2020年08月24日

情報共有できてますか?

開発部だより 第420回



こんにちは。
クローバーです。

先日、自分の担当しているプロジェクトで、
こんな初歩的な情報連携ミスがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Aさん】
 あるプログラムをAさんが修正し、対応完了後に修正台帳へ記載した。
 修正台帳はプロジェクトメンバーがいつでも閲覧できるものなので、
 他のメンバーに改めて伝える必用はないと判断した。

【Bさん】
 その翌週、同プログラムのテストを実施していたBさんが、
 仕様に疑問を持ったため修正台帳を確認した。
 修正台帳の記載内容を理解してテストを進めることができたが、
 他のメンバーに改めて伝える必用はないと判断した。

【Cさん】
 さらにその翌週、Cさんが同プログラムのテスト中、
 想定通りの結果が得られず、その調査に時間を費やしてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

修正台帳への入力は徹底されていたのですが、
その情報をどうやって共有するのかが曖昧でした。

こんな具合に、ルールを作るだけで満足してしまい、
その運用が徹底できずにいつのまにか有耶無耶になる、
なんて経験がみなさんにもあるのではないでしょうか?

テレワークでコミュニケーションが希薄になりがちな昨今、
情報の共有は今まで以上に気を配る必用があります。

どんな仕事に於いても「きっと大丈夫だろう」の考えは危険です。
そんなことを改めて考えさせられた出来事でした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

SATTでは様々な無料セミナー・研修を開催しています。

https://satt.jp/seminar/lineup.htm

お気軽にお問い合わせ下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

posted by クローバー at 09:19
開発部だより | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。