『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2007年01月05日

エスエイティーティー株式会社・研修開発事業部とは?

SATT(サット)といえばeラーニングじゃけん。

という認識をお持ちの方が多いとは思いますが、

実は、eラーニングに相反するが如く、
オンサイト研修専門の部署があります。

是非、お見知りおき頂ければ、幸いです。

研修開発事業部は、以下の仕事をしております。

(1)アドビテクノロジを中心とした公開トレーニングセンター・m-Schoolの運営。
(2)各種企業向け集合研修の企画・運営
(3)オンサイトトレーニングを中心とした研修企画・開発

「なんでeラーニングの会社が、オンサイト研修?」

ということになりますが、

・eラーニングを知り尽くした企業だからこそ知る、eラーニングの弱点
・愛情教育80余年の駿台グループだからこそ知る、オンサイト研修の重要性

が、eラーニングとオンサイト研修をがっちり結びつけてくれております。

オンサイト研修やカリキュラム開発などのご相談ありましたら、ぜひお気軽にお申し付け下さい。

エスエイティーティー株式会社・研修開発事業部
posted by 研修開発事業部 平 at 15:19
SATTより | コメント(0) | トラックバック(1)

新たなるラーニングソリューションを目指して

あけましておめでとうございます。

本日から仕事初めのかたも多いと思いますが、お正月はゆっくりできましたでしょうか?

IT社会にあらずとも情報の伝達は日ごろの生活でなくてはならないものであり、人生は最後までその情報を吸収し、自分の行動に反映していくことからも、すべてはラーニングにつながると考えています。

最近では学校はもとより、企業での教育に対する投資が増えてきていることからも我々の掲げる「ラーニングが経営を変える」に通じるものを感じています。

昨年までにSATTでは今までの経験を生かしたソリューションのほか、研修、ASPサービス、ネットショップ、モバイルへとラーニングの幅を広げてまいりました。
2007年もSATTはAdobe製品をはじめ、eラーニングの導入・運営など、様々な形でラーニングに関する情報をご紹介してまいりますのでご期待ください。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

posted by Dario at 11:42
SATTより | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年01月04日

新年、明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。

今年も、お客様に最適なラーニングにおける新しいソリューションをどんどん創りあげて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

SATTのラーニングに関するブログも、ブログの重要性を再認識し、より利便性、有効性を考え、こちらに住まいを移すことと致しました。引き続きご利用のほど、どうぞよろしくお願いします。

SATTには、ラーニングテクノロジーの各分野におけるスペシャリストがおりますので、それぞれがタイムリーで有効な情報をこのブログから発信致しますのでご期待ください。

世の中のラーニングに関わる情報も、洪水のごとく、次々に生まれています。単なる一過性の情報、コマーシャル的な情報など、毎日その情報処理に追われてしまう日々と言えるでしょう。私たちも、いろんな情報の中で、情報を精査し、日々、ラーニングソリューションについて検討を重ねています。既存の優秀なラーニングソリューションについては、SATTがそれらをコーディネイトし、この世に存在しない必要とされるラーニングソリューションは、SATTが創り上げます。

「ラーニングが経営を変える」をモットーに、SATT自身もラーニングにより進化をしながら、ラーニングに関わるすべてのシーンで皆様にお役に立てるよう努力して参ります。

どうぞよろしくお願いします。
posted by M.TOIDA at 11:50
SATTより | コメント(0) | トラックバック(0)
2007年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は20周年という節目をむかえ、移り変わりの激しいIT関連の進化とともに、変わらぬ「ラーニング」の大切さをあらためて実感しています。
2007年も、みなさまに喜んでいただけるようなサービスをご提供していきたいと思います。

SATT、ならびにリニューアルしたラーニング情報を、さささっと発信!を、どうぞよろしくお願いいたします。たいちょ

旧ブログはラーニングに関する情報をささっと発信!になります。
posted by たいちょ at 00:00
SATTより | コメント(0) | トラックバック(0)