『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2018年09月28日

スマホ所有率72%!?

はじめまして。新人の牛丼です。

今年からSATTに入社し、現在は 3S(SATT Smart Style) の開発に携わっています。


最近、iPhoneやAndroidでテストをしているのですが、

モバイルに対応することの大変さと重要さを強く実感しています。


PCとスマートフォンでは、画面のレイアウトが大きく変わります。

たとえば私が携わっている3Sでは・・・。

※PC画面

※スマートフォン画面

スマートフォンだと、項目がに表示されるようになります!

画面のレイアウトは、PCは横長、スマートフォンは縦長だと見やすいですよね。


スマートフォンの画面の大きさは機種によってバラバラです。

PCではきれいに表示されているのに、スマートフォンで見ると表示が崩れてしまう…。ということがよくあります。

どんなデバイスでも見やすいシステムを作れるように、勉強しなければと感じます。


ちなみにですが、スマートフォンの所有率が気になったので調べてみました。

総務省の情報通信白書によると、PCの73%に対して、スマートフォンはなんと72%

さらに、20代のスマートフォン所有率94.2%


スマートフォンの所有率が年々上がっているのは知っていましたが、改めて数字で見ると凄まじいですね・・・。


SATT(https://satt.jp/)の製品、学び〜と 3S はスマートフォン、タブレットにも対応しております。


お問い合わせは こちら まで。

posted by 牛丼 at 13:55
受講管理・資格管理システム(3S) | コメント(0)