2014年11月20日

タイムラプス動画を撮ってみた。

砂糖・ミルク多めのカフェラテが好きな魔女ッ娘です黒ハート
あとは冬と言えばココアですかね。
会社近くの豆香房ココアに生クリームトッピングは冬の定番ですぴかぴか(新しい)

iOSが8になり、色々と機能が追加されたりなんだりラジバンダリ。
その中で気になったのがカメラに追加されたタイムラプス機能exclamation×2
そう言えば少し前の記事で、たっくんがアプリの話をしていたなぁ…
ということで、タイムラプス動画を撮ってみましたexclamation

今回は、弊社のご紹介も兼ねて、水道橋駅からの道順を。

【都営地下鉄 三田線 水道橋駅〜SATTまで歩いてみた】
使用機材:iPad mini Retinaディスプレイモデル(iOS8.1)
使用機能:iPad mini 標準カメラ+標準カメラ機能



は、早い…あせあせ(飛び散る汗)
実際は約8分?なのですが、出来上がった動画は30秒…
えっと…約16倍速exclamation&question
・・・・・・・もしかしてiOSの機能だと設定できない?

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第60回 iOS 8の新機能、「タイムラプス」を撮ってみよう
ITmedia Mobileから

やっぱりーーーーどんっ(衝撃)
せっかく分かりやすさも兼ねて通りかかるお店も撮影したのに
動画UPしてもらう時はモザイク処理してもらわなきゃとか考えていたのに
ひどいっダッシュ(走り出すさま)


と、のた打ち回った?ところでたっくんが紹介していたアプリの存在を思い出しました。
早速アプリをDLして、撮影映画
同じような動画でも良かったのですが、せっかくなので今度はJR水道橋駅からの道順を。

【JR 水道橋駅東口〜SATTまで歩いてみた】
使用機材:iPad mini Retinaディスプレイモデル(iOS8.1)
使用機能:iPad mini 標準カメラ+Hyperlapse from Instagram(アプリ)
設定:6倍速



おおexclamationこれならいけるexclamation×2(ちょっとスタートのタメが足りなかったけど)
実際は4分程度のものが40秒程度に。
ちなみに倍速の設定は撮影後に2〜12倍で選択できました。

ただし、一つ難点?コツ?が。
少し暗めのところで撮影を開始しようとすると「明るさが足りないよ」とアラートが時計
これを無視して撮影開始すると、開始時の暗さに合わせて自動調整してくれます。
が、そのまま明るいところにいくと映像が白飛び…晴れ
な、なぜだ…と思い、ふと信号待ちしている時に画面をタッチしてみると、ピントを合わせる要領で明るさが調整されましたひらめき
もう、最初から言ってよ!と思いつつ、再度撮影したのがUPしたものです。

なんだかんだで、動画撮影は一筋縄ではいかないなぁ…
と思った11月の昼下がりでした。

弊社へご来訪の際は、この動画を参考にお越しくださいるんるん


SATTでは簡易撮影ルームでの撮影も行っていますので、
こんな動画を撮りたい!というご要望があればお問い合わせください。
posted by 魔女ッ娘 at 13:39
やってみた。 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック