『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2010年04月27日

m-SchoolのWebサイトがフルリニューアル!

MSKです。とうとうFreshmanが取れてしまいました。
というより、気が付いたら外されていました・・・。

そんなことはおいといて、今回はSATTが運営する短期集中型ITスクール、
【m-School】を紹介します。(メルマガの下の方でもおすすめ講座を紹介中!)
http://m-school.biz/

実はこのAdobe認定トレーニングセンター 【m-School】のWebサイトがフルリニューアル致しました!

早期に申し込むと受講料が最大10%オフ!になる「早割」や一度受けた講座を
期間中何度も無料で再受講できる「再トレ」など新サービスもできました。
まずはアクセスしてみてください!

「早割」:http://m-school.biz/info/early-discount.htm
「再トレ」:http://m-school.biz/info/retake.htm


new_m-school.jpg





気が付いたらただのMSKになってしまった。これならいっそ、aとuとoを付けてしまえば・・・。
いやいやまだまだ実名は公開しませぬぞ。

SATTブログ「ラーニング情報をさささっと配信」トップページ
右下には個性豊かなライター陣が紹介されています。
気になる方は一度チェックしてみてくださいね!

それでは今後ともSATTを宜しくお願い致します。
posted by MSK at 14:45
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年03月30日

開催間近!Office研修なら平日夜講座がおすすめ!

Freshman MSKです!
もうまもなく4月だというのに寒い日が続いています。
ただ巷は春休みということもあり、小中学生の皆様や学生さんなどで
水道橋付近も賑やかですね。

そんな中、まもなく入社を控えるFreshmanにおすすめの【SATT取締役がお届けする Office 2007 講座】を紹介します!
お手軽、お手頃な新人研修がないかな、とお悩みのご担当者様は必見です!!!


【ビジネスでは必須のOffice製品】
 ・Word 2007
 ・Excel 2007
 ・PowerPoint 2007
 ・Access 2007
 
 これらの製品を、この春から入社する新入社員やOffice製品の経験が浅い方々へ
 ビジネスエンジニアが熱いトークで使い方を伝授します。

 この講座では、ハンズオン(基本操作実習)で、製品の基本と活用の操作を学ぶ
 だけでなく、ビジネスエンジニアのトーク術や、立ち振る舞いなど、
 操作以外の知識も講座の中で学ぶことができます。 

 しかも、平日でも受講しやすい夜間コースの設定で、
 価格設定も1回 5,000円(税込)と大変リーズナブルです。

 さらに、講座によっては教材となる市販の書籍まで付いてきますので大変お得な講座です。

・ この春から入社するビジネスルーキーの方
・ 今から Office 2007 を習得したいと思っている初心者の方
・ Office 2003 から 2007 にアップグレードして画面の違いにとまどっている方

など、基本を習得したい方にオススメの講座です。
4月6日のExcelは開催間近ですお早めにお申込みください。

 ▼Microsoft Excel 2007 使い方講座
 【基本編】開催日 :2010年4月 6日(火)〜4月9日(金)
 【関数編】開催日 :2010年5月12日(水)〜5月14日(金)
 【便利技編】開催日:2010年5月19日(水)〜5月21日(金)
 http://m-school.biz/training/excel_basic.htm
excel_basic.jpg


 ▼Microsoft Access 2007 使い方講座
 開催日:2010年4月13日(火)、4月20日(火)、4月27日(火)
 http://m-school.biz/training/access_basic.htm
access_basic.jpg

 
 ▼Microsoft PowerPoint 2007 使い方講座
 開催日:2010年4月14日(水)、4月21日(水)、4月28日(水)
 http://m-school.biz/training/power_point_basic.htm
powerpoint_basic.jpg


 ▼Microsoft Word 2007 使い方講座
 開催日:2010年4月23日(金)、4月30日(金)、5月7日(金)
 http://m-school.biz/training/word_basic.htm
word_basic.jpg




は!MSKもそろそろFreshmanの冠をはずなくてはなりません・・・。
それでも、いつまでも新鮮さを失わずにいたいものですね。
(別の冠を鋭意検討中、乞うご期待!募集もあるかも!?)
posted by MSK at 15:32
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年01月22日

【プレスリリース】「ホワイトクラウド」活用の共同技術検証を開始

【プレスリリース】「ホワイトクラウド」活用の共同技術検証を開始
◆──────────────────────────────◆

 このたび、エスエイティーティー株式会社は、「ラーニングが経営を変える」の考えのもと、今後益々多様化するeラーニングサービスの拡大に向けてその基盤となるクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」を提供するソフトバンクテレコム株式会社と共同技術検証することを発表いたしました。

 経営戦略に欠かせない人材育成を効率的に進めるうえで、今やeラーニングはなくてはならない手段の一つになっています。
 そのeラーニングをコストを抑えながら、人材教育の効果を出していくためには、教材開発から学習評価まで、多くの導入・運用のノウハウと労力を要します。
 単に学習情報を管理するのではなく、学習効果を向上させるための仕組みとしてお客様にご活用いただけるよう、クラウドを中心に様々な運用支援のサービスを開発し、順次提供してまいります。

 併せて多くの企業様とのパートナーシップを結び、さらなるサービス拡大と充実を図っていきたいと存じます。


プレスリリースの詳細はこちら

SATTクラウドサービスに関してはこちら

ソフトバンクテレコムのホワイトクラウドに関してはこちら
posted by Dario at 09:37
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年01月06日

メルマガ読者にプレゼント!?

明けましておめでとうございます!!
Freshman MSKです。

昨年は世の中も、個人的にも激動の一年でした。
今年も厳しい状況が続くだろうといわれておりますが
やっぱり上を向いて前を向いて一歩ずつ前に進んで行ければいいですね!

とはいっても、毎日の業務の中に癒しが欲しい。
そんな時も、ありますよね!!


朗報です! メルマガ読者に朗報です!!

こちらをご覧下さい。

ex1.jpg



「卵のような形」自然の形だから、にぎりやすくて美しい。


はい、EGG MOUSEです。

タイトルのとおり、SATTメルマガ読者に抽選でこのEGG MOUSEを
プレゼントいたします!!

申込期間であれば、新規登録の方も既存の読者も、みんな応募出来ちゃいます。

詳しくは、以下のSATTサイトからご覧下さい。
http://satt.jp/event/2010/mouse-present/


実はサイトもリニューアルしてますよー!!
(何でMSKなのか、その秘密もわかるかもしれません…)

それでは今年も、SATTを宜しくお願いいたします!!


IMG_0207.JPG
posted by MSK at 17:15
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年08月18日

第34回 JSiSE 全国大会 明日から

いよいよ明日から教育システム情報学会(JSiSE)の全国大会が開催されます。
昨年は熊本大学で開催された全国大会は9月に入ったにもかかわらず暑かったのを記憶しています。
今回の34回大会は、名古屋大学で開催されますが、仕事で名古屋大学に足を運ぶのは3年ぶりです。

先月、文部科学省の公募事業である「戦略的大学連携支援事業」の21年度選定発表がありました。
大学・短大・高専からの公募119件の中から38件が採択され(昨年度は54件)、多いところでは十数校での取り組みとなります。

戦略的大学連携支援事業」は、国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的としています。
(※文部科学省サイト抜粋)

連携する大学も物理的に遠隔であっても昨今のICTを用いた環境下で格段に進めやすくなったと思います。
今回の研究発表・講演の内容も少なからず大学連携支援事業に関わっている(もしくは関わる)事が考えられ、我々の進めるeラーニングにも大いに参考になると期待しています。

過去の全国大会への参加を通じて、SATTのオープンソースLMS「Attain3」やコンテンツ作成ツールなどいくつかの大学で利用いただいており、今回の大会でも多くの情報を見聞きし、より使いやすく効果のある仕組みを学校・企業に提供できるようにしていきたいと思います。



posted by Dario at 10:55
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年07月27日

社内から東の方向に虹が見えました。
niji.jpg

「虹の根元には宝物がうまっている」という話をしたら笑われました。
ローカルルールでしょうか。
posted by toku at 18:58
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年07月01日

Silverlightの普及率は…

来る7月16日にマイクロソフト社のReMIX09が開催されます。
何やら今なら事前申し込みで通常の半額以下になるとか…。
m-School専用優待申し込みコードが必要になりますので、申し込みの際にはご注意ください。
ヒント:
m-Schoolブログの右側真中くらいに注意。
Expression Blend 2: Fundamentalsも開催中、Silverlightも学べるよ。

ReMIX09の開催にあたり、Silverlightを中心にWebサ〜フしていたらこんな記事を見つけました。
"Silverlightの普及率は24%。Flash10の普及率は58%。"
記事はJストリームさんが実施した調査をまとめたもので、調査方法についても記載されていました。
まだまだWebではAdobeが優勢ですが、Silverlightは着実にシェアを広げているようですね。
posted by ヤマモトヤマ at 18:50
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

石川県でケータイ制限条例が可決!

モバイル端末でeラーニング


最近、ニュースで話題にはなっていたのですが、「小・中学生の携帯電話所持を規制--石川県議会が条例案を可決」したそうです。

これは、eラーニング業界においてはちょっとした衝撃ではないでしょうか?

なぜなら、石川県において、小学校、中学校におけるケータイを使った授業は実現不可ということになるのですから!

ケータイは、

 ・24時間、身近にある
 ・コンパクトで多機能
 ・データ通信可能

というすばらしい情報処理端末です。
また、普及率も一人一台のレベルに近づいています。

にもかかわらず、禁止!

持つこと自体を禁止してしまうと、たとえば「公教育の中にケータイを取り入れる」といった試み自体ができなくなってしまいます。

個人的には、自分にも小学生の娘がいますが、自分にメールを送ってきたりするので、学校の先生とやりとりする「連絡帳」なんて、ケータイを使って送ってしまえば、ログも残るし、先生の業務時間短縮にもつながっていいのに、なんて気軽に考えたりします(が、セキュリティやプライバシーのことなど、検討を始めると大変なのでしょう。きっと)。

ケータイは、日本においてこれだけ普及し、データ通信部分も含め世界に誇れる技術の固まりなので

 「制限」

から入るのではなく、

 「何ができるのか」

といった可能性に目を向けてほしかったと思います。

モバイル向けにサービスを日夜考えている者の一人として、個人的に非常に残念なニュースでした。
posted by モバイル推進委員1号 at 16:36
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年06月24日

任天堂が学校向け「ニンテンドーDS教室」を開発

任天堂が小中高校向けに「ニンテンドーDS」とパソコンを使い、学校の教室で教師と各生徒が情報をやりとりできる授業支援システム「ニンテンドーDS教室」を開発したニュースを見ました。


通常のeラーニングと違って、教師用パソコンと生徒用ニンテンドーDSを無線LAN(Wi−Fi)で接続し、教師と生徒がインタラクティブに授業をすすめることができるというもので発売は2010年の2月末を予定。

最大50台までのDSをつなげられるので1クラスをカバーしていますね。
昨今、学校などでDSを用いて勉強する試みはたくさんありますが、方向にリアルタイムにやり取りができるのは珍しく、CAI−ACEのような大規模な学習支援システムのような高価な仕組みを導入に無くても手軽に実施できるのは面白いですね。

気になる学習教材ですが、こちらはシャープシステムプロダクトがシステムの販売と合せてコンテンツを作成して今後増やしていく予定でおり、さらには先生自身がオリジナルコンテンツを表計算ソフトを使って簡単に作成できるとの事です。


以前もブログで触れましたが、授業中に先生によっては全ての生徒の反応を見ることが難しい場合があるのでこのシステムで先生がしっかりとチェックできるようになれば良いですね。

画面を見る限りではとても手軽に利用できそうですが、細かい部分で気になるところもあります。
・双方向通信の反応速度はどのくらいなのか?
  遅すぎると授業自体が遅れてしまう
・先生のほうで受け取るデータはどのように管理できるのか? 
  LMSのように集計分析もできるのか
・先生が本当に簡単にコンテンツ制作を行う事ができるのか? 
  制作ツールを見ていないのでわかりませんが一般的にここのハードルがとても高い
・授業のどのタイミングで利用するのか?
  当面は理科の実験機器を扱うような感じなのでしょうか

システムを運用するのは学校であり、現場では先生と生徒ですから、実際に運用してみて色々な課題が出てくるとは思いますが、近い将来ウチの娘もこのシステムを使う日が来るかもしれません。
posted by Dario at 10:41
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
2009年05月11日

エスエイティーティーセミナー「eラーニングのススメ」開催

4月28日 にeラーニングのススメセミナーを開催しました。

セミナーはSATTの運営するm-Schoolで開催されました。

お休み前ということもあり、たくさんのお客様に起こしいただき満員でした。お越し頂きましたみなさまありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

m-School エントランスより1


m-School エントランスより2
susu05.jpg


セミナー風景
susu04.jpg

講師
講師

次回は6月5日(金)開催予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
eラーニングのススメ
posted by toku at 11:41
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)