2018年05月28日

GDPRの従業員教育にeラーニングを使いませんか

開発部だより 第392回



こんにちは。
最近は国内メーカーでは満足できず、海外メーカーのPCを個人輸入で購入しているumpcです。

海外通販は個人情報の管理が心配になってしまいますので、それなりに信頼できるアメリカAmazonやebayを中心に使ってます。

個人情報といえば、EU版の個人情報保護法であるGDPR(EU一般データ保護規則)が5月25日に施行されました。

適用範囲が非常に広く、日本の企業であっても対象になる可能性があります。
以下は対象になるケースの一例です。
・EUに拠点があり、現地に従業員がいる
・EU居住者に対して商品やサービスを提供している
・EUから個人情報を含むデータの処理について委託を受けている


また、GDPRで保護される個人情報の定義が「欧州経済領域に所在する個人のデータ」となっているため、EU域内に出張や旅行で訪れた場合、その人の個人情報もGDPRの対象になる可能性があります。

個人情報を扱う企業はGDPRの影響を受ける可能性が高いため、早期に対応を進める必要があります。
どのような対応を行うかは無料、有料のセミナーや情報サイトで手に入りますが、対応するための作業に『従業員への周知・教育』があります。

全従業員を一度に集めて教育するのは無理という企業も多いと思います。
そんなときこそeラーニングを使ってください。

eラーニングであれば従業員が自分の都合の良い時間に学習できますし、学習した記録を残すこともできます。

SATTのeラーニングシステム「学び〜と」は定期的に導入セミナーハンズオンセミナーを開催していますので、ぜひご参加ください。
posted by umpc at 15:57
開発部だより | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。