2008年04月02日

気づきの学習の場 〜 体験型学習 リーダーシップ アドベンチャー研修 〜

先日、仕事でお付き合いのあるリコー・ヒューマン・クリエイツ株式会社 様から「体験型学習 リーダーシップ アドベンチャー研修」のご紹介を受け、とても関心を持ちました。

一般的なクラスルームのトレーニングと違い学習目標の達成に体を使うことで文字通り成果を体得する訳です。

以下はリコー・ヒューマン・クリエイツ様のサイトで紹介されている内容の抜粋ですが

上記研修は、団体(主に会社組織のグループ単位)で与えられた課題や試練を仲間と考え、行動し、達成していく体験型のプログラムです。

研修の目的
(1)体験型学習で「実際の行動」を引き出し、自分を再認識し、他人(ひと)を理解することができます
(2)座学では習得できない「実践力」「行動力」が養われます
(3)メンタリティと結束力を短期間で育みます
(4)研修で習得した成果は、職場や日常生活のあらゆる場面で役立ちます

一連のプログラムは「活動(トライ&エラー)」「ふりかえり」というサイクルを提供し、相互理解・相互信頼などの組織としての暗黙知を強固なものとする最高の機会と場を提供するものです。

ここまで抜粋 −−−

机上での勉強では比較的に難しいリーダーシップの考え方を業務とは形を変え、屋外の場で共同作業などを通して受講者に「気づき」を与えてくれるという、企業研修では珍しい形態のものですが、新人や中途採用者向けにコミュニケーション能力を強化することで個々の知識(能力)を上げるだけではない組織力を養うきっかけになるものと考えます。

仕事に限らず、物事を効率的に習得する上で「気づき」はとても重要であり、このような研修もまた座学集合研修やeラーニング同様に有効な学習手段の一つであると考えます。

■体験型学習 リーダーシップ アドベンチャー研修
posted by Dario at 10:00
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック