『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2013年02月27日

PowerPoint 2010の便利機能 SmartArt(スマートアート)読み込みの極意!

Web教材作成支援るんるん


CaptivateとPoerPointの連携、読込オプションについて少し触れたいと思います。

PowerPoint 2010には SmartArt(スマートアート)という便利な機能がありますひらめき
※SmartArt は PowerPoint 2007から追加された機能ですが、2010になり飛躍的に機能が増えました。

sm_sample01.png


以前のバージョンでは、図形描画にテキストを組入れてそれぞれにアニメーションを設定するという作業が必要でしたが、SmartArt を用いるとそれらの作業が一括でできてしまいます。
しかも後から項目を増やしてもレイアウトを自動でし直してくれるので、私のように絵心が乏しい場合でも綺麗に資料を作成することができます。

sm_sample02.png

SmartArt のアニメーションもワンクリックで個別に設定が可能。


そんな smartArt を用いた PowerPoint のファイルも Captivate 6では取り込むことができます。

sm_sample03.png

図のように Captivae の新規プロジェクトに「Microsoft PowerPoint から」を選択し、該当するPPTXファイルを読み込みますが、ここで注意する事がありますexclamationあせあせ(飛び散る汗)

sm_sample04.png


sm_sample05.png


読み込み画面のオプションに「高精度」というチェックボックスがありますが、デフォルトではチェックがついておらず、そのまま読み込むとスライドアニメーションが変換されませんがく〜(落胆した顔)

スマートシェイプアニメーション(非高精度)




通常のアニメーションはチェックが無くても変換してくれますが、SmartArt で設定された個別アニメーションなどの情報は組み込まれない為、変換の際には「高精度」チェックボックスを ON にして読み込みます。

sm_sample06.png


sm_sample07.png

そうするとすべてのアニメーションを PPTX の設定通りに読み込みスライドの長さもその分延長されます。

スマートシェイプアニメーション(高精度)




PowerPoint の読み込みには音声の組み込みや動画など作り方によってどちらで編集するかに応じて細かい設定がことなりますので色々と試してみてください。

m-School では 2013年3月6日から7日までの2日間で入門講座、3月8日には実践講座を開催します。

特に実践講座では eラーニングのコンテンツ制作をよくあるパターンを文字通り実践して作る講座になっていますので、Captivate をお持ちの方にもこれから eラーニングコンテンツを作成しなくてはならない方にもおすすめの講座ですわーい(嬉しい顔)
詳しくはこちらからご確認下さいひらめき

執筆:Dario
posted by たっくん at 15:16
Web教材作成支援 | コメント(0) | トラックバック(0)