2014年09月02日

大人の自由研究:プロジェクションマッピング(もどき)を作ってみた。

結局、暑かったじゃないかむかっ(怒り)と前回のエントリーを見返して思った魔女ッ娘です
あ、でも、西日本は雨が多かった影響で冷夏だったんですよね…バッド(下向き矢印)

今回はこの夏の自由研究?のご報告を。
東京駅丸の内駅舎やら、札幌雪祭り、さらには水族館とかテーマパークでやって、
何かと話題に上ることの多いプロジェクションマッピング
これを作ってみたいなー、と思い、やってみました。

そもそも、プロジェクションマッピングって何ぞや?
プロジェクションマッピング(英語名:Projection Mapping)とは、
パソコンで作成したCGとプロジェクターの様な映写機器を用い、建物や物体、
あるいは空間などに対して映像を映し出す技術の総称をいう。
 (by Wikipedia)


実際にやろうと思うと専用ソフトを使ったり、動画編集ソフトを使ったり
残念ながら魔女ッ娘のPCにはそんなものは入ってないので、さてどうしたものか…たらーっ(汗)
と思って色々見てみたら、なんとexclamationPowerPointで作ってる人がexclamation×2
これならできそうグッド(上向き矢印)
ということで真似っこしてみましたぴかぴか(新しい)

<制作過程>
1投影先を決めて、写真を撮る
2どんな動画を作るか絵コンテを書いてみる
3PowerPointに投影先の写真を画面いっぱいに貼りつける
4オブジェクトを配置
5オブジェクトをPowerPointのアニメーションで動かす
6投影先の写真を削除して、背景を黒に設定
7実際に投影して動画を撮ってみる
8人に見せて微調整

<Point>
サーチ(調べる)PPTの背景を黒にすると、プロジェクターで映した時に弱い光になる
サーチ(調べる)オブジェクトは黒に映える色にする
サーチ(調べる)プロジェクションマッピングっぽく見せるために、投影先の物と融合させる
サーチ(調べる)動画を撮ったら人に見てもらう

なにより一番大変だったのは、実際に投影してみる時。
投影先の写真を下地にオブジェクトを配置して動きを付けたのですが、
投影してみると位置がずれるずれる。

なぜだー!!となりつつも、なんとか動画撮影しました。

が、やはり出来上がったものはPowerPointクオリティ。
プロジェクションマッピング(もどき)となりました。

次の課題はPowerPointでもそれらしく見せることと、
投影物との位置調整でしょうか。

出来がった動画の公開は…いずれ、また
YouTubeに音付きでアップしてもらいました!


SATTでは開発スタッフが専用ソフトを使って動画作成もしますので、
こんな動画作りたい!というご要望があればお問い合わせください。
posted by 魔女ッ娘 at 18:29
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック