2021年12月21日

働き方改革〜リモートワークとeラーニング

エスエイティーティーでもリモートワーク(在宅勤務)を実施していますが、
現在、週2日の出社を基本として、業務状況に応じて在宅が可能となっています。

皆さんの会社では在宅勤務の状況はいかがでしょうか。
特に一人でも作業ができる業務は、在宅勤務にも切り替え易いところがあり、
今までは体調がすぐれないという場合は、休みにしていたところ、
家で仕事ができる環境が整うと、体調不良でも在宅に切り替え、
頑張って仕事をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

できれば、どうしても本日対応しなければ、、という状況でなければ、
お休みして体調を整えてから、元気に頑張って欲しいと願います。


さて、在宅での業務は、一人ですので集中力が高まる反面、持続が難しいものです。
休憩をこまめに取り入れて、持続できる方も、
ちょっとした休憩が、あっという間に休憩時間といえない時間が過ぎている事も
経験したことがあるのではないでしょうか。
しかし、業務時間内ですので、業務以外の事を進めることは基本的にNGですよね。

休憩の代わりではないですが、気分転換に少し違う事をしてから
また戻ると集中力が戻りますよね。
そんな気分転換に、自己学習に励めるeラーニングがお勧めです。

eラーニングは、会社にいる時間(出勤時)には、なかなか時間が取れずに
時間外に学習をされている方が多いと、よく聞きます。
ですが、会社から指定される教育は、業務として位置づけられるものも多く、
業務時間内で実施していただくというのが基本になります。
(時間外の学習は、業務と認められるのか?という質問もよくあるようですので。)

コロナ禍が明けた先も、在宅勤務は続いていくだろうと言われています。
今こそ、この在宅勤務の効率的業務改革として、
eラーニングを有効活用してみてはいかがでしょうか。

マイクロラーニングは、1分〜5分、最大10分程度の短い教材を
短時間に学習するスタイルです。
ちょっとした、業務の合間の気分転換として学習を進めることができる。
というのもeラーニングならではではないでしょうか。

1〜5分程度であれば、簡易に多くの種類の教材を作成すことができますので、
作成側も負担も少なくなるでしょう。
企業は、セキュリティ教育やコンプライアンスの必須教育の提供、
また、部署部門ごとに必要な技術や後輩に受け継ぐべきノウハウなど
独自に作成して社内で情報共有として活用する事もできます。

SATTでは、「学び〜と
というeラーニングのクラウドサービスを提供しております。
企業独自の教育カリキュラムの提供や、テスト、研修動画の視聴など、
自由に作成して、利用頂けます。(市販教材につきましてはお問い合わせください)

まずは、無料トライアルでどんなことができるか、どこまでできるか。
在宅業務のサポート支援ツールとして、まずは少しずつ試しながら、
進めてみるのはいかがでしょうか。


使い方、ご相談はこちらまでお気軽にご相談ください。
https://www.manabeat.com/contact/index.html
posted by まっくす at 15:54
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。