2018年08月03日

COBOL豆知識

開発部だより 第397回



はじめまして。クローバーです。

元号改正に向けて関係各所がそわそわし始める今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この際、和暦を全て西暦に変えてしまえぃ!
という企業様も多いかと思います。

かく言う私も西暦化プロジェクトに参画しております。
開発言語はCOBOL85

ある暑い夏の日の午後、プログラマーさんから
アポストロフィ(シングルクォーテーション)ってどう定義すれば良いの?
って聞かれて答えに窮しました。

そう、西暦の2018年を略して'18年とか表現する際に使う
アポストロフィってヤツです。

'''(アポストロフィをアポストロフィで囲む)ではコンパイルエラーになるし・・・。
さて困った困った。

大先輩のOさんに伺ったところ、
以下の様に定義すれば良いことが分かりました。

QUOTE または '''' と記述することにより1桁のアポストロフィと見做されます。
ちなみに、'X''Y' は3桁の文字列 X'Y と見做されるそうです。

う〜ん。勉強になりました。



話は全く変わりますが、プライベートの話題も少しだけ。

我が家の中学一年生の息子がLINEで友人を
中傷する様なやりとりをしていたのが分かりました。
本人は冗談半分のつもりだったみたいなのですが、
学校でもちょっと問題になってしまい親として結構ヘコみました。
(相手方のご理解もあり無事に収束に向かってますが・・・)

問題が発覚した当日、教師も妻も厳しく指導してくれたお陰で、
私は冷静に息子の話を聞く役に徹することができました。

話を聞いてみると彼には彼の言い分がきちんとあったことが分かりました。

事の重大さからすると取るに足らない言い分だったのかも知れませんが、
ちゃんと納得できる内容でもあり、
頭ごなしに叱りつけることをせずに本当に良かったと思っています。

皆さんにお伝えしたかったのは、
どんな時でも冷静に相手の話を聞くって大事!
ってことです。

仕事でもプライベートでも、所謂“パワハラ”は起こりえます。
気を付けましょうね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SATTにはCOBOL技術者も数多く在籍しております。
COBOL開発でお困りの際は、是非ご相談下さい。

posted by クローバー at 08:58
開発部だより | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。