『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2022年01月07日

医師になるには?

はじめまして!
今年度から入社し、ESSの開発に関わっている新人のぴよむしです!

皆様は年末年始どのようにお過ごしでしたか??
私は地元の福岡に帰省して3年ぶりに会う予備校時代の友達3人と遊んできました!
2人は医師に、1人は薬剤師になっていて、みんなに負けないように頑張らないとな〜と思った次第です。

ところで、皆さんは「お医者さん」になるためのロードマップをご存じでしょうか?
なんとなく、医者になるのは難しい、ということを知っている方は多いかと思いますが、詳しいことを知っている方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は「お医者さん」になるためのロードマップを簡単にお伝えします!


1、医学部を受験し、合格する

ここが医師を目指すうえで最初の山場になるところかと思います。
国立の医学部を目指すのならば、最低でも共通テストで最低87%の成績を収める必要があります。学校によっては、二次試験で9割近い点数を取らなければいけません。
私立の医学部なら、受験時に必要な科目は国立大学よりも少なくなりますが、とんでもなく難しい問題が出題されることも。
また、私立の医学部は1年の学費が500万を超える大学もあります。
(国立大学なら年間一律約54万円、、、約1/10の金額です!)
 
 
2、大学4年生でCBTを受験

入学後、定期試験を突破し順調に進級した4年生は、CBTという試験を受験しなければいけません。(人によっては定期試験に落第し留年してしまう人もいます。2回留年したら即退学という厳しい大学もあるそうです。)
CBTは1年生から4年生の間に習った全ての知識を問う試験で、PCで受験を行います。
CBTに落ちると即留年、大学によっては2回落ちたら退学、というところもあるそうです。

 
3、国家試験受験

6年生になると、就職活動をし就職先の病院が決まりますが、国家試験に合格しなければ当然ですが内定先の病院に医師として就職できません。
2月にある国家試験のために、学生は必死で勉強します。
医師国家試験は合格率は9割を超えており、大学によっては合格率100%のところも、、、
国家試験に落ちると、次年度に再チャレンジする、一般企業に就職する等の道があります。


4、研修医として様々な科を経験

晴れて国家試験に合格し、医師になったからといってすぐに1人前!というわけではありません。約2年は様々な科を回り、研修医として経験を積みます。
2年後に何科に配属されるかが希望の元決定するそうです。



浪人&留年せずとも、医師になるには最低8年かかります。
また、医学部に入学するのも大変ですが、もっと大変なのは入学後。
国家試験やCBT、学期ごとにある定期試験、、、、全ての試験をクリアしなければ「お医者さん」になることは出来ないのです。

ESSでは今年3月から医学部用のシステムを売り出します。
CBTや国家試験に始まり、定期試験の対策も可能となっています。
医師を目指す多くの学生様、学生様をサポートする先生方にお力添えできるシステムとなっています。
ESS医学についてはこちらからお問合せ下さい!
posted by ぴよむし at 14:08
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2022年01月06日

試験問題の管理をESSに!

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

こんにちは、ESS担当のteruです。

現在、医療系大学 教育支援システム (ESS)のモバイル版の機能拡張、要望事項などをシステムに取り込むための開発、テストに追われる日々を送っています。

【予定している機能拡張】
学内で行われる試験の作成、実施、成績出力、作成した問題の再利用を一貫して行える試験機能があります。

クライアントサーバ版では既に実現している機能ではありますが、モバイル版にはまだ搭載されておらずモバイル版で試験を作成したいというお客様のニーズにお応えすべく、より便利で多機能なシステムの開発を進めています。

今後、国家試験の問題が非公開になることが検討されいてる試験もあるため、問題のデータベース化はより重要になってくるかと思います。

また実施した試験の成績を問題と紐づけることによって、良問を抽出し再利用することで、受験者の能力を適正に測れるデータベースが構築されていくようになっていきます。

それを1つのシステムで一括管理することによって、問題作成する教員様の労力を軽減出来るものと考えています。

ご興味がありましたら、是非お問い合わせください。製品をご紹介をさせて頂きます。
posted by teru at 11:44
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年10月11日

ESS 新機能リリース!

こんにちは! R番目です。

気づけば10月の中旬です。
日に日に、日が短くなり、心なしか気温も下がって肌寒く感じる日が増えたような気がします。
これから紅葉のシーズンなのでどこか紅葉の名所でも行ってみたいなと思います!

今回は、10/3(日)にリリースされたESSの新機能をご紹介したいと思います。


演習/授業での使用履歴 期間指定機能


指導サイトの問題検索時に表示される使用履歴の期間を指定できるようになりました。
今までは過去すべての演習/授業の中から一覧を表示していましたが、昨年の演習の中で利用された履歴を表示したいというようなケースで絞り込みが可能となりました。

下画像の「使用履歴設定」から指定することができます。
問題検索のメニュー_3.PNG

問題に関するお問い合わせ機能


指導サイトの問題確認アイコン🔎のクリック時に表示される問題確認画面より、問題に関するお問い合わせができるようになりました。
弊社より提供している問題について疑義や誤字・脱字などについて、フォームよりご連絡いただけたら早急に対応いたします。

下画像の右上のボタン「お問い合わせ」をクリックすることで、お問い合わせフォームが表示されます。
問題.PNG

数式機能


指導サイトの問題作成にて数式をLaTex形式にて登録が可能となりました。
数式入力ができるエディタより簡単にLaTex形式のデータを作成し、問題に挿入することができます。

下画像の赤枠の数式ボタンをクリックすることで、別ウインドウで数式入力フォームが表示されます。
数式.png
※問題作成の際はブラウザは最新版をお使いください。


以上、3つの機能がリリースされました。

現在、次の新機能リリースに向けて開発を進めております。
どうぞ、引き続き、ESSをよろしくお願いいたします。

少しでも興味を持たれた方は、気軽にお問合せください。
posted by R番目 at 20:15
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年09月27日

ESS新製品ニュース!

こんにちは、営業のBlueです。
今回は来年4月1日発売予定の2つのESS新製品についてご案内いたします。
新しくリリースされる製品は次の2つです。

・ESS医師版(デモ版:10月リリース!)
・ESS保健師版


医師版については、国家試験対策はもちろん、共用試験の公的化(2025〜)によって重要度が増すと思われるCBT対策にも対応したシステムになっています。
医師版は10月よりデモ版をリリース予定ですので、気になる方はぜひご一報いただけると幸いです。

また、保健師版は、4月発売の看護師版のお客様からの強いご要望で追加開発中です。
こちらは現在コンテンツを作成中でデモ版は2〜3月頃にリリース予定です。

なお、2製品の発売決定に合わせてESS総合パンフレットを作りましたので、ご一読ください。
ess-pamphlet.jpg


それでは、皆様からのお問合わせをお待ちしています。
posted by blue at 11:10
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年09月07日

医療系国家試験対策用教材 続々リリース中です〜!

こんにちはー、開発部(チ)です。
9か月ぶりのお目通り、みなさまお元気でしたでしょうか?


この9か月の間に、SATT提供の国家試験対策用コンテンツとして、

ESSモバイル

・薬学版(第106回)
・歯学版(第114回)
・管理栄養士版(第35回)
・理学療法士(第56回)
・作業療法士(第56回)
・歯科衛生士版(第30回)
・歯科技工士版(令和2年度版)
・看護師版(第110回)

の計 教材をドドーンとリリースいたしました。 パチパチ〜!


ESSモバイルは、スマートフォンやタブレット型端末からアクセスできますので、
いつでもどこでも学習が可能です。

もし、ESSモバイルおよび、医療系大学向けの教育支援システム(ESS)
ご興味がおありでしたら、ぜひぜひご連絡くださいませ。
開発部、営業部一同、お待ちしております。


そしてそして、

現在、ある国家試験対策コンテンツ(計10年分!!!)の

ビッグビッグプロジェクトが進行中です〜。 👀

みなさまにババーンとお披露目できる時期が来ましたら、
あらためてご案内いたしますね!


※最近、家電量販店系のネット通販でちょっとしたお菓子を良く買います。
 見たことが無いお菓子、知っているけど食べたことが無いお菓子がたくさん。
 まるで、宝の山のよう。
 中1日くらいで届けてもらえるので、あれもこれもと、ついつい気軽にポチッと
 してしまいます。 🎁
 今日も、家に帰ったら届いているはず。ワクワクしながら帰ります〜。
posted by 開発部(チ) at 19:08
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年07月06日

やってみることの大切さ

こんにちは。
先日、地元の友人が膝を痛めまして、
膝に関する話を聞いて驚愕したアントスです。

聞いたこともある方もいらっしゃると思いますが、
人が歩くときは体重の2〜3倍、走ったりなどの激しい運動は
体重の5倍前後の負荷が膝にかかっているらしいです。
(負荷がかかるのは知ってましたが、これほどかかっているとは知らなかったです…)

自分の友人は肥満が原因だそうで、生活習慣の改善(ダイエット)をしながら治療しています。

スポーツをしている方でも膝の痛みは起こりますので、
適切な食事と運動を心がけると良いそうです。

ワクチン接種の影響で少しずつ外出がしやすい環境になることを願っていますが、
体を動かす習慣や食事などを見直してみてはいかがでしょうか。

さて、私は医療系大学向けの国家試験対策に特化した
教育支援システムESSモバイルの営業担当を務めています。

先月出展させていただいた教育総合展EDIX東京にて入社してから初めて
セミナー講師を務めました。
SATT YouTubeチャンネルに全セミナーの映像を
アップロードしているので良ければチェックしてみてください!

人前に立ってお話しする機会は何回か経験したことがあったので、
あまり緊張しないと思っていたのですが最初のセミナーは本当に緊張しました…

似たようなことを一度経験していても
取り組んでみることで分かることがあると改めて痛感しました。

実は部内の体制も変わって、「まずはやってみる」をテーマに掲げています。
自分自身をもう一度見直して、
積極的な姿勢を忘れずに活動していきたいと思いました!

以上アントスでした!
posted by アントス at 09:13
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年04月05日

ESS教育支援システム向け日本語教材のリリース

こんにちは、ESS担当のteruです。

 私の部署では医療系の国家試験対策のシステムを開発していますが、最近では、全入時代と言われて、基礎学力の足りない学生も大学に入学するようになったと言われています。
 そこで弊社のESS教育支援システムでは、入学前の学習教材として、物理や化学、生物、数学などの教材をリリースしてきました。これにより基礎的な知識を再度学び直すことができます。入学前の学習や、入学後の補習などにご利用いただけたらと考えております。

 さらに、今年の春からは、留学生向けとして、日本語教育のためのコンテンツの搭載が可能となりました。
 JPET日本語能力評価試験に使用されてた過去問から問題タイプ、難易度別にランダム出題したり、問題を選択して演習課題として出題することができます。
 搭載する問題は音声を聴いて回答する聴解問題と文章を読んで回答する読解問題の問題があり、日本で日常にみられるシーンを様々な角度から出題しており、日本人とのコミュニケーションに必要な日本語能力を広く問う問題となっております。日々のコミュニケーション能力の向上や企業の採用エントリーの際にご活用いただけるものとなっております。

 また、医療系システムへの追加コンテンツとしてだけではなく、日本語教育専門のサイトとしてもご契約することができますので、ご興味がございましたら、お問い合わせいただけたらと思います。

詳しくはこちらより。
posted by teru at 13:02
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年01月29日

アダプティブラーニングについての学び

こんにちは。

はじめまして。今年度に入社しました R番目 と申すものです。
気づけば、1月の終わり。
そろそろ入社してから1年たちそうなことを考えると、とても1年が早く感じます。

現在、医療系大学 教育支援システム (ESS)のチームに所属して、プログラマとしてお仕事させていただいています。

最近、近年になって聞くようになった「アダプティブラーニング」について興味を持って、自分なりに調べたりしているところです。
まず、調べたところによると、アダプティブラーニングとは、学習者一人一人の能力、知識への習熟度や理解度などに合わせた学習とのことです。
アダプティブラーニングをいろんなところで取り入れることができれば、学習者は自分のペースで学ぶことができる環境ができるのかなと思います。

そして、本日、幸運なことに科研費基盤研究(S)シンポジウム 「eテスティング最前線」に参加させていただけたので、自分なりのまとめと感想を簡単に述べたいと思います。

今回のプログラムでは、アダプティブラーニングの理論となる eテスティングの基礎から最先端技術、
そして、アダプティブラーニングなどの教育への応用についての講演を聞くことができました。

学んだこと
ものすごく簡単に学んだことを箇条書きで5つピックアップしてみました。
・eテスティングとは、たくさんのデータからの予測を用いて信頼性の高いテストを実現する技術であること。
・信頼性の高いテストとは、同じような能力を持った受験者が異なるテストを何度も受験しても、同じような点数を出すテストであること。
・より信頼性の高いテストを実現するためのアルゴリズムの研究が行われていること。
・信頼性の高いテストを維持するための研究が行われていること。
・この技術を用いることで、小論文の自動採点やアダプティブラーニングなどの教育へ応用できること。

感想
今回、講演に参加することができて、学習者の学習環境を整えるために様々な研究がなされていることを知ることができました。
そして、講演されていた先生方の話を聞いていて、このような技術でどんな能力をはかっているか、そして、伸ばしていきたいのかがとても大切であり、教育をよくしていきたいというような思いを感じ取ることができました。
これらの技術のことを、今回知ることができ、まだまだ分からないことが山積みだということを再認識し、日々、学んでいく必要があるなと改めて思いました。

これらの技術が、私がかかわっている医療系大学 教育支援システム (ESS)に取り入れることができたら、もっと学習者のための環境づくりができ、よりよいものになりそうだなと感じました。
ITと教育にかかわっているものとして、最先端のことを学び、少しでも生かせるように頑張っていきたいと思える機会となりました。

簡単になりますが、以上とさせていただきます。

最後になりますが、SATT医療系大学 教育支援システム (ESS)をどうぞよろしくお願いいたします。
posted by R番目 at 17:43
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2021年01月13日

国家試験シーズン到来

あけましておめでとうございます。
本年もSATTをお引き立ていただけますようお願い申し上げます。

cupiです。

年も改まり、いよいよ国家試験シーズンの到来です!
COVID-19の大流行をよそに、例年通り、いやむしろここ数年の早期化傾向そのままに、今年は例年より早く、1月末の歯科医師国家試験からシーズンスタートです。

年末からのCOVID-19感染者数の激増もあり、受験生のみなさまは感染への不安の中での受験勉強で、大変な思いをされてっしゃることと思います。
一日も早い流行の収束と、みなさまの合格をお祈りしております。

2020年は対面授業ができない期間が長く、現在も大半がオンライン授業のままという実態お聞きします。
ESSをご導入いただいている大学の先生から、対面授業ができない中でも、ESS『学生さんの学力維持に役立った』とのお声もいただき、ありがたく、嬉しく思っております。

学生さんの中にはスマートフォンが手放せないという方もいらっしゃるでしょうが、ESSはそのスマートフォンで手軽に国家試験の勉強ができます。
無料トライアルもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。
また、3月にはさらなる機能アップを予定しています。お楽しみに!
posted by cupi at 09:37
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2020年12月17日

ESS(モバイル)コンテンツ 教材作成進行中〜!

こんにちは、開発部(チ)です。

医療系大学向けの教育支援システム(ESS)のコンテンツ作成を担当しています。
各専門の先生方に国家試験問題の解説をご執筆いただき、それをeラーニング教材化する日々です。

ここ数か月間は、SATT提供の国家試験対策用コンテンツとして、

ESS(モバイル)

・理学療法士版(第55回)
・作業療法士版(第55回)
・看護師版(第101回〜第109回)

の準備を進めています。

なんと、看護師版は一挙に9回分!(大ボリュームですね。)


ESS(モバイル)は、スマートフォンやタブレット型端末からアクセスできますので、
いつでもどこでも学習が可能です。
学生の方々にガシガシご利用いただいて、少しでもお役に立てるようがんばります。


もし、ESSやESS(モバイル)にご興味がおありでしたら、ぜひお問い合わせください。
ご連絡をお待ちしております!!!


それでは皆さま、お体に気をつけて、よい冬をお過ごしくださいませ〜。🎄⛄


※今年買ったもので一番良かったものは、家のノートPCに繋げる外付けモニタ。
 テレワークでの活用はもちろん、ネットや動画の視聴などに大活躍でした。
posted by 開発部(チ) at 11:24
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)