2012年01月17日

究極の防寒とは?

開発部だより 第137回



お正月休みボケがようやく取れてきた・・・というところで
風邪のウィルスにコテンパンにされ、
未だあまり仕事の役に立っていない開発部ジッパーです。


もうすぐ大寒ということで、めっきり寒くなってきましたね。
比較的暖かい東京でも朝方は2〜3℃という日が多くなってきてるようですがく〜(落胆した顔)


そんな中現代では、
発熱・保温機能を持った衣類が販売されたり暖房器具類が充実していたりと、
物を使って寒さ対策ができてしまうため
人間そのものは寒さというものに対する抵抗力が
弱まってきているような気がします。
(私個人が寒さに弱いだけかもしれませんが・・・たらーっ(汗)


しかしながら、
寒いのが嫌いなのは人間だけじゃない!
というのを実生活にて感じることもしばしばあります。


最近、我が家の電子レンジが動かなくなることがあります。
傾向として、気温の下がった明け方にホットミルク喫茶店を作ろうとした時だけ
エラーになることがわかりました。


また、パソコンも起動しなくなることがあります。
寒い部屋をPCのファンで少しでも暖めようと考えたのが
そもそも間違いでした。


当然ながらバイクのエンジンはここ1カ月程度かかっていません。


電化製品というのはそれぞれ使用適正温度というのがあり、
氷点下では使えないというものも多いようです。
寒いと感じる気温は人間も機械も同じということでしょうか。


ちなみに、部屋の温度を急に上げると
今度は結露が発生して電化製品が故障してしまう可能性があるとのこと。
自然に気温が上がるのを、ただじっと待つのが良いようです。


物に頼らず寒さに耐える精神力を養うのも
立派な防寒だと感じる今日この頃です。

posted by ジッパー at 14:28
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック