2007年08月21日

eラーニング環境を変える?Flash CS3でAIRファイルを作るアップデータ登場

AIR(コードネームApollo)のパッケージファイルを、Adobe Flash CS3から作成できるようになるアップデータが、ついに登場しました(ベータ1ですが)。

■AIR:Flash CS3 Professional Update(Adobe Labs)

これで、Dreamweaverのエクステンションとならび、

■AIR:Dreamweaver CS3 Extension(Adobe Labs)

AIR化できる環境が一気に整いはじめてきましたね。Flex 2からでもいいのですが、やはり気軽にFlashから作成できるのは大きなアドバンテージ。ちょっと試してみましたが、簡単なコンテンツでは問題なく動作していました。AIRを利用することで、ネットワークにつながらない環境でもシームレスにeラーニングを行うなど、いろいろな可能性が広がりそうです。正式版に向けての展開が期待されます。たいちょ
posted by たいちょ at 15:42
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック