2015年03月24日

Web選挙、Web投票サービスあります

eラーニングのサービスを提供しているからこそ、
利用者、管理者目線で充実したサービスが提供できるんです。


LMSの基本機能は、ユーザ管理、コンテンツ管理、履歴管理が基本で
様々な端末からWeb上のシステムにアクセスし、システムはそれらの
ログデータ(誰が、いつ、どのコースを、何回、何点、どれくらいの時間実施したか等)
を管理します。

eラーニングのサービス運用まで携わっていくと、まだまだITスキルが高くない、
または慣れていない方が多いことに気付きます。
どうしたらユーザーに解りやすく、使いやすい画面や機能が提供できるか。
様々な端末からアクセスしてもスムーズに負担なく学習を進めることができるか。
初期導入はここが一番重要な点になります。

Web選挙システムでは、これらeラーニングのノウハウをそのまま活かす事ができました。

iPhoneやAndroidの等のモバイル端末が増えてきたことで、
投票機能をもつ高機能なアプリもいくつか開発、提供されています。
アプリを使うことは、安定して様々な機能を効果的に利用できるとても良いツールですが、
先ずそのアプリをインストールする、という作業のハードルが高く、
なかなか導入する事が難しいのが現実です。

その点、eラーニングの基本コンセプトは、
ITスキルが高くなくても利用できる分かりやすいものであること。
不要なソフトはインストールしない、面倒な事はなるべくさせないという事が必要なのです。

eラーニングよりもシンプルで、モバイルファーストでデザインされた機能と画面は、
どんな世代でも戸惑うことなく、スムーズに利用していただくことができるでしょう。

今後Web投票サービスは、ASP/SaaSのサービスとして
短期で利用できる形を予定していますが、
まだ公開にはすこし時間がかかりますので、画面イメージや機能など、
もしご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。


次の投票はWebで実施してみませんか。

posted by まっくす at 16:27
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック