『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2011年10月25日

クレイアニメ風?のCM制作

こんにちは。お久しぶりに登場させていただきますチャッピーぴかぴか(新しい)

2011年も残すところあと2ヶ月程となりまして、早くも来年の抱負を考えている人もいるのでは?なんて思ってます。
チャッピーも早々に来年に想いを馳せたいのですが、そうゆうわけにもいかず…
なぜなら今年は弊社全体の忘年会の幹事という大役が残っているからですあせあせ(飛び散る汗)今年最後の大仕事となりそうです。。。

さて、「やってみた」ご報告ということで、先日アップしたPREOのCMについてですわーい(嬉しい顔)
こちらのCM、既に本ブログでもご紹介済みですが(撮影担当:魔女ッ娘)今回は撮影後のアニメーション作成部分について簡単に紹介させていただきまするんるん

まず、前提としてCMの題材とした PREO とは、SATTで開発・販売しているビデオ型教材作成ツールであるsmart PREOのことです。
smart PREOなら、Excelマクロを使って簡単にeラーニングコンテンツが作れちゃうんですチャッピー

smart PREO

smart PREOについて詳しく知りたい!という方はぜひこちらをご覧くださいるんるん
30日間ではありますが、試用版の貸し出しも可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいわーい(嬉しい顔)


さてさて、本題に戻ります。CMをご覧頂いた方はお気づきかもしれませんが、クレイアニメ風に作ってみました。
(「クレイアニメ」と言い切る自信がないので、あくまで“風”です。笑)
クレイアニメ初心者のチャッピーとしては制作ツールに何を使うか、というところから調査開始ですっひらめき
無料でダウンロードできるツールもいくつかあったのですが、写真の枚数制限などがあったため今回は単純に使いなれているって理由でFlashで作ってみることにexclamation
130枚に及ぶ写真を読み込み、せっせとフレームアニメを作成。
無音だと味気ないのでBGMを追加。
後はひたすら流れを調整して完成ですダッシュ(走り出すさま)

SATTの製品CMは今後徐々に増やしていく予定ですチャッピーぴかぴか(新しい)
【注】Youtubeもしくはサイト上でのみひっそりとお楽しみいただけます。

smart PREOを始め、SATTのsmartツール群を多くの方に知っていただき、より使いやすい製品へと進化させていきたいと思いますぴかぴか(新しい)
posted by チャッピー at 16:00
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月18日

smart PREOのCMが出来ました!

自分の母親がどこを目指しているのか迷走し始めた魔女ッ娘ですダッシュ(走り出すさま)
会うたびに趣味が変わっている…のではなく、増えていて、よく分かりませんたらーっ(汗)

今日はお知らせを一つ揺れるハート
smart PREOのCMが出来ましたーexclamation×2
クレイアニメ風?な感じで、手作り感が満載ですが、良かったら見てくださいねるんるん
そしてコメントもどうぞぴかぴか(新しい)


※音が入っているので見るときは注意してくださいひらめき


【制作秘話?】
クレイアニメ風なので、音以外はもちろん全て手作り
後半に出てくる羊も羊毛フェルトで作りました目
(なので著作権的にもクリア)
魔女ッ娘のデスクの上で、ひたすら粘土いじり次項有写真撮影次項有粘土いじり次項有写真撮影…を繰り返す事、1時間あまり。
撮った写真の枚数は130枚以上グッド(上向き矢印)
あえてカメラを固定しなかったので、腕が疲れてしまいました…バッド(下向き矢印)
ちなみにシナリオはまったくなく、写真を撮りながら考える、という行き当たりばったり。
次に作るときは、せめてシナリオくらいは考えたいと思います…。


smart PREOってなーに?と思った方はこちらから
お問合せはこちらから
無料で試用版の貸し出しもしてますよー魔女ッ娘
posted by 魔女ッ娘 at 16:38
その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年08月30日

企業ブログの活性化大作戦

たっくんです。自分メルマガ編集部、やっているんですけれども。
(メルマガの編集後記の「〜っす。」の人として覚えている方もいらっしゃるかもしれませんっす!)

弊社編集部では、メルマガを編集する以前に・・
社員のみんなに記事を書いてもらう、という重要な任務があるわけなんです。

企業ブログの活性化。
各社、またそのご担当様は特に、どうしていらっしゃるのでしょうかね・・。
最近の企業twitterだソーシャルメディア戦略だといろいろアタラシモノは知ってはいても。
我々は粛々と!社員ブロガーを応援し続けます。
社員さんも、ギュウ詰めの業務と平行しての執筆って、相変わらずラクじゃないですし、
順番があってもつい忘れちゃったり、なかなかネタが思いつかなかったり、久々だとどうやってエントリーするんだっけ、社内ルールってどんなんだっけ・・と、大小含め、意外とハードルがあるのでは、と思うのです。


弊社メルマガ編集部もそんな問題を認識しておりまして、目下
『企業ブログを活性化するには?』に挑戦中!
それもせっかくなので、SATTで身近に使えるツールや流行りのWebサービスを使って、社員の皆さんに楽しくお伝えしたい♪

とにかくやってみよ〜って事で!

社員向けにUstreamで呼びかけたり、書き方説明ムービーを作ってみた。


UstreamまずはUstream
今後も活用する為のテストや練習も兼ねて、この無料ライブ配信サービスを使ってみたんです。
(Ustream は、弊社の無料セミナーや併設のm-Schoolでも一部講座を配信していて、興味シンシンでした)

撮影中フリップを上下逆さまに出しちゃったり、ちょっとカミカミだったりしたけど、笑って見てもらえる社内向けって事でOK!たらーっ(汗)
 
今回は試験ということで限られた人にお知らせしてたけど、思ってたより簡単にできるので、今度は大々的に配信できる自信がつきました。
単に、読んでねってメールメールでお知らせするより、こっちの方が目見てくれそう♪

実はUstream と同時撮影で、映画ビデオを撮っておきました。
編集でテロップを入れ、ポイントを強調したムービーに仕上げ、改めて配信☆(下の図)
これでいつでも見てもらえます。



そして Captivate!

Captivate を使って、実際の操作をそのまま動画にして説明するムービーを作ってみました。ぴかぴか(新しい)動くヘルプぴかぴか(新しい)ですよ。 ▼Captivate に興味がある方はこちら
ブログの書き方があやふやになっちゃったら、これを見てもらえればいつでも解決!
ブロガーさんの参入も、これで敷居が低くなるのでは?

やってみたら、サクっとできた・・

UstreamやCaptivate、どんどん使えそうなシーンは?


・Ustream は、無料・簡単にライブ配信できるので、朝礼やお知らせなどに使える!(不在者に対して、録画して保存しておく事もできる。もちろん鍵つき!)
・社内の定型業務や忘れやすい各種設定は、Captivate で操作手順をそのまま撮れば、多くの人と共有しやすく引継ぎもラクになる!

なんといっても動画は、伝える力が強いですよね。
この他にも、楽しく効率的に社内共有を進められそうなことはたくさん見つかりそうです。


ここまでお読みいただけました読者の皆様、ありがとうございます。
我々編集部は、こんな挑戦をしつつ社員ブロガーを応援していく所存でして、今後も温かくお見守りいただければ幸いです。
そんなわけで、ふーんメルマガ?あそう・・ちょっと見てみようかな?と思われた方にお届けいたしたく、メルマガに登録していただけましたら・・mail to・・これ以上の幸せはございません!
どうぞよろしくお願いします。

メルマガ編集部を応援する→ SATTメルマガの詳細はこちら
posted by たっくん at 20:01
その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年08月17日

アンケート集計でトホホと思うこと

初登場のDaisuke です。
Daisukeは、自宅で飼っているチワワ犬です。最近では体重が3.6kgでもうすぐで”肥満”です、と獣医さんに注意されていますたらーっ(汗)

仕事でいろいろなアンケート集計を十数年行ってきています。
ほとんどの回答者はまじめな回答を行ってくれますが、なかにはトホホな回答をする回答者が毎回、少数ですがいます。
たとえば、「・・・から、ひとつ選んでください。」や「・・・から、該当するものを選んでください。」の回答に対して、全て選ぶ方。トホホ。
マルチアンサーの場合、カテゴリ中にまったく逆の意味を持つカテゴリが用意されている場合もあるので、トホホ。
アンケートのサンプル数が多ければ、こうしたトホホな回答が多少加わってもまぎれてしまいますが、サンプル数が少ないと、極端な結果や想定外の結果が出てきて、またトホホバッド(下向き矢印)

「・・・ご意見・感想をお書きください。」といったフリーアンサーのときは、記入欄に収まらなくなり空いているところまで利用する方、極小な文字で無理やり納める方、記入欄に書ききれなくなり紙を貼り付ける方、あまりにも達筆すぎて読めない方、地方の方言で書いてあり、まったく理解不能な方、・・・とさまざまな記入例があります。
これをデータとして入力・保存でまたトホホ。


自分がアンケート集計業務を行う前までは、アンケートなんて・・・と思い、結構トホホな回答をしていたように思いますが、今は集計する立場になったので、きっちりと回答するようになりましたペン
posted by daisuke at 15:29
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年07月05日

節電のススメ

はじめましてexclamation
初登場になります、開発部ジッパーです。

開発部の中でも全く目立たないメインフレームの開発業務で、
背中を丸めてヒッソリと活動しているため表に出ることはほとんどないモグラ的存在ですあせあせ(飛び散る汗)

さて、より一層の節電努力が求められている今夏、
私の家でもできる限りの節電をしようと、蛍光灯の間引きをする事にしました。

ところが、脚立にも上れない高所恐怖症の私にはその作業ができないので
電気工事の仕事をしていた事があるという友人にお願いしました。

早速家に来てもらい間引きしてもらったのですが、
せっかくなので家電の設置などにも詳しいその友人に
他にも節電できるものがないか調べてもらいました。

某TV番組で紹介されているような裏技的な節電方法を教えてもらえることを
期待しつつ待つこと10分・・・・
私の元へ戻ってきた彼から放たれた第一声。

 『お前にできる節電、それは・・・・‘掃除’だ。』

え・・・、そ、掃除ですか??たらーっ(汗)

彼曰く、
・エアコン、扇風機ともにフィルターが埃だらけ      ⇒ 効きが悪い原因の一つ
・部屋中のライトのカバーの内側も埃だらけ       ⇒ だから微妙に暗い
・電子レンジの中に飛び散ったモノがこびりついている ⇒ 余分な電力を消費

女の部屋とは思えないほど汚いっ!!そうです・・・。

その後、恥ずかしさで半泣きになりながら大掃除をいたしました。

節電をしようと考えている皆さん、
上記に心当たりがある方は先ずお掃除をしてみましょうるんるん

こんな私ですが、いよいよ今週開催されます「e ラーニング ワールド」にサポート役として参加致します!
皆様、ご来場の際には是非SATTブースへお立ち寄り下さいませ。
posted by ジッパー at 12:48
その他 | コメント(3) | トラックバック(0)
2011年06月17日

デバッグの語源

IT用語の"de-bug"。
昨今のIT社会において、広く一般的な知名度を確立したこの用語の成立ちを皆様はご存知でしょうか?

諸説ありますが、最も信憑性が高く、証拠も残っているとされているのが、グレース・ホッパー女史の作業日誌であります。

女史は、蛾の進入により不具合を起こしたコンピューターを修理した際に「虫(バグ)による不具合(バグ)を解決した」を「de-bugした」と作業日誌に記したとされています。
この作業日誌は今でも米海軍歴史博物館に保管されているとか。

ウイットに富んだジョークのつもり。もしくは、ほんのシャレで。と思って書いた様に自分は感じますが、今やこの単語はれっきとしたIT用語になり、世界中で使われています。

本当にグレース・ホッパー女史の発言により生まれた言葉だったら、女史は”de-bugの母”になりますね。

ちなみに、グレース・ホッパー女史はITの発展に貢献した重要な人物で、本当に”○○の母”と呼ばれています。
さて、○○に入るのは何でしょう?
de-bugではないですよ。
posted by ヤマモトヤマ at 16:07
その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年02月02日

SATT 公式twitter始まりました☆

外出先でザック代表監督に会ってテンションが上がった魔女ッ娘ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
すごく気さくな、とても良いおじさんって感じでしたーハートたち(複数ハート)

今日はお知らせでするんるん
実は、遂に?SATT公式twitterがOPENしましたぴかぴか(新しい)
SATTのあれやこれ、eラーニングのあれやこれ、水道橋のあれやこれ・・・
を、e-Learning WORLDの時に引き続き、SATT社員の中の人(みーりん)が呟いています。

アカウントはsattjpですひらめき
思わぬこぼれ話が聞けるかもexclamation&question
アカウントをお持ちの人は、是非是非フォローしてください揺れるハート

Twitter Button from twitbuttons.com
posted by 魔女ッ娘 at 14:27
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年09月14日

おしえてください!「うちの会社の笑える登竜門」

メルマガ&ブログ読者の皆さまこんにちは。メルマガ編集部のチャッピーですチャッピー


この度、読者投稿コーナーはじめました。

メルマガ&ブログで発表するお題に関連するエピソードを募集していますひらめき
僭越ながらメルマガ編集部で、皆さまから応募いただいたエピソードを吟味し、次回メルマガ配信日に応募いただいた中から1つ、ベストエピソード発表させていただきますチャッピーどんっ(衝撃)

さて、記念すべき第1回のお題は、
「うちの会社の笑える登竜門」です。

理由はわからないけど入社したら絶対にアレしなきゃいけない。
とか、
代々受け継いでいる伝統的なアレ
など。

お題に沿ったものであれば内容は何でもOKですぴかぴか(新しい)

<応募方法>は簡単っ。
下記事項をお書きの上、smag@satt.jp宛までメールでお送りくださいぴかぴか(新しい)

●お題に沿ったエピソード
●ペンネーム(ベストエピソード発表の際に使用させていただきます。)

<募集期限>は9月24日(金)18時までです。
ベストエピソードは9月29日(水)配信のSATTメルマガで発表します。




ちなみに、

”応募したら何かもらえるの?”

えっと。
なにももらえませんチャッピーexclamationキリッ

いや、あのー。
何か考えます…
とりあえず気持ちを、、、

…世のため人のため…編集部のために…
お待ちしてますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


たくさんのご応募お待ちしております。
本コーナーに関するご不明な点は、smag@satt.jpまでお問い合わせください。
posted by チャッピー at 17:23
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年03月16日

iPad展望

どうも、大変ご無沙汰しております。
モバイル2号ことウッチーです。

こちらのブログでは前回のエントリーが昨年6月でiPhone3GSを買う買わないって言っていた頃だったと記憶しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

半年はおろか1年近くたちますね(苦笑)

あれからいろいろありまして、すでにモバイルの部署から異動しております。
現在はEC店舗「shopSATT」を中心としました物販業務に携わっております。

で、iPhoneはどうなったかというと、もちろん2台持ちで所持しております。
まあ、利用料金の問題もありますので1台しか使ってませんけどね…

で、iのつく注目アイテムといえばiPad

米国では4月3日に発売が開始されます。
なんでも初日で12万台の予約があったそうです。(実数非公表のためあくまで推測ですが…)
欧米では電子書籍の普及が日本に比べて数段すすんでおり、電子書籍の閲覧に非常に向いている大きさのiPadは、かなりの可能性を持っているといえるでしょう。
Wi-Fiのみの16G(ディスク容量の少ない方)が一番人気というのもうなずけます。

日本では4月下旬に発売となるようですが、自分はしばらく様子を見るつもりです。

3世代目に突入し、こなれてきたiPhoneとは異なり、まだまだ手探り感の多いiPad。
様子を見ないと何とも言えないのが現状です…

日本では縦書きの文章を小さな端末で見るという文化は、馴染むのに時間がかかるかなということで電子書籍として用いる理由は欧米に比べれば小さいと思います。
大きな画面でWebが閲覧できるとはいえ、さすがにあの大きさでブラウジングができるのにFlashが見られないというのはいささか厳しいのではないかと思うわけです…

eラーニングの観点から見てもそれは同様で、コンテンツの多くがFlashで動いている以上、iPhone、iPad向けに作成しないといけないというのは手間になりますね…

とはいえ、画面の巨大化はフィールドも広げます。
iPhone、iPad向けの開発さえできればeラーニングのすそのも広がっていくことでしょう。

好き勝手書かせていただきましたが、あくまで個人の感覚で書かせていただいているだけですので、お許し下さい…

次回、機会がありましたら今回全くお話しできませんでした「shopSATT」についてお話したいと思います。
posted by ウッチー at 20:59
その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
2009年12月09日

自分の強みを見つけましょう!

皆様こんにちは、Freshman MSKです。

人、もの、金

数ある企業のリソースの中で最も重要な3点であることは
皆様ご存知のことと思います。

その中でも、SATTは特に「人」、人材教育を支援するサービスとして
eラーニングをさまざまな業界、業種の企業、大学を中心とする
各種学校に提供してまいりました。

さて、その人材教育ですが、特に企業においてはどのような目的で
行われているのでしょうか?

恐らく、まず第一にその企業にとって足りないもの、
あるいは弱点を補うために行う教育が殆どではないでしょうか?

営業力が弱い企業であれば、営業強化。
開発力が弱い企業であれば、開発強化。
顧客サービスが弱い企業であればサービス強化。

といった具合に、弱点を強化するために人材教育を実施、
企業全体のベースアップを図る。あるいは個別の人員に対して、
個人が苦手としている分野に関する教育を提供する。

私自身も上のようなやり方が一般的なのではないかと思っていました。
しかし、それとは逆の方法でもっと効率的な教育方法を提案する
本に出会いました。

その本のタイトルは「さあ才能に目覚めよう!」。
英語のタイトルは、「Now, discover your strength!」

この本では、弱点を探してその弱点を克服するよりは
個々人の強み、才能を見つけてそれを伸ばす教育を行うほうが
より企業にとって効率的で優秀な人材を確保できる方法であると
述べられています。

具体的には才能とはどんなものか定義し、それを34個の才能として
分類しています。

そして「Strenghth finder]」というツールを利用して、
様々な設問に解答していくことで、過去の統計データを基に、
その34個の才能の内、もっとも当てはまる5個をチョイスし、
その人にどんな才能があるのかを探す手助けをしてくれます。

http://www.strengthsfinder.com/113647/Homepage.aspx
(英語のホームページです。利用するには本を購入する必要があります。)

実際に私もやってみましたところ、次のような結果がでました!

1.責任感
2.原点思考
3.包含
4.収集心
5.学習欲

なるほどと思う内容もあれば、ほんとに自分に当てはまるのだろうか?
と疑問に思う部分もありますが、あなたの才能はこれですと、
ずばり指摘されるのはなかなか気持ちがいいものであります。

私の才能を改めて振り返ってみましたが、作中で紹介されている
優秀な営業マンの才能と一つもかぶらず、少しへこみましたが、
ここは一つ自分の強みをいかした責任感のある営業マンを
目指すことにしました。

ご興味があるかたは、本のタイトルでググって頂ければ
すぐに見つかると思います。

最近では、某有名な女性ビジネス本作家(○○マーさん)が
紹介されたこともあり、書店で平積みされているところを
見かけたりします。

このツールもeラーニングの一つの形であると考えております。
よくある占いコンテンツともつながるところがあるのでは
ないでしょうか?

このような自己啓発系のeラーニングに絞って探してみると
以外に色々なものが見つかるかもしれませんね?

それでは失礼致します。

posted by MSK at 11:25
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)