『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2014年04月01日

いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−ウィンドウ操作(その壱)編

みなさん、こんにちは
ビジネス系研修担当のきくちゃんです。

ご依頼いただくビジネス研修で一番が多いOffice研修。
そこで何となく使っているWordやExcel、Power Pointをちょこっと復習できる
あれやこれを“いまさら”ですがまとめてみるパンチという思いつき投稿、連載2回目です。

前回は画像編集機能の一部をご紹介しました〜。
いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−画像編集も怖くない!編
それっぽく編集ができちゃうので便利ですexclamation

今回ご紹介するのは便利なウィンドウ操作をご紹介するウィンドウ操作編(その壱)です。

エクセルのウィンドウだけを片手でポンポン切り替える!


お仕事柄ですが、研修を実施する際、その前後でeラーニングを活用したスキル診断を行い、
分析シートや報告書をオリジナルで作成する場合があります。
集計したアンケート結果をまとめて分析シートに含めたり、
とにかくエクセルファイルを何枚も開いて作業をするということが良くあります。

ここはあのブックから、こっちはこのブックから・・・と
複数のエクセルファイルをいったりきたりダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
ノートPCだから全部のファイルを表示させると小さいし。。。ふらふら

そんな時は
『Ctrl』+『Tab』キー を使ってくださいexclamation×2
WS000002.JPG
『Ctrl』キーを押しながら『Tab』キーをポンポン!
エクセルウィンドウに限定して、
ウィンドウの切り替えがさくさくできちゃいまするんるんさくさく〜。
Cl.jpg

便利っぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

ちなみに、アクティブウィンドウすべてを切り替えるのは、おなじみ
『Alt』+『Tab』キー です。
インターネットの画面とか、メール画面とかすべての画面が切り替えの対象になります。
WS000003.JPG
A.jpg

プレゼンなどで画面を切り替えるときはぜひこちらを使ってみてください。
「表示させる画面を探す」という動作もちょっとだけスマートに見えるがします。

サイズを自動調整して並べて表示できる「整列」


こちらは皆さんもよく使われている王道の機能ぴかぴか(新しい)ですね。
上記同様にエクセルファイルを複数開いて作業をしているとき、
「整列」機能を使えばサイズを自動調整して綺麗に並べて表示してくれます。

この「整列」には「並べて表示」、「上下に並べて表示」、
「左右に並べて表示」、「重ねて表示」の4種類があります。
ウィンドウの整列ダイアログ.jpg

ちなみに「並べて表示」と「左右に並べて表示」の違い
わかりますか?

かわいい「並べて表示」では
直前に選択されていたウィンドウ(アクティブウィンドウ)が左上に表示され、
その他は開いているウィンドウの数によってサイズが自動調整されて表示がされます。
かわいい「左右に並べて表示」では
アクティブウィンドウが左端に、右側にその他のウィンドウが均等に整列して表示されます。
並べて表示.jpg上下に並べて表示.jpg

左右に並べて表示.jpg重ねて表示.jpg

なので・・・開いているウィンドウが2つだけの場合は、
どちらを指定してもウィンドウが左右に並んで表示されますひらめき

こんな機能を知ってるだけで、
複数のエクセルファイルもさくさく〜っグッド(上向き矢印)と作業が進められますネパンチ

SATTの法人向けOffice研修では、
操作方法だけでなく、お客様のニーズにあわせて研修内容をカスタマイズしています。
SATTの法人向け研修サービスはこちらから
posted by きくちゃん at 18:43
連載:いまさらだけどOffice2010 | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年03月19日

いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−画像編集も怖くない!編

みなさん、こんにちは
お久しぶりのビジネス系研修担当きくちゃんです。

Microsoft Office2013の発売から1年経ち…え?いまさら2010?なんて言わないで。
ご依頼いただく研修で一番が多いのが「Office2010研修」なんです。
そこで何となく使っているWordやExcel、Power Pointをちょこっと復習できるあれやこれを“いまさら”ですがまとめてみようグッド(上向き矢印)と思いました。(連載できるのか…私あせあせ(飛び散る汗)

今回は2010になって機能が強化されましたよね〜!の画像編集機能から。Photoshopとかボタンが沢山ありすぎてダッシュ(走り出すさま)殆ど使えてない私でも、
それっぽく編集ができちゃう(?)ので大好きです

手順書作成もサクサク!「スクリーンショット」機能(共通機能)


Office2010になって、最初に「これは便利かも〜!!」と思った共通機能が
スクリーンショット機能です。

これまで画面キャプチャしたいときは
かわいいWindowsの「Print Screen」キー
かわいい画面キャプチャができるフリーソフト
などを使ってきた私ですが・・・

Office2010には開いているウィンドウのスクリーンショットを簡単に編集中の文書に貼り付けることができます。もちろん!範囲を指定して好きな部分だけキャプチャできます。
それだけでも業務効率UPグッド(上向き矢印)すると思いませんかexclamation&question

Power PointにHPなどの画像を貼ってみる


●リボンの『挿入』タブ>「スクリーンショット」>開いているウィンドウがでてくるので取り込みたいウィンドウをクリック
スクリーンショット1.jpg

★ウィンドウが取り込まれました!もちろん画像ファイルとして編集もできます。
スクリーンショット2.jpg

●リボンの『挿入』タブ>「スクリーンショット」>「画面の領域」を選択
スクリーンショット3.jpg

画面が半透明になるのでその状態で取り込みたい場所をドラッグ
スクリーンショット.jpg

★ドラッグした場所だけが文書に貼りつきました!
スクリーンショット5.jpg

写真の編集だって!! 簡単「画像編集」機能(共通機能)


文書に貼りつけた画像の「明るさ」「シャープネス」を修整したり、画像そのものの「色」や「トーン」を変更したり、画像にアート効果なんてつけてそれっぽく編集しちゃったりが、『図ツール』からできちゃいます。
嬉しいのは、画面でイメージを確認しながら(←ここも2010になって良くなったところ)
直感的に選ぶことができるので、画像編集に疎い私には優しいです

●シャープネスを変えてみたり(左)、色を変更してみたり(真ん中)、アート効果をつけてみた(右)
画像編集3.jpg画像編集2.jpg画像編集1.jpg








画像の背景の削除だって出来ちゃいます。


こんなことが私にも(⇒MS-Officeさんのおかげです)できるなんて
同じく『図ツール』から画像の背景の削除も簡単に。
背景は自動認識されますが、もちろん手動で背景部分を細かく指定することも可能です。
画像を選択した状態で
●『図ツール』の『書式』タブ>「背景の削除」を選択
背景削除1.jpg

背景部分が紫色で自動認識されるのでOKであれば>「変更を保持」をクリック
「削除する領域としてマーク」をクリック⇒削除する領域を追加できる
「保持する領域としてマーク」をクリック⇒削除したくない領域を追加できる
背景削除2.jpg

★できた
背景削除3.jpg

こんな機能を知ってるだけで、
企画書や手順書を作成したり、プレゼン資料を作るとき、
簡単効率的にワンランクアップの資料が作成できますねっ
でも、面白くなって画像で遊び過ぎないようにしましょう〜。

SATTの法人向けOffice研修では、
お客様のニーズにあわせて研修内容をカスタマイズしています。
SATTの法人向け研修サービスはこちらから
posted by きくちゃん at 11:04
連載:いまさらだけどOffice2010 | コメント(0) | トラックバック(0)