2019年02月26日

【学び〜と】事例紹介:駿台予備学校――英語4技能対策が充実!駿台生向けeラーニングシステム「PLATON(プラトン )」


POINT
弱点克服コンテンツとして「映像授業」機能を搭載。
英語4技能対策も充実。紙ベースでの対応が難しいスピーキングの学習も可能!
スマホ・タブレット・パソコンと幅広い端末に対応。



プラトンって?


プラトンは、駿台予備学校に通う生徒向けのeラーニングシステムです。
学び〜と」をベースとした、駿台予備学校オリジナルのシステムとなっています。




機能は4つ!


プラトンには、大きく分けて4つの機能があります。
それぞれ、詳しくご紹介します。




@ 定期的な学力チェックで「弱点」を把握


名称を「実戦演習CBT」というこの機能は、入試レベルの演習問題を出題します。ここで、自分の弱点分野を洗い出すことができます。演習問題は、年27回(ほぼ毎週1度)リリースされるので、定期的な学力チェックを行うことができます。

※この「実戦演習CBT」のみ「学び〜と」ではなく駿台オリジナルのシステムを利用しています。



➁ 「映像授業」と「問題演習」で弱点を克服


名称を「自習用コンテンツ」というこの機能は、弱点を克服するためのコンテンツです。「映像授業(単元別映像授業)」と「問題演習(基礎確認CBT)」の2つがあります。


単元別映像授業
各単元ごとの解説授業動画です。たった10分程度の動画なので、集中を切らさずに見られますね。要点もしっかりまとまっているため、弱点部分をピンポイントで学習するのにピッタリのコンテンツです。


基礎確認CBT
弱点に特化した演習問題です。ニガテな問題だけを演習できるので、効率良く学力を伸ばすことが可能です。



B 自分に最適な学習レベルを判定


名称を「e-プレースメントテスト」というこの機能は、どのレベルから学習を始めるか迷っている人のためのコンテンツです。テストを受けると、自分の学力に最適なレベルに案内してもらえます。



C 入試・検定試験で通用する「英語4技能」を培う


名称を「英語4技能対策」というこの機能は、「スピーキング」「リスニング」を含む英語4技能対策コンテンツです。会話表現や、発音・アクセント等を音声・映像と共に学ぶことができます。共通テスト対策だけでなく、英語4技能資格・検定試験利用型入試に対応するコンテンツも搭載しており、幅広い検定の対策が可能です。




パソコン・スマホ・タブレットで利用可能です!


プラトンは、パソコンだけでなく、スマホ、タブレットからも利用できます。ですので、じっくり勉強したい日は、自宅のパソコンから。通学中のスキマ時間に勉強したい日は、スマホやタブレットから学習する、といった使い分けも可能です。




事例紹介、多数!「学び〜と」サイトをチェック


学び〜とは、他にも様々な企業や学校で利用されています。駿台予備学校以外の導入事例を知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧になってください。




posted by ナツメグ at 00:00
学び〜と | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。