『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2009年07月21日

ケータイはタッチパネル、ソフトはオンライン販売が主流に?

モバイル端末でeラーニング


少々古い記事になってしまいましたが、シンガポールにてCommunicAsia2009というイベントがあったようです。

参考:
アジア発のケータイトレンド――「フルタッチ」と「Android」

> 2009年6月16日から19日まで、シンガポールのシンガポール国際会議場でアジア最大規模の通信関連展示会「CommunicAsia 2009」が開催された。携帯電話各メーカーが新製品を多数発表したが、共通して見られたトレンドの1つが、大型タッチパネルディスプレイを搭載した“フルタッチケータイ”である。


CommunicAsia 2009:「アプリケーションストア」で加速する海外ケータイのエコシステム

二つの記事を読んで、現在のケータイの大きな流れとして、

 ・タッチパネル
 ・アプリ販売のオンラインストア

があるようです。

どちらも真っ先に浮かぶのは、iPhone/iPod touchですが、今後はApple一社の現象ではなくなっていくのかもしれません。

実際、先日、docomoより日本初のAndroidケータイも出ましたが、
googleもすでにオンラインストアが準備されています(Android Market)。

様々なケータイ端末に直接、学習コンテンツをお渡しできるようになれば、もっとeラーニングを身近に行うことができるようになるかもしれません。

W-ZERO3が採用しているWindows Mobile OSに対応したストアもマイクロソフト社より準備中のアナウンスも出ていますので、今後の展開が楽しみです(Windows Marketplace for Mobile)。
posted by モバイル推進委員1号 at 11:48
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(1) | トラックバック(0)
2009年05月26日

NI+C SOLUTION SQUARE 2009出展報告

5月22日に日本情報通信株式会社様主催のNI+C SOLUTION SQUARE 2009が開催され、SATTではTouch POPをご紹介するブースを出展させていただきました。お越しいただきました皆さま、大変ありがとうございました。

日本情報通信株式会社様では、「クラウドコンピューティング」「ビジネスインテリジェンス(BI)」「EDI」をキーワードに今回のイベントを開催されましたが、なぜTouch POPも出展させていただけたのか。。。

Touch POPサービスは日本情報通信様の目指すクラウドコンピューティングの一例として当てはまるということが、大きな理由のひとつです。

「電子POP」、「デジタルサイネージ」というと、どうしても店頭でビデオをリピート再生しているもののイメージが拭えませんが、Touch POPの場合、コンテンツをサーバ上で作成し、端末をサーバで集中管理、集計データもサーバ上で確認可能。この根本的な仕組みがクラウドコンピューティングとマッチしました。

SATTブース風景
IMG_0502.JPG

当日は、ブース出展だけでなく「クラウド」、「BI」、「EDI」それぞれに関するセミナーも開催され、大盛況でした。もちろんSATTブースにも普段お会いできないような数多くのお客様に足を運んでいただき、Touch POPをご紹介させていただきました。

そこでガジェット王子が感じたこと。
やはり電子POPやデジタルサイネージは、どういったシステムを展開していくかだけでなく、お客様それぞれにマッチしたご提案ができるかがカギとなるということ。SATTがTouch POPを展開するうえで重視する「お客様のビジネスにあわせたTouch POP活用スタイルのご提案」は間違いではなかったと改めて実感したイベントでした。

6月4日には、電子POP導入に関する無料セミナーを開催させていただきます。電子POPの導入を検討中の方はもちろんのこと、既に導入されているけど効果がわからないといった方、消費者の生の声をマーケティングに活用したいとかんがえてらっしゃる方、「電子POPってどうなの?」といった方のご来場をお待ちしております。

「ライバルに差をつけろ-一歩先行く電子POP導入セミナー」



購入顧客だけでなく、来店しただけの潜在顧客の声まで拾い上げ、それをリアルタイムに確認できる。こんな電子POPは今までありませんでした。

このセミナーでは、電子POPを活用した新しいビジネススタイルをご提案します。

開催日時:2009年6月4日 15:30〜17:30
対象者
メーカー系:
販売企画担当者さま、 商品企画担当者さま、 マーケティング担当者さま
流通系:
販売企画担当者さま、 仕入れ担当者さま、 店舗設計担当者さま

講座内容
・一般的な電子POP
・次世代電子POPに望まれること
・Touch POP
   ユーザ参加型電子POP
   ユーザ動向の取得
   取得データの利用例
   最新情報の配信
・Touch POP展開例
・Touch POP運用サポートサービス

詳細・お申し込みはセミナー紹介ページから。
posted by ガジェット王子 at 13:51
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(1)
2008年12月24日

100円PCとNetBook(ネットブック)の驚き

モバイル端末でeラーニング


先日、電球をエコ(ecologyのエコ)のために蛍光灯タイプに変えようと思い、久しぶりに電化製品の大型ショップに行きました。

最近はPC売り場にはあまり行かず、調査目的でケータイ(携帯電話)売り場へ行き、スマートフォンなどの動向を見ていたのですが、遠目でもわかるほどにPCの売り場で人だかりができていました。

近寄ってみてみると、話題の100円PCなどがあるNetBook売り場でした。

約1kg弱、公称で3時間前後(長いものでは6時間)の駆動時間、そしてデータ通信カードの組み合わせによるモバイル端末化。

以前からノートPCとデータ通信カードとの組み合わせによるモバイルはありましたが、100〜10,000円程度でPC端末が手に入るようになると、スマートフォンを買うよりも安いかもしれません。

その上、PCのスペックがまるまる扱えるわけですから、既存のeラーニングシステムとも親和性が高いと思います。
現段階では、モバイルeラーニングにピッタリの組み合わせかもしれません。

ただ、気になるのはやはり大きさ(と重さ)でしょうか?
スマートフォンは手のひらに収まるほどにスマートですが、NetBookを持ち歩くにはやはりバッグが必要なのがつらいところです(そうはいっても昔のノートに比べれば、大きさも重さもフトコロへの影響も(笑)軽いんですが)。

※あとNetBookで使用するデータ通信カードの利用料もかかりますが、これはスマートフォンも同じですね。
posted by モバイル推進委員1号 at 10:00
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(1) | トラックバック(0)
2008年11月10日

タッチPOPがYahoo!ニュースにて紹介されました!

SATTモバイルラーニング事業部の「Touch POP」が、「Yahoo!ニュース」や「IT Media」等で紹介されました!


●Yahoo!ニュース テクノロジー
 ウィルコム、業務用スマートフォン「RZ-H220」11月発売〜
バーコードスキャナ内蔵、Windows Mobile採用など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000024-rbb-sci

●IT Media エンタープライズ
ウィルコム、業務用スマートフォンを開発
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/25/news117.html


店舗などで使われる業務用端末で、実際にこの端末を携帯して接客に当たる店員さんなどは、お客様の嗜好や店舗への意見などを効果的に集めることができます。

現在のW-ZERO3だけでなく、こうした端末へも対応が進んでいます。
posted by ウッチー at 19:30
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年09月17日

タッチPOP、デジタルサイネージカンファレンスで紹介されます!

W-ZERO3 で eラーニング


もう、間近に迫っていますが、宣伝会議社が主催する

デジタルサイネージカンファレンス
■日時 : 2008年9月19日(金) 13:30〜16:45 (開場 13:00)
■会場 : ベルサール九段

にて「タッチPOP」が紹介されます。
紹介されるのは、

トラックA 第2部 14:15〜15:00 特別講演 株式会社ウィルコム
■講演タイトル
『WILLCOMが実現する次世代プロモーションツール』

となります。

紹介ページでは他のソリューションとともに「アンケート調査や嗜好調査のリアルタイム収集」ツールとして紹介される予定です。
紹介ページでは、サンリオ社での運用例(写真)も掲載されております。)

タッチPOPにご興味のある方、デジタルサイネージ(電子広告)などにご興味のある方は参加無料ですので、ぜひお問い合わせください。

※1号も腰痛を押して参加する予定です。
posted by モバイル推進委員1号 at 10:53
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年08月06日

新たな可能性「WILLCOM 03」の世界

はじめまして!

モバイル2号のウッチーです。
ようやくブログデビューとなりました!

一発目に何を書こうかと模索しているところに、丁度いいタイミングで手元に「WILLCOM 03」がやってきましたので、使用感をレポートしたいと思います。


■すっきりと見やすい画面
3インチ液晶と画面が小さく感じる「WILLCOM 03」ですが、画面全体のコントラストがよくコマンド一つ一つが見やすいため、それほど『小さい』といった印象は受けません。
「Windows Office Mobile」を使う上では必須であり、このシリーズの特徴とも言えるタッチパネルも従来通り使いやすくなっています。

■特徴的なキー操作
液晶画面の下部に配置されたイルミネーションキーは、「カーソルキーモード」「ダイヤルキーモード」と切り替えが可能。
IMG_4894.jpg IMG_4898.JPG
スライドさせることで使用可能となるキーボードも、入力や変換が考えられた配置になっており、スムーズに入力ができます。


■『iPhone』より手になじむ、日本語の予測変換能力
文字サイズにもよりますが、標準サイズで一度に15個の予測変換が表示されるため、「だ」と入力するだけで「ダイエット」という単語まで、同じ画面に表示され、カーソル移動やタッチパネルで直感的に変換できるため、日本語入力に手間取る『iPhone』や、PCを開いてテキストを書くよりもこっちで文章を書いたほうが格段に入力しやすく感じます。

■快適なブラウジングと通信
予想していた以上にサクサク動き、PHSで通信しているとは思えないほど、ブラウジングは快適。
Wi-Fiでの高速ネットはまだ体験していないのですが、電波の入るところなら必要ないのではないでしょうか。

IEでの閲覧で画面が崩れてしまうのはご愛嬌。
やはり日本語入力がしやすいので、ページにちょこっと書き込みをするだけでもいわゆる従来の携帯電話よりは簡単に感じます。
一度しか通話してませんが、私が依然使っていた「W-ZERO3」よりは先方の声がクリアに聞こえていました。

■スマートフォン初のワンセグ対応
スマートフォンにどれほどワンセグが必要なのかという意見はひとまず置いといて、画面の項でも触れましたが、画面の小ささは感じないので、TV画面もストレス無く見れます。
ただ、ネットがつながらなくてワンセグが見られるという環境でないと、見ませんよね…

本当にざっくりとですが、使用感をまとめてみました。
大雑把に言ってしまいますが、スマートフォンとして非常に使いやすい端末になっていると思います。
引き続き発見がありましたらこちらで書かせていただきます。

以後、よろしくお願いします!
posted by ウッチー at 13:21
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(1) | トラックバック(0)
2008年05月28日

「WILLCOM FORUM & EXPO 2008」にタッチPOPが出ています!

W-ZERO3 で eラーニング


本日2008年5月27日から東京ミッドタウン(六本木)で開催されている「WILLCOM FORUM & EXPO 2008」ですが、SATTの「タッチPOP」が出ています。
なんとサンリオ様とウィルコム社とのコラボです!

img074.jpg

タッチパネルを指で押す仕組みは多くあるかと思いますが、PHSデータ通信を利用することで、

 ・カバー率99%のPHSデータ通信網を利用するので設置が簡単!
 ・データをリアルタイムに送信
 ・コンテンツの更新を自動でできる
 ・実施端末(W-ZERO3)に割り当てるコンテンツを管理者が一元管理!
 ・サーバはSATTが管理していますので、サーバ運用を考慮する必要がない

といった、データ通信の仕組みをフル活用したパッケージになっています。

明日28日も開催していますので、もしご都合がつく方はぜひ、お立ち寄りください!

もちろんD4“WILLCOM 03”も展示されていますよ!
posted by モバイル推進委員1号 at 00:19
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年05月12日

今後のモバイルeラーニングは、ケータイ?or PC?

W-ZERO3 で eラーニング


前回、前々回、まだ出荷前だというのにウィルコム社の最新端末である「Willcom D4(WS016SH)」について書きましたが、社内スタッフに、

 「つまりモバイルでeラーニングをするには、結局、W-ZERO3よりもPCのほうがいいの?」

という素朴な質問を受けました。
誤解を受けるかもしれないので改めて、このあたりは書く必要があるかと。

ミモフタモありませんが、これは用途によります。

単純に、
電話としての使い勝手、例えば

 ・持ち歩く
 ・通話する
 ・短いメールを多く行う
 ・外出が多い

のであれば、間違いなくW-ZERO3の方がいいです。
そもそものつくりが、持ち歩きやすく電話ができるようにできているので、当然といえば当然です。
何よりも最近のAdvanced[es]は、値頃感もあるのでお勧めです。

対して、

 ・既にeラーニングを導入済みで、PC用コンテンツが充実している
 ・PCと同じことを外出先でも行いたい

場合には、どうしてもPCである必要があるので、小型軽量PCにデータ通信カードを指すなどの方法が第一の選択肢となります。
これは、使い勝手よりもその「使用目的」がはっきりしていますので、ほかの選択肢はありません。

そう考えると、たとえD4がいくら軽いといっても、D4(約470g)に対しAd[es](約157g)ですので、いかにAd[es]の方が持ち歩きやすいかがわかります。

逆に言うと、モバイルでeラーニングを行いたい場合は、どのような用途で行うか、によって使える端末を選ぶ必要があるということになります。
posted by モバイル推進委員1号 at 17:56
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(0)
2008年04月30日

「WILLCOM D4」の使い道を考えてみた

W-ZERO3 で eラーニング


 関連1:ウィルコム社から新しい端末「WILLCOM D4」発表
 関連2:WILLCOM|Ultra Mobile WILLCOM D4 スペシャルWEBサイト

まだ発売もしていない状況ですが、D4を使ったらどんなことができるかを考えてみました。
といってもやはりSATTですから、eラーニング端末として何ができるかです。

■現在のLMSを利用したeラーニング端末として:

やはり最初はこれでしょう。
SATTではすでにW-ZERO3に対応した「eラーニングパック for W-ZERO3」のご提供をしており、すでにモバイルeラーニングを実現しておりました。
ですが、すでにeラーニングをご導入済みのお客様から、

 ・特定のLMSに縛られない

ようにできないかとご相談されることがあるのですが、こればかりはどうにも。。。
ライセンスの問題上、他社製のLMSのカスタマイズについては、ご対応できない状態でした。

つまり「eラーニングパック for W-ZERO3」は、SATTがご提供しているAttainとインタラクションメーカーPROがあるからこそ実現できている部分があったわけです。

ですが、D4は違います。
少なくとも、クライアント側で
 ・Windows Vista
 ・Internet Explorer 7

が動作対象になっていれば対応可能になるので、上記のようなお客様にもお勧めすることができます。


■公立学校や大学などでの学習端末として:

すべての授業で、PCを使っているところはまだまだ少ないのではないでしょうか?
D4のような小さなPCなら、小学生の机の上にも載せられるそうです。
しかも小型軽量なので、ランドセルに入れても持ち運びができそうです(約470g!それでも小学生だとまだ重いかな?)。

なおかつどこでもネットにつながる状況になってくると、自宅での宿題(課題)や課外授業でも利用できそうです。

一人一台を実現するには、コスト面や耐久性など考えなくてはなりませんが、

 ・小型、軽量のPC
 ・ネットへの常時接続

を実現しているD4なら、今までとは違う使い方ができるのではないかと期待しています。

とはいえ、実機の販売前なので、まだまだ未知な点が多いですが、SATTではeラーニング端末としてのD4に、大いに関心を寄せています。
posted by モバイル推進委員1号 at 15:45
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(1)
2008年04月15日

ウィルコム社から新しい端末「WILLCOM D4」発表

W-ZERO3 で eラーニング


ついに発表されましたウィルコム社の新コンセプト端末D4!
W-ZERO3を持っていていつも思ったこと:「これがPCだったら○○のアプリが動かせるのに」
W-ZERO3を見たお客様に言われたことは「それPCなの?」

D4はそのまんまPCです。
それもW-ZERO3のコンセプトの延長上にあるかのような、小型、軽量、タッチパネル搭載のPC端末です。

しかもD4はそれだけじゃなく、PHSとしても使えるとのこと。
さすがに筐体を耳に当てず、専用のヘッドセットやハンドセットもあるみたいです。
ついにPCの機能として電話(およびケータイ)が取り込まれたことになります。

質感も高く、なによりPCの使い勝手、および機能がこんなに軽く(約470グラム!)持ち運べてしまいます。
この端末によってモバイルeラーニングが、もっと身近になるかもしれません!

はやく実機を試したいですね!
posted by モバイル推進委員1号 at 23:35
WILLCOM W-ZERO3 & D4 | コメント(0) | トラックバック(1)