2016年07月28日

ヤンゴン奮闘記 - お買い物編

たっくんです。

ミャンマーに来て1週間になります。
だいぶ、こちらの生活にも慣れてきました。

生活を行ううえで、必須なのが、買い物。

まず基本!

ミャンマーのお金の単位は、チャット。
1000チャット = 約100円で計算するとよい。(為替ルートにもよる)
通貨は、全部紙幣で、主に流通しているのが、50、100、200、500、1000、5000、10000の7種類。
市内の換金所では、100ドルの新札しか扱ってもらえないので、注意。(折れていると交換してもらえない場合もある。少額紙幣でも換金してくれる場合もあるらしいが、換金レートが下がるらしく、換金した事がないのでよくわからない。)

ではでは、買い物についてですが、まず、言葉が分からない。
そして、数字が読めないんです。ミャンマー語(ビルマ語)の数字というのがあり、私たちが普段使っている数字とは違うんです。

だから、最初は、買い物がすごく大変でした。

でも、1週間経ち、道端で売っている野菜や果物も、値段感も少しづつわかってきました。
パイナップルが1000チャットで、バナナが15本位ついていて2000チャット、トマトがゴルフボール大7〜10で、500〜1000チャットです。

とりあえず、野菜果物系は、1000チャット(=日本円で100)を基準にするといいみたいです。

ここでポイント!!
買い物時に持っておくと便利なのは、小さな電卓!


欲しい物を指さして、電卓を出すと、値段を教えてくれる。(場合によっては、お札を出して、これだけ必要って教えてくれる。)

この方法は、ミャンマー支社の方に聞きました!!すごく便利。
いままでなら、適当なお金を出したり、全部のお金の種類を出して選んでもらう方法とかだったので、買う前に、値段が分かるのが大変便利です。
是非みなさんも、海外で買い物をする時は、小型の電卓を持ち歩こう!
(携帯でも大丈夫なのですが、濡れたり汚れる可能性があるので、電卓がお勧め)

ミネラルウォーターは、1リットルで150〜300チャット位なので、凄く安いです。
コーラとかも、250ccで、200チャット位で、ポカリスエットが、500のペットボトルで、450チャット位だったきがきます。
あとは、カラフルなジュースが沢山ありましたが、そそられなかったので、華麗にスルー・・・。(笑)
100%濃縮還元のリンゴジュースやオレンジジュースは、1リットルで、2500チャット位です。

肉は、道端で鳥などはさばいて売っているのですが、新鮮ですが、ちょっと勇気がでずスーパーの物を買っています。
道端のは新鮮だけど、衛生的にはどうだとう??って感じです。
でも、基本は道端で売っているものを買うらしく、スーパーでは、ちょっとしか売っていません。
ほぼほぼ、外国人向けらしいです。
価格は、量にもよりますが(中くらいのパックの豚ひき肉)、2500チャット前後だと思います。
posted by たっくん at 14:31
ヤンゴン奮闘記 | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
屋台で果物、購入できたんですね。
おめでとう!パチパチパチ。
毎朝、新鮮なフルーツ三昧だ。
Posted by はちみつゴロー at 2016年07月28日 18:00
いろいろ見た事のない物が沢山あります。
もうちょっとしたら、屋台の調理してある物も挑戦してみます。

まずは、フルーツ編で(笑)
Posted by たっくん at 2016年07月29日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック