『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2017年03月23日

16歳の尾崎豊に恋した日(完結編)

こんにちは ミッシェルです。

なんと!今回は連続登場です。
2週間前の〈後編〉で尾崎裕哉さんのライブに行くことにした とお話しました。
今回は、まだ熱いうちにライブに行って感じたことを書かせていただき、完結編としたいと思います。

3月11日(土)。場所は六本木のEXシアター。
ここは他のアーティストのライブで何回か来たことがあり、私にとっては慣れた会場。
スタンディングだけど、早い時間から並ぶ体力がなかったのもあり、
ぎりぎりの5分前に入場しました。

入場して、会場の熱気にびっくり。
老若男女、ドレッドヘアのでっかい男子も 白いセーターを着た小さくてかわいい女の子も
おばはんも(←私はこの範疇)オヤジもいろいろいる。しかもびっしり。
聞くところによると1600人以上集まったらしいです。

へえ〜こんないろんな人たちから興味を持たれているんだあ。ちょっと嬉しい。
さてさて、裕哉さんはどんな登場をするんだろ?興味と不安が半々。
開演のぎりぎりに入って、後ろの方になってしまったのを少々後悔。

そうこうするうちに裕哉さん登場です。

わ、結構ロックな曲をノリノリで歌うんだあ。
私はテレビで見たことがあるだけでCDも買っていないので
彼のオリジナルソングをほとんど知りません。

だからはじめはちょっと戸惑い、冷静に分析し、きょろきょろしていた私ですが、
だんだんと裕哉さんの世界にはまっていきます。

彼はロックからポップからスキャットやボイパまでいろんな音楽を披露してくれました。
本当に音楽が好きなんだなあ。というのがよく伝わってくる。

やっぱり思った通り。優しくて明るい。そして素直で上品。←ややほめすぎ気味。

トークも人柄がよく表れていて、言葉の選択を間違えちゃったりすると あたふたと
焦っている姿がなんだかかわいらしくて、おっとりした所もとても好感が持てました。

そして気づいたら、私も会場のみんなと一緒にノリノリで大声で歌っていました。

彼の歌は、ロックな曲はちょっと力みが入るけど、ポップやバラ―ドは優しく軽やかに歌う。
私はこちらの方が好きだなあ。
(あれ?これってどこかで聞いた言葉!?
 ”優しく軽やかに”歌う姿が素敵って、前編で16歳の豊さんの魅力を表現するのに私が使った言葉。
 前編はこちら
 なあんだ〜、私は裕哉さん と 16歳の豊さんの共通の個性に好感を持ったわけなんですね。)

これに気付くと私の中で親子である彼らの姿がぐっと近づいて重なっていく。

裕哉さんは、I love you も歌ってくれました。
そう、私が裕哉さんに興味を持ったきっかけになった曲。
やっぱりいいな。
I love you を歌う姿を見ていて、
「今は亡き父親の歌を歌っている彼は何を考えているのかなあ・・・」
とふと思い、
でもそれと同時に強いエネルギーみたいなものを感じました。

これって何?

そうか!そうだったんだ。

突然ひらめきました。


 彼は 生きているんだ


彼は生きている。温かい血が流れている。呼吸をしている。進んでいる。成長しつづけている。
そんな強いエネルギーがぶるぶる伝わってくる。


死んでしまった人は、その時点で終わり。時は止まったまま。
豊さんは、もう止まっている。(またしてもファンの皆様、先に謝っておきます。
勝手なことを言ってごめんなさい。)

でも裕哉さんは生きていて、
今、生きているのは裕哉さん1人なんだけど、
その裕哉さんの中に豊さんも一緒になっているような
共に生きているようなそんな不思議な感覚に襲われました。

彼らは本人でさえも意識できない部分で何かが融合することにより、
その魅力が倍増し、迸るエネルギーを感じることができるのではないかと思いました。

そう思って歌を聴いているうちに
もしかして、尾崎豊さんは、今の この裕哉さんのために存在したのではないだろうか?
とさえ思えてきました。(何度も謝ります。尾崎ファンの皆様、勝手なことを言ってごめんなさい。)

私にとっての16歳の豊さんの映像は、今を生きる裕哉さんに出会うためのチャンスだったんだ。と。←ここまで来ると激しい思い込み!?・・・


ライブはとても楽しかったし、大満足でした。
単に娯楽としての意味での楽しいではなく、充実していたという楽しさです。
これからも生きる強さ、辛さ、楽しさ、悩み・・・
あらゆるものを受け止めて乗り越える強さやエネルギーを
裕哉さんのライブで感じたい、受け取りたい、彼と共有していきたい。そう思いました。

だから、裕哉さんの秋のライブの受付がすでに始まっているのを知り、すぐに申し込んじゃいました。


3月11日のライブ会場の熱気は裕哉さんのインスタをご覧ください。
私も後ろの方のどこかにいます!写真はこちら


それでは、みなさま、長い連載になりましたが、16歳の尾崎豊に恋した日については
これで閉じさせていただきます。


読んでくださったみなさま、
コメントを下さったみなさま、特にかんちゃんさん!ありがとうございました。


The END

Sexy thank you!!
posted by michel at 20:32
エンターテインメント | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年03月06日

16歳の尾崎豊に恋した日(後編)

こんにちは。ミッシェルです。

昨年の10月に前編を書きましたところ、何名かの方からコメントをいただきましたので、
なるべく早く後編を・・・と思ってはいたものの
なかなか自分の番が回ってこないとブログは書かないものですね。

後編を心待ちにしていただいていた皆様!
4ヶ月も間が空いてしまい申し訳なかったです。お待たせいたしました。
(え?待ってた人なんて、いないよって?しかも誰も覚えていなかったりして・・・涙)

まあ、これだけ間が空いてしまえば忘れ去られていても仕方ないですね。
それでも書きます、後編のはじまりはじまり〜


4ヶ月ぶりなので前編のおさらいを軽くさせていただきます。
昨年の10月のとある日、尾崎豊氏の息子、裕哉氏をたまたまテレビで見て
優しくのびやかな歌声に興味を持ちました。
そして、改めてその父親である豊氏のことも知ろうと
youtubeなどで過去の動画を探してみたところ
デビュー前の16歳の時にオーディションを受けた時の動画を発見し、
すると、なんとも言えない感覚・・・
そう・・・胸の奥をぎゅっと握られたような感覚におそわれ・・・
つまり16歳の彼に恋をしてしまった というお話です。

その後、4ヶ月、私の恋心は今どうなっていると思いますか?
恋心を抱いたとしてももう決して生身の姿に会えないという辛い現実の中で
決して実ることのない想い・・・
(現在ご存命だとしても実ることは、あり得ないのですけどね・笑)

物語的に言えば、障害が大きい恋こそ燃える!!メラメラと
メラメラメラメラメラメラメラメラ


しかし、実際のところ、

そんな想いは

あっという間に

消えました(笑)さらさらさら


消えたというか、それ以上大きくならなかった、深くならなかった
という言葉の方が適しているかもしれません。

しかし私の想いなんてどうでもいいくらい16歳の豊氏がとても魅力的
である事実は変わらないと思います。だから、音楽業界のプロの大人たちが
彼をデビューさせようと思った訳ですしね。

それに豊氏に抱いた”興味”(好意ではなく、興味なんですね)は今も消えていません。


そして今、私の心の中には別の想いが沸いています。

尾崎裕哉さんのライブを聴きに行ってみようか!?

それは、下記のような想いや疑問の答えを見つけるためです。

彼はどんな歌をどんな風に歌うんだろう?
彼は父親とどう向き合って行こうとしているんだろう?
彼は父親をどう越えようとしているんだろう?


父親が亡くなった26歳に誕生(=デビュー)したその息子は

精神的に未熟でまだまだ子供であるにも関わらず
アーティストとして有名になり、もてはやされ、
自分の才能についてやら女性関係についてやら人間関係についてやら
あれこれ悩んで傷つき葛藤し、
そして大人になりきることなく死んでしまった父親をどう捉えているのだろう?
(尾崎ファンの皆様、失言がありましたら深くお詫びいたしますので、どうぞお赦しを)


父親とは対照的に精神的に落着き大人になった26歳でデビューするという、

まるで仕組まれたような見事な父親との入れ替わりのタイミング
(芸能界は恐いから、本当に仕組んだ人がいるのかもしれないですね。
 話題性として必要であったりもするのでしょう。)

でも裕哉氏は そんないろんな現実に目を背けず、逃げず、負けず きちんと向かい合っている、
そんな風に思えたから彼の姿を見てみたい、歌声を聴いてみたいと思ったのです。

彼の歌を聴けば、疲れた体も不安な気持ちもささくれた心も癒される、パワーをもらえる気がして。

こんな私の考えは間違っていなかったと確信したのは
以下のWEBに掲載されていたインタビューの中で
「父が窓ガラスを割るタイプだとしたら、僕は全力で磨くタイプ」
という言葉から。(掲載元は何だけど、いい記事です)
記事はこちら

これを読んで感じたのは、裕哉氏から感じる優しさや包容力は、彼自身が運命を乗り越え、
達観しているから。
自分自身がずっと悩み傷ついたままであった豊氏との違いはこれなのかもしれません。


もう私は決心しました。

そうだ、行こう、ライブへ!!

さらに なんていうタイミングだ!ライブツアーが始まるではないか!?
なになに?チケットぴあもイープラスも売り切れだけど
ヤフーチケットは販売中。(←決してヤフーからお金をもらってはいません)

よっしゃあ。申込みボタンをポチッ。はい終了。

すでに行かれるご予定の方もいるかもしれないですね。
だとしたら同じ空間にいることもあるかも。

最後に・・・

16歳の尾崎豊に恋した私は、
その息子である尾崎裕哉さんの歌を聴きにいくことで
抱いた恋心を別の形の何かに昇華させようと思っているのでありました。

posted by michel at 19:08
エンターテインメント | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年01月25日

落語と反復練習?!

前座からやっと二つ目ぐらいには上がれたかなって、50を超えた新人ベフです(笑)

今、落語熱いですねぇ〜。

先週末も上司に付合わされ(笑)、わざわざ快速急行に乗って川崎市麻生区まで桂文珍を聴きに行ってきました。
まっ、土曜日にそこまで呼び出しといて、高座が終ったら「僕はこれから歌の練習があるから」って上司に放り出されたってオチは別にして、軽妙な上方落語を楽しませていただきました。

まぁ、文珍さんも歌丸師匠と比べれば(比べる人が悪い、まぁそう言わず)まだまだ若いとは言うものの、お年的には老齢の域。
そこからすれば若手の台頭と言うのか、いえ、40代、50代の実力派が熱い!
中でも私がここ数年追っかけ的に聴きに行ってるのが、ご存知落語界のキョンキョンこと(ん、誰も知らない?)柳家喬太郎!
他にも、個人的な好みで言えば、別格の若手実力派柳家三三、変わり種で言えば三遊亭白鳥など。
未だに落語は笑点でってみなさん、この辺の脂の乗った実力派は笑点には出ませんよ(笑)
都内だと新宿末広亭、上野の鈴本演芸場、浅草演芸ホール、池袋演芸場など、寄席にどんどん足を運んでみてください。
今、寄席を始め落語は熱い!
3,000円足らずで半日、浅草演芸ホールなら一日笑わせてもらえますから!

170125.jpg

今は、YouTubeなる便利なものもありますから、先ずは喬太郎の「時そば」、騙されたと思って聴いてみてください。

しかし一見面白おかしい落語の世界も、一旦中に入れば厳しい世界のようですよね。
今では師匠の家に住み込んでって徒弟制度も少なくなってきたみたいですが、昔は、朝から晩まで、そうじ、洗濯、食事の準備から風呂焚きまでやって、師匠の稽古は生涯で一席限りってケースもままあったようですね。
しかし20分、30分の落語を一度稽古付けてもらっただけで覚えないとならないなんて、よっぽど受験勉強の暗記モノの方がいいかも知れませんね(笑)
やっぱり、ものを覚えるには日々の反復の学習が...。

ん?日々の反復の学習?そうこれもeラーニングに適した題材かも(笑)
いつでも、どこでも反復学習できる、これってクラウド環境を利用した当社「学び〜と」、の大きな特徴です!
ただ今「はじめてのeラーニング導入セミナー」も受付中!


しかしこれをきっかけにあまり落語にのめり込まないでくださいね。
なんせ人生の落伍者になっちゃったら困りますから(笑)。
お後がよろしいようで。
posted by ベフ at 10:05
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月23日

コミュニケーションについて学んだ日

こんにちは ミッシェルです。

早いもので5月も下旬。じわじわと汗ばむ季節になりました。
いよいよ郊外で活動する時は水分や紫外線に注意が必要になりましたね。

さて、こんな季節ではありますが、
東京都美術館で5月24日まで開催の「若冲展」に行って参りました。
私は若冲大好き人間でして、
若冲展があると聞けば東西南北、どの地方にも足を運びます。
今回は近場の東京で一生のうちに何度目にすることができるかわからないような
大変貴重な「動植綵絵」30幅にお目見えできるとあって、
「まあ、なんて嬉しいこと」ときらきら心ときめかせて出かけて参りました。
若冲展について気になった人は若冲展特設サイトへこちら 

そして「動植綵絵」30幅はもちろん素晴らしかったのですが、
今回驚いたのは、若冲のその人気ぶり。

入場まで連日数時間待ちは当たり前。
もっとも混んだ日は、320分待ち=5時間半!?という恐ろしい状態だそうで。
(ネットニュースにもなっていました)
(本当に5時間半も並んだ人、いるのかな?私だったらぶっ倒れてしまうでしょう・・・)

とはいえ、かくいう私もチケット売り場に30分並び、入場を待つ列には約2時間並んだので
トータル2時間半並んだことになります!(←5時間は無理!2時間が限界っす、先輩。)

さてさて、ここから本題。
今回はこの2時間半の間に学んだことをお伝えいたします。

私が行ったのは平日でもあったからでしょうか。
お並びになっている人たちは、こぞって高齢の方でした。
(どういう状態かというと私が若者として認識されている?ちょっと目立っている??
 という状態です!うきゃっ)

わざわざ平日を選んだのは、まだ空いている方だろうと思ったわけで、
よって誰も誘わず1人、大人しく並んでいました。
暇なので、スマホをいじったり音楽聞いたり、または立ったままPCで作業をしたり・・・
もしていました。

ところが、ふと周りを見渡すと「え?スマホやPCを触っているのは私一人だけだわ!」
高齢の方々は皆、仲良くわいわいがやがや・・・
1人で来ている人も結構いらっしゃったのですが、始めて会った者同士でも
仲良く話をされていました。

ええ?これって、もしもアンダー50才くらいの人々が同じ状況だったら
寡黙にスマホをいじっている人だらけになるのでは?と容易に想像ができました。

そうか、世代によってこんなに違うんだなあ〜アンダー50才とオーバー60才。
コミュニケーション上手は一体どちらなのだろう?
スマホどころか携帯もない時代を生きてきた高齢者の方々は、
生のコミュニケーションをよしとする(というか、それしか知らないのかも
しれないですが)
本当は、それこそが最良のコミュニケーションなのでしょうね。
そこにいる人々が皆一様に下を向き、スマホばかりいじっている姿はある意味滑稽です。
コミュニケーション上手な高齢の方たちに囲まれて、
なんだかホッと暖かい気持ちになりました。


ただし・・・ここからは絵を見ている時の話でして・・・
皆さん親しい人と仲良く思ったことを全部口にして大きな声で表現されるので、
『梅花群鶴図』の素晴らしい美しさに「ああ〜」とうっとり浸り見入っている時に

隣の老夫婦
「あ、これは丹頂鶴だな。」
「え?丹頂鶴?なんでわかるの?」
「頭が赤くて尾羽が黒いのが特徴」
「ふ〜ん、なるほどね、丹頂鶴かあ。はあ〜」
「そうそう。じゃあ次に行こうか」

こんな会話を大きな声でされていると気になって気が散って仕方ない。
「おいおい、もう行くんかい!?
 何時間も並んで、ほんとうに絵を見に来たんかい??
 図鑑じゃあないんですよ〜。
 それよりも、この筆ぶり、大胆な色使い、細密な描画、絶妙な構図、
 そういうとこ、見て頂戴!!」
っ叫びたくなってしまいました。
まあ、どう思おうが観る人の自由ではありますがね。
心の中でこそっと思うとか、一緒にいる人とはナイショ話くらいの声の大きさ
で会話してくれればいいのにな〜とちょっと思った次第であります。

で、今日の結論。
コミュニケーションが豊かなことは良いことですが、
時と場所を選んだほうが

いいの

かも?!
posted by michel at 20:02
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月08日

ドラマから学んだこと「今日一日を大切に」

こんにちは営業のミッシェルです。

さて、今回は最近ドラマから学んだことをお話したいと思います。

そして、その私が学んだドラマというのがこちらです。

『掟上今日子の備忘録』
日テレ系、土曜日夜九時から放送していた2015年の秋のドラマです。

何故このドラマに?
なにを学んだ?
というのはですねえ・・・

まず前提としてドラマにはまってストーリーが気になって縛られる生活が
あまり好きでない私は、連ドラはほとんど観ません。

なのでこのドラマもはじめは、”たまたまなんとなく観た”
という感じで、毎週欠かさずにみるぞ!!と意気込んでいたわけではありませんでした。

ところが!!ところがですよ、奥さん!
最終回に瞬きをする暇もないくらいド嵌りしたのです。

とても感動して、涙がつつつーっと頬を伝って流れたくらいです。
期待も予想もしていなかったので自分でもびっくりです。

さて恒例の?クイズです。
私はこのドラマの最終回の何に感動したのでしょうか?


回答を伝える前に
このドラマを全くご存じない方向けにストーリーを軽〜く紹介します。


主人公の掟上今日子さんは、寝るとすべてを忘れてしまう(病気?症状?)の持ち主です。
もちろん記憶の全てを忘れる訳ではなく、数年前?のある時点からの記憶が寝るとなくなってしまうのです。

そんな今日子さんの仕事は探偵です。それもとても優秀な探偵です。
推理小説大好きで探究心もある今日子さんには探偵は天職です。

さて、毎日淡々と謎を解いて生きてきた今日子さんの前に厄介さんという
とても不運で気の弱い男性が現れ、
賢く、勇気あり、時には無邪気な今日子さんのことが好きになります。

不運な男、厄介さんですが、今日子さんを想う気持ちだけは濃く、深く、誠実です。
そして今日子さんも厄介さんの誠実さに少しずつ心を許していきます。

この二人と取り巻く人々とちょっとだけの?推理でストーリーは進んでいきます。
(ドラマ自体は軽めのお洒落なケーキみたいなテイストのドラマです。)

さて、この2人の恋路が気になるところですが・・・
二人の関係性をよく表しているのが、このブログのタイトルにも使った
厄介さんが言った言葉。「今日一日を大切に」


細かい説明は省きますが、とあることで一度、二人はもう会えない状況になります。
その別れ際 厄介さんは今日子さんに言います。
「今日一日を大切に。幸せでいてください。」

今日一日を大切に・・・私はこの言葉を聞いたとき、この言葉の重みをしみじみと考えました。
今日子さんにとっては今日は今日。とても大切な今日です。
だって明日になると今日のことは忘れてしまい、すべてがリスタートするのですから。
今日子さんにとって一番大切なものは何であるのか、を理解しているから
厄介さんの口からのこの言葉が出てきたのでしょう。

しかし、この言葉は今日子さんのような人にとってのみ重要な言葉なのでしょうか?
いいえいいえ、すべての人に言えることではないでしょうか。

今日は今日、今は今。過ぎてしまうともう二度と同じ時は訪れません。
それがわかっているようでわかっていないようで・・・
わたしたちは毎日を怠惰に無駄に過ごしてしまいがちですよね。

こんな私も毎日「今日一日を大切に」と思って精一杯生きて行こう。
今日できることは、今日やるべきことは 
明日に引き延ばさず、明日に頼らず今日やろう!
今この瞬間を一瞬一瞬を生きて行こう。

そう・・・今日子さんのようにいつも明るく前向きに!!

そんなことを思わせてくれる言葉でした。


ところで、この2人の関係はどのような展開で終わったと思いますか?

それは・・・
よかったらDVDをご購入されて、
またはhuluのWEB配信を申込んで確認してみてください。

とても素敵なラストシーンが待っています。
私は録画を10回くらい見返したくらいです。
そして、なんと!冒頭のクイズの回答の半分はこのラストシーンにも隠されています!
ここでは今回のメインテーマとずれてしまうので、言うのはやめておきますね、すいません。

それではお後が宜しいようで。to be continued...
posted by michel at 13:10
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月27日

ToDoリストはストレスリスト?

最近寒いですね。

朝、なかなか起きられない。
やることが沢山あるのになかなか手が着かない。
目の前のタスクがどうしても片付けられない。

この課題は永遠の様な気がします。
若いとき?は何とか体力と気力でこなしてきた気がしましたが、
最近、どうもなかなか難しくなってきたみたいに感じてきました。

心や身体と反して意識的に(頑張って)対応することは、なかなかストレスが溜まるものです。
これを無意識にしていくことで、楽になっていくのではないかと考えました。

体内時計って良く聞きますよね。
90分の1単位として睡眠の波の活用して、朝起きたい時間から逆算して寝るようにすると
最近、目覚ましをつけずに起きられるようになりました。
ぱちりと目を冷ますと丁度のタイミングなので、自分も驚く程です。
そして後一歩、布団の外に出る事が難易度の高いハードルなので、
これを下げるため、目覚めに合わせて部屋を暖めておくと、
すんなりスタートが切れるのです。

しかしこの一番の課題は朝起きることではなく、実はきちんと夜寝る方なのです。
テレビやスマフォやお酒、、なかなか誘惑が多い夜ですが、
特にお酒が入るとこの体内時計が狂うので、大好きなお酒も平日はなるべく控えることも、
ちょっと課題です。

この体内時計、ダイエットにも関係するんですって。
起きてから14時間(若い人は16時間、平均15時間)後、身体が眠くなるホルモンが
出てきますが、この時間以降の食事は身体が脂肪をため込みやすくなるのです。
最近、ちょっとだけ気にしてみてます。


昨年末に、厚生労働省から「ストレスチェック制度」が義務化されましたね。
マイナンバーに続き総務はかなりご立腹でしたが、法制度かされるぐらい
社会的な問題になっているという事でしょうか。

「〜しなければならない」は、社会活動していくためには必要な事ですが、
これがじわじわとストレスに繋がってくるように感じます。

ToDoリストを書いて、それを消していく。

簡単なことでも、どうしても進められないことがあります。
解ってるけどなかなか。
もっと身近な事で考えてみると、片付けなどはいかがでしょう。
見えてるけど、手が付かない。。
“やるきスイッチ”はなかなか入らないものですよね。
「自分のため」の作業はどうにでもなってしまう為、特にです。

しかし、仕事の場合はそういうわけにはいきませんね。
人は誰かのためを思うことで、動けるものだと誰かが言っていました。
仕事も、お客様のために「喜んでいただく」とか「必要としている」と置換してみると
少しは意識が変わるのではないかと思います。

と、少しずつ頭を置換しながら、試行錯誤中です。
・・なかなかそう簡単にはいきませんけどね。

しかし「しなければならい」が溜まると無意識にストレスが溜まって行くことは確かです。
ToDoは「やることリスト」ですが、「しなければならないタスク」ではないリストとして、
さらりとこなして行けるようなると、良いですね。


posted by まっくす at 08:12
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月14日

集中するにはどうしたらいい?

こんにちは

ミッシェル(michel)です。
さて、今回は"集中するには"という"学習"とちょっと近いお話をしたいと思います。

早いものでもう12月も中旬。
今年もあと二週間ですね。

12月は 師走(しわす)とも言いますが、この文字の通り
あちこちに走り周り、慌ただしく過ぎていくイメージがあります。
みなさんはこの師走をどうお過ごしですか?

SATT社内も忙しく走りまわる人々で非常に慌ただしく、
仕事に集中するのが少し困難な時期になります。

私の個人的事情なのかもしれませんが、周りの人々の声や音で
気が散り、集中できないことが多々あるのです。

そこで考えました。
集中するにはどうしたらいいのか?

まずは集中力の妨げになっている音を聞こえなくすることです。
それにはヘッドフォンやイヤフォンをつけることが手っ取り早いですね。

しかしそれだけでは外から漏れてくる音は遮断できません。
そこで音楽を聴くことにしました。
何の音楽を聴いたのかって?それはもうこれしかないでしょう。
クラシックですよ。

さて、ここで1つ疑問。
巷でよく言われている「クラシック音楽を聴くと集中力が増す」
は、どれだけ正しいのでしょうか?

そうです。勿論自ら体験して、検証してみましたのでご報告します。

モーツアルトが特によい とよく言われるので
まずはモーツアルトを聴いてみることにしました。

アメリカのネイチャー誌で、1990年代に大学教授3人がモーツァルトを
講義中に聴かせたところ、学生の集中力がアップしたという研究結果を
発表したことがあるそうで、モーツアルトは期待大です。
情報源はここ

モーツアルトの旋律は非常にメロディアスで、時にはドラマティックで
また時には軽快で非常に心地よいです。
でもなんか違う。
心地よすぎるのです。
集中するというよりは午後のお茶を飲んでまったりしたくなるのです。

私が集中して行いたいのは、アイデアと思考を伴うものなので
まったりしてはいけないのです。
だからモーツアルトは却下!(ごめん、天才モーツアルトよ。)


そこで次に自分が好きな音楽を聴いてみることにしました。

みんな大好きショパンのピアノ曲は、しみじみセンチになりすぎるから却下!
琴線に触れすぎるとアイデアと思考を伴う作業が止まってしまいます。

ワルツのヨハンシュトラウスは、楽しすぎて踊りたくなるから却下!
アイデアと思考を伴う作業は、辛い産みの苦しみであるので楽しすぎると
産めないのです。

では次に大好きな
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 第3楽章
YouTube辻井さんの演奏
お、これはいい!すごくいい。
集中できるのみならず、脳みそがロシアの大地のごとく広がり、
脳に刻まれた皺は、大地を流れる川のごとく冴える!
サクサク提案書作成が進んだ。感動のラストではやりきった感、ハンパない。
そうだ、これなんだ!ちょうどいいんだ。
「厳しさ」と「豊かさ」。両方を備えた音楽が適しているんだ!

ということでチャイコフスキーも試してみました。
私が好きなのは「悲愴」 第一〜第四楽章
YouTube小澤征爾とベルリンフィル
これもいい!すごくいい!
ロシアの作曲家は「厳しさ」と「豊かさ」をよく表現している人が多いのかな?
私の好みです。
きっとロシアの厳しくも豊かな大地を愛しているのでしょうね。

ここで結論。
仕事に集中したくなったらクラシック音楽は確かにいい。
でもどの曲がいいのかは、仕事の内容や好みによるので
みなさんも自分が集中できる1曲を探してみてください。

ちなみに・・・クラシックではないけれど、キスマイも結構
よかったです。歌詞が全く気にならなくノリで聞けるので
非常にリズミカルにサクサク仕事が進みました。

それではみなさん、ちょっと早いですがよいお年を(^0^)/~~
来年も宜しくお願いいたします。
posted by michel at 17:23
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年10月05日

拘ること・・・それだけでもうlearning=”学習”である5 室内サウンド編3(完結編)

こんにちは ミッシェルです。

さて、本日は拘り屋の私が5月と7月に書いた記事「室内サウンド編」の続続編をお送りいたします。

スマホのアプリ、イヤホン、サウンドバーシステム・・・と拘ってきた私ですが
前回の記事はこちら↓
 イヤホン編
 アプリ編
 室内サウンド編1
 室内サウンド編2

前回の室内サウンド編2では、
PCからbluetooth接続で、サウンドバーで音楽を聴くということに挑戦した結果を
ご報告いたしました。
PCではAIMPというPlayerを使い、WASAPIで再生すると音の質がよいという結論になりました。

さて、まだまだ私の探究は続きます。

★★APTXを知る★★
いろいろ調べていると、bluetoothで音声を無線で送信するとき、
音声ファイルは一旦圧縮されるそうで(これは「コーデック」と呼ぶそう)
そのコーデック方式にはいくつか種類があり、
その方式によっても音質が違うそうなのです。

また、このコーデックは送信する側と受け取る側の両方の対応が必要になります。

最近では、APTXという方式が音質が最良と言われています。

ん??そこで疑問。一体私は何の方式を使っているのだろう??
接続する時に何も聞かれなかったし、何の設定もしなかった。
APTXにしたら、どれだけ音質がいいのだろう?是非体験してみたい!!

そこでいつものように調べてみました。

★★コーデックの種類★★
まずは、そのコーデック方式の代表的な例として、SBC、AAC、aptXの3つが
あるそうです。

○SBC・・・標準(必須)コーデック
      利用出来る機器が多い
      高音域を消してしまう為、低品質な音楽再生になる
      圧縮送信時にタイムラグが発生する

○AAC・・・送信時のタイムラグがほぼ無くなっている
      高品質な音楽を楽しむ事が出来る
      主にiPhoneで使用されている

○aptX・・・圧縮率がSBCと比べて格段に少ない
      高品質な音を楽しむ事が出来る
      タイムラグもほぼ無い
      主にAndroidで使用されている

コーデックについてはエレコムのサイトがわかりやすいです。

★★PCの対応コーデックは?★★
私のPCは約3年前のもので最新ではないけれど、そこそこのスペックです。
でもPCの標準装備のコーデックはSBCになっているらしいです。
aptXを体験したいなら、bluetoothの送信機をオプションで購入する必要がある
ようです。
そして送信機は、それなりのメーカーだと5000円前後くらいはします。

送信機を買えばAACやaptXなどいろいろ対応しているので選択もできるみたいですが
このために新しく機器を買うのは、ちょっとためらってしまいます。


★★スピーカーの対応コーデックは?★★
PCだけ対応していてもだめです。
スピーカー側でもコーデックを合わせる必要があります。

さて、今使っているスピーカー(ONKYOのサウンドバーシステム)は、
APTXに対応しているのでしょうか?

製品カタログには何も書いてないので、サポートに電話して聞いてみました。

ONKYOの電話サポート担当者は、丁寧な方ではありましたが、
はじめは私の言っていることが通じないようで(笑)
「APTXってなに?」的な感じでしたが、

(多分、詳しい人は自分で調べるから電話なんてしないだろうし、
私のようにド素人のくせに、変に何かに拘ってサポートに聞く人も珍しいのでしょう。)

でもあちらでも詳しい人に聞いて下さり、
「カタログに何も書いてないということは、コーデックは基本のSBCでしょう。」
という回答でした。

ん〜
ということは、APTXを体験するには、
スピーカー用に受信機も購入する必要があるということです。


ええっ?!また買う?
そろそろ限界。
精神もお財布も。
もうそんなに物を買うのは嫌だ・・・


★★最後に1つだけ★★
そうです。買うなら最後に欲しいと思っていたもの1つだけにしよう。

欲しいもの・・・それは、お風呂で音楽を楽しみたい!という希望を
叶えてくれるもの。
防水の小型スピーカーでAPTXに対応するものを買ってみることにしました。
これならAPTXを体験できるし、お風呂だけでなくいろんな場所に持ち歩けて便利そうだから。

防水小型スピーカーといってもいろんなメーカーからいろんな品があるのですが、
1万円以下と予算を決めて、あとはデザインで決めることにしました。

買ったのはYAMAHAのNX-P100GL

決め手はアマゾンの評価がよかったのと、1万円以下で比較的安価であり、
アップルグリーンの色がかわいかったのと、四角いデザインが安定性を感じたし、
YAMAHAならいいものを作っているかな?という期待から決めました。

(値段はタイミングですごく変動するので要注意ですね。
 今は生産完了していて在庫がないからでしょうかね。高額になっているので
 おすすめはできません。)

★★念願のAPTXを体験する!!★★
お品が届いて、まずは手持ちのアンドロイドからSBCでの接続と
APTXでの接続を聞き比べてみました。

う〜ん、なんとなく・・・APTXの方がいい音かも??的な。程度。

ただ、重い動画を再生するとSBCだとすごい遅延が生じます。

なあんだ、この程度の違いなのか、というのが正直な感想です。
(わかりませんよ、私の耳が素人耳だからであって
玄人耳の方にはものすごい違いに聞こえるのかもしれませんよ)


次にアンドロイドからはAPTXで接続、
PCからはSBCで接続、で聴き比べてみました。

さて、どちらの音が良かったでしょうか?

じゃじゃじゃ〜ん

買ったのは、PCからのSBC接続です。
(あくまでも私のド素人耳での判断でのことですが。)

え?APTXが負けた?高音質なんじゃないの??

これは、そもそもPCからとアンドロイドからの比較が間違いのようで、
コーデックも同じ条件ならAPTXの方が確かに高品質だそうですが、
PCからとアンドロイドからでは、コーデック以外の違い
(再生プレイヤーや機材などの違い)の方が大きいみたいです。


★★結局★★
ええと、ということは、上記体験から、
bluetoothの送信機と受信機を買ってみても
「ん?まあ、よく聞くと確かにいいかも?」くらいで、
「わっ、こりゃあすごい!ものすごい!!ひゃ〜」
的な感動が得られるほどの違いがない可能性が高くなりました。

よって、現状維持、
PCからAIMPというPlayerを使いWASAPIで再生することで
満足することにしました。

そうです。
もうこれ以上機器は買わない。(きっぱり。)


はあ・・・拘ることも行き過ぎるとちょっと疲れる・・・

ただ、体験しなければわからなかったことが沢山あるので、
拘ってよかったですよ、もちろん。
室内サウンド編はこれで完結ですが、
今後もいろんな疑問は徹底的に調べて、拘り続けますよ!!
みなさん、こんな私ですが応援してくださいね。

to be continued
posted by michel at 18:51
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年07月21日

拘ること・・・それだけでもうlearning=”学習”である4 室内サウンド編2

こんにちは ミッシェルです。

さて、本日は拘り屋の私が5月に書いた記事「室内サウンド編」の続編です。
スマホのアプリ、イヤホン、サウンドバーシステム・・・と拘ってきた私ですが
前回の記事はこちら↓
 イヤホン編
 アプリ編
 室内サウンド編1

さすがにもうゴールしたと自分でも思っていたのですが、

なんとまたまた・・・・旅は続くよ、永遠に???

今回のサブタイトルは、『ド素人がBluetoothを使いこなすまで!!』です。

★Bluetoothとの出会い★
事の始まりは、シアターバーのリモコンにあるリボンを縦にしたみたいなボタンを発見したことです。
「ん?これは?何?どこかで見たことあるけど?」

早速マニュアルを見てみると「あ、そうか Bluetoothね」

実はお恥ずかしながら、用語は知っているものの、Bluetoothが何であるのか、何ができるのか
よく知らなかったのであります。もちろん、使ったこともない。

そこでネットで調べてみました。

なるほど、Bluetoothとはデジタル機器用の近距離無線通信規格の1つで、
例えば、スマホやPCとスピーカーを繋いで無線で音が聞けるのね。

「これって私のスマホにも使えるのかなあ・・・?あ、同じマークがある!」
よおし、それではやってみよう!!

★Bluetoothについて★
ここで豆知識。
Bluetoothって直訳すると「青い歯」なんでこんな名前なんだろう?って思いませんか?

はい、調べましたよ!
----------------------------------------------------------
Bluetoothは10世紀に即位していたデンマーク国王、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)の名前に
由来している。ハーラル・ブロタン王はノルウェーとデンマークを交渉により異なる種族間を無血統合
させた人物で「Bluetooth(青歯王)」という異名を持つ。Bluetoothはブロタン(Blåtand)を英語に
音訳したもの、つまり英語名。

“異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように「多数存在する無線通信規格を統一したい」”
という想いを込め、ブロタン王の名にちなんでBluetoothと名付けられた。
----------------------------------------------------------
なるほどね。名前の由来を知ると技術の内容も理解しやすい。

そしてあのリボンを縦にしたようなマークの由来はというと
----------------------------------------------------------
Bluetoothのロゴはハロルド・ブロタンの名前の頭文字「H」と「B」を北欧ルーン文字(長枝ルーン)
で表したもの。「h」は「*」のような形で、「B」はほとんどそのままの形。
----------------------------------------------------------
http://moto-neta.com/it/bluetooth/(引用元)

ということだそうだ。

★BluetoothでスマホもPCも繋いだぞ!★
さて、スマホとスピーカーの接続の件ですが、
とても簡単。
ほほーこれは便利!!
しかもとても快適。線がないってすごくいい。
いやいや、私はIT系の仕事をしてるくせに時代から10年くらい遅れてたな。
そして今、やっと追いついた・・・くう〜長かったぜ(涙)

これでは終わりません。やがてまた新しい事実に気づきます。

ん?待てよ、このリボンマークは、確かPCにもあった。
ということは、PCもBluetoothで繋げるってわけか。よおし、やってみよう!!

私はまずはPCで音楽を整えてからmicro SDでスマホに移動しているので
同じ音源がすべてPCにも残っています。家で長時間音楽を聴くならPCからの方がいいな。
というわけでPCからも挑戦。

接続はとても簡単。
ほほーこれは便利!!
しかもとても快適。うん、線がないってすごくいい。

折角の技術を持ちながらも使ってこなかった時間が勿体なく思えるほど。

★AIMPを使う★
これでthe end?

いやいや、まだまだ・・・終わらない。
ん〜なんかPCで音楽を聴いているとちょっと音質に不満足。
何故なら私はPCではMediaplayerしか使っていなかったのです。
PLAYERを変えるともっとよい音で聞けないかな?

いつもの如くネットで調べてみると、フリーでもよいPLAYERは沢山あるらしい。
特に評判のよいPLAYERは AIMPとfoobar2000というものみたい。
【AIMPについて】
http://www.aimp.ru/(製作者サイト)
http://www.gigafree.net/media/music/aimp.html(日本語版ダウンロード)

【foobar2000について】
http://www.foobar2000.org/(製作者サイト)
http://www.gigafree.net/media/music/foobar2000.html(日本語パッチについて)

この2つのうち設定が簡単そうなAIMPをインストールしてみました。

あ、音が全然違う。スマホのアプリと一緒ね。いいものはやっぱりいい。
(Mediaplayerさん、ごめんなさい。いままで長〜く付き合ってきたのに・・・)

★PCとスマホはどっちの音がいいの?★
となると、私の探究心はまだまだおさまらない。
じゃスマホとPCはどっちがいい音なんだろう?

じゃじゃーん。聞き比べてみました。
それぞれに聞いているときは不満はないんだけど、改めて聞き比べるとPCの方は今ひとつかなあ。
悪くはないんだけど、音がこもっている感じ。
AIMPは評判いいソフトなのに何故だろうなあ?

あ!AIMPにはいろいろ設定の場所がある。この設定が原因ではないだろうか?
とにかくいろいろ試してみよう!きっと改善の方法があるはずだ!

★WASAPIとの出会い★
AIMPの音声設定の選択肢の中にWASAPIとかいうのがある!!
ちょっと試してみると・・・音がすごくよくなる!!
臨場感あり、迫ってくる感じ。これはいい!

でもWASAPIってなんだ?
ネットで調べてみました。
WASAPIは、Microsoft Windows Vistaから導入された新しいオーディオAPIで、
それまでは、Windowsでは音声データは全て「カーネルミキサー」と呼ばれるところを通過するように
設計されていて、これにより音が劣化していたらしいのです。

WASAPIはこの「カーネルミキサー」を通さずに音を再生できるらしい。
なるほど〜これはいい。

WASAPIにもいくつか設定があるけど(もうこれ以上のことは難しくてよくわからないので)
WASAPI exclusiveという設定がとにかくよいらしいので、これに決めました。
かくしてWASAPIによりPCでの音質がぐんとアップして
スマホとPCではPCに軍配が上がることになりました。

私の音への拘りは全然ライトなのですが
音の幅や立体感・・・なんていうかなあ〜言葉では説明できない感覚的なことだけど
強いて挙げれば、普段は聞き流してしまうような、または意識的に聞かないような
もしくは聞こえてもいなかったような脇役の音がどれくらい聞こえるか?にだけは
拘っていて、(イヤホンに拘り始めてからのことです)

たとえば、アクセントにちょっと聞こえるシャランシャランという高音や
音程にもならないくらい低いところからうなるように響いてくるベース音や
曲の終わりのグイーンという音が消えるまでの余韻とか
そういうものが聞こえると音楽がとても立体的に深く濃いものに聞こえるのです。

★まだまだ続く★
いやあ〜、今回もいろいろ学んだ。

サウンドバーシステムが、購入したときの本来の目的(PCやビデオを高音質で聞く)ではない用途で
私の中で進化しました。
物って買ってみないとわからないものですね。買わなければ何も起こらなかった。
しかし買ったことにより、どんどん探究心が沸いてきて、新しいことを学び、生活も変わって
来ます。いやあ、これは楽しい♪これぞラーニング♪♪

実はまだまだ続きます。続きは後編に書かせていただきます。
Bluetoothについてももっといろいろ学んだのでありますが、書ききれなくなってしまったので。
乞うご期待でございます。

ではまた二ヵ月後に〜♪
posted by michel at 11:56
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年05月11日

拘ること・・・それだけでもうlearning=”学習”である3 室内サウンド編

こんにちは ミッシェルです。

さて、本日は拘り屋の私が10月と3月に書いた記事の続編です。
スマホで快適なミュージックライフを満喫するためにイヤホンと音楽アプリに拘った私ですが
前回の記事はこちら↓
 イヤホン編
 アプリ編

移動中によいイヤホンで快適に音楽を聴き始めて、家に帰りはたと気づいたことがあります。

・・・それは、家の中では快適に音楽を聴ける環境がない!!っていうことです。

ステレオはとうの昔に壊れており、すやすや眠り続けています。
だから音楽CDもDVDも現在は BD Player→テレビ出力で聞いています。

テレビは10年くらい前の液晶で、結構大きなスピーカーがついているので、
発売当時はそれなりにサウンドも売りだったはず。
でもなんだかなあ・・・ちょっとなあ・・・いろんな面で音が中途半端。
ちょっと高音だと、ビリビリ言うので、音量をすごく下げる有様。
これでも拘る前はあまり気にしてなかったのですよ。
しかし、音に拘り始めると、少しでもいい音を聞きたい!感動したい!!
っていう欲求がムラムラ・・・もう抑えられませんっ。


そこで考えました。
この現状を打破するためには・・・


そうだ!スピーカーを買おう!!←なんだ単純っ!


新しいステレオを買う手もあるけどDVDもよい音で聴きたいし、
ホームシアターを購入するほど場所とお金に恵まれているわけではない。
でも、よいものにはしたい!

貧乏だけど拘り屋の私は、そこそこの費用で最適なスピーカー購入を
目指し、汗だくになり調査いたしました。はあっ

本日は、そのご報告をいたしたいと思います。


まず始めにamazonでそこそこの費用で評判のよいスピーカーを探しました。

・ふむふむ、1万円ちょっと出せば そこそこのが買えそうじゃあないか。
・今どきのスピーカーは、PCでもテレビでも共通に使えるのね。
・あの有名なBOSEのスピーカーも廉価のものもあるんだあ。
・ONKYOっていうメーカーが良さそう。(ドンシャリ系ではなく、上品でナチュラルな
音が聞けそう)
・ONKYOは名前が好き。音の専門っぽくて(ただのイメージだけど)

よし決めた!予算3万円(安っ?)
この範囲で可能なスピーカーを探そう!!


・・・とさらにいろいろ調べていたところ、サウンドバーシステムなるものに
行き当たりました。

なんだこれ?うすっぺらいやら細長いやら。スピーカーとはどう違うの?
こんな小さくていい音がでるの?
これはホームシアターシステムの1部分?これだけでも使えるの?

はぁ〜なるほどぉ〜。
ホームシアターシステムの1部分のものもあれば、単体で使えるものもある。

そして、amazonのコメントを読むと、単体でもホームシアターシステムには及ばない
ものの、かなりい満足度が得られそうなことがわかった。


よし、決定。


私はONKYOのサウンドバーシステムを買うぞ!値段も2万5千円くらいだ。ちょうどいい。
LS-B50 サウンドバーシステム


でもね、買う前にやっぱどんなものか聞いてみなくちゃね。

行ってきました、お馴染みヨドバシカメラ。
聞いてきました、サウンドバーいろいろ。

ONKYO、BOSE、パイオニア、ソニー、DENON・・・みんな悪くないね。
スピーカーはちっちゃいけど、音が広がって聞こえてくる。

中でも目的のサウンドバーシステムLS-B50は、確かによかった。
サブウーハーから響いてくる低音は主張はしない程度だけどグワ〜ンと
響いてきてグッドです。

よし、これだ!びびっときたぜ。

ちゃっちゃと決めた私は、今は購入手続きの段階まで来ております。

楽しみだなあ〜

これで聴けば家でもあの歌手のあの歌が心に響くような音で聴ける。

泣くだろう、うん、きっと泣くね。
楽しみだなあ〜
(メルマガのタイミングがもうちょっと遅ければ、感動のレポートも
書けたんだけですけどね・・・また更新しますね。)


さて、今回もいろいろ勉強になりました。
何かを追及すると、必ず新しい発見がある、これすなわちlearningです。

to be continued

〇ミッシェルの拘り=learningシリーズ
イヤホン編
 アプリ編
posted by michel at 17:16
エンターテインメント | コメント(2) | トラックバック(0)