2016年01月12日

「墨」と「スミ」の話で思い至ったこと

どーもMSKです!

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!
昨年の夏に激ヤセいたしまして、久しぶりに会うお客様から
こぞって心配されておりましたので、目標3キロ増をめざし、
食っちゃ寝三昧のお正月を過ごしました。
(結果は目標には1キロ届かず、2キロ増でしたが。。。)


もちろん食っちゃ寝だけではありません。
二人の娘が小学校5年生と4年生となりまして、
冬休みの課題として「書初め」に取組みました。

私自身も久しぶりに筆を持ったのですが、
娘二人も普段とは違う課題に真剣に取り組み
納得がいくまで何枚も書いていました。


その後、ご褒美ではないのですが、
クリスマスプレゼントとして手に入れた
Nintendo Wii Uの「Splatoon」をプレイしました。

ご存じの方も多いと思うのですが、
「Splatoon」は、「イカ」を模したキャラクターを操作し、
装備した武器(ウェポン)で、敵より多くの陣地を
「スミ」で塗りたくるゲームですね。
(娘には一度も勝てませんでした。。。)

書初めで「墨」を塗りたくったあとに、
またイカで「スミ」を塗るんかい、っと
心の中でツッコミをいれつる、
いわゆるデジタルネイティブ世代の
今後の生活、学習方法に感慨を受けた次第です。


後輩の受け売りですが、ある県の教育現場では、
先生がタブレットを使用した授業を行う中で、
メモを紙に書いていたのを見た小学生の生徒が
「先生、タブレットがあるのになんで紙にメモしてるの?」
と、質問したそうです。

eラーニングという教育ソリューションを提供する身としても、
子供達だけでなく、生涯学習としても、10年後、20年後の
「ICT教育とは何か」という観点で、今後を見据えたいと思います。


なにはともわれ、本年も何卒、よろしく御願い致します!

MSKでした〜!!
posted by MSK at 14:28
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック