2015年12月16日

IE のサポートポリシー変更に伴い、もうすぐ古い IE がサポート外になりますが、準備は大丈夫ですか?

2016年1月12日以降、Microsoft社のセキュリティーポリシーの変更に伴い、「Internet Explorer」(以後、IE)のサポートが、各Windows OS で利用可能な最新版のIEのみになります。

開発者側からの意見としては、動作対象が絞られるので、検証対象が減って、若干は楽になる?んですが、実際に、運用している立場から考えると一大事です!

サポート対象外となるという事は、セキュリティーパッチが提供されないという事なので、ウィルス感染リスクがあがり、情報漏えいの可能性が大きくなります!!!

このブログをご覧になっている方々は、恐らく対応済みだと思いますが、みなさんの周りの方で、IEのバージョンアップをされてない方がいらしたら、教えてあげてください。
他人事ではありません。知り合いがウィルス感染をすると、その知り合いのPCには、あなたのメールアドレスなどの情報が入っているのですから!!

https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20151215-IEsupport.html 」 - 独立行政法人情報処理推進機構より
posted by たっくん at 10:11
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック