2007年01月09日

eラーニング学習におけるストレス

eラーニング本音でトーク その52

現代社会は、ストレスとどうつきあっていくかが大きな課題となっていますが、eラーニング学習時においてもストレスを感じる時があります。
いくつか思いつくところを列挙してみましょう。

 ・字が小さかったり、多すぎている。
 ・音が小さかったり、早すぎたり、遅すぎたり、クリアでない。
 ・自分が期待していた学習内容とズレやギャップがある。
 ・内容が易しいのに勝手に次に進めない。
 ・内容がおかしかったり、矛盾がある。
 ・色使いがおかしい。
 ・学習していてもわからない。
 ・とにかくおもしろくない。
 ・ただただ受身で情報を受けている。
  などなど
 
通常ビジネス上のストレスの場合、自分でストレスの原因を取り除いたり、取り除けなくても、ストレスを軽減するように工夫できることが多いのですが、受身のeラーニングではそうはいきません。
教材の仕様を勝手に学習者が変更できないからです。作り手は、教材作りに一生懸命なのですが、ついつい視野が狭くなり、学習者の使い勝手をおろそかにしてしまうことがあります。

普段ストレスに囲まれているのに、eラーニングでさらにストレスをかけてしまっては、ビジネスの効率はかえって悪くなってしまうでしょう。
ですから、「ストレスをかけない」教材という切り口で、教材の品定めをするのもよいかもしれません。

教材の内容によりますが、普段のストレス解消法を利用して、ブレイクタイムページでは美しい緑の光景にせせらぎの水の音を流したり、テストの点数により、架空の買い物を思う存分楽しめたりするなど、工夫をしてはいかがでしょうか。他にも、教材の中で運動ができるなど。ちょっと大げさ?いえ、
「さあ、ここでキーボードから手を離し、背筋を伸ばしてみましょう。」
などがあってもいいかもしれませんね。

2007年もSATTは「ストレスのない教材作り」に努めて参ります。
どうぞよろしくお願いします。
posted by M.TOIDA at 17:17
連載:eラーニング本音でトーク | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック