2014年04月28日

最近流行の白熱教室

開発部だより 第236回



最初に「白熱教室」という言葉を耳にしたのは、2,3年前のことでしょうか。

ハーバード大学のサンデル教授の講義がNHKで放映され、そのインパクトの強さが衝撃的でした。

最近は様々な白熱教室が放映されているようで、先日もその一つがたまたま目に入りました。

チラ見なので、テーマは定かでは無いのですが、「社会を良くする為の仕組みの作り方」のような内容でした。

命題として、トロイ戦役でその名を馳せた、オデッセウスが取り上げられていました。

彼は、その帰路、悪名高いセーレーンの歌声を聞きたい自分が抑えられず(この声に呼ばれると、船乗りは航路を過ち、海の藻屑と消えます)、自分自身をマストに縛らせ、乗組員には耳栓をさせて、この難所を越えたという事です。

ここで、質問が生徒に及びます。

「あなた方も、自分で自分の制御が出来なさそうな場合に備えて、何か対処をしている実例はありませんか」

「お菓子を買う時は、いつでも一袋」、「外出するときは、常に百ドルしか持って行かない」とか、答えが返ってきます。

何かしらの対処方法を皆が持っているという事ですね。

この方法を、個人では無く、社会全体について考えようというのが、この白熱教室の意義という事でした。

SATTの白熱教室、はこちらへどうぞ
posted by ハイタカ at 15:32
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック