『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2011年03月08日

eラーニング教材もワンクリックでiPad対応?Flash→HTML5変換ツールAdobe Wallabyを試してみました

Flashファイル(.fla)をHTML5にコンバートするツール、Wallaby(ワラビー)のpreview 1が、Adobe Labsにて公開されました。

■ Adobe Wallaby (Adobe Labs)

eラーニング教材はアニメーションやナレーション音声などを多用するので、Adobe Flash(.swf)で作成したコンテンツが多いと思います。しかしせっかく作成した学習教材ですから、iPhoneやiPadなどでも利用していただきたいですよね。
その願いがアドビ純正ツールとして(プレビュー版ですが)ついに登場です。

さっそく試してみました!
以前にFlashで作成したSATTのデジタル年賀状コンテンツを、Wallabyで変換したものがこちら左斜め下です。

!注意!
HTML5版は「Safari(PC、iPadなど)」または「Google Chrome」でしか正しく表示されません。
IE、Firefox、Operaでは動作しません。


■ Flash(.swf)版 年賀状

■ HTML5版(上記のFlash版をWallabyで変換)

  JavaScriptファイルを見ると、Webkit特有の指定があるようです。
  そのため現段階ではSafariとChromeだけのようです。
  (変換後のファイルでは、SVGやjQueryを利用しています)
  まずはiPad/iPhone対応に全力、ということでしょう。

比較すると…
・音が出ない
・クリックなどが効かない
・アニメーションがやや不安定
などがありました。

しかし「preview 1」というファーストバージョンでこの動きなら、なかなか期待できるのではないでしょうか。
iPadでも動作を確認しましたが、PCのSafariと比べるとちょっとアニメーションがもたつく感がありました。透過やメモリ、フレームレートとかの調整すればスムーズになるかもしれません。
クリックなどもActionScriptを調整すれば、動くようになるのかもしれませんね。

ちなみに変換はFLAファイルをドラッグ&ドロップしてボタンを押すだけです。簡単ひらめき

e-Learning学習教材ですとSCORMなどの履歴関係もあるので、いきなりワンクリックでHTML5に!とはいかないかもしれませんが、アドビが本腰を入れてきているので期待できますね。CaptivateからHTML5へ直接パブリッシュ、とかも今後はありえるかも…!?

以上、速報でした!たいちょ

たいちょ たいちょ@Twitter
posted by たいちょ at 18:48
eラーニング デベロッパー | コメント(1) | トラックバック(0)
2010年01月04日

AEDとeラーニング

新年あけましておめでとうございます。

今年もSATTメルマガを宜しくお願いいたします。

最近良く見かけるものにAEDがあります。
病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設などでも見かけるようになりました。
AEDとは、自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき、Automated External Defibrillator,AED)といい、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器です。
この医療機器は、2004年7月から医師の資格がない一般人でも操作を行うことができるようになりました。
しかし、このような立派な機器でも使い方がわからないと意味がないと思われる方もいるでしょう。
でも、AEDは音声ガイダンスによって順番に操作ができるよう、子どもからお年寄りまで操作することができるようになっています。
しかしながら使用上の注意点などもあるため、講習を実施している自治体もあります。指定場所に集合して人形などで実施体験させるものです。
これとは別にAEDの提供会社などでは、eラーニングにて使用方法を説明しています。こちらは時間と場所に関係なく学習できるので便利です。
http://www.fukuda.co.jp/aed/flow.html フクダ電子
http://www.secom.co.jp/business/medical/pop_aed.html セコム
このようにeラーニングは身近なものになっています。
これからもeラーニングは社会の中に導入されてくるものと思われます。
posted by Pちゃん at 17:52
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年04月17日

久しぶりにSCORMネタっす

久しぶりにSCORMネタの投稿です。
と言っても日本ではイマイチ普及していないSCORM 2004ネタですけど…。

実は先月末になりますが、ADLでSCORM 2004 4th Editionに関するOverviewが公開されました。
SCORM 2004 4th Edition Overview

3rd Editionからの変更に関する概要は以下の通りです。

※概要訳です。
・同じツリー内であればSCO間のランタイムデータ情報が共有できる
・同じツリー内であればSCO間のオブジェクト情報が共有できる
・シーケンシングモデル無しでもSCOの移動ができる(HTMLのリンク的なイメージ?)
・部分的な完了報告によるロールアップ遷移の強化
・SCORM Test SuiteとSCORM Sample Run-Time Environmentのアップデート
などなど。

結構テンコ盛りなイメージ。でもやっと普通にWEBでできる事が再現できる様になった感じですかね。

しかし、SCORM 2.0も進行しているとのウワサがある中、いよいよもってJapanはどうするか試される時期になりましたかな?
posted by ヤマモトヤマ at 16:03
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年03月17日

SCORM Packagerを使ってみました!!

Adobe eLearning Suiteにしか入って無いと思っていたのですが、実はAdobe Captivate4にも同梱されていました…ふらふら
で、使ってみた感想なのですが「まぁまぁ使えるのではないか」と結論付けます。

と言うのも、今までのAdobe製品では1SCOのみをパブリッシュしていて、他のSCOと組み合わせて1つのコースで配信を行う場合は独自にその組み合わせ部分に関するマニフェストを作らなければなりませんでした。

実はこのマニフェストの作成。ちょっとしたSCORMの知識が必要で、お世辞にも簡単とは言えないシロモノなのです。

しかしこのSCORM Packagerはそれら個別にパブリッシュされたSCOを読み込んで再構成することができ、なおかつSCORMに対応したマニフェストも付けて再パブリッシュしてくれます。

まだまだ検証段階ですが、一応CaptivateとPresenterを組み合わせたSCORM 1.2パブリッシュは弊社のLMSで動作確認できました。
例によってAdobe製品なので若干のコツはありましたが、「まぁまぁ使えるのではないか」と思います。

Adobe eLearning Suite 徹底解剖 無料セミナー
posted by ヤマモトヤマ at 12:02
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年11月10日

Adobe CS4 日本語版 発表

Adobe CSフォー!


日本語版が発表されましたフォー!


――― 注:ここからは頭の中でHGの声に変換してお読みください ―――


セイセイセイだ〜れですか『絶対誰かがネタにすると思ってた』なんて言ってる人は〜


CSフォー!ですよフォー!


なつかしいですか〜!?でもまだ3年ぐらい前なんですよ〜


残念!ゲッツ!


このブログでも、eラーニング(e-Learning)Flash CS4(フラッシュCS4)の記事とか書いてますからね〜!

■Adobe CS4(Flash CS4)とFlash Player 10で、eラーニングを変えられるか


m-Schoolのブログエムスクール風な何か、でもバチコ〜イなCSフォー!の記事を掲載してるのでみなさん見てくださいね〜!

■Adobe CS4関連記事(エムスクール風な何か、)



ふらふら


Adobe Creative Suite 4 (アドビCS4)
■Adobe Creative Suite 4(CS4) CD 送料無料で販売中!
posted by たいちょ at 11:39
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年10月20日

Adobe CS4(Flash CS4)とFlash Player 10で、eラーニングを変えられるか

Adobe Creative Suite 4(アドビ クリエイティブスイート4)英語版が、米国にて先日販売開始されました。
またAdobe Flash Player 10(アドビ フラッシュプレーヤー10)正式版も、同時期にリリースされました。

■Creative Suite 4 family(Adobe Systems)
■Flash Player 10 ダウンロード(アドビ システムズ)

■Adobe CS4(Creative Suite 4)米国にて販売スタート(エムスクール風な何か、)
■Flash Player 10(フラッシュプレーヤー10)登場(エムスクール風な何か、)


今回、特にFlash CS4(フラッシュCS4)が大きくバージョンアップしています。

■Adobe Flash CS4 Professional(Adobe Systems)

■CS4(Adobe Creative Suite 4:アドビ クリエイティブスイート4)公開!(エムスクール風な何か、)
■シリーズCS4−Flash CS4はどうかわる?(エムスクール風な何か、)

eラーニング教材の制作者としては、今回のバージョンアップで何ができるのか、またどのように工数削減や効率化をはかれるのか、気になるところかと思われます。

eラーニング制作者の視点で見た、Flash CS4&Flash Player 10のポイントを4つ列挙してみます。

3D機能


ついに3D機能が搭載されました!
3Dデータをインポートして利用するもよし、2DデータをFlashで疑似3D化して利用するもよし、使い方はかなり広いと思います。
eラーニングの場合は、たとえば

・CADデータなどをリアルタイムで動かしながら見せるコンテンツ
・数学などの学習をリアルタイムで確認したり変化させてみせる教材
・メニューやフレーム、表示ウィンドウなどを3Dにしてユーザーの興味を引かせる
・3Dキャラクターがナビゲーターに

など、いろいろできそうですね。特にユーザーのインタラクティブな情報をそのまま3Dに反映させることができるので、教育効果という点でも大きなアドバンテージがありそうです。

インバースキネマティクス(インバースキネマティック)


3DモデリングソフトやPoserなど愛用されている方はおなじみの機能、インバースキネマティクス(インバースキネマティック:IK)が搭載されました。
先ほど3Dキャラクターと書きましたが、いままでのFlashでは、キャラクターを自由に動かすのはちょっと難しかったりしました。自然な動きにするには、結構な微調整が必要だったんですね。
これを回避するためには、いろいろなテクを使用してそれっぽく見せたりしますが、正式にIKが搭載されたことで、ボーンを作って簡単に制御できるようになります。複雑なモーション時に、特に威力を発揮しそうです。

高度なテキストサポート


テキストのレンダリングエンジンが一新されました。
縦書きに正式対応し、動的テキストにもアンチエイリアスがかけられます。ユーザーのインタラクティブな入力が必須となるeラーニング教材ですので、これは非常に嬉しい機能ですね。国語の教材などで縦書きとかも多用しそうです。

H.264 サポート


H.264コーデックが正式サポートされました。
ブロードバンドがあたりまえの時代になり、最近ではビデオ配信のe-Learning Videoの需要が増えてきているようです。その際、画質とデータサイズの問題が必ず出てくるのですが、Blu-rayやAVCHDなどで利用されているH.264を使用することで、この問題がクリアできます。地デジも一般化してきましたが、eラーニングでもハイデフ(High Definition:高解像度)の時代がやってきますね。

このほか、オブジェクトベースのアニメーション指定ができたり、モーションエディターが追加されたりなど、編集面でも大きく改良されています。

再生するにはFlash Playerのバージョン10が必要になりますが、日本での9の普及率はかなりのようです。10もすぐに利用できる環境になりそうですね。たいちょ


アドビ認定トレーニングセンター m-SchoolではCS3の講座開催中です。CS4登場までの間、CS3講座で準備!パンチダッシュ(走り出すさま)



Adobe Creative Suite 4 (アドビCS4)
■Adobe Creative Suite 4(CS4) CD 送料無料で販売中!
posted by たいちょ at 12:44
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(1)
2008年04月16日

Adobe AIRチュートリアルの掲載

現在注目の技術「Adobe AIR」ですが、いまだ良くわからない方も多いのでは?

アドビ社ではAIRコンテストと称してAIRを用いたさまざまな作品を募集し、これを広く世間に公開することでより身近にAIRを認知してもらうイベントを今月8日からスタートしました。

〆切は6月6日で発表もその月にに行われます。
この機会にぜひAIRに触れ、作品を残してみてはいかがでしょう?
詳しくはAIRコンテストサイトまで

また、コンテストに参加するサポートとしてADOBE DEVELOPER CONNECTION に「Dreamweaver / Flashユーザ向けAdobe AIRチュートリアル」を連載しています。
全10回シリーズでDreamweaver編/Flash編ともにAIR開発環境セッティングから始まり、Webサービスを読み込んでDreamweaver/Flashの特徴を活かしたAIRアプリケーションを構築するところまで細かく開設しています。

株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ 鈴木氏が開発されたAdobe AIRのサンプルアプリケーションを元に、弊社AIRプロジェクトチームがチュートリアルを作成しています。
(作成秘話はm-Schoolブログ参照)

チュートリアルの情報はこちらのサイトまで

これで皆さんもAIRに近づける!!
posted by Dario at 09:44
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年08月21日

eラーニング環境を変える?Flash CS3でAIRファイルを作るアップデータ登場

AIR(コードネームApollo)のパッケージファイルを、Adobe Flash CS3から作成できるようになるアップデータが、ついに登場しました(ベータ1ですが)。

■AIR:Flash CS3 Professional Update(Adobe Labs)

これで、Dreamweaverのエクステンションとならび、

■AIR:Dreamweaver CS3 Extension(Adobe Labs)

AIR化できる環境が一気に整いはじめてきましたね。Flex 2からでもいいのですが、やはり気軽にFlashから作成できるのは大きなアドバンテージ。ちょっと試してみましたが、簡単なコンテンツでは問題なく動作していました。AIRを利用することで、ネットワークにつながらない環境でもシームレスにeラーニングを行うなど、いろいろな可能性が広がりそうです。正式版に向けての展開が期待されます。たいちょ
posted by たいちょ at 15:42
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年05月09日

Adobe Creative Suite 3(CS3)でeラーニング自由×自在

Adobe Creative Suite 3 Web PremiumAdobe Creative Suite 3 日本語版(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)が発表されました。

■Adobe Creative Suite 3(アドビ システムズ)

■Adobe Creative Suite 3(CS3:アドビ クリエイティブスイート3)日本語版 発表(エムスクール風な何か、)
■Adobe Creative Suite 3(CS3)発表:アドビ史上最大のリリース、出てこいや!(エムスクール風な何か、)

アドビ システムズが「過去25年の中で史上最大のリリース」と位置づけたCS3は、Photoshop、Illustrator、Flash、Dreamweaverなどの主要な制作ツールがすべてバージョンアップしました。そこで今回はこのCS3がeラーニングをどこまで変えられるのか!?を簡単に予測してみたいと思います。たいちょ


■Adobe Flash CS3 Professional(アドビ システムズ):フラッシュCS3 プロフェッショナル
PhotoshopやIllustratorからシームレスに読み込み可能になったことは制作側としての大きなポイントの一つですね。今まではPhotoshopやIllustratorから一度ファイルに書き出したり、コピー&ペーストしてもうまくいかないケースがありました。しかし今後シームレスになることで、デザイナーとフラッシュクリエイターとの作業分担がスムーズになりそうな気配です。
デバッガの機能がアップしたところも、地味ながら効率化に一役買いそうです。eラーニングのコンテンツはテスト問題や得点計算など、ActionScript(アクションスクリプト)を多用する場面が多いので、不具合を迅速に修正できるのはとても助かります。

■Adobe Dreamweaver CS3(アドビ システムズ):ドリームウィーバーCS3
Spry(スプライ)が搭載されました。SpryはAjax(エイジャックス)用のフレームワークで、ブラウザー上でリッチなコンテンツを作成することが可能になります。

■Adobe After Effects CS3(アドビ システムズ):アフターエフェクトCS3
最近のeラーニングコンテンツでは、映像による解説が多く見られます。After Effectsを利用することで、映画のようなSFX効果を簡単に付けたり、話者とコンテンツをダイナミックに合成したりできます。

■Adobe Premiere CS3(アドビ システムズ):プレミアCS3
上記After Effectsは映像に特殊効果を付けるツールですが、こちらのPremiereは長いシーンのビデオを編集する際に活躍します。After Effectsとの連携が強化されたので、余分なファイルをエンコード(ビデオファイルに書き出し)する必要がなくなるようです。

■Adobe Ultra CS3(アドビ システムズ):ウルトラCS3
ブルー(グリーン)スクリーンの前に人が立って撮影し、背景と合成することで非現実的な場面などを作成できるツールです。一般には「クロマキー」とよばれますね。解説がメインとなるビデオでのeラーニングでは、活躍する機会が増えそうです。

■Adobe Soundbooth CS3(アドビ システムズ):サウンドブースCS3
たいちょの個人的な意見ですが、eラーニングは音楽にもっと力を入れるべきだと思います。たとえば映画でも、音楽がなければ感動も何もありません。逆に音楽を聴いただけで、胸にグッとくることもあると思います。
感動も学習も、記憶のひとつです。「勉強に音楽は必要ない」などと思わず、積極的に効果のあるサウンドでeラーニングできれば、と考えています。
で、このSoundboothですが、サウンドファイルの編集はもちろんですが、オートコンポーザ(自動作曲)機能が魅力的です。またFlash用のアニメーションキューも設定できるので、曲に合わせたコンテンツが簡単に作成できそうです。

■Adobe CS3 Device Central(アドビ システムズ):CS3デバイスセントラル
携帯用のコンテンツは、今後eラーニングにおいて重要視されるのは間違いありません。時間があるときに、いつでもどこでもさっと勉強…は、理想的な学習のひとつでもあります。Device Centralを利用することで、CS3での統合的なモバイルコンテンツ制作環境を得られるようです。


また今回のCS3から、バージョンアップするためのアップグレードポリシーが変更されます。アップグレード対象が過去3バージョンまで、となりますのでご注意ください。
■アップグレードポリシー変更について(アドビ システムズ)
posted by たいちょ at 14:34
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年03月19日

Adobe Apollo(アポロ)アルファ版ダウンロードスタート!アポロはeラーニングを変えるか!?

ついに登場、Adobe Apollo(アポロ)のアルファ版がダウンロード開始です。

■Adobe Apollo(Adobe Labs)
■Apollo:Applications:Samples(Adobe Labs)
■Public Alpha of Apollo Debuts on Adobe Labs(Adobe Systems)

ランタイム、SDK、Flex Builder(フレックスビルダー)エクステンション、ドキュメント、サンプルファイルなどがダウンロードできます。

Apollo(アポロ)はeラーニングに最適かの記事でも記しましたが、Apolloはeラーニングのプラットフォームとしてかなり適していると思われます。まだアルファですのでこれからですが、早い段階で確認を進めた方がよさそうですね。

もちろん、さっそくインストール開始。普通に動かすと普通にアプリやユーティリティが動いているだけに見えますが、これがFlashやFlexで作成されている、というのがポイントですね。既存のeラーニング教材も、バージョンアップして再利用できるかもしれません。たいちょ

(追記)
続々とニュースサイトで掲載されています。
■Adobe、Apolloの公開α版をリリース(ITmedia News)
■アドビ、次期プラットフォーム「Apollo」アルファ版を公開(ZDNet Japan)
■「これがApolloだ」 Adobeの次世代デスクトップアプリ用ランタイムリリース(CodeZine)
posted by たいちょ at 14:14
eラーニング デベロッパー | コメント(0) | トラックバック(2)