『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2016年08月05日

ヤンゴン奮闘記 - 住居と道路・交通事情編

ミンガラーバー(こんにちは)ヤンゴン在中のたっくんです。

自分は、中期滞在という事もあり、会社が賃貸で社宅を用意してくれています。
pict_machi01.jpg

ヤンゴンの19ストリートに、社宅はありますが、発展途上という事もあり、新しい建物と古い建物が一交じり、ストリートの外見はこんな感じです。
社宅に関しては、新しく建てられたアパートのようで、割と綺麗です。

pict_machi03.jpg
会社から通りを見るとこんな感じです。

基本的に、建物は、コンクリートで、各階の天井の高さが日本より高いと思います。
自分が住んでいるアパートは、日本の天井より、50cmは高いと思います。
なので、室内で音が反共します。(笑)

あと、思っていたより、ヤンゴン市内は、蚊がいません。マラリアとか怖いな〜と思い、日本で薬を処方してもらおうかと心配していたのですが、全然大丈夫でした。虫よけクリームも、海外用の輸入品(虫よけ成分が強い)を購入してきたのですが、必要なかった。(4000円近くしたのに・・・)


ヤンゴンの生活様式として、日本と結構違う点があるのでそれを少し紹介しておきますね。

ます、水事情の時に紹介したくみ上げ貯水システム(何度か、くみ上げ過ぎて溢れました。)。
なんといっても、日本人には衝撃的なトイレ。
じつは、ミャンマー(ヤンゴン市内だけ??)は、便座タイプの水洗式のウォシュレット?です。
ただ、日本のウォシュレット形式ではなく、シャワータイプ・・・。
pict02.jpg

これを自分で持って洗うらしいのですが、まだ、試してはいません・・・

そして、トイレにタオルがあるのですが、お手拭用ではなく、シャワーで流したあとのお尻拭き用らしいです。
なので、日本人は、紙を持ち歩きましょう。
最近は、外国人が増えたので、スーパーでも、トイレットペーバーが売っています。でも公衆トイレには紙が無いと思います。




道は、舗装はされていますが、凸凹で、ヤンゴン市内は一方通行の道が多いです。19ストリートは、一方通行で、両側に車がビッシリと駐車されています。
ちなみにミャンマーの道路は、右側通行で日本とは逆です。

pict_machi02.jpg
道と路肩(歩道?)には、けっこな段差があります。これは、雨季の時に道が水没しても歩けるようになのかもしれませんが、市内を車いすで移動するのは無理だと思いました。
歩道を歩いていても、結構段差があるので、足元を注意しないとつまずきます。場所によっては穴があります(笑)





朝晩は、結構渋滞をしています。またクラクションをよく鳴らしますので、日本の感覚でいると若干ムッとくるかもしれませんが、こちらでは「注意してください」くらいの意味なのかもしれません。ただしバスは絶対に違うと思いますが・・・。横断歩道や歩道橋は、かなり大きな交差点でないとないので、みんな車の間を普通に抜けて渡って行きます。歩行者は、信号をあまり気にしません。(もちろん歩行者用信号なんてものは存在しません。)
1470280315065.jpg

それが普通の為か、意外に事故は少なそうです。ただ、日本の感覚で居ると、ウインカーなしで勢いよく曲がってくるバスなど結構、スリルがあります。あと何故かバスの後ろのエンジン部分はどれも開きっぱなしです。
pict_busu.jpg



余談
9割近くが日本車で、昔自分が乗っていた車種などが走っていて、ちょっと懐かしく感じる時もあります。
バスも日本のバスを転用したものですが、ドアが無く、いつでも乗り降りできるみたいです。ただ、日本のバスなので車体の左側に出入り口があり、車道側からの乗り降りになりますが、一方通行や渋滞があるので、乗り降りは大丈夫みたいです。
posted by たっくん at 16:30
ヤンゴン奮闘記 | コメント(3) | トラックバック(0)
2016年07月30日

ヤンゴン奮闘記 - 水事情と自炊編

ヤンゴンに出張中のたっくんです。

ミャンマーに来るにあたって、いろいろ自炊する事を考えて、米や醤油、味噌などを持ち込みました。
先に赴任していた人から、「米とインスタントラーメンは持ってくると便利だよ」と聞いていたので、持ってきましたが、日本とミャンマーとの違いとして、やはり大きな壁は、水にあります。

ミャンマー(ヤンゴン)の水道水は、地下の井戸水をくみ上げたもので、各部屋毎に、バスタブの親分みたいな水槽があります。
そこに水をくみ上げておき、水道、シャワー、トイレの水等に使っているます。
そのため、衛生的にみると、ちょっと・・・。
そこで、食べ物を洗うときも、食器を洗うときも、drinking water(=飲む事ができる水)で行います。
pict01.jpg20リットルのボトル(1ボトル:600チャット)なのですが、洗物にも使うとすぐ無くなってしまいます。
そのため慣れてくると、まず水道水で、大まかに洗って、最後にdrinking waterで仕上げ洗いって感じになってきました。
ただまだ怖いので、熱湯をかけて熱消毒をしています。

米を炊くのも何か昔に見た事があるような炊飯器で、ご飯を炊くと窯にこびりつくんですよね。
大きな飯盒みたいな感じです。

ここでひとつアドバイス。
もしお米を持参するなら、無洗米が便利です。
お水の事情があるので、お米をとがなくて済むと楽ですよ。





あと、気になるのがコンロです。日本に居る時は、普段2つ以上のガスコンロがあったのですが、ここでは、社宅用という事もありIHクッキングヒーターなのですが、加熱スペースが1つしかないのですよね。
だから、同時に2つの物が平行に調理できないのですよね・・・。非常ーに不便。
さらにIH用の調理器具が、フライパンのみ。
IH用の鍋とかこっちで購入しようとすると結構高いんですよ。

そして、日本では当たり前に手に入っていた調味料や食材が見つからないんですよね。
逆に、見たことのない食材が結構あるんですが、調理方法が分からなくてね(笑)
試してみたくても、結局は、知っている食材を買ってきて食べてしまうんですよね。
ではでは
posted by たっくん at 06:25
ヤンゴン奮闘記 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年07月28日

ヤンゴン奮闘記 - お買い物編

たっくんです。

ミャンマーに来て1週間になります。
だいぶ、こちらの生活にも慣れてきました。

生活を行ううえで、必須なのが、買い物。

まず基本!

ミャンマーのお金の単位は、チャット。
1000チャット = 約100円で計算するとよい。(為替ルートにもよる)
通貨は、全部紙幣で、主に流通しているのが、50、100、200、500、1000、5000、10000の7種類。
市内の換金所では、100ドルの新札しか扱ってもらえないので、注意。(折れていると交換してもらえない場合もある。少額紙幣でも換金してくれる場合もあるらしいが、換金レートが下がるらしく、換金した事がないのでよくわからない。)

ではでは、買い物についてですが、まず、言葉が分からない。
そして、数字が読めないんです。ミャンマー語(ビルマ語)の数字というのがあり、私たちが普段使っている数字とは違うんです。

だから、最初は、買い物がすごく大変でした。

でも、1週間経ち、道端で売っている野菜や果物も、値段感も少しづつわかってきました。
パイナップルが1000チャットで、バナナが15本位ついていて2000チャット、トマトがゴルフボール大7〜10で、500〜1000チャットです。

とりあえず、野菜果物系は、1000チャット(=日本円で100)を基準にするといいみたいです。

ここでポイント!!
買い物時に持っておくと便利なのは、小さな電卓!


欲しい物を指さして、電卓を出すと、値段を教えてくれる。(場合によっては、お札を出して、これだけ必要って教えてくれる。)

この方法は、ミャンマー支社の方に聞きました!!すごく便利。
いままでなら、適当なお金を出したり、全部のお金の種類を出して選んでもらう方法とかだったので、買う前に、値段が分かるのが大変便利です。
是非みなさんも、海外で買い物をする時は、小型の電卓を持ち歩こう!
(携帯でも大丈夫なのですが、濡れたり汚れる可能性があるので、電卓がお勧め)

ミネラルウォーターは、1リットルで150〜300チャット位なので、凄く安いです。
コーラとかも、250ccで、200チャット位で、ポカリスエットが、500のペットボトルで、450チャット位だったきがきます。
あとは、カラフルなジュースが沢山ありましたが、そそられなかったので、華麗にスルー・・・。(笑)
100%濃縮還元のリンゴジュースやオレンジジュースは、1リットルで、2500チャット位です。

肉は、道端で鳥などはさばいて売っているのですが、新鮮ですが、ちょっと勇気がでずスーパーの物を買っています。
道端のは新鮮だけど、衛生的にはどうだとう??って感じです。
でも、基本は道端で売っているものを買うらしく、スーパーでは、ちょっとしか売っていません。
ほぼほぼ、外国人向けらしいです。
価格は、量にもよりますが(中くらいのパックの豚ひき肉)、2500チャット前後だと思います。
posted by たっくん at 14:31
ヤンゴン奮闘記 | コメント(2) | トラックバック(0)
2016年07月22日

《今日からスタート》ミャンマー驚きたくさんの奮闘記

たっくんです。

現在、ミャンマーのヤンゴンに滞在しています。
なぜって?
オフショアを進めるため、ミャンマーの会社へブリッジSEとして出張してきました(笑)
今日から、2ヶ月にわたる、たっくんのヤンゴン滞在中に感じた生活面での出来事や海外の方との仕事のやりとり(コミュニケーション)について、紹介して行きたいと思います。

ミャンマーにこれから行く人、行ってみたい人に少しでもお役にたてればと、ゆる〜い感じで、更新してきますので、よろしくです。

とりあえず、熱帯のスコールは、予想以上に凄いです。
現在、ミャンマーは、雨季という事もあり、午後になると雨が降る事が多いらしいです。
昨日、現地に着いたのですが、雨もなく、気温も比較的暑すぎず???あれあれっと思っていましたが、そんな事はありませんでした。
今日は、午前中は日差しがありメッチャ暑かったですが、午後から急に土砂降りです。日本で言うところのゲリラ豪雨=スコールですが、日本と違う点は、短時間でいっきに降って止んでを繰り返す点ですかね。前も見えない感じのスコールが5分降り、止んだと思ったらまた10分後位に降るという繰り返し。
傘なんて意味がないです。だからみんな、こっちではサンダルを履いています。



posted by たっくん at 17:31
ヤンゴン奮闘記 | コメント(2) | トラックバック(0)