『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2021年03月29日

コロナ禍における、システムを利用した教育方法について

昨年から継続しているコロナ禍に対して、
多くの企業様がITを利用したテレワークを推進した業務形態に移行してきています。
また「働き方改革」というキーワードも相まって、中には本社まで移転してしまった企業様もあるくらいです。

このようにITを利用した仕事のやり方に世の中がシフトしてきており
人事や経理などの管理領域については、導入が進みつつあります。
しかしながら、教育面におけるシステム導入はまだまだという感じに見えます。

弊社も、ITを利用した教育システムをいくつか展開しておりますが、
昨今のテレワークや」働き方改革という事が推進される中、
お客様からも多くのお問い合わせをいただいています。

こういった世情もあり、従来からあったITシステムについても新聞などで取り上げられる機会も増え
弊社の教育システムも今まで導入されていなかった企業様からのお問い合わせが来ております。


最近は、

 ・関係者は現場に赴くことが多く、一堂に集まって教育を受けるということが非常に難しい
 ・コロナ禍の影響もあり、集まって教育することが出来ない

といった課題があり、その結果

 ・社会の法やルール、企業内のルールなどの徹底がうまく行えなくなってきている

のようなお悩みを持っている企業も増えてきています。


「じゃあ、そういったシステムを導入すれば、いいじゃない?」とおっしゃる方もいらっしゃるとは思いますが、
システム導入には、コスト面、運用面など様々な要因があり
なかなかGO出来ずに、躊躇してしまう部分が多いのも事実です。


一時的な費用が掛かるのも事実ではありますが、ITを利用したシステムを導入することにより、

 ・教育に関する人的負担の削減
 ・関係者に対しても、時間の都合がつくときの教育のを受講

が実現し、

 関係者が正しい情報を共有できる

という効果があることも事実ですので、メリット・デメリットをきちんと把握した上で、
新たな教育方法の一つとして教育システム導入を考えていくことも必要だと考えております。
(もちろん非常に重要な内容については、Face to Faceで行う形のほうが良いと個人的には思っていますが・・・。)

弊社の教育システムである「学び〜と」は、関係者への教育コンテンツの維持や展開が出来る仕組みを持っており、
コロナ禍の対応や集合教育が難しい場合などに力を発揮するシステムとなります。
お客様のニーズに合わせたいくつかのプランもご用意しております。
コスト面や運用面で躊躇されていた企業様にも、適用できるプランがございます。


本書をご覧になられている方にも、
関係者への教育についてお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思いますので、
ぜひ一度弊社にご相談いただけると幸いです。


posted by いち会社員 at 19:19
学び〜と | コメント(0)
2021年02月22日

学習管理システムとeラーニング教材作成はセットで考えるべし!というお話

どーもMSKです!

これから初めてeラーニングを導入しようと考えたとき、
どうやって始めるのかと情報収集をされると思います。
そうすると次の2つに行き当たるはずです!(・・・そのはずです)

1.学習管理システムの導入とその運用
2.eラーニング教材の準備

実はこれまでたくさんのお客様のお問い合わせや
導入支援を行ってきた経験から申し上げますと・・・
どうしても「1.学習管理システムの導入とその運用」に目が向きがちで
「2.eラーニング教材の準備」を後回しにする傾向が多くみられます!

そして結論から申し上げると、こちら「セット」で考えるのが正解です!
そしてSATTなら両方あわせてサポートが可能です〜


SATTのクラウド型学習管理システム「学び〜と」には、
動画やスライド、音声などの素材や問題データがあれば、
誰でも簡単にeラーニング教材が作成できる機能が備わっています。
これは先にお伝えした「セット」で考える際にとても重要なことになります。

まずeラーニング教材の準備方法としては、
市販されている教材を購入する、あるいは自分たちで教材を作成する、
この2通りが考えられます。

市販教材の購入自体は商品を探す工数はかかるものの、
自分達で教材を作成するということに比べると簡単といえます。
そしてeラーニングの準備でもっとも担当者の負担が大きい業務といえば、
この自社での教材作成とも言えるのです。

担当者の負担が大きいということは、制作時間やコストがかかったりと
デメリットもおおきくなってくるということに繋がってきます。

ではこの負担を減らすにはどうすればよいか?
答えは「教材制作の標準化+テンプレートの活用」です!

学び〜との教材作成機能は、

 ・スライド
 ・テスト
 ・アンケート

の3タイプの教材ページのテンプレートが用意されており、
どのような素材を用意すればよいか標準化されています。
つまり教材作成の負担を軽減しながら、学習管理システムを導入できるので、
初めてeラーニングを導入する企業におススメでございます!

またSATTでは、より効果的な標準化のために、
 研修目的やゴール、達成基準、標準学習時間の目安など作成の前準備
 シナリオの作成方法(1スライド当たりの情報量目安や、スライド/内容のレイアウト)
といったお客様にあわせた「教材作成ガイドライン」の作成を支援しています。
このようなお悩みをお持ちであれば、是非一度、SATTまでご相談ください!

以上、MSKでした〜
posted by MSK at 14:56
学び〜と | コメント(0)
2021年01月25日

初めての共通テスト

こんにちはゆっくんです⚾

1月16、17日に大学入学共通テストがありました。
センター試験から共通テストに変更されかつコロナ禍の中で実施されました。
英語の外部入試と記述がなくなることが実施1年前に発表されるなど今年の受験生は色々と振り回されて大変だったと思います。受験生のみなさんお疲れ様でした。

今回の共通テストですが、センター試験に比べて平均点は文系も理系も少し上がりそうです。難関大学、準難関大を狙える上位層が減って、地方国公立大を狙う6割から7割の得点帯の層が増えました。
駿台・ベネッセのデータネットに詳細&出願に役立つ「選太くん」がありますので、出願の際は参考にしてみてください。
国公立大学の出願期間は2021年1月25日(月)〜2月5日(金)になりますので、忘れずに出願していきましょう。
大学入試がこれから本格的に始まっていきますが、体調管理には気を付けてください。

受験は通常に行われていますが、社内研修などはまだまだ対面での実施は難しいのではないでしょうか。緊急事態宣言も解除されていない中で4月から新入社員が入ってきて研修も増えると思います。
受験も仕事も事前準備が大切です。
こんな時代だからこそeラーニングを活用していきましょう❗❗
弊社eラーニングシステム『学び〜と』では社内研修・社外研修ともに必要な機能がそろっております。
学び〜とが2分でわかる動画もご用意しております。
こちらをご覧ください👀
『2分でわかる学び〜と』

まずは無料トライアルをお試しください
トライアルはこちら:https://manabeat.com/sites/trial/new

直前になって動き出したのではもう遅い!早め早めのご検討をお勧めいたします!

posted by ゆっくん at 13:51
学び〜と | コメント(0)
2020年12月03日

絶えない負荷のかわし方

負荷を掛ける日々


皆さんこんにちは! SATTで開発業務に携わっております『てっかまき』です。

最近自席でウインドウをたくさん開いて”怪しいツール”を使っているように見えますが、
その実態はなんと『Webサイトに負荷』を掛けています。

DoS攻撃!? F5アタック!?

IMG_3880.JPG


いいえ、負荷テストをしています。
※もちろん、本当に利用されているサイトではなく検証用のサイトで行っています。

負荷テストとは何なのか


負荷テストとは、システムに対して高い負荷を掛けた状態で、そのシステムが正常に動作するかどうかを確認する試験です。

例えばですが、人気のチケットが取りたいような時に、
チケットの販売サイトのサーバーが落ちている(不安定・停止)状態になったことはありませんか?
(最近だと某水の呼吸の映画のチケット販売サイトが凄まじく重かったです)

平常時は普通に動いているようなサイトでも、同時に大量のユーザーからのリクエストが来てしまうと、それを処理しきれずにエラーが発生してしまう場合があります。

チケット販売なら仕方がない(仕方がなくない)ですが、
学び〜との受講中などにエラーが発生してしまうと大問題となってしまいます。

このようにWebサービスもある程度の負荷に耐えられることで初めて動いていると言えるのです。

しかし、一人でF5キーを連打しても大した負荷を掛けることはできません。

そのため、ツールを使って数千人規模のユーザーが受講しているという状況を再現し、システムが正常に動作するのかをテストしている、というのが事の真相です。

パフォーマンスも大事


さて、サーバーが落ちなければそれでよいのかといいますと、それも違います。

例えば、リンクをクリックしても、次のページが表示されるまでに何分もかかってしまうようでは意味がありません。

実は負荷テストでは処理時間も重要な観点となっています。

ここで最後に覚えてもらいたいのがN+1問題です。
これはパフォーマンス改善の中でも特に重要な問題です。

何のこと?という方のために、なるべく簡単な例を使ってご説明いたします。

データベースという情報の貯蔵庫から、
3人のユーザーの受講履歴を引っ張りだすことを例にします。
この場合、
@ユーザーが誰が何人いるかを検索する。→AさんBさんCさんの3人がいることが分かる。
AAさんの受講データをください。→Aさんの受講履歴を抽出する。
BBさんの受講データをください。→Bさんの受講履歴を抽出する。
CCさんのデータをください。→Cさんの受講履歴を抽出する。

というように1回の命令+人数分の命令=4回の命令をしてしまうのが、実は問題なんです。

一見すると問題が無いようにも見えますが、これがユーザーが1万人いるサイトだとどうでしょうか?

そう、10001回の命令が必要になります。

じゃあ、10万人だったら... 100万人だったら...ということになりますよね。

これを解決するための方法は簡単な一例ですが、
@ユーザー誰がいるかを検索する。→AさんBさんCさんの3人がいることが分かる。
AAさんBさんCさんのデータをください。→AさんBさんCさんの受講履歴を抽出する。
という処理に直すだけです。

こうすると、たった2回の命令にすることができます。
例え1万人いるサイトだったとしても10万人いるサイトでも100万人のサイトでも2回の命令で処理が終ります。

一見すると言葉のトリックのようなことを書いていますが、
こういった命令回数の積み重ねは負荷テストの中でも特に注意すべき観点となっています。

このような無駄な処理を発見するのも、負荷テストを行う理由になるんですね。

多人数で受講するなら是非学び〜とを!


eラーニングシステムを多人数で受講されたい方は、ぜひ学び〜とをお願いします!
posted by てっかまき at 17:35
学び〜と | コメント(0)
2020年08月17日

8月下旬「学び〜と」新機能リリースの告知です!

どうも〜MSKです!

暑い日が続きますね〜・・・40℃超えるなんて命にかかわります。
皆様熱中症にはくれぐれもご注意ください。。。

そんな中、SATT的にはビッグなニュースを告知いたします!
あの「学び〜と」がバージョンアップして新機能をリリースします〜

【リリース予定の新機能はこちら!!】
 1.メディアライブラリ参照範囲設定機能
 2.科目担当グループ設定機能
 3.操作ログ範囲の拡張

来週の8/25(火)夜間〜8/26(水)早朝にかけてメンテナンスを行い、
新機能もあわせてリリースされる予定です。
※「学び〜と」ユーザー様には管理者からのお知らせとしても掲載いたします。

早速ですが、各機能の詳細、いってみましょう!

1.メディアライブラリ参照範囲設定機能


 いままで、自分自身がアップしたメディアを絞り込んで表示する機能はありました。
 今回の新機能では自分がアップしたメディアを他の教材作成担当者には見えなくすることができるのです!
 これはつまり教材の機密性をより高くすることができるようになる、ということですね〜。

 確かに同じ社内の教材作成担当者であっても、時には他の部署の研修対象者、なんとこともあります!
 こいつは、間違いなく使い勝手のいい機能です!!!

 設定方法も簡単で、下の画像のとおりチェックボックスにチェックを入れるだけ。

 f88a412b-29fc-4943-9865-99f3bb3d90bf.jpg


 参照範囲を一括設定できたり、絞り込み表示する機能もあわせて追加されることになっています。
 またサイト管理者権限ユーザーは確認ができるので、万が一アップしたユーザーIDを削除してしまっても安心です〜


2.科目担当グループ設定機能


 これまたたくさんのユーザーから要望(熱望)されていた機能がリリースされます。
 どちらかというと教材作成担当者が多くいらっしゃる大規模運用ユーザー向けの機能になりますが、運用設計上必要な教材の管理項目別に担当グループを設定できるようになります!

 例えば組織的なeラーニング運用グループが確立できているユーザー様(立派ですね!)においては、教材作成担当部署と、配信(割り当て)設定部署が分かれていて、さらに学習進捗管理も部署単位で実施、なんて設計で運用されているお客様もいらっしゃいます。

 そんな時に、科目担当グループ設定機能があれば運用にあわせた思うままの設定が可能になります!

 設定方法は下図の通り。科目単位で新規作成時や更新時に科目担当グループを設定してください。

 「教材設定担当の表示」ボタンをクリックして
科目担当設定機能_グループ設定ボタンのみ.png


 「教材作成担当グループ」「割り当て担当グループ」「レポート担当グループ」に任意のグループを設定するだけ!
科目担当設定機能.png


 本機能を利用するために、権限設定機能に「科目担当グループ管理」を設定できるようになりましたので、必要な方だけ、ご利用になることが可能です。
 ※今まで通りでOKな場合は設定不要です〜


3.操作ログの拡張


 シンプルに操作ログとして取得する操作範囲を拡張いたしました。
 これまで以上にユーザー操作を正確に記録いたしますので、詳細なログを確認することができるようになります。
 ※取得するログの詳細につきましては管理画面ヘッダーメニュー「ヘルプ」から活用マニュアルをご確認ください。


以上、リリース予定の新機能のご紹介です。
学び〜と」にご興味をお持ちいただいた方は是非オフィシャルサイトまで!
2カ月間の無料トライアルも可能です〜


またこれからeラーニング導入を検討中の方向けの無料Webセミナーも開催しています。
次回開催日は9/4(金)15:30〜17:00となっています。
こちらも是非ご参加をご検討ください〜(MSKが講師を担当しています!)


以上、MSKでした!
posted by MSK at 15:52
学び〜と | コメント(0)
2020年08月13日

処分に困るアレについて

こんにちは、エタヤマです。


みなさま、このご時世でリモートワークをするにあたり、PCの買い替え等はしましたでしょうか?
私はPCの買い替えをしたのですが、処分に困るものが…。

そう、ポイっと捨てたら問題になりそうなHDDです…。
データをゴミ箱で削除しようが、HDDのフォーマットをしようが、復元しようと思えば可能な世の中です。

物理的にハンマーで破壊してケガをするのも嫌ですし、この為だけに電動ドリルを買うのも嫌だ…!
と思っていたのですが、店頭でHDDを破壊してくれるサービスがあるので利用してきました!
有料ですが、目の前でサクッと破壊してくれるので安心感がありますね!

個人利用のHDDを捨てるのであれば、何か問題があっても自己責任で済みますが、
企業で利用していたHDDを捨てる際に問題が発生したら大変なことになってしまいます。

上記に限らず、企業として認識していなければならない危機管理意識を全社員で共有する、
というのは口頭やメールで周知しただけでは思うようにいかないことが多いかと思います…。

周知するだけで満足せずに、LMS等を通じて全社員に浸透させることで、初めて共有させることに意味が生まれると私は考えています!
LMSに興味がある場合は弊社の学び〜とを是非、ご利用ください!
posted by エタヤマ at 08:44
学び〜と | コメント(0)
2020年04月21日

在宅にはeラーニング!

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された方およびご家族・関係者の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
また医療従事者はじめ感染防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

※5/27内容を追記・変更いたしました。

緊急事態宣言もやっと解除となりましたね!
自粛期間中は、楽しみにしていた食事会がすべてキャンセルとなってしまい、ちょっと凹んでいたべふです。いやそんなこと言っちゃダメですね、みんなの健康が第一。
この新型コロナウイルス禍がもたらしたものは、決してマイナスばかりだったようには思いません。みなさんの働き方について見直すいい機会にもなったことと思います。
緊急事態宣言が解除されたからと言って、以前のように全員が出社するというようなことはなくなっていくのではないでしょうか?テレワーク、在宅勤務の割合は相当数増えるのではないでしょうか?

しかし在宅勤務はやはりいろいろ制約もあり、やれる仕事も限られますよね。また今まで普通に実施してきた集合研修なんかも難しくなってきました。
そんなときの強力な味方が、そうeラーニングです!

今、eラーニングのご相談や、お申し込みが急増しています。
みなさん困ってらっしゃるんですね。以下いただいたご相談の一例をご紹介しますね。

ご相談A


これまでそれぞれの都道府県に出向いて研修を行ってきたが、このご時世出張も出来なくなったので、eラーニングに切り替えて、各自に自宅で学習してもらいたい。


ご相談B


在宅勤務にしたんだが、会社に出社している時と比べればやはり手空きの時間が出来てしまう。この時間を有効に使って、これまで十分な時間を取れていなかった業務知識の見直しや、新たな業務を勉強をさせたいのだが。


はい、これらのご相談はみんな弊社のクラウド型eラーニングシステム「学び〜と」で実現できます
学び〜と」の優れた点の一つとして、簡単に、自分たちで教材を作れるという機能があります。
みなさん会社の研修資料なんかはだいたいパワーポイントでお作りになられているのでは?
学び〜と」では、わざわざeラーニング用に改めて教材を作らなくても、そのお持ちになってらっしゃるパワーポイントの資料を使って教材を作ることが出来ます。
そうですねぇ〜、分量にもよりますが、慣れてしまえば30分もあれば簡単に教材を作って、みなさんに割り当て、受講してもらうことが出来ます。
期せずして政府が旗振る働き方改革が急速に進みそうです。学び〜と」を使って在宅時間を有意義な時間にしてみませんか?
ここに解決策があります。


弊社eラーニング「学び〜と
manabeat_logo.png
posted by ベフ at 14:44
学び〜と | コメント(0)
2020年01月27日

新入社員の学び〜と活用法

はじめまして。新人のオコメタイシです。
今年からSATTに入社し、現在は学び〜との開発に携わっています。

今回は、弊社の新入社員が社内で行っている取り組みについてご紹介します。

私たち新入社員は、月に一度、教育・ITに関する情報をまとめ、社員に対して配信しています。

目的は下記の3つです。
1.社員に教育・ITに関する用語や最新の動向を知ってもらう
2.新入社員の教育・ITに関する情報収集の習慣作り
3.新入社員の資料作成スキル向上


これを実現するために活躍するのが学び〜とsmart TLEC 3です!


手順は以下の通りです。
1.それぞれが作成したPowerPointを合体させて、一つのPowerPointにする

2.PowerPointを、smart TLEC 3を使用してSCORMコンテンツに!

3.学び〜とにアップロードして、社員に配信


新入社員それぞれが作成したPowerPointが、教材となって社員に配信されます。
社員にはスキマ時間を利用して見てもらうことができます。
もちろん、誰が受講したかのチェックも可能です!

操作がシンプルで分かりやすく、弊社社員も活用している『学び〜と』と『smart TLEC 3』、皆様も是非ご活用ください!
posted by オコメタイシ at 09:33
学び〜と | コメント(0)
2019年12月05日

余裕のある時間の作り方


こんにちは、エタヤマです。


前回は効率的な時間の使い方についてご紹介させていただきました。
あれからLMS等を利用し、メンバーへの業務・技術の共有を行った結果、以前よりも時間に余裕ができるようになりました!


業界に不慣れな方用の手順書や、社内ルールをまとめてLMSの教材として準備する等、新しく現場に入った方への準備が充実してきました。
毎回、同じ説明をしていても、やはりまとまっていないと伝え忘れもあるので、手順として残しておくと伝え忘れもないですし、情報の均一化もされて安心ですね!


上記の時間に余裕ができた要因の一つは弊社の『学び〜と』になります!
少しでも興味を持っていただけた場合は無料トライアルもあるため是非、ご利用ください


posted by エタヤマ at 08:58
学び〜と | コメント(0)
2019年09月26日

5Gで何が変わるか

iOS 13.0、iPad OS 13.1で「学び〜と」の動作確認を行いました。

先日配信が始まった メジャーバージョンアップ版iOS 13と、iPadに最適化された新登場のiPad OS。
25日に早速、「学び〜と」で 動作検証を行いました。
検証に使ったのは、iPhone SE (A1723)、iPad Pro(A1709)の2台、いずれも問題ありません。
新OSでも、「学び〜と」を安心してご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。
なおiOS13と同時に発売されたiPhone 11、11 Pro、10.2インチiPadなどの新機種での検証も、追って行う予定です。

様々な機能が追加・強化された新機種ですが、残念ながら「5G対応」は見送られました。
「5G」とは次世代高速通信技術で、
【高速・大容量転送】 【低遅延】 【多数端末接続】
が特長です。

これらの特長は、IoTや4K・8K動画の配信などの商用利用で活用されそうですが、教育分野では特に、「遠隔授業」での活用が期待されています。
私も昨年まで色々な学校や教育委員会の先生と話す機会が多かったのですが、遠隔授業の現時点での課題の1つとして、生徒側のフィードバックが受けづらい、という話を聞くことがありました。特に美術や音楽の授業だと、補助教員がカメラやマイクを教室のあちこちに移動させて生徒の手元の映像・音声を撮る必要があり、かなりの人手を要したということです。
高解像度の映像が転送できるようになれば、生徒の手元の映像もズームするだけで簡単に見られるので、遠隔授業が普及が進むかもしれません。

駿台グループのサービスでも5Gの技術は期待しています。

駿台教育研究所が提供する映像講座「駿台サテネット21」は同時により多くの学生に活用いただけますし、SATT AIラボの個別指導サービス「manabo」では低遅延がサービス向上につながると期待しています。

また 5G時代にふさわしい、新しいサービスも是非展開したいと考えていますので、ご期待ください。

posted by オットー at 09:23
学び〜と