2021年04月05日

社会人とは?

皆さんこんにちは。

なんでもやります『柴犬』です。


4月になり新年度という企業は多いと思います。

皆さんの会社では新入社員は入社されましたか?

SATTには今年度9名の新入社員が入社しました✋


図1.png









学生から社会人になり、緊張した顔が初々しいです。

社会人とは?と思いWikipediaで調べてみました。


内容は以下のとおりです。

―――――――――――――――――――――

社会人(しゃかいじん)は、社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人のことである。

社会に参加することで自由を得るが、反面大きな責任を負う。一般的には学生は除外される。

ただし一部の学生も社会人と呼ばれる場合がある。

日本語以外の諸外国語では日本で言うところの『社会人』をさす言葉はほとんど見られない。

たとえば英語ではworker(労働者)やadult(成人)、citizen(市民)という単語はあるが、

日本語の『社会人』にあたる単語・表現はなく、最も近い言語では『participant in civil society』。

引用:Wikipedia

―――――――――――――――――――――


これを見ると、まず社会人って言葉は日本特有のようですね。

少しびっくり👀しました。


また、『自由を得るが、反面大きな責任を負う』とあります。

改めて、身が引き締まる思いですね。。。。


責任を負う・・・

入社する社員が責任を負うのであれば、

採用した企業側も、その社員を成長させる責任があるのでは?と思っています。


コロナ禍において、集合研修が実施できずに悩んでいる企業が数多くあると思います。

そこで最適なのがeラーニングです。


社内教育は実施したいけど集合研修ができずに困っている企業の担当者の方!

ぜひ、SATTに相談ください。

eラーニングの資格をもった担当者が親身にアドバイスいたします。


『初めてのeラーニング導入に必要なものは?』

『学習管理システムって何? 』


どんな些細なことでも構いません。

是非お気軽にお問合せください。



posted by 柴犬 at 09:53
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。