2012年03月19日

良いキャラ、作ってますか? その3

開発部だより 第144回


こんにちは。
ちょうど今頃、桜の花が咲く前が桜餅のピークだと信じている開発部Blackです。
なぜか桜が咲いてお花見しつつ桜餅を食べようと探しても、すでに売られているのは柏餅、ということが多い気がしますバッド(下向き矢印)

さて、今回もキャラクターについてです。
声・性格ときて、次はポーズ・表情についてです。
実は声や性格より重要かもしれないですね。

実際使われるキャラクターによくあるパターンとしては、
・解説時などの通常の表情
・クイズで正解した時などの喜ぶ様子
・クイズで不正解の時などの残念がる様子
この3つでしょうか。
そのほかには、
・問題を出された時など、考えたり悩んでいる様子
・なるほど〜という様子
・バンザイなど大喜びする様子
等々…。
様々な表情を組み合わせ、シーンに合わせて使い分けるとより効果的です。
通常の説明時は普通の表情ですが、詳しく説明する際には手で指し示したり、クイズやテストで正解時には笑顔で喜び、不正解だった時には残念がり…単に解説コンテンツだけを見ているより、楽しいものができあがります。

キャラクターを活き活きとさせるには、キスマーク喋る(口パクさせる)、目時々まばたきをする、わーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)シーンに合わせた表情や動きをする、さらに性格や見た目に合わせた口調、などでしょうか。

ぜひお気に入りのキャラクターを作ってみてくださいるんるん
posted by 開発部Black at 14:12
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック