2020年01月20日

ついにFEからCOBOL消える

みなさん、こんにちは!

2020年が始まってから早くも1ヶ月が経とうとしているのに、
未だ余ったお餅のアレンジ方法に毎日頭を悩ませている開発部ジッパーです。


そしてその2020年、
基本情報技術者試験(FE)の出題範囲から、
ついに我が愛言語、『COBOL』が消えました

受験者のCOBOL選択率が極端に下がったからだそうですよ。


そりゃそうです。
“脱レガシー!脱COBOL!”という時代の流れに逆らうわけにはいきません。

COBOLに代わり、
C言語よりシンプルでわかりやすい『Python』が新メンバーになったようです。
今をときめく人工知能などにも使われることが多い言語とのこと。

これから新メンが活躍できるよう、みんなで応援していきましょう。


SATT学び〜ともさらに進化してまりいります!
随時受付中の無料トライアルや無料セミナーを是非お試しください!
posted by ジッパー at 09:45
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。