2008年01月08日

高校生インターンシップの受け入れ

去年の11月のことですが、都内の工業高校から電子科の生徒2名をインターンシップとして受け入れ、1週間社内で作業をしてもらいました。

今年で3年目になりますが、毎年この時期に受け入れています。

短期間なので簡単なことしかやってもらえませんが、社内担当者からは好評で、とにかく熱心にやってもらえるのでとても助かっています。

生徒さんから見ると、ソフトウェアの会社がどんな雰囲気で、どういうことをやっているのかを、垣間見ることができることでしょう。

この学校では、かなり事前指導も行き届いているようで、生徒さんは、単に技術的なことだけでなく、会社というものについて仕事というものについて、多くのことを学んでいるようです。

相互に利益のある、このインターンシップ制度がもっと広く行き渡るといいと思います。
posted by AZ at 17:49
SATTより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック