2015年02月09日

e-Learning Conference 2015 Winter 開催中

本日2月9日(月)から二日間 富士通ラーニングメディア品川ラーニングセンターで、日本イーラーニングコンソシアム(eLC)とモバイルラーニングコンソシアム(mLC)共催の「e-Learning Conference 2015 Winter」が 開催中です。
一日目の今日は、「TinCan API」をはじめとしたラーニングテクノロジーの最新動向の紹介
二日目の明日は、「eラーニング・プロフェッショナル資格DAY」と称してeラーニング・プロフェッショナル資格(eLP資格)に関するスキル向上ための情報提供が行われます。
いまや世の中でeラーニングはなくてはならない手段のひとつになっていますが、活用していくための様々な知識についてはあまり知られていないと思います。

どのように学習計画をeラーニングで実施するのか?
コンテンツはどのようにして調達(購入や制作)するのか?
eラーニングのシステムを効果的に運用していくために何を検討すべきか?
など、これらを解決していく上で必要な知識が得られるのがeLP資格です。

横断的かつ基本知識を習得できるeLPベーシック(eラーニングコース第23期)がちょうど2月から受講開始されていますが、今回の「eラーニング・プロフェッショナル資格 DAY」に参加いただくと無償で受けることが出来ます。
特典参加のため資格取得は出来ませんが、学習内容を知る事ができる数少ないチャンスですので、これからeラーニングに係わる方や、現在色々とお悩みの方は、ぜひとも参加してみてください。

詳しくはeLCサイトのこちらを参照ください。

現在、eLCでは様々なイベントを通じてeラーニングの情報を発信しており、これからの企業・学校の担当者にとって有益な情報もたくさん得られると思います。

SATTのサイトにも基本的なeラーニングの情報を掲載していますが、合わせてご覧いただければ幸いです。
posted by Dario at 22:42
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック