『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2011年10月07日

震災復興のために僕たちにできる事

東日本大震災から約半年が経ち、様々な人に、様々な形で爪痕を残した大自然の猛威。
決して忘れてはならない歴史の1ページです。

それでも僕達は明日を生きなければならない、将来に向けて歩まなければならない。
苦しくても、悩んでも、一歩ずつ。

筆者のような小市民は個人や家族、仲間に気を配るのが限界で、被災地支援も募金やボランティアに参加する程度の考え方しかできません。

けど世の中には、イマジネーションや創造力で常識に捕らわれない発想と信念と実行力をもって、周りの人に驚きと感動を与えてくれる人物や団体があります。
下記にあるリンク記事を是非見てください。

ロート製薬の復興支援計画が本気すぎてスゴい!!


『ロート製薬』ぴかぴか(新しい)、『カゴメ株式会社』ぴかぴか(新しい)と『カルビー株式会社』ぴかぴか(新しい)
日本にこの様な企業がある限り、日本は絶対良くなって行くし、良くできるexclamation
posted by ヤマモトヤマ at 13:32
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月06日

スティーブ・ジョブズ氏死去!!

Yahoo!ニュース

様々な伝説を残して、巨星が落ちました。

辞任して療養に専念すると発表したばかりの出来事でショックを受けている人も多いでしょう。
Appleの創始者として、時代の先駆者として、見事としか言い様が無い業績を残したジョブズ氏。
ITの進むべき未来への道筋を残した偉人として歴史に名を刻むことでしょう。

ご冥福をお祈りします。
posted by ヤマモトヤマ at 09:16
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年10月05日

次期 iPhone は「iPhone 4S」で決定

数時間前に行われたアップルの「Let's talk iPhone」。

次期 iPhone は iPhone5 では無く「iPhone 4S」となりました。
一夜明けた今日、早速様々なサイトで情報が公開されています。

下記のサイトが色々と紹介しているのでリンクしておきます。
LetsTalkiPhone

日本ではソフトバンクとauで販売する模様です。
auユーザーの乗換えでまたド〜〜ンと売れてしまうのでしょうね。
筆者もauユーザーなのですが、実はこれを期にiPhoneに変えちゃおうかな〜〜と秘かに考えています。
posted by ヤマモトヤマ at 17:30
ニュース | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年09月28日

動画検索技術 TalkMinerと言うソリューション

日本イーラーニングコンソシアム主催の「e-Learning Solution on the Web ビジネスセッション」でユニークな紹介があったのでシェアします。

動画検索技術 TalkMiner(トークマイナー)


富士ゼロックスR&Dさんの動画検索技術(TalkMiner)は動画ファイルを検索し、タイムラインに沿ってスライド画像を抽出し、動画内の文字情報をOCR認識させる新しい検索技術です。

仕組み的には、以下の様な感じです。
1静止時間が長いシーンを検出
2表示されている文字をOCRで解析
3OCR解析した文字をタイトル化
4動画の目次が出来上がる

この技術を使うことによって、動画の目次を自動で付ける事ができ、ユーザーは目的のシーンを検索し、無駄なスクロールをする事無くピンポイントで頭だし再生を行うことが可能になります。

現在は海外の大学・企業を対象に実証実験を繰り返しているそうです。
富士ゼロックスR&Dさん曰く、本技術はまだ開発中でサービス開始は先だそうです。

動画画像をOCR認識する発想と技術。コピーメーカならではと感じました。
近い将来、富士ゼロックスさんのプリンターからあなたの指定した動画のサムネイル付きの目次が出力されたりするかもしれません。

■TalkMinerトライアルサイト
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/a0bjj5x0cieg59cpwoHHI
posted by ヤマモトヤマ at 11:15
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月22日

iPhone5にau参入!Apple発表は10月5日4日か。

今月19日ごろ、発表は5日か、とウワサが広まったiPhone発表が実は4日という説が濃くなりました。
毎回翻弄されてしまうのですが・・、これが正しいAppleの楽しみ方です。(キリっ
※こちら、27日、Appleから正式に発表がありました。4日本社にて行われるようですね。

しかし日本ではこちらのほうが大きなニュースになったようで。

auがiPhone5を11月頃販売!?



日経ビジネスが伝えました。上記リンク、しばらく繋がらなかったです。

とにかくソフトバンクの独占が崩れる。世界はそういう流れでしたから、喜ばしい。
これが本当なら、よほどのことがないかぎりKDDIがシェアを持ち直すでしょう。
今ですら、ソフトバンクの月間加入者純増数のうち約半数がiPhone新規加入であるということですから、この大移動がぴたっと止む可能性があるのです。

それどころか・・、iPhoneがあるからソフトバンクだった、というユーザー心理が今後どう動くかが面白いです。
普段別に電話会社のシェアなんて気にしてないんですけど、iPhoneユーザーにとって、本来あるはずのテザリング機能等、デンパ問題は深刻でした。auでこの問題が解決するとなると、大きな乗り換え理由となるはずです。
Appleが突きつける厳しい月額料金の条件に、auがどう応えるか。ソフトバンクが、どんな手を打って流出を食い止めるか。
このあたり、情報が出揃うのが楽しみです。

大きなプロダクト変更がないとウワサされるiPhone5ですが、この秋はアツくなりそう。



以下は19日の書き込みです

表題の件、POKET GAMERというサイトが伝えています。

AppleはiPhone5の発表会を10月5日(通例通りなら日本時間6日午前2時ごろ)に開催するとのことです。
発売は15日。なんでも、iOS5、iPhone5、10月5日発表、10月15日発売と、末尾5にこだわっているのだとか。


今回は別の意味でも注目です。やっぱりプレゼンはジョブズさんなし、・・なんですよね。


ただ、以前から世間ではすでにiPhone6や7に期待する声もあるようです。
私は新製品購入はバグの修正等情報が出切るまで待つタイプなのですが、5はそれでも買い替えを迷う予定。
6では、外装、タッチパネル素材に大きな変更が予定されていて、もっと軽く、薄くなること必至。しかも日本のメーカーがその製作を指名されているとのこと。
単純に、よいプロダクトに日本の技術が選定されるのは嬉しいです。とくにApple製品の「ガワ」を飾るなんて目
iPhone6でのモデルチェンジ情報は、鵜呑みにしたくなるお話です。

posted by ベル子 at 10:20
ニュース | コメント(3) | トラックバック(0)

iPhone5 販売の行方は?

iPhone 5をKDDIが11月にも発売?

日本ではソフトバンクがiPhoneを独占販売しているかのように見えますが、実は独占契約では無いのです。
そう言えば、前にドコモもiPhoneの販売を検討している様な記事を読んだ覚えがあります。

上記のリンク記事によると、アメリカでは携帯事業者大手3社がそろってiPhoneを販売することになるとの事ですが、日本でもS社・K社・D社の順での販売が実現したりして…。
個人的に、ブラックホース的な登場でW社が販売を発表したら面白いと思っています。

しかし、こんな販売合戦はAppleだからこそできる展開なのかもしれません。
Apple強し!

posted by ヤマモトヤマ at 09:56
ニュース | コメント(1) | トラックバック(0)
2011年09月16日

『ITホワイトボックス』視聴の感想

先日本ブログでお知らせした『ITホワイトボックス』〜ITで学びが変わる!?〜を視聴しました。
今日はその視聴後感想をシェアしたいと思います。

視聴されていない方はNHKのサイトへGO!!
「第22回 ITで“学び”が変わる!?」

約20分尺の番組ですが、日本の教育界が取組もうとしている先進的な試みと実証事例を簡潔に整理し、紹介していてとても面白かったと思います。

特に筆者の印象に残ったのは、学生が学位を取る為に必要な学習や試験を携帯で行う事ができる部分でした。
この様な取組みをサポートするIT的な仕組みは既に目新しくは無く、驚く事では無いのですが、注目したのは”学生が居ない高校で教師がパソコンを通して指導をしている”点にあります。番組ではその体制について紹介されていました。

職業柄、メンターやアフターの重要性は充分理解しているものの、いざ実践する現場では、他業務との兼任だったり、プチ有識者だったりと、本質的な部分に心配が残る事は否めないと考えていました。

しかし、番組で紹介されていた高校は、教員室がまるでIT企業のオフィスの様にPCが並んでいて、教員免許を持つ教師がその前に座って仕事をこなしていました。
もちろん仕事とは、学生への指導や試験の弱点補強などです。

専門性の高いメンターによる的確な指導をe-Learningで実践している現場が、現役の高校として日本に存在していたのです。
筆者にはちょっと新しい発見でした。

お隣の韓国では更に先進的な取組みや実現目標が掲げられているのに対し、日本は全然後発です。
だから、伸びシロがあるとも考えられます。

”頑張れ、日本の教育界!!”ぴかぴか(新しい)

ちなみに、再放送は日曜日午後2時開始みたいです。
見逃した方は是非ご覧になってみては如何でしょうか。
posted by ヤマモトヤマ at 17:16
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年09月09日

「ITで学びが変わる!?」がテーマ

「ITで学びが変わる!?」

ダイジェストMOVを見ましたが、子供たちがイキイキしていて、慣れた手つきでデバイスを操っていました。

9月11日(日) 23:30-23:54放送予定のNHK「ITホワイトボックス」は、「ITで学びが変わる!?」がテーマ。
eラーニングについても触れるみたいです。
今後の学校教育のカタチが垣間見れるかもしれません。

== 以下はNHKサイトの引用 ==
教育分野にITが導入されつつある。
モニターに映した画像を電子ペンで操作できる「電子黒板」。
画像を表示したり書き込めるだけでなく、思考の過程を子供たちが共有できる。
またモバイル端末の普及で、どこでも好きなときに行える「eラーニング」は、メールやSNSと組みあわせて学習者に適した指導ができるようになっている。
さらに大学の講義をインターネット経由で公開する試みも始まっている。ITの導入で様変わりしつつある教育の現場に迫る。
posted by ヤマモトヤマ at 15:28
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月25日

米アップル:ジョブズ氏の手紙「その日が来てしまった」

<参考サイト>カリスマ退任は「歴史的な転換点」

このタイミング!?

Googleのモトローラー買収劇が記憶に新しいだけに、思惑めいたものを感じてしまいます。
でも辞める訳じゃないからね。
最高経営責任者(CEO)→”会長、取締役、アップル社員”

この人の場合、過去にも帰り咲いているから。
同社の今後の動向に注目が集まりますね。

ちなみに、今回の発表で同社の株価は5%程下落したとか…。
posted by ヤマモトヤマ at 16:47
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年08月22日

書籍+AR ミライ系大人向け教科書が東京書籍から発売

これはびっくりの教科書が登場しました。なんと

 お と な 向 け !

書籍名 : 『ミライ系NEW HORIZON でもう一度英語をやってみる』
img0045.jpg

「英語ができないまま大人になったあなたへ。
基本をおさらいしながら,使えるフレーズも身につく!
しゃべるキャラクターたちがあなたをナビゲートする大人のための次世代型教科書。」




冒頭がグサリと刺さるキャッチコピー!笑

東京書籍とバンダイナムコゲームスのプレスリリースによると、
紙教材の書籍(1,400円)、デジタル資料のアプリケーション(無料!)とを組み合わせて学ぶようです。
アプリの対応端末はiPhone 4, iPhone 3GS, iPod touch(第4世代)となっています。

おっと。
ipadが、ない。
移植はいつになりますかねえ・・
いっそ紙が全部電子書籍になってるオールインワンも選択できたりすると、大人としては嬉しいです。

アプリの正式な名称は「NEW HORIZON AR」。
ARは「拡張現実」という技術です。
コンピュータで生成した画像データを現実世界に重ね合わせ、そこにあたかも存在しているように見せることができるという。iphoneを覗くと、等身大エヴァンゲリオンが画面に写る、といったイベントでも有名になったあれです。

今回は印刷でのサンプルがありましたので早速試してみました。
newhorizon_ar.jpg

思ったよりくっきりのご光臨です笑

音声もつくので楽しそう。
・・ここで「ARがほんとに必要あるのか」といった問いはナシです。
本番は、背景つきでもうちょっと有用なシーンになるようです。

あとは紙教材、アプリ単体で学習する場合が想定されているか、その使い勝手が気になります。

バンダイナムコゲームスは、文科省の「スクール・ニューディール構想」のICT編に合わせ、以前からデジタル教育ツールの製品化に意欲を見せていました。
2009年「ICT時代の子どもの未来を考えるシンポジウム」はまさにミライ感があり、印象的でした。

このなかで同社は東大大学院の馬場研究室と教育をテーマにした共同プロジェクトを発足し、翌年2010年には、教科書出版社と「RPGみたいな教科書」を共同制作。
こちら、ニュースに出たころには文科省の教科書検定にストレート合格しており、業界をあっと驚かせました。
すべての子供がすぐに馴染む、というわけではないのでしょうが、生まれたときからゲームがある世代にはあまり違和感はないのかもしれません。

それにしても国策の流れは強いですね。
posted by ベル子 at 17:30
ニュース | コメント(3) | トラックバック(0)