『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2017年07月14日

SATTのオフショア開発について

SATTは数年前からミャンマーでオフショア開発に着手しています。
その魅力は何と言っても高い技術力と低コストにあります。

特にミャンマーは物価が日本の1/10程度と言われている国なので、潤沢な工数確保が最大の利点になります。
日本の1人月分の委託料が現地5〜7名のエンジニアの作業料に相当する位の換算です。
また、ミャンマーの国民性は、明るく、誠実、勤勉で、日本との相性は抜群です。
教育水準も高く、ソフトウエアの開発力も高いレベルにあります。

筆者(このブログの提供者)はこのオフショア開発の日本側総括として4年前から携わっています。
今から振返ると、いろいろな苦難を乗り越えた数年間でした。
1年目は「互いを知る」、2年目は「開発環境を整える」、3年目は「プロジェクトチームになる」といったように1つ1つのステップを着実に進めてきました。

1年目の「互いを知る」では、開発フローの共通化を行いました。
日本側は、分り易い要件定義と基本設計の提供。
ミャンマー側は、正確なWBSとPCLの作成。
これらの工程には、通常の倍以上の時間を掛けて取組み、お互いに学んでいきました。

2年目の「開発環境を整える」では、多くのシステムを委託し、それぞれに適した開発環境を整えました。
SATTは自組織内向けのシステム開発を行っており、それぞれがユニークで独立した業務目的のシステムが多くありました。
例えば、「経理」「人事」「企画」などの部署で使用するシステムです。
その中でも比較的改修頻度が高いシステムをオフショア化し、改修しながら環境を整備してきました。

3年目の「プロジェクトチームになる」では、1年目、2年目の成果が実を結び、予測可能な範疇で委託から納品までが行える様になりました。
日本の1人月 = ミャンマー開発会社の1人月として納期を試算できる様になりました。
この頃になると、取組みメンバー以外でもオフショアの有効性が認知されてきます。

そして4年目の今年は、Skypeで要件説明し、必要な資料やデータを渡せば、あとは双方の担当者でメールやチャットを行いながら案件を完成できる程になりました。
案件によっては、予定より早く納品される事もあります。
システム名を挙げるだけで、“あ〜、あれね”と反応が返ってくる程になりました。

ここまで来るのに、SATTは約1.5年分のミャンマー出張、ミャンマーからも約1年分の日本出張が行われました。決して平坦な道のりでは無かったものの、得る物も多くあったと実感しています。

今、ミャンマーのオフショア開発はSATT内部だけでなく、「学び〜と」smartFORCE、smartツール(TLEC3PREO3QUTE3)といった主力製品の開発や新機能開発の効率化、低コスト化に貢献しており、今後もますますその貢献度は高くなっていくものと思われます。また、SATTが手掛けるシステム開発案件においてもオフショア開発は役立っています。

われわれSATTは、オフショア開発により、より良い製品やサービスを今後もお客様に安価に提供し続けていくことを約束いたします。

IMG_4346.JPG

学び〜と導入セミナー【解説編】

2017年8月10日(木) 受付中

学び〜と導入セミナー【体験編】
2017年8月25日(金) 受付中


posted by くりき at 18:34
学び〜と | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月22日

「賢者+V」を支えるクラウド型eラーニングシステム「学び〜と」

「賢者+V」は、教務支援システムである「賢者」と学習サポートeラーニングシステムである「駿台サテネット21」を組み合わせた学校支援プログラムです。
※「駿台サテネット21」:http://sundai-kyouken.jp/kenja/


この「駿台サテネット21」は、SATTの「学び〜と」の上で動作しています。この「学び〜と」上に映像教材だけでも、430講座、総学習時間約5,000時間が「学び〜と」に登録されています。現在、その映像講座の質の高さも評価され、高等学校に次々に導入されています。

「学び〜と」を活用して、この「賢者+V」サービスを数ヶ月で構築することができました。

「賢者+V」では、教材は、「受験教材」「補習教材」でしたが、これを他の題材、例えば資格取得教材などに内容を置き換えても同じようにスピーディにサービスを開始できます。
ビジネスを加速する「学び〜と」を是非ご体感ください。

「学び〜と」導入セミナー【解説編】:6月8日(木) 16:00〜17:30 (受付15:45より)

「学び〜と」ハンズオンセミナー【体験編】:7月13日(木) 15:30〜17:30 (受付15:15より)


posted by くりき at 17:42
学び〜と | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月27日

「学び〜と」セミナーの参加者の興味がある内容、とは

4/14に「初めてのeラーニング導入セミナー」を
4/27に「ハンズオンセミナー」を開催しました。

SATTでは、セミナー終了時に参加者の皆様からアンケートにご協力いただきます。
アンケートを拝見するとほとんどの方がチェックマークを入れるのが
「教材の内部制作」です。

「学び〜と」は、初心者でも簡単に教材を作成できるシステムなので、
そこに興味をもっていただいているようです。

昔々、eラーニングと呼ばれる以前(CBT、WBTと呼ばれていたことも)は、
教材(コンテンツ)は、制作するのに時間と労力のかかるものでした。




教材の原稿(シナリオ)作成には、プロが必要な場合もありました。
時間がかかるのでおカネもかかり、利用する側も制作する側も
綺麗で丁寧で見栄えのするものを求めてました。コストが高いため
続けて作成できず、一点豪華主義の教材になり大切に使用していました。
オーダーメイドの洋服のように。

いま、教材は「簡単に」そして「質良く」作られることが求められます。
4月に入門編の教材を公開し、6月に中級編を、8月には上級編を
というようにテンポよく教材をリリースできるシステムが好まれます。
ユニクロの洋服のようですね。

●eラーニングと「学び〜と」のご紹介
初めての「eラーニング」導入セミナー
2017年6月8日(木)16:00〜17:30

●「学び〜と」を体験
学び〜とハンズオンセミナー
2017年7月13日(木)15:30〜17:30

無料トライアルはこちらから

posted by はちみつゴロー at 20:05
学び〜と | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月29日

「学び〜と」のトライアル、使ってみましたか?

トライアル使ってみましたか?
SATTの学習管理システム「学び〜と」の。

会社でeラーニングを実施する場合、たいてい社員教育に利用しますよね。
当社でも「学び〜と」を使ってセキュリティ教育など実施していますが、
教育だけではない「学び〜と」の使い方をご紹介します。

社内マナーや業務の手順書などを公開して情報共有に適しています。
たとえば、
・ごみの分別
・事務所の最終退出者時の戸締り方法
・服装のマナー
など。

「割りばしってどのごみ箱だっけ?
分別について連絡受けたけど、いつのメールだったかな…」
と、情報を探してしまうことってありますよね。
立場が変わって、情報の発信側であれば、
同じ質問を複数の社員から受けることもありますよね。

そんなとき、情報が「学び〜と」で公開されていれば、一目瞭然。
探し物をする時間も、教える時間も無くなります。
情報を発信する側も、情報を受ける側も「学び~と」にログインすれば
すぐ見つかるんですから。

ちなみに当社では「ゴミ分別について」を教材化して情報共有しています。


2017032802.jpg












総務部、人事部、管理職、グループリーダーなど
情報を発信する側は、自ら手軽にコンテンツ(教材や情報)を「学び〜と」で公開でき、
情報を受ける側の社員は、いつでもサクっとコンテンツ(教材や情報)を確認できます。

●eラーニングと「学び〜と」のご紹介
初めての「eラーニング」導入セミナー
2017年4月14日(金)16:00〜17:30

●「学び〜と」を体験
学び〜とハンズオンセミナー
2017年4月27日(木)15:30〜17:30

無料トライアルはこちらから
posted by はちみつゴロー at 15:42
学び〜と | コメント(0) | トラックバック(0)