2007年08月15日

黒い恋人

先週、研修で札幌に行って参りました。
札幌と言えども街並みを歩いているだけで、汗がだらだら流れ落ちる猛暑で、ソフトクリームが飛ぶように売れておりました。

研修も無事に終え帰路へと向かう空港ですることと言えば、”ズバリ”土産を買うこと。各店もお土産を求める人また人・・
どれも美味しそうでした。

やはり北海道でのお土産と言えば、"白い恋人”を買わずして何を買うと何も迷うことなく、5箱を掴み取り、レジへ一直線!
帰宅後自慢げに、会社(同伴のT取締役との折半で2箱)と千葉の弟、実家に振る舞った、当然自分用も1箱。
千葉の弟を目の前に、ここぞとばかり兄貴風を吹かし・・

「どうだ白い恋人を買ってきてやったぜ!やはり北海道と言えば白い恋人だろう、めったにこんな高級菓子を食ったことがないんだから、1枚1枚拝んで食え!毛蟹でも良かったが、毛蟹は他の土地でも買えるが、北海道と言えばやはり白い恋人でなきゃな・・」

毛蟹を比較するのもとんでもない話しである。

しかし、その兄貴の貫禄が崩壊したのは、翌週のニュース報道であった。な・な・な・なんと・・白い恋人が大腸菌騒ぎで大炎上しているではありませか!

1.社内では特に変化が見られず安心
2.実家の親も健康
2.千葉の弟も特に変化なし
3.自分も大丈夫
1から優先順位を付けて確認してどうやら安心!

いきなり「白い恋人」が「黒い恋人」になってしまった・・
でも私は「白い恋人」のファンであることには変わりない。
一度失墜したブランドの回復は大変であるが、なんとか立ち直って欲しいと願う。

SATTブランド商品の品質管理は万全です。
ご安心してご購入ください。

posted by 店長 at 10:40
エンターテインメント | コメント(1) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
「白い恋人」もう買えない。消費者からの悲痛な叫び。似た物はいろいろあるしもう要らないよなぁ▲ おいしさの秘密は特別な製法▲ 石屋製菓のホワイトチョコレート(役員)とラング・ド・シャー(アルバイト従業員)のそのふたつが出会って、「白い恋人」(告発メール)が生まれます。その出会いに、独特の製法(内部告発)が生きています。 など
Posted by さよなら白い恋人 at 2007年08月16日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック