2019年09月18日

運用業務の引継ぎについて

開発部だより 第413回


OLIONです。

開発事業部の中でも私は運用業務を担当していたのですが、6月から他の部署に業務が移管されました。現在、新担当者が運用を行いながら疑問点の質問に答える形で進めています。

運用業務の多くが年に1回の処理のため、新担当者に理解してもらうのは容易ではありません。そのために必要なのが書類になります。

1つ目として、従来から顧客とのスケジュール確認に使用している「タスク一覧表」があります。

「受注前の顧客への打合せ予約」から、「最後の納品後の運用結果報告」まで、顧客はもちろんですが、外注業者とのやり取りを含めたすべてのアクションを一覧表にまとめたものを作成しています。

また、その時役に立つのが、その際にやり取りしたメールになります。

顧客や、外注業者とどの時期にどんなやり取りをする必要があるかがわかります。

そして、今回、そのやり取りを時系列的に一覧表にして、注意点なども書き入れた「運用手順」にまとめました。

従来からのシステム運用の手順書とともに引継ぎ用の資料となります。

顧客に迷惑がかかることがなく、スムーズに業務移管をおこなうことが一番重要と考えながら、この後の引継ぎ業務にあたっていきます。

以上

posted by オライオン at 13:15
開発部だより | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。