2017年03月06日

16歳の尾崎豊に恋した日(後編)

こんにちは。ミッシェルです。

昨年の10月に前編を書きましたところ、何名かの方からコメントをいただきましたので、
なるべく早く後編を・・・と思ってはいたものの
なかなか自分の番が回ってこないとブログは書かないものですね。

後編を心待ちにしていただいていた皆様!
4ヶ月も間が空いてしまい申し訳なかったです。お待たせいたしました。
(え?待ってた人なんて、いないよって?しかも誰も覚えていなかったりして・・・涙)

まあ、これだけ間が空いてしまえば忘れ去られていても仕方ないですね。
それでも書きます、後編のはじまりはじまり〜


4ヶ月ぶりなので前編のおさらいを軽くさせていただきます。
昨年の10月のとある日、尾崎豊氏の息子、裕哉氏をたまたまテレビで見て
優しくのびやかな歌声に興味を持ちました。
そして、改めてその父親である豊氏のことも知ろうと
youtubeなどで過去の動画を探してみたところ
デビュー前の16歳の時にオーディションを受けた時の動画を発見し、
すると、なんとも言えない感覚・・・
そう・・・胸の奥をぎゅっと握られたような感覚におそわれ・・・
つまり16歳の彼に恋をしてしまった というお話です。

その後、4ヶ月、私の恋心は今どうなっていると思いますか?
恋心を抱いたとしてももう決して生身の姿に会えないという辛い現実の中で
決して実ることのない想い・・・
(現在ご存命だとしても実ることは、あり得ないのですけどね・笑)

物語的に言えば、障害が大きい恋こそ燃える!!メラメラと
メラメラメラメラメラメラメラメラ


しかし、実際のところ、

そんな想いは

あっという間に

消えました(笑)さらさらさら


消えたというか、それ以上大きくならなかった、深くならなかった
という言葉の方が適しているかもしれません。

しかし私の想いなんてどうでもいいくらい16歳の豊氏がとても魅力的
である事実は変わらないと思います。だから、音楽業界のプロの大人たちが
彼をデビューさせようと思った訳ですしね。

それに豊氏に抱いた”興味”(好意ではなく、興味なんですね)は今も消えていません。


そして今、私の心の中には別の想いが沸いています。

尾崎裕哉さんのライブを聴きに行ってみようか!?

それは、下記のような想いや疑問の答えを見つけるためです。

彼はどんな歌をどんな風に歌うんだろう?
彼は父親とどう向き合って行こうとしているんだろう?
彼は父親をどう越えようとしているんだろう?


父親が亡くなった26歳に誕生(=デビュー)したその息子は

精神的に未熟でまだまだ子供であるにも関わらず
アーティストとして有名になり、もてはやされ、
自分の才能についてやら女性関係についてやら人間関係についてやら
あれこれ悩んで傷つき葛藤し、
そして大人になりきることなく死んでしまった父親をどう捉えているのだろう?
(尾崎ファンの皆様、失言がありましたら深くお詫びいたしますので、どうぞお赦しを)


父親とは対照的に精神的に落着き大人になった26歳でデビューするという、

まるで仕組まれたような見事な父親との入れ替わりのタイミング
(芸能界は恐いから、本当に仕組んだ人がいるのかもしれないですね。
 話題性として必要であったりもするのでしょう。)

でも裕哉氏は そんないろんな現実に目を背けず、逃げず、負けず きちんと向かい合っている、
そんな風に思えたから彼の姿を見てみたい、歌声を聴いてみたいと思ったのです。

彼の歌を聴けば、疲れた体も不安な気持ちもささくれた心も癒される、パワーをもらえる気がして。

こんな私の考えは間違っていなかったと確信したのは
以下のWEBに掲載されていたインタビューの中で
「父が窓ガラスを割るタイプだとしたら、僕は全力で磨くタイプ」
という言葉から。(掲載元は何だけど、いい記事です)
記事はこちら

これを読んで感じたのは、裕哉氏から感じる優しさや包容力は、彼自身が運命を乗り越え、
達観しているから。
自分自身がずっと悩み傷ついたままであった豊氏との違いはこれなのかもしれません。


もう私は決心しました。

そうだ、行こう、ライブへ!!

さらに なんていうタイミングだ!ライブツアーが始まるではないか!?
なになに?チケットぴあもイープラスも売り切れだけど
ヤフーチケットは販売中。(←決してヤフーからお金をもらってはいません)

よっしゃあ。申込みボタンをポチッ。はい終了。

すでに行かれるご予定の方もいるかもしれないですね。
だとしたら同じ空間にいることもあるかも。

最後に・・・

16歳の尾崎豊に恋した私は、
その息子である尾崎裕哉さんの歌を聴きにいくことで
抱いた恋心を別の形の何かに昇華させようと思っているのでありました。

posted by michel at 19:08
エンターテインメント | コメント(4) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
待ってました。前回コメントしたものです(笑)

あれから13歳の尾崎豊氏の動画をみてびっくり!あれ?ロックのイメージじゃない…えっ!?えええっ!?こんなだったんだー。
いい意味で裏切られた。本人はフォーク希望だったけど、流行らないからロックで行けと言われてデビューしたのは知ってたけど。キャラが違いすぎる。プロの手にかかるとこうも変わるんだなと。

もしフォークでデビューしてたら違った人生があったかもしれないとも思ったり。

私はあれから裕哉さんや奥様の著書を読みました。
裕哉さんはいたって普通の子(笑)、奥様は客観的に尾崎さんを見ていて、一番彼の理解者だなぁという印象。

そしてすっかり裕哉さんの人柄のとりこになってしまいました。
どちらかというと高校時代はアンチ尾崎豊に近かった私が、その息子に夢中になるとは思いもよらなかった(笑)

特にラジオ番組で「モテるでしょう?毎月彼女が違うのでは」と聞かれて
「((爆))僕はそんな父親みたいなことしません。」
のコメントは、やられました(笑)尾崎のいいところも悪いところも全てわかっていて、父親が大好きで尊敬している裕哉さん。
まだ若いのに人生を達観していて本当に凄い。

そのラジオ番組で普段の尾崎の会話を流してたけど、話し方や話し声まで父子瓜二つ!電話に出たらどっちかわからない!!
話す内容まで2人とも同じなんだけど、決定的に違うのは裕哉さんは底抜けに明るいこと。
奥様が明るい人みたいだからそこはそっちに似てよかったなと。

ライブいくんですね!私もまだチケットもってないんですけど、ライブいくつもりです。当日券あるかな?
是非、裕哉さんのライブの感想も書いてほしいなぁ。首を長くしてまってますので!
Posted by かんちゃん at 2017年03月09日 21:13
かんちゃんさん!

コメントありがとうございます!4か月お待たせしました!!

似たようなタイミングで似たような理由で裕哉さんに魅力を感じているんですね!
コメント読ませていただいて「うんうん、そうそう。私も同じ考えだあ〜」ととても親近感を覚えました。

ライブ、行きましたよ!とてもよかった。行ってよかった。
かんちゃんさんは行かれたのかしら?これからかしら?

ライブの感想は、完結編として近いうちにブログに書きたいと思います。忘れないうち、忘れられないうちに。

かんちゃんさんとは、また裕哉さんについて語りあえたらいいなと思います(^0^)/~

今後も宜しくお願いいたします。

ミッシェル
Posted by ミッシェル at 2017年03月14日 16:45
昨日ライブ観てきましたよー。東京と内容は若干違うと思います。父子のパネル?とかないし。

こちらは参加年齢層結構高めでしたね。なんか夢心地であっというまに終わってしまった。あと30分くらいやればMCももっと聴けそうなのに。

実物はテレビと違ってあぁだったこうだったって言うのは全くなく
テレビで見るままの裕哉さんだったなぁ(笑)
ライブ前はどんなオーラとか雰囲気なのかとか考えてたけど
見た目も中身も「あ、まんまだ(笑)」って思った(笑)
東京は秋もライブがあるからいいですねぇ(^O^)ミッシェルさんは次も参加かな?
地方は、つぎ来てくれるのはいつになるか。うーん羨ましいです。
とりあえず明日のMステをみようっと。
Posted by かんちゃん at 2017年03月16日 19:04
かんちゃんさん!
ライブ行かれたのですね。
日程から見るとかんちゃんさんは名古屋なのですね。
(出張で名古屋は割と行くのですよ。伏見近辺が結構気に入っています)

私は裕哉さんのCDも聴いたことがなく、歌はほとんど知らなかったのですが、それでもとてもよかった。また聴きたいと思った。
だから ご想像通り、秋も速攻申し込んじゃいました!

ライブに行った感想は、今週中にはこのブログにアップする予定です。
このアップで裕哉さんに関しての話題は最後になります。
今までおつきあいいただいてご愛読いただきましてありがとうございました。
裕哉さんのライブのため?もしも東京にいらっしゃる時は是非お声をおかけくださいっ!
Posted by ミッシェル at 2017年03月21日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447655572

この記事へのトラックバック