2017年11月06日

「呉越同舟」豆知識

開発部だより 第370回



11月も台風一過、神田神保町の古書店祭りも終わり、かなり良い天気となっています。

何気なく使ってはいるが、その意味を知らない諺って、結構あると思うのですが、読書の秋という事で、しばしの間、お付き合い下さい。

「呉越同舟」勝ったのはどちら?

史書に、「越王勾践、呉王夫差を空しゅうす」という言葉があります、越の勝ちです。

越は呉の属国でした、呉王闔閭(夫差の父)の時、越は背き、その戦いの傷がもとで、闔閭は亡くなります。

夫差は復讐を誓い、勾践を会稽山に追い詰めます。

勾践は夫差に許しを請い、これを夫差が受け入れ、勾践の命は救われました。

勾践は、夫差の寵臣に賄賂を送り、帰国を許されます。

が、今度は勾践が復讐を誓います(ここら辺の経緯が「臥薪嘗胆」という諺となります)。

勾践は、夫差が会盟の議(諸侯の盟主の座を争った)を開いている隙を突き、呉を急襲します。

その後も呉越の争いは続きますが、今度は夫差が追い詰められます。

先の事もあり、今度は、夫差が勾践に命乞いをしますが、越の功臣、范蠡の言を入れ、勾践はこれを許しませんでした。

ここに呉は滅びます。

呉越の攻防は、日本で言いますと、川中島の戦いに比すべきものです。

負けた呉ですが、人が居なかった分けではありません。

伍子胥(「死者に鞭打つ」その人です)、孫武(かの孫子です)などの人物がおりました。

しかし、越には文種、なんと言っても、先程名を挙げた范蠡がいました。

呉越の攻防は、范蠡に名を成さしめる為の戦であった、とも言われます。

これらの人物は、皆、「史記列伝」に一章を設けられている傑物です。

何で孫子が居たのに負けてしまったの?越・范蠡のその後、呉越の攻防に興味が沸かれた方には、以下の本をお勧めします。

「湖底の城」−宮城谷昌光、「孫子」−海音寺潮五郎、「史記列伝」−司馬遷

どれも面白いです。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

更なる発展の為、奮ってご参加の程をお願いします。
posted by ハイタカ at 15:50
開発部だより | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。