2008年03月04日

次期IEの互換性

開発部だより 第17回

※この記事の内容は過去の情報です

2008年2月13日にIEの7が自動更新となって半月が過ぎましたが、もうIE8のベータが近々公開されるようです。
マイクロソフト、Internet Explorer 8 Beta 1をまもなく提供へ

新しいブラウザのバージョンが出て心配なのが既存のサイトが正確に表示されるかという点ですが、この点をIE8では
  • meta要素を記述し、対象としているIEのバージョンを指定する
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8" />
  • サーバのHTTPヘッダから、対象とするバージョンを指定する。
    X-UA-Compatible: IE=8
のどちらも指定されていない場合には、以前のIEの互換モードで表示することで解決しようとしているようです。

IE8に対応したHPを作ろうと思った時には一手間かかりますが、既存のコンテンツがそのままでしっかりと表示されてくれるのは嬉しいですね。

この旧バージョン互換モードがどの程度の精度なのかを確認する為にもホームページの製作する人々にとってはIE8β1の公開が待ち遠しいです。

IE8の詳細については、明日からラスベガスで開催されるMIX08で発表されるようです。
どんな新情報が公開されるか今から楽しみですね。

追記
IE8のWeb標準準拠モードは非デフォルトに

IE8はフル標準モードでのレンダリングがデフォルトに
へと変更されたようです。
posted by aaaa at 09:54
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック