2016年03月02日

運用業務開始前の個人情報の取り扱い確認について

開発部だより 第307回


OLIONです。
開発事業部の中でも私は運用業務を主に担当しているのですが、その中での個人情報の取り扱い確認での取り組みについて説明します。

試験処理運用をはじめ私の担当している業務については、必ず個人情報を扱うことになります。
弊社では、PMS(個人情報マネジメントシステム)に基づいた個人情報の管理資料を作成しています。
そして、私の所属するグループ内で、本番運用が開始される前に、その管理資料を見ながら、個人情報の取り扱いについて、必ずグループ全員に説明することにしています。

毎年の運用がかわらなければ、説明する内容はほとんど変わらないはずですが、管理資料に記載してある内容を説明する度に、記載内容を変更する必要があると気づかされます
最近でも個人情報の件数や保持期間についての見直しや、個人情報の移送方法の変更などが発生しています。
管理資料の見直しについては、運用担当者だけでは気づかないことでも、他の人に説明することで気づいたり、他の人から指摘されて気づいたりすることなどが多々ありますので、この取組みは個人情報を安全かつ正確に扱う上で大事なことだと感じています。
以上

OLIONの経験した・気づいたことシリーズ
EXCELを運用で使用した際に経験したことについて
運用業務での手作業部分について
データインポート処理で気づいたこと
バーコード読み取り作業で経験したことについて
EXCELを使用した際に経験したことについてPART3
試験運用業務で経験したことについて
試験運用業務で経験したことについてPART2
データ作成業務で経験したことについて
試験運用業務での経験したことについてPART3
はがき印刷業務について
posted by オライオン at 14:50
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434484835

この記事へのトラックバック