2018年09月18日

その機能って本当に必要ですか?

 9月15日のライブと言えば、世の中的には、引退する安室奈美恵さんの沖縄でのライブ一色でしたが、私にとっては、前日に69歳を迎えた永ちゃんの東京ドームでのライブでした。一夜で燃焼してしまい、永ちゃんロス、あ〜ぁ、これで年末5daysの武道館が無くなったと脱力気味のベフです。

 話は変わりますが、昨今スマホに対し、ガラケーの携帯が復権しているそうです。またスマホの中でも楽々フォンなど機能を絞ったものがそこそこ売れているそうです。
 新し物好きの私は、iPhoneXs に興味津々なのですが、では今持っているiPhone の機能を十分に使っているかと言えば、お粗末な限りで、電話を掛けるとか、メールの送受信、ネット検索、写真撮影など、ほとんど基本的な機能しか使っていません。

 iPhoneXともなると10万円を超える高価なものとなるにも拘わらず、その多くの機能が、本来期待された使い方をされていないのが現状ではないでしょうか?
 ライブでは、一曲でも多く聴きたいと盛って盛ってを期待するのがファンですが(笑)、実はスマホなどこういったツールに関しては、ユーザーとしては、多機能よりも、むしろ使い易さを求めているのではないかと思います。

 eラーニングのシステムでも同じことが言えます。eラーニングの基本と言えば、学んでもらいたいことを、同時に、いつでも、学んでもらいたい方全員に、ストレスなく学んでもらえ、その学習履行状況や、結果が把握できることだと思います。

 さてみなさん、ここでちょっと自分がeラーニングシステムを選定する担当者だと想像してみてください。
 いろんな会社がみなさんのところに、「うちのeラーニングシステムが一番です。」と、売り込みに来ますね。「うちのシステムには、こういった機能や、ああいいった機能なども付いています、どうでしょうか?」と。
また得てして上司というものは勝手なものです。「こういった機能があった方がいいんじゃないか?」と。そこであなたはまた各社に電話して聞きます、「こういった機能は付いてないですか?」と。
 勝手だけではなく、気まぐれなのも上司ですから(笑)、「そう言えば、こういう機能もあった方が便利だなぁ。」で、また電話です。
 終いには、競合何社かの星取表を作ることになります。で、一番星の多かったところが採用!ってことにも成りかねません。

 でもちょっと待ってください。本当に機能が一番多く付いているeラーニングシステムが、みなさんが望んでらっしゃるものなのでしょうか?

 機能が多くなると、その操作方法も一々学ばなければなりません。マニュアルを読み込むのも大変です。しかもよく使う機能でしたら、一度覚えたら忘れませんが、滅多に使わない機能ともなると、一々覚えてられませんよね。
 結局そうなると使われない機能となって無用の長物となってしまします。
 ツールの理想としては、マニュアルなんか見なくてもサクサクと利用できることです。前述のeラーニングの基本に立ち返れば、本当に自分たちが必要としている機能だけが付いているeラーニングシステムを選ぶことが重要ではないでしょうか?

 Simple is best ! です。

 弊社にもeラーニングシステムあります、『学び〜と』というものが。
 ■『学び〜と』公式ホームページ

 得てして技術陣は、「こういった機能も開発できる、こういった機能も付けられる。」と開発しようとしてくれます。営業の方でも、「お客様がこういった機能を欲しがってます。」といろんな方面から機能を増やしていく圧力がかかります。
 しかし、その機能を付けることが本当に多くのお客様のニーズなのか、増やすことが本当にお客様にとってメリットがあるのか、それは日々葛藤です。
 弊社の今の「学び〜と」が完全無欠だとは思っておりませんし、今後も新たな機能を付け加えるかも知れませんが、今回は弊社の商品開発への思いと裏側をちょこっとだけ紹介させていただきました。

少しでも、「いつでも、どこでも、PCでも、スマホ、タブレット学習できる、クラウド環境を利用した弊社『学び〜と』」にご興味を持っていただけましたなら、無料体験版もご用意させていただいております。

また、ただ今10月12日開催の無料セミナー「教材作成から配信準備まで体験しよう!『学び〜と』ハンズオンセミナー」も受付中!

お申し込みは SATT公式サイト セミナー紹介ページ から

posted by ベフ at 11:50
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。