2022年06月16日

2022年度 新学習指導要領対応について

こんにちは、営業企画のVengeです。
梅雨に入りすっきりしない天気が続きますが、高校の新学習指導要領対応
についてすっきりさせましょう。

高校の観点は始まった?
  中学校ではすでに導入されている観点別評価ですが、
  高校では今年度(2022年度)からからスタートしてます

どんなことをする必要があるの?
  これに伴い、指導要録に評定に加え、観点の評価を記入
  するようになります。観点別学習状況という欄が追加されます。
  ここに各観点の成績をABCの3段階で記載して評価することに
  なります。評価の観点は「技能」、「知識・理解」、「知識・技能」
  となっております。

効率的に対応するにはどうすればい?
  先生方の労力もかなり大変になりますので、システムで解決できると
  ころはシステムに任せるのが効果的です
  SATTの校務支援システム「賢者」で解決します。

SATTの対応は?
  SATTの校務支援システム「賢者」においては、各学校様の
  運用方法に合わせ三つのパターンを用意しており、先生方の稼働
  を削減する仕組みを提供いたします。この仕組みを知りたい方は
  是非、お問い合わせください。
  校務(学校事務)を減らし、先生が生徒と向き合う時間を増やす
  お手伝いをSATTの校務支援システム「賢者」でさせていただ
  きます。

問合せはどこにすればいいの?
賢者ロゴ.gif




  校務支援システム「賢者」ホームページ
   https://satt.jp/product/kenja.htm

  お問い合わせメールアドレス
   info@satt.jp

  お問い合わせ電話番号
   03-5259-3390
posted by Venge at 15:28
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック