、自分の作業をRedmine(プロジェクト管理が出来るシステム)を使って、見えるかもしている。
朝リストアップした作業一覧とRedmineで、前日までに終わっている作業のステータスを更新する時間を取るようにしています。
実は、この時間が重要だったりします


しかし最近なぜか作業が進まない。
朝立てたスケジュールが消し込めていない・・・

なぜ?自己分析・・・をしてみた。

「差し込みの仕事が多い」

何か漠然と細々した作業が多い事に気づいた。
また、最近お客様からの突発的な問合せも多い気がする。

でも、日々の忙しさで、具体的に何にどれだけの時間を取られているか、思い出せない

隣にいた同僚が、Togglというサービスを進めてくれた。
Togglとはタイムトラッキングサービスだった。
そこで自分がどんな作業に時間を使っているのか調べてみる事をした。

時間管理が苦手な人にもおすすめ!「Toggl」の使い方まとめ。チームの状況把握にも活用!

これは、まだ始めたばかりなので、どれくらいの効果が出るか未知数だけど、社内の工数管理の為に毎日の作業実績を記録する必要があるので、その作業軽減に役立つ良いメモになるのではないかと期待している。
効果のほどは、いつか報告出来たらいいなと思っている。

3日坊主にならないように、まず1週間続けて見る事にする。

今日は、もう遅いので、このくらいにしておこう〜
ではでは
posted by たっくん at 19:53
開発部だより | コメント(0)
2019年06月10日

文字コード、いろはの“い”

開発部だより 第409回



スイーツバイキングでケーキを7個食べた結果、
私は甘い物を食べ過ぎると耳鳴りがして意識が遠くなるということを
新たに発見した開発部ジッパーです。


私は長い間同じマシンでシステム開発をしていたので
あまり気にすることはなかったのですが、
先月から始まったシステムマイグレーションプロジェクトの中で

 『“文字コード”をどうしよう?』

という話が出ています。


文字コードといえば、初期からある

  ASCII

漢字対応されている

 シフトJISUTF-8

などの他にあれやこれやとたくさんありますが、
現在私が開発しているシステムではメインフレーム用の

 EBCDIC

が用いられているので、私はほとんどこれしか知りません。。。


最近は国際的な統一文字コードとして作られた

 Unicode

が多く用いられるようになっているようですね。
使える文字も今より増えるので◎?


ただし今後どうすべきかは
システムで用いられている文字の多様性や
他の連動システムとの互換性などを考慮していく必要があり
適当に決めていいというものではないので大変ですね!


私はまだまだ文字コードについては勉強不足なので
色々学んでいく必要がありそうです。。。


早く世界共通で一つになってしまえばいいのに・・・
と嘆くジッパーでした。


SATT
は、6/19(水)〜6/21(金)に開催される
教育ITソリューションEXPO
今年も出展いたします!

皆様どうぞお立ち寄りください☆
posted by ジッパー at 09:54
開発部だより | コメント(0)
2019年05月23日

植物達のリスク管理

開発部だより 第408回



今日は、リスクのお話を少し。

本日、5月だというのに、最高気温が30度ですって、毎年、暑くなっていますね。

紫外線は、夏場よりこの時期の方が強いらしいので、皆様、気をつけて下さい。

その昔は、そんな事気にもせず、外を飛び回っていたのにね。

人間の紫外線対策は、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、サングラスをかけたりします。

物理的に防ぐ事が可能です。

でも、植物は、紫外線がガンガン降り注ぐ中で暮らしています。

大丈夫なの?

大丈夫じゃありません。

植物のリスク管理を見てみましょう。

紫外線は、人、植物を問わず、からだに当たりますと、「活性酸素」という物質を発生させます。

これが、諸悪の根源です。

「活性酸素」に対抗する為に、植物は、「ビタミンC」、「ビタミンE」などをつくります。

その他に植物が作る「抗酸化物質」として、「アントシアニン」と「カロテン」があります。

名前を聞いた事がある方もいるかもしれませんが、これらは花の色を出す色素に係わる物質です。

アントシアニンは(+酸性で青系、+アルカリ性で赤系)、カロテンは橙、黄色の色素です。

植物はこれらの物質で、大事な花や実を守っています。

高山植物の花の色が美しいのは、強い紫外線に抗する為で、平地では美しく咲いてはくれません。

我々は、植物が生成した抗酸化物質を戴く事により、紫外線に対抗する力を得ます。

植物に感謝ですね。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、皆様の御参加をお待ちしております。

posted by ハイタカ at 16:57
開発部だより | コメント(0)
2019年04月26日

企業コンプライアンスについて

開発部だより 第407回


こんにちは開発部のDoctorWhoです。

企業コンプライアンスは、法令遵守と言われてきましたが、近年では、社会的規範が全体を包括し、内側に企業ルールがあり、さらに内側に法令が存在したものと広く解釈します。

社会的要請からくる社会的規範は道徳規範でもあり違反したからといって刑罰が科せられることはありません。
企業ルールについては就業規則と考えて所属する会社のルールに従います。
そして、法令違反をすると刑罰を科せられるほか、損害の賠償をすることになります。
民法の債権関係が改正されることにより、ソフトウェアの瑕疵と契約関係、危険負担などのついて法令の知識があるに越したことはないと感じています。

ちょっと脱線しましたが、企業コンプライアンスの教材作成を弊社提供の学び〜と(クラウド型eラーニング学習管理システム)を利用してみてはいかがでしょうか。
posted by DoctorWho at 13:16
開発部だより | コメント(0)
2019年04月11日

JavaScriptのインデントをTabからスペースにしてクォーテーションをダブルからシングルにしたはなし

開発部だより 第406回


プログラム開発者は、ソースはちょっとの時間を見れば、自分で書いたものか他の人か書いたものか、たいていすぐに判ると思います。これは同じことを実行させるプログラムでも、人間ごと書き方に好みやクセがあるという事です。

ただ、JavaScriptと言えどもある程度の大きさのプログラムになればチームで開発をおこなうので、各々が自分の好きなように書いていては混乱の元です。そこで書き方を統一するコーディングガイドを用意するのですが、全員が納得するルールを決めるのはなかなか難しいです。

インデントはTabかスペースか、スペースなら2,4,8個のどれにするか。どれにしても完成機能に変化はないのですが、これらが違うと目に見える印象が大きく変わってしまいます。慣れないルールでは違和感しかなくて、開発効率は下がってしまうでしょう。

そこで、出来るだけ多くのプログラマーが違和感を持たないように、また複数の選択肢があってもルールの決定に明確な理由を示すことができるように考えて、結果 SATT smart 教材作成ツールの開発ではインデントをスペース2個、クォーテーションをシングルで統一することにしました。

JavaScript Standard Styleを基本にした
JavaScript Standard StyleはGitHubやnpmで使用されているコーディングルールです。
どちらも頻繁に見るサイトなのでこのスタイルには見慣れた人が多いと思います。

これの標準がインデントはスペース2個、クォーテーションはシングルです。
これらのサイトからサンプルをコピって試すことがよくありますが、ルールがあっていればコーダーに張り付けた瞬間Lintエラー地獄が始まることもありません。とても助かります。多分これだけでもこのルールを採用する理由としては十分強いと思います。

私自身それまでTabとダブルクォート派で、はじめはかなり違和感がありましたが2日程度ですっかり慣れました。

なおCSSではstylelint-config-standardを基本にしました。JavaScript Standard Styleにデフォルトで近いので良好です。

◆それでも、慣れ親しんだインデントとクォートじゃなきゃイヤと言う場合
まあ仕方ありませんね。開発中は自由な設定にしてても良いので、commitする前にはオートフォーマットや全置換でルールに合った形に変換してもらいます。

プログラムは人間が作るものなので、できるだけ人間がストレスを感じないようにしたいですね。それが最終的には良い製品につながると信じて今日も開発を進めています。
posted by 開発部OliveDrab at 14:40
開発部だより | コメント(0)